L系ブロガー対談企画第一弾 -女女苑-

皆さんこんにちは。 大昔にブロガー公開対談相手募集という企画を出していたのですが、その栄えある第一弾!

女女苑」のbiancaさんとの対談をお届けいたします。

それでは、どうぞー!

read more...

スポンサーサイト

勤勉な日本人

日本人「勤勉続くと思わない」61%…読売調査
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080730-OYT1T00597.htm
 日本の発展を支えてきた「日本人の勤勉さ」について、これからも続くと思う人は35%にとどまり、そうは思わない人が61%に上ることが、読売新聞社の年間連続調査でわかった。
Click here to find out more!

 1984年の調査では、続くと思う人が59%、思わない人が33%だったが、この四半世紀で楽観論と悲観論の比率がほぼ逆転したことになる。

 今回の調査は「勤労観」をテーマとして12、13日に面接方式で行った。

 日本人の勤勉さについては84~91年に5回調査し、続くと思う人が常に多数派だった。続くと思わない人の方が多くなったのは今回が初めてで、特に20歳代では66%に達した。

 ただ、今回調査で「一生懸命に働くことは美徳だ」という考え方への賛否を聞いたところ、「そう思う」が71%を占め、「そうは思わない」の25%を大きく上回った。

 定年まで同じ企業に勤めることができる「終身雇用制」を望ましいとする人は77%で、過去最高の88年と並んだ。年齢や勤続年数よりも、個人の能力や業績を重視し、賃金などに反映する「成果主義」については、「好ましい」の65%が、「好ましくない」の30%より多かった。

 派遣社員やパートなど非正社員が、雇用者の3分の1を占める現状については、「働く人の立場が不安定になった」という印象を持つ人が82%、「多様な働き方ができるようになった」が15%となった。
(2008年7月30日18時40分 読売新聞)



フム。

昔は感じたことなかったけど、最近日本人は本当に勤勉だし、優秀だなって思う。
アメリカにいると特に痛感する。
資源のない日本がここまで発展できたのは、日本人の頭の良さと勤勉さの現れ。

もしそれがなくなったら?

教育がくそになり、勤勉さという性格まで失ったら、日本には何も残らないのだ。

恐ろしい。ま、みなそう思っているから、勤勉さがなくなることについてこのように警戒する記事が出ているのだろうね。

ただ、勤勉ってどういうことなのだろう。

「終身雇用制」を是とすること自体が勤勉とは思わない。

ただ、なんというか、「まじめに働く」、とか、「恩には報いる」、とかそういうあたりまえの道徳的なことってけっこうできる人とできない人がいる。この世の中には、そういう道徳を共有できない人がいっぱいいる。これは本当。それがいいとか悪いとかじゃなくて、日本がなんとなく自然とそういう価値観を共有できてきたというのは、確かに大きなアセットだったのだなーと思う。

愛国心とかを強制したり、道徳心を教養するようなのはどうかと思うが(私はかなりリベラル思想の持ち主)実はそういう皆がいちいち言わないでも共有できてる価値観というようなのは、発展のために結構大事なのだなーと最近実感している。

まじ、国民が馬鹿になり、怠惰になったら、日本は終わりだよー。
逆に言うと、今の平均的日本人は結構頭いいと思うし。

世界に負けないように、みんな頑張ろうぜー。

具体的には?って感じだけど、とにかく教育システムをきちんとする。大人になってからでも個人の努力で多少はなんとかなるかもしれんが、やはり教育の影響は大きい。

根本的に教育システムのレベルと、国民のレベルは一致する。日本の優秀さは日本の教育システムによって支えられているのだから。ゆとりとかって冗談まじりに言ってるけど、本気で問題だと思うよー。言葉の乱れとかそういうレベルじゃなくて、本気で馬鹿な子が増えているようならそれは困る。あと、高等教育。日本は初等教育は結構良いが、高等教育機関(大学、大学院)が世界レベルからは程遠いというのはよく言われてる。これをどうすりゃいいのかはわからんが。大学の皆さん頑張れ。アメリカは結構逆。初等教育はうんこ!子供を通わせるなら絶対日本。小学校、中学校、高校くらいまでは絶対日本がよい。ただ、大学、大学院はレベルが高い。もちろん学校によるが。とにかく日本はもっと高等教育に力を入れるべき。小学校とかはゆとり以前に戻せば結構ましなのでは?あと、人と違うことを許すというか、飛び級とかオーケーにして、人と違うこと、人より秀でていることなどを認める文化を持ち込めば、これ無敵。

あとは、勤勉さをキープ、、、ってこれはどうすりゃいいんだ?わからんが。

まー私なんぞがブログで吼えても何も変わらない気もするが、ニュースを見て、すごく焦ってきたので書いてみた。飲み屋で、日本の将来を憂えているおやぢと同じレベルのエントリですが、すまん。

勤勉さはーだいