ラベンダーのかほり

朝、いくら探しても携帯電話がなかった。
オンラインだった友達にチャットで話しかけ、かけてもらうが、部屋の中は静まり返っている。



Rachelの車に置き忘れてきたに違いない。
私は彼女の近所に住んでいるので、突然行ってみた。アパートメントの階段の横に生えていたラベンダーをちぎって、ドアをノックした。

450px-Lstoechas.jpg

read more...

スポンサーサイト

お気に入りのラブシーン

数日前に、拍手とかコメントがないと寂しいというエントリ-を書いてから、目に見えて拍手の数などが増えました。皆さん優しいですね。ありがとう。今日それを感じて、嬉しかった。

お礼の代わりに…私がもっとも好きなレズビアン・ラブシーンの1つであるバウンドのラブシーンを貼付けておきます。 

もはや古典と化したこの映画ですが、ノンケが作り上げたレズシーンの中では秀逸の出来。そして、勉強にもなる。



Online Videos by Veoh.com

ちなみに、この二人はバリリバカップルだっていうのもポイント高し☆
あなたはどっちが好きですか?
私はどっちも好きです。

プレゼンと演技と小説

私はプレゼンテーションが下手だ…。
最近そのことを実感してる。
うーん。なぜだろう。
別にシャイではないし、人前にたつ仕事もしてきた。
1 on 1で交渉したり、プレゼンすることは得意だが、どうも1対多数のプレゼンは苦手。

アメリカ人と比べると特に下手。英語のハンディキャップもあるけど、とにかく、最近劣等感に苛まされてる。

・赤面症ですぐ顔が赤くなる。
・照れ隠しでにやにやしてしまう。
・ahとかhmとかのfiller wordsが多い。

まあ、今まで意識して練習してこなかったから当然と言えば当然なのだが…。
もっと自信たっぷりに人前でプレゼンテーションができるようになりたい。
練習あるのみだね。

もっと言うと、私は、演技とかもすごく下手。
「誰か別の自分になりきる」というのが恥ずかしくてできない。

パントマイムとか、日常生活の延長で行うパフォーマンスはできないこともないが、完全になりきるのが苦手。

もっと言うと、私は小説とかを書くのも苦手だ。
恥ずかしくてできない。

こういうのって、だんだんうまくなるとかじゃなくて頭のスイッチをいかに切り替えるかっていうことなんだよね。

だからこそそういうことが堂々と出来る人に憧れます。

あなたの知らないロサンゼルス

今日はロスの紹介っぽいことを書いてみましょうか。
(今いろんなジャンルの記事を書いてどーゆーのが反応いいのか探ってます)

はい。
ロサンゼルス。

地元の日本人はほぼ100%「エルエー」っていいますが、日本では「ロス」って言いますね。ロスのイメージって「椰子の木」とか「ビーチ」とか「Lの世界」とかそういう感じでしょうな…

決して間違いではないのですが…

read more...

トレーニング中の内省

1ヶ月くらいWeHoに顔を出してない。

“夜のエクササイズ”を怠ったせいで、みるみるうちに太ってしまった(汗)
なんだかんだいっても体は正直よのう…
というわけで、久しぶりにジムへ。

read more...

AMAZON.COMとレイモンド・カーヴァー

うーん。

今日は…何も書くネタが思い浮かばない。

そんな時は誰か人様の書いた文章を引き写してお茶を濁そう。


(書籍販売業におけるカスタマー・サービスの重要性について)

ある日、店長が事務所に上がってきて言った。『リチャード、下にかなり怒ったお客様がいて、私ではどうにもならないんです。すみませんが、お願いします』

ひねくれているようだが、私はこういう状況が好きでね。どんな場合でも、自分なら事態を改善できると思っているんだ。いつもうまく行くとは限らないが、とにかくそういう姿勢で臨んでいた。

下に降りると、確かに頭から湯気を立てている女の人がいる。私は声をかけた。『何かお役に立てることはありますか?』

すると私の店の隣に車を止めたことから話し始めた。私の店は二階建てで、二階のバルコニーには植木鉢がたくさんならんでいた。『誰かがバルコニーから泥を捨てたんで、車が汚れてしまったのよ。主人が今朝洗車したばかりだっていうのに。主人は弁護士なんですからね』

私は彼女を見つめてこう言った。『洗車させていただけますか?』
承諾してくれたので、『参りましょう』と店を出た。

彼女の車に乗り込むと、友達が一緒だった。二人が前に、私が後ろに乗った。洗車ができるガソリンスタンドへの道を教えたが、着いてみるとあいにく改装中で洗車場も使えなかった。それで彼女はますます怒った。ほかの場所を思いつかなかったので、私の家で洗いましょうと言い、街の反対側にある私の家に向かった。車から降りて家に入り、バケツと洗剤とホースを取ってきて車を洗った。たいして時間はかからなかった。

おかしかったのは、その車が本当に汚かったことだ。塗料だってはげかかっていた。ご主人が洗車したばかりだなんて、よく言えたもんだ。本当にばかげていた。でも、私は最新型のキャデラックを洗っているかのように振る舞った。

車に戻って店に帰ると、彼女は私に謝り始め、そしてお礼を言った。それから、午後遅くにまたやってきて、たくさん本を買ってくれた。

次の日、スタッフの一人がこう教えてくれた。その朝、ホリデー・インで彼女が数人の女友達と朝食のテーブルを囲み、昨日の洗車の話をしていたようだと教えてくれた。

カスタマー・サービスでやり過ぎるということはない。特に書籍ビジネスでは、そこまでしなくてはならないのだ。

Robert Spector (2000) AMAZON.COM



上はアマゾンについて書かれた古典とも言える書籍からの一説だが、これって、ちょっと、レイモンド・カーヴァーの短篇風のエピソードじゃないですか?あと本全体なかなか面白いです。上のパートは文芸っぽいけど、ばりばりビジネスの本。古い本だけど、ITベンチャーなどに興味ある人は読むと面白いでしょう。

嘘くさいポルノ/リアルなポルノ

レズビアン・ポルノってほとんどがあきれるほど嘘くさい。

長い爪のフェムフェムで、いかにもやる気なさそう~に、キスしたり、おざなりの愛撫を施してる。「ノンケ男って、こんなに嘘くさい動画でもコーフンできるんですか?楽でいーわね」っていうくらい嘘くさくて笑えちゃうんですよね。で、オーラルセックスの後には決まって大人のおもちゃが登場し、ストラップオン(ペニスバンド)も登場し、最後には下手すると男が登場しますからね。


ほんっと、あんたら、レズのこと全然わかってないっ!


こんな嘘くさいレズものよりは普通のノンケポルノやゲイポルノの方が興奮するわい!ってことで、あんまりレズビアンの抜き系(対義語:萌え系)のポルノは見ていなかったのですが、今回、久しぶりに、「おっ!」と思える動画を発見したので、紹介します。

read more...

あの頃、君は若かった…イチゴマの思い出

最近Perfumeの動画ばかり紹介していましたので、今日は趣向を変えて、Perfume小説?をご紹介します。

「Black Perfume あばれ旅」
http://ilbp.blog89.fc2.com/


なかなかよく出来てますよん。アイドルを目指す少女たちが広島から上京してきて、頑張るストーリーとして普通に面白かった。西秋の弟をめぐる下りの伏線がなかなかきいてました。二次創作を楽しめるタイプの方にはおすすめです。(つまり全てフィクション。そのつもりで楽しんでね)

ああ~昔からのPerfumeのファンで、秋葉原のストリートライブ行ってたファンとか、めっちゃうらやましい。いいな~。

read more...

Perfumeの音楽性について

はいっ!どうも~!
ゆうちゃんです!(←Perfumeの自己紹介風に)



誰か一緒にL系ブロガーユニット組んで自己紹介しませんか?


ゆーちゃんです!
マリーナです!
3人合わせてっ○○○ですッ★


みたいな。

組んでくれる人大募集。
あとユニット名も…

って…そんなことはどうでもいいんだ。

私はアイドルも好きだが、音楽が好きなのです。
ということで、今日はPerfumeの音楽性に注目したエントリーを書いてみたいと思います。ていうか、単に私の好きな曲をYoutubeで紹介していくだけなんだがね。

皆さんも、Perfumeのどの曲が好きか教えて下さい!

それでは…Enjoy!

read more...

昔のPerfume動画

中学3年生の時のPerfume。


きゃー!
やぼったい(泣)
そしてかわいい(嬉)
ダサかわいい。

かしゆかかわいい。「半年になります」だって!!!
あーちゃん変わってない。この時から既にしっかりしてる。
のっちが、ズレた発言しててかわいい。
マンガ好きなんだねえ。



また、変な衣装で登場(泣)

あーちゃん、元気だなあ。キャラはやっぱり今と変わってないね。モノクロームエフェクトのイメージが「近未来」ってここでかしゆかちゃんが説明してます。ふむふむ。2003年当時から近未来というテーマはあったわけよね。かしゆかがトークしてる時が一番安心してみていられる。

モノクロームエフェクト(上の衣装と同じ)中学3年生の時のステージ


OMAJINAI☆ペロリ


デビュー曲。これは恥ずかしいな…中谷美紀様の「桜っ子クラブ」と並ぶ恥ずかしさだぞ!

でも、皆こんなに小さいときから芸能界目指して歌とダンスを磨いて来たんだなーって思うと、なんかうるっときます。3分後半台にインタビューみたいなのがあるのだが、私服っぽい格好でインタビューを受けてる3人の姿はとても新鮮!特にかしゆかが結構ボーイッシュな格好してるのー。かわいいなあ。全然今と変わってない。

「パヒュームは、英語で、香水っていう意味があって、香水は人の心をなごませたり、いい気持ちにさせたりできるので、私たちもそんな風になりたくてこの名前にしました。」
(あーちゃん)←当時からまとめ役なのね。立ち位置もセンターだし…。

3'30"くらいのところで「ゆかです。よーろーしーくーねー」(←棒読み)って出てくるのが新鮮。

【今日の美少女】Perfume

もともと、中田ヤスタカ好き→Perfumeという流れで音楽から入ったんだけど、ポリリズムのライブ映像を見た時にハマりました。曲がはじまる瞬間に、3人がめちゃくっついて頭に手を回し合うジャケット写真を再現するのです。萌えましたー。


img10594304901.jpeg


その後DVD買ったり、Youtube行っていろいろ検索。

デビューからずっと売れなくて、地方のイベント周りしたり、もうすぐにでも契約を切れられるかもしれないという不安の中頑張ってきたPerfumeがようやく売れた(でもまだ二十歳前!)というストーリーがまた応援したいという思いを強くさせます。

あと方言。

私は地方出身の女の子が好き。


方言があったりとか…自分と違う文化を持ってる子には萌えます。

だから、広島弁をいい感じで扱ってるPerfumeとかすごい好き。
3人が広島弁でしゃべってるところとか妄想すると激萌えです。

Perfume in 北海道のローカルTV




私もこのアイス食べたことある~↑


インディーズ時代の苦労話。あーちゃん「やり逃げ」って…。

私が好きなのはかしゆか。

かなり好きです。顔だけじゃなくて、なんともいえぬ、あのほわわおーんとした雰囲気と、でも気配り上手っぽい空気読んでるところと、可愛い声と、それに似合わぬダンスの時のきびきびした動きのギャップがいい…好きですっ!

でも、Perfumeの中で目立つといったら美少女のっちと、おしゃべりあーちゃんだと思うんだよね。ナンパするとしたらのっちだもん。正直、3人の中でかしゆかは目立たない。でも魅力的だあああ!ていうか3人ともかわいい!

20080116161515.jpg


というわけで、Perfume好きな人、一緒に応援しましょう!

ちなみに、かしゆかはアイスが好きで、野菜が苦手みたい。生クリームも食べられないし、マンゴーも嫌いなんだって。好き嫌い多いのがコンプレックスだって。ふーん。可愛い悩みだけど、やっぱり、体のことを考えたら好き嫌いせずに食べてほしいよねっ!

うーん。

カレーとかシチューにはいってるような野菜もだめなのかなあ?小さく刻んでスープとかにして、少し大きめの肉をいれて一見お肉がメイン!っぽく見せたらかしゆかもお野菜食べられるでしょうか?

「鬼十則」

日本の大手広告代理店である電通には「鬼十則」と呼ばれる社則がある。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。




ああ、励まされる。
元気がでる。
私は結構前向きで頑張ってるタイプだが、本当はほっておいたら、ダラけてしまう生き物。
だから、外部からいろいろな刺激を受けて、やる気を活性化させる必要がある。それで、いろいろな本とか読むんだけどね。

鬼十則を読むと、いつもぴりりと気が引き締まる。

来週も、頑張って仕事するぞ!


・・・


でも、その前に今日はWeHoのクラブ行くぞ~☆きゃっほーい♪

ということで、WeHo十則いきまーす!


1. 女性は自ら口説くべきで、誘うのを待つべきでない。

2. 女性には、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. いい女と取り組め、不細工につきあうことはおのれを小さくする。

4. 無理目の女を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 女を狙ったら、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 女の子を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 家族計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君のナンパには、迫力も粘りも、そして魅力がない。

9. 視線は常に全方向、 四方八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、ナンパとはそのようなものだ。

10. 拒絶を怖れるな、拒絶は受容の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。



はい。

今夜も頑張ります。また報告します。

思わず反応してしまう7つの単語

むかーし、むかし、私がクローゼットだった時…(クローゼット=レズビアンであることを周りに隠していること)…って今もわりと隠してるけど、昔はもっともっとひた隠しにしていたのね。

その時、微妙に日常生活の中で反応していた言葉がありました。

そんな単語のいくつかを今日はご紹介致します。

read more...

デート力を鍛錬せよ!

ちょい古いんだが、働きマン占いつーのがあったのでやってみた。

デート能力診断というのをやってみると…

これが。100点ばっかりなのだが(汗)

画像押すと証拠がみれますぞ。



松方はもちろんのこと、タイプじゃない子も全部やってみるが、次から次へと100点!
わーい!

ためしに男キャラともデートしてみたが、これも全部100点★
すげー!あたし!
空気読みすぎだろ!
どんだけデート上手なんだ。←一気に調子にのる私。

唯一、甘えん坊タイプの女の子とのデート力は70点だった。ちっ。

「セクシーな服装が似合う大人の女や、雰囲気のあるお店でのディープな会話を求めて、目移りすることもありそう。どんなときも、相手を傷つけない配慮は忘れないようにしてください。」



だってさ。

男の生涯現役タイプとの診断でも

「年上からの評判は抜群ですが、年下からの支持を上げるには、もう少し隙を見せたほうがよさそうです。」


と言われたので、自分は年下の子や甘えん坊の子って向いてないのかもね…。

今まで同い年か年下にしか目が向いてなかったけど、ちょっと年上にも目を向けてみようかな…と思いはじめました。

皆さんもデート力診断やってみて結果教えてね。
タイプの子選んでデートしてみるのなかなか楽しいぞ。

01_03.jpg


01_05.jpg


あーでも、やっぱリアルな女の子とデートしたいッ!

ゲッティーセンターの美術館行きたいな。
グリフィス天文台も行きたいな。
パサデナの植物園行って、夜はオールドタウンでお食事っていうのもいいな。
ベタだけど、ベニスビーチでお散歩したり、サードプロムナードでおもいっきり観光客チックにお買い物したり。
パロスバーデスでお花見したり。
ハリウッドのレコード屋さんめぐったり。
寝そべっておしゃべりして、疲れたら見つめあってキスしたり。キャ~!

ていうか、デートしたい!って思って計画たてられるような相手がいるとしたら、それだけですごくわくわくすることだよね!

「映画と食事と食後のコーヒー」みたいなお決まりのデートコースでも、好きな子とだったらきっと楽しくてしかたないはず。

美人は一瞬で色あせる。ということを証明する1枚の画像

美人は一瞬で色あせる。

本当です。今から証明してみせます。


1)下の写真の女性の顔を30秒間 見つめて下さい

2)30秒間見つめたら、目を動かさず、マウスを画像に乗っけてください。

3)あっ(嬉)





…ね?


色あせたでしょっ!

ということで、結論=美人は三日どころか一瞬で飽きる。

というか、もっと正確に言うと、美人(だけしか取り柄がない子)は一瞬で色あせる。

P.S. あ、ジェシカアルバは違いますよ。ジェシカ大好きです。

P.P.S. 元ネタはこちら

かつてないレベルで白黒写真に色が付く錯覚画像の作り方
Color Illusion Tutorial


私も暇だにゃあ~。

日本の誇るゲイ能文化

外国って、日本語のテレビがない。ワイドショーとかニュースとか。

だから自然とYoutubeとかニコ動とかブログとかネット上のリソースによって日本の様子をうかがうことになるのだが…

そんな私が最近ハマっているのが…恋バナCampy!

「彼氏のケータイ見る?見ない?(前編)」


「彼氏のケータイ見る?見ない?(後半)」



このあともいろいろシリーズ化されてるので見てみて~。

ブログもあるよ。

いやーオカマっておもろい。
でもさ、オカマだから、なんでもおもろいってわけじゃないんだよね。
オカマキャラなのにつまんない人もいるもんね。

でも。
サセコちゃんは本物。
見るたび爆笑しちゃうし!への五って…
微妙に不細工なところとか、また、サイコー!
この子絶対、頭いいよね★

なんだか、おこげの気分がわかった。

ナンパする理由

善人はモテない

●やさしい人がモテるなどと勘違いして努力している人は、まったくモテない

恥なんて、いくら掻いたっていいんです。
人生の終わりに、なんであの時、勇気を出してあの娘を口説けなかったのだ! と後悔することに比べたら、何でもありません。

●「最初から純愛なんて無い。恋愛の過程で、だんだん深くなり、それが積み重なって純化していくものなんだ」

●付き合う前から、大好きだとか運命とか思うのはただのアホ。

●ナンパを成功させるには、とにかくルックスとトークに磨きをかけて、たくさんの女の子に声をかけることです。

●最初は小さな目標でもいいから毎回目標を立てていき、それを必ずクリアできるようにする。


声かけ数→番ゲ数→アポ数→ゲット数。

そして何故自分が目標をクリア出来ないのか?
をじっくり考えて、改善してその目標をクリアできるように努力する。

●ナンパした相手に振られるとやっぱり辛い


●勇気を出して女の子を誘ってみろと言っても、そんな簡単にはできません。

好きな相手、気に入った娘から拒絶されるのは、恐ろしいことです。
ガク((( ;゚Д゚)))ブル

それは自分の男性としての価値を否定されたに等しい。
下手をすると、存在そのものを無意味なものと断罪されたかのように錯覚さえします。
仲良くなった娘から、いきなり振られれば、こんなに想っているのに、なぜわかってくれないのだ!
という苦しみに身を引き裂かれます。
なので、恋愛を放棄してしまうのも、致し方ないことだと思います。


●仲間とナンパするのは楽しい

●ただのいい人で終わってはダメ

ナンパで知り合った娘と連絡を取って、デートすることをアポと呼びます。

アポの時に、ただのいい人で終わると、まずそこでアウト。
ナンパ統計学上(笑)、口説いたりボティタッチをするなどのぎらつきアクションを起こさないと次がないと言われています。

最低でも、手は握るようにしておきましょう。

手が握れたら、肩を抱いたり、抱きしめたり、キスをしたりと、徐々に深いボディタッチをしていきます。

ギラつかないと次がない。
これは明らかな事実です。


●隣に座れなかった時点で、そのアポはほぼ負け

●ナンパはできるけれど、アポした女の子にぎらつけない人を、専門用語で「ぎらつき地蔵」と呼ぶそうです。
僕はすごい「ぎらつき地蔵」で、誠意を持って接すれば、
女性は必ずわかってくれるという幻想を長い間持ち続けていたので、いい人アポで終わることが、ほとんとでした。

しかし、ナンパ統計学によると、ぎらつき地蔵で終わった場合の方が、次に繋がる率が低いのです。
( ̄◇ ̄;) ハゥー



引用元:「全国初心者ナンパ連合」
http://hikinann.web.fc2.com/




はあー笑った笑った。

ギラつかないと次がない
とか爆笑なんだが。

ただまあ、結構事実だよね。

「ぎらつき地蔵」ですか…。

あたしもぎらつき地蔵だわよ!!!!
誠意を持って接すれば、女性は必ずわかってくれる…
ねえよ!!!!!

あと、他にも、全てに同意するわけじゃないんだけど、とにかく面白かった。
でも、胸が痛むのはなぜだ…。

まあ~、このナンパのコンテンツって、基本的に、めちゃ広い街で次から次へとターゲットがいれかわりたちかわり…っていうのを前提としてるので、狭い世界(例:レズ業界)とかだと使えないよね。

あと、レズビアンの場合、私も女だからわかるんだけど、別にセックスだけが目的じゃないんだよね。いや、とりあえずセックスしたくてたまらずとりあえずナンパする時だってあるけども。でも、やっぱ、男が体目当てにナンパするっていうのとは違う気がする。いや同じか?

とにかく、私がナンパする場合、たいていの場合別にセックスしたいからじゃないなあ。かといって彼女がほしいからというのともちょっと違う。

もちろんそれらの要素も少しは含まれているけど、一番の理由は

「素敵な女性に出会った時に、息をのんで遠くから盗み見てるだけじゃなくて、堂々と歩み寄って、アプローチできるような人間になりたい」

っていうのが一番近いかな。

ナンパの世界のマニュアルなどを読んで思うのは…ビジネス書とか、自己啓発本と似ているっていうこと。

自分を磨きたいとか、目標に向かって努力するという姿勢が共通している。
私はそういうのが好き。
だからナンパも好きなのです。

ってなんかめちゃくちゃ詭弁っぽいけど事実です。

求めよ、されば与えられん

今日、ひょんなことから、下のウェブサイトを見つけた。


「全国初心者ナンパ連合」
http://hikinann.web.fc2.com/


全く、同感することばかりだ。
ああーもうどこを引用すればいいのか分からないくらい、図星すぎて、痛い(泣)
はあ~「出会いがない!」って思ってる独身貴族の諸君、一度は読んでみてちょ。

まあー私もブログでは自分を励ますために、威勢のいいこと書いてるけど、実際には涼しい顔して次々女の子に声をかけていけるレベルには達してない。いつも変な汗かきまくってるし、舌かみまくりだよ。

日々是精進!

頑張らないとな…(遠い目)

あと、これな。

「要は、勇気がないんでしょ?」
http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080316/1205641886



ときどき、

「会社は社員から搾り取ることばかりで、社員のことを何も考えてない」とか「従業員をサービス残業させて搾取している」とか、

つまるところ「自分たちは苦労してるのに、重役達は楽して良い思いしている。むかつく!」みたいなエントリーを読むと、

だったら自分で会社作って、社長になったらいいんちゃう?と素で思うんですが、そういうもんじゃないのかなぁ。


文句を言うな、とかそういうことじゃないんです。

文句を言っている暇があったら行動を起こして、状況変えちゃった方が早くないっすか?と思うのです。

自分たちだけ良い思いをする社長がうらやましい(憎たらしい)なら、自分も社長になって同じことをすればいいし、

会社にいたいなら縦横のつながり作って、自分自身も売り上げあげて、発言力持って、会社を変えちゃえばいいんじゃん?と。


なんしか、方法はたくさんあって、気にくわないところがあればやればいいと思うんだけど、

ただ、文句や不満を言うのは、あんまり状況が変わらないことが多いから意味ないんじゃないかなーと思うんす。



そうなんだよね。

私結構仕事においてはこうやって考えてる方なんだよ。
でも、恋愛についてはなかなか違うんだよね。
上のエントリでは、ナンパについて書いてあるから読んでみて。

ちょっと昔の話。今よりも僕はずっとずっと言い訳をするのが好きで、理屈を説明するのが好きだったんです。

でまぁ、当時も今と変わらずモテませんで、

男友達と飲みながら「出会いがない、だから彼女ができないんだ」と文句言ってたのです。

新宿で。


したらまた、この友達が「じゃあ、わかった」と言うのです。「今からナンパに行こう」と。

ナンパなんかしたことないオレは焦りました。「いや、ちょっと待って」とあわてます。

でも友達は、少し遠くで飲んでいる2人組の女性を指さし、「あそこ行って一緒に飲もうぜ」と言い、席を立ちます。

オレは「いや、向こうも迷惑だし」とか「さすがにうざいっしょ」とか言って止めます。

友達は「嫌がられたら戻ってくればいいんだよ」と言ってましたが、オレが動こうとしないので行くのをやめました。


「じゃあ、店出て、外歩いている人誘うか?」と友達は言います。

「逆にそっちの方が難易度高いだろ」とオレは顔をしかめます。

「でも出会いがないんだろ? だったら作るしかないだろ」と友達は口調を強めます。

「そうだけど、もっと普通に知り合いたいっていうか」とオレ。

「なに、普通って?」

「友達の紹介とか、同じ学校とか、そういう…」とハッキリ言えない自分。

「じゃあ、オレが今からナンパしてきて、それでお前に紹介したらいいか? それも友達の紹介だよな」という友達。

「それは…、だけど、ほら、お前もこの前言ってたじゃん。ナンパでついてくる子って軽い子が多いとか」

「は?」

「その…」

「…軽い子じゃねぇよ。ノリが良い子だよ」

「あ、そうだったね。…でもオレ、ノリの良い子、少し苦手だし。そこまでして出会いが欲しいってわけでもないし…」


友達はオレの顔をじっと見つめながら、一言、

「だせぇ」

と言いました。
ごちゃごちゃ言ってるけど、勇気がないだけじゃん




うわーっ!!!!(足じたばた)


まじで、ダサイわ。


はあー。

まじで、頑張ろ。

待ってても、素敵な彼女はやってこない。

ぼーっとしてたら誰かが近づいて来て、声かけられて…とか、まじありえん。
いや、たまーにあるのは事実なのだが、そんなの待ってる間に、10年くらい経っちゃうから。
自分で行動起こすしかない。

というわけで、今日のエントリー1行でまとめると。


「ナンパ=善」



ここ数ヶ月ナンパから離れてたけど、またやんないとね。
はあー(なぜか落ち込む)


営業と一緒。
常に新規開拓して行かなきゃ行けないんだ。

今夜はレズ友達が手料理を振る舞ってくれるそうなので、そろそろ行ってきます。

週末の小旅行

「Barstowの近く」に行ってきました。

といっても、バイで既婚で子持ちで無職のSarahちゃんに会いに行っていた訳ではありません。(メールは一日中やってましたが…弱いな、自分)

スノボです、スノボ

実は、クラブ活動から徐々に足を洗いたいと思い、年末から某ゲイ系サークルに参加しはじめたのよね。もちろんLeah,Viv,HelenaなどをはじめとするWeHo友達とも連絡は取り合ってるけど、クラブ仲間とは1年遊んでも結局クラブ仲間のままだっていうことを痛いほど実感してしまったから…。ま、日本に例えるなら、2丁目の友達と、ゲイだけのサッカーチームとかそういうとこで知り合う友達って違うじゃん?そういう感じよ。ともかく。詳しくはまた今度書きますわ。そのサークル仲間とスノボ♪


Photographer
t a k k
License
Creative Commons (by)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image



ひゃっほーい。
ずざざざざーっ。

なんだか、いつもブラックライト&爆音&アルコールで朦朧としている私にとって、晴天の雪山でレズ仲間と遊ぶのはとっても新鮮だった。

たまにはいいわねー。

でも、本当は一番仲のいいクラブ仲間とこういう遊びもしたいなーなんて思った。皆夜型人間。だからなかなか出てこないんだけどね。

あーもったいない。

カリフォルニアのよいところは、「海も山も両方ある」っていうとこ。単なる田舎とも言う。

まあ極端な話、朝サーフィン行って、波よくねーなーと思ったら、2時間くらい運転して、スノボできるわけです。実話です。東京なんかじゃ考えられない話でしょ。ていうか、サーフィンなんかは普通に平日、仕事行く前にやってくる人いるしね。好きな人にはたまらないでしょ。

私も海とか山とか、アウトドア好きだから、そういうところは気に入ってる。

ただ、今、ほんと辛いのはガソリン高&ドル安!

もう出稼ぎ組には、たまらない。
ガソリンの値段1ガロンあたり4ドル行く感じで。
だだっぴろいカリフォルニアで生活する人間にとっては、まじキツい。
雪山どころじゃないぞ。
しかも、何、このドル安?
円に換算したら、年収めっちゃ目減りしてまうんだが。
勝ち組目指して全力疾走してきたつもりが…いつのまにやら低所得者層に?

ま、言いたいことは…年収の額面なんかじゃないんだ。

自分が人生においてほしいものは何か?

キャッシュか?
違うやろ?

私は人生において、自分が欲しいもんが何か、わかっている。
ま、まだ全然手にはいってないんだが(苦笑)

それを見つめて、それに向かって、頑張るしかない。

なりたい自分になるために。
ほしいものをつかむために。

毎日コツコツ、積み重ねて、まじめに生きていこう。

一度きりの人生。
真剣に生きて、完全燃焼したい。

百合マンガ

無料で読めるので、リンクしておく。


PARADE


まあ正直言うと、すごいいい作品があったわけではないのだが、この作者さんがなんとなく業界内用語とか当時者っぽく理解してるので興味を持った。

もっと長い作品も読んでみたい。

バイで既婚で子持ちで無職

Rachelとご飯食べたあと、一旦家で着替えてから、もう一度Rachelんちで集合。結局Nellyも一緒に別のレズビアンパーティに行った。

普通私は友達と組んで、あなたはファーストアタッカー、あなたはあの子と話すの担当などと役割分担してナンパするのだが、でも今日は1人でナンパ。白いぴったりとしたTシャツ。ダンスフロアで踊ってる時からかわいいなって思ってたんだ。かなりレベル高い。その子が1人でバーカウンターに腰かけてたからチャンスだと思った。

「ハーイ!」笑顔で挨拶すればほとんどの子は愛想よく応えてくれる。ここがアメリカと日本の一番の違いだと思う。

「飲みもの何頼むの?」

「いいの。今日私運転だから…」

「へえどこ住んでるの?この近く?」

「()$%*&($^*」

「え?」聞き取れなくてもう一度聞き返した。

「2時間くらい離れたところ。Barstowのそば」

「えええー遠いねええ」

ただ、アメリカって結構2、3時間かけて遊びにくる子がいるっていうのはごくごく普通のこと。はじめはいちいちびっくりしてたけど、もう慣れてしまった。(いわば、2丁目のイベントに静岡とか、仙台から遊びに来てる子がいるみたいな感覚といえばいいのだろうか)

「バーストーっつったら、レズパーティとかあるの?」

「ないわよー」彼女は肩をすくめる。

「今日は1人できたの?」

「ううん。元カノと」

「へえ。元カノとはどこで知り合ったの?」

「学校で」

「へえ…高校?」

「そう」

「バーストーで?」

「そう。私が彼女のことゲイにしたのよ」

「へえ(笑)やるじゃん」

白人で、金髪で、髪を半分だけ縛っていて(わかるかな?なんていうんだろ、こういう髪型)笑うと、キュート。名前はSarahっていう。

もう一度飲み物を勧めると、カミカゼのショットをオーダーした。

「ねえ、カミカゼってどういう意味か知ってる?」

「よく知らないけど…、飛行機とかと関係あるんでしょ?」

「ははは…カミカゼはね、 日本語で神様の吹かせた風God's windって意味なんだよ」

「へえ~!すごい…。え、もしかして日本人なの?」

「そう!日本人だよ」

綺麗な色をしたカミカゼが到着する。ショットなのに量が多い。
Sarahは一口で飲み干し、一瞬苦しそうな表情でライムを口にした。

「ありがとう…。あなたはいいの?」

私はまだ残っていたコロナの瓶を見せてまだ大丈夫と答えた。

「何やってるの?学校にいってるの?」

「何もやってない。…わかってるの!仕事探そうとは思ってるのよ」

彼女は何もしてない自分を恥じるように早口で言った。

「へえ…」

「私ね…バイなの。彼氏がいるの」

「ほお。そうなんだ。今日は彼氏はいるの?」

「いない。元カノだけ!」

「彼氏は、あなたがこうやってレズビアンパーティで遊んでいても平気なの?」

「彼は理解してくれてるの。男じゃなければ、しかたないよって」

「へえ…いい彼氏じゃん」

私はうなずきながらも、内心困惑している。別にバイの子が悪いというわけじゃないのだが、彼氏や夫がいるのに、レズビアンパーティに来る子に対してどうやって接すればいいのかわからない。彼氏公認の彼女を探しているってことなの?よくわからない。でもなんだか口に出して確認するのがはばかられる。その場を立ち去りたい気分がわきあがってくる。

ナンパして、しばらく話して、その後興味が薄れてしまい、話が続かなくなる…そのときの沈黙は、気まずい。最近全然女の子とうまくいってない。どうせナンパなんてうまく行かないに決まってるという無力感が心の中を占める。

「友達、探しに行きたい?」

(もう、いなくなっていいよ)というサインだったのだが、彼女は「一緒に行く?」という。
2階のフロアまでついていった。

Sarahの元カノは、黒人だった。
そのまま、そっちに帰るかなーと思ったけど、Sarahはすぐに戻ってくる。

「やっとお金返してもらえた。何か飲む?」
さっきごちそうしたカミカゼのお返しといって笑った。
なんだ。この子、結構いい子じゃん。
それに私わりと気に入られているのかも。

今まで無視されたり、お酒だけかわされて消えて行く女の子がいたから、無意識のうちに女の子とは絶対うまくいかないという無力感をすぐ感じるようになっていた。でも、その時は、Sarahはなんか違うじゃんって思えた。

「ありがとう。でも、お酒はいらないよ。それより、一緒に踊ろう」

といった。

女の子と踊るのって気持ちいい。
すごくすごくすごくすごく好き。
言葉を使わずに、体の動きでコミュニケーションする。

彼女は私の手を取り、自分の腰にまわす。
同じリズムを共有する。
私たちは踊りながらおでことおでこをくっつけた。
見つめ合いながら、お互いの体温が上がって行く。

はー。

なんか、すっげー久しぶり。
頭の中で火花がスパークしてるみたいなこの感覚。
性的な緊張!
その瞬間、相手がバイとか彼氏いるとかどうでもよくなる。
ただ2人は2つの肉体に還元され、その瞬間全てのしがらみから切り離されて踊っている。

キスしようと思えばできる。
それくらいの距離感が一番好きだ。
キスすると、そこから先へ進まなければいけない責任?みたいな、なんていうか、面倒なんだよね。

キスしたい?
あなたこそ、キスしたいんでしょ。

っていうあたりが一番好き。

って、そんなこと言ってるからいつまでも彼女できないのかな。

私は彼女の体に触れていることが心地よかった。
彼女の体が私を求めていることも感じられた。

緊張に堪えきれず体を離した。「暑い…」

「座る?」

「うん」

うちらは手をつないで階段を下りた。

興奮してる時って、手をつないだり、指先で触れているだけなのに、めちゃくちゃ気持ちいい。

テーブルに座っておしゃべり。
バーカウンターで感じていたような居心地の悪さはすっかり消えていた。

「LAはどれくらいよくくるの?」

「全然こない。きたことない」

「もっとLAに遊びにくればいいじゃん?近いんだから」

「そうね…これまでは理由がなかったけど。これからはあなたっていう理由があるから?」

「…そう♪」

「いつ?」

「いつでも!じゃあ…来週」

たわいない会話を交わしながら見つめ合う。

彼女が携帯電話を取り出した。

「番号教えて」

いいよ。といって彼女の携帯をのぞきこむと、画面に赤ん坊が写っていた。

「これ、息子なの。ごめん。いわなくって」

「わーお。息子がいるの?何歳?」

「2ヶ月」

えっ…。

頭の中をいろいろなつっこみが一瞬にしてよぎった。
 
「2ヶ月って…あかちゃんじゃん」

「そうなの。子供がいるから、それが…彼氏とつきあい続けてる理由。彼氏とつきあい続けてる理由の1つ。」

「そっか…」

「あと、仕事がなかなか見つからないのも、息子がいるからなの。実際本当に探してはいるんだけどね」

「いやいや…だって…母親業やるってだけでも大変なことでしょう?素晴らしい仕事だよ」

私の答えは多少力弱いものになっていたかもしれない。
頭の中が無力感の雲でまた覆われ始めるのを感じた。

「…ごめんね。さっき、子供いること、いわなくって…。」彼女は申し訳なさそうな顔でもう一度つぶやいた。「もしも、あたしともう話したくないっていうなら、それでもしかたないよ」

「あやまらないでよ。何もあやまることじゃないし。子供がいるなんて素晴らしいことだと思う」

彼女の携帯に電話番号を登録し終わると、彼女は一緒に写真を撮ろうって言って来た。1枚目の写真でかっこつけてたら、もっと笑って!っと言われて2枚目を取る。

これ、彼氏に見せようと思うの。きっと彼あなたのことを気に入るわ。あなたも彼のこと気に入ると思う。一緒にラスベガスに旅行しましょ…。彼女はうなされたように話し続ける。

私は少し困って目をそらす。

気づくと、RachelとNellyがそばにいる。「もう帰ろうよ」
私は皆を軽く紹介して、Sarahにキスしてさよならした。
「明日電話する」彼女は確信に満ちた目で私をみた。

クラブの外に出た。

「かわいい彼女つかまえたじゃん」Rachelたちはニヤニヤしながらからかうが私は肩をすくめる。

「いやあ…だって彼氏と子供がいるんだって」

「だから?」

私はがたいのいいRachelに体当たりした。

去年の後半から、バイセクシャルの子と出会うことが多かった。それこそ男の子と一緒に住んでいたり、一緒に住んでいなくても、子供がいたり、その子供の父親と異様に仲がよかったり…4人くらい連続でそういうパターンだった。

「バイで既婚で子持ち」例えばこんなカテゴリの人は絶対ネット上とかで見つけたら近寄らない。でも実際にそういうカテゴリの人にリアルで会うと、結構魅力的で、実際好きになることもあったのだった。

そういう人たちの常として「彼氏は理解してくれてる」といって、彼氏を私に紹介したりする。

でも、実は、彼氏公認で、関係を持つっていうのは、結局虚しいもんだと思う。変な話、彼氏に隠したいっていう思いを持ってくれている子の方が、彼氏に対して隠し事を共有するという意味で自分と相手の女の子の距離が近く感じられると思えるほどだ。いや、もちろん、理想は、隠し事なしで、そういうポリガミーの関係性をクールに保つっていうことなんだけどね。でもまあ、女の子の方も、彼氏がいるとかバイなんだっていうことを結構早い段階ですぐに言ってくる。そういうメンタリティは偉いと思う。

でも正直、わからない。私はバイセクシャルの子とか、子供がいる子とか、そういう子は全然受け止められる。でも同時進行で誰かつきあってる男がいる女の子にたいしてはどうしたらいいのかわからない。

翌日、さっそくSarahからメールが来ていた。
とりあえず返事するとまたすぐ速攻返事来る。

寂しいのか、暇なのか…。

お互い様だな。と感じて苦笑いする。

Sarahがもしも、ボーイフレンドと住んでなかったら、もっと近くに住んでたら、もしもバイじゃなかったら、もしも子供がいなかったら…いろいろなもしが頭の中をよぎる。彼女がとてもいい子だったからこそ、余計に考える。でもそれは現実じゃない。私は現実を受け止めなきゃいけない。

私が人生において、欲しいものは何か?
私はそれがわかっている。

うっかり症候群が悪化する時

私は、うっかりものである。

しかも、単なるうっかりものではなく、かなりのうっかりものである!
そそっかしい、不注意、ケアレスミスが多い、忘れっぽい…そういうの全て当てはまる。
ていうか、時々病的なんじゃないかと思えるほど、うっかりしている。
(ただし、記憶力とかはすごくいい。忘れっぽいというのは、何かを頭で忘れる訳じゃなくて、物を置き忘れたりよくするっていうこと)

自慢じゃないけど、電車の網棚に鞄を忘れたり、コンビ二で立ち読みしててそのままバッグを足もとに置き忘れてきたり。眼鏡と帽子はいっぱいもってて「おしゃれだね★」って言われるけどそれって実は単になくしてるだけ。携帯電話をなくしたり、落としたり、日常茶飯事。こちらの飲み屋でクレジットカードのタブを締め忘れたり、銀行のカードをなくしたり、パスポートをなくしたり。友達んちに遊びにいくと、指輪とか携帯とか、ジャケットとか、たいてい何か置き忘れてくる。車のロックアウトとかまじよくするんで、ガソリンスタンドで立ち往生したこともあれば、仕事で人を送って行った先でロックアウトして冷や汗をかいたこともある。あと、車関連だと、ライトつけっぱなしにしてバッテリーがあがるっていうのもよくやる。もちろん自分の部屋をロックアウトすることもある。車の鍵をかけ忘れたまま一晩ストリートにおきっぱとかもあるし。服を裏がえしに着るというのもよくある。ボタンを掛け違えたりもよくやる。

ほんと、「よく生きて行けるね!」っていうくらい、うっかりしている。性格がボケてるわけではなく、どっちかってーとツッコミなんだけど、ただやることはうっかりしてる。一応いつも周りの人の助けや、運もあって生き延びてこられてきたのだが、このうっかり症候群は本当に悩みでもあって、自分で気をつけるようにはしていた。うっかりミスすると、なんでこんな簡単なことで…って自分に対して腹がたつし、自尊心や自信も下がってしまうからね。そういう性格を直したかった。

で、ここ数ヶ月はそんなこともなくて、なんとか人並みに生きて来たのだが、この3日間で、車のロックアウトを2回、部屋のロックアウトを2回やってしまった。

ペンションの鍵
Photographer
onopko
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image



一昨日の夜中、WeHoでロックアウトした。そんで、昨日の朝、部屋を出る時ロックアウトしてしまい、今朝もロックアウトしてしまった。二日連続なのでマネージャーに呆れた顔をされた。で、今日はRachel迎えに行くから車綺麗にしよ♪って洗車してたら突然ロックアウト。まじ終わってる…。急いで車の窓をこじ開けようとしたが当然無理!諦めてAAA(会員制ロードサービス。日本でいうJAFのようなもの)を呼びました。でも、我ながら呆れちゃったよ。どうしちゃったの?大丈夫かあたし?って。

で…この突然現れたロックアウト地獄というのは、実は私の精神状態を現しているんだと思う。

先週くらいから、ちょこちょこブログにも書いていたけど、実は、仕事が結構大変でね。楽しいことは楽しいんだけど、やっぱり難しいこともあるので、ストレスたまってた。あとは、ここ数日間すーっごいプライベートの人間関係がモメていた。夜寝るときも、朝起きても、ずっと重苦しい心だった。

一見普通にしていたつもりなんだけど、ロックアウトの数が突然多くなったことで実は自分は今疲れてんだろうな~って自覚した。意識してないけど、結構今自分の心はストレスを感じているんだろうな…って。

人と人がつきあっていくって大変(><)

でも、人は人を通してしか成長できない。

面倒くさいと思っても、人との関わりを断ってしまったら、そこで自分の成長は止まるんだと思う。今のこのストレスを通じて自分を少しでも成長させたい。

そんでもってこの、病的なほどのうっかりも少しは改善するといいんだけど…。

ええーっと、そういえば、数ヶ月前に話題になってたスレなんだけど、最近のことでいろいろ辛くて、思い出して、再読。励まされた。仕事キツいわ~っていう人は読んでみてちょ。業界違う人でも何か感じるところあると思う。

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

http://www30.atwiki.jp/blackmatome/

Dinah Shore Weekendのホテルを予約☆

“レズの祭典”ことDinah Shore Weekendの季節が近づいてまいりました~☆
私も行きますよ!
早速ホテル予約しました。

仲いいWeHo友達も今年はほぼ全員参加なので、嬉しい限り♪

わくわく☆

私が興味あるイベントは以下の通り。

★White Party(金曜日夜)

全員真っ白な衣装に身を包むパーティ!それ以外は普通のレズクラブイベント(汗)
Uh Huh Her(Lの世界のアリスを演じているリーシャ・ヘイリーがやっているバンド)、Jane lynch(Lの世界でブッチな弁護士役の女優)、Tila Tequila(MTVでバイセクシャルのデーティング番組をホストしたアイドル)、Dani(ディラ・テキーラの番組で、最後まで残ったブッチの消防士。ファンに大人気だった★)

★Be Scene
これは、the L word(邦題:Lの世界)のシーンを演じて、実際の出演者にその演技をオーディションしてもらおうという企画。

Kate Meonnig(シェーン)、Leisha Hailey(アリス。)、Elizabeth Keene(SHEBARのいじわるなオーガナイザー→この人は、実際にHollywoodで開催されたOil Wrestling Showdownに登場していた!)、Ilene Chaiken(プロデューサー。私彼女のこと結構タイプ)、Alexandra Hedison(ディラン←へレナと関係を持っていた既婚者役を演じた。実生活でもレズビアンであり、エレン・デジェネレスの元カノ)などなど、the L word(邦題:Lの世界)マニアであれば、垂涎モノのキャスティング!

しかし、このイベントのみ、チケットが別々に販売されてて(All Access passに含まれてない)しかも、イベントに出てくる人が結構、いつもの顔って感じなんだよね。はっきりいうと、Shane役のKateやAlice役のLeishaはいつもWeHoにいるのです(汗)やっぱり、普通に当事者だから、コミュニティに優しいって感じなのかな。あとは、結構Jenny役のMiaもWeHoでよく目撃情報を耳にします。あとWeHoによくいるセレブっていうと、WORKOUTのJackie Warnerとかね。Dinah Shoreに出てくるセレブって、こういう感じで「あーなんかいつも業界のどこかでみかける人」っていう気がしちゃうの。バンドだと、Leishaがやってるバンドもそうだし、あとはBETTY(L wordのオープニングテーマソングを歌ってるバンド!いっつもDinahでやってる)いわば2丁目で目立つDJとかドラアグクイーンがいつも同じような顔ぶれっていうのと似てるのかな。だからDinah Shoreに呼ぶならもっとスペシャル感があってもいいかなと思う。

そういう意味ではTilaが来るのは結構いいかな。レズコミュニティ以外にも普通に有名人だから。the L wordの中で言うと、やっぱりBette?Jennifer Beals様に出て来てほしい。あとは、エレンとか?アンジェリーナ・ジョリーとか?リンジー・ローハン&噂になってたサマンサ・ロンソンとか?そこらへんのセレブをひっぱってきてほしいっす。

★プール・パーティ
これはプールサイドで寝そべったりプールの中でボールを投げたりしてだらだらすごそうという企画。彼女がいるあなたはプールの中で彼女を持ち上げて運んで力持ち気分に浸ったりして楽しむのもよし、シングルなあなたは、肉食獣めいたまなざしでプールサイドの獲物を物色するのもよし!私もあと1ヶ月足らずの間に腹筋しまくって、イケてる体にもどさなくては…!あと水着も買わねば…。

もしDinah Shore Weekend行くよお~っていう人は連絡下さいね。Let's party hard!

詳しいイベント情報などはこちらをどうぞ。

http://www.thedinah.com/
http://www.dinahshoreweekend.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。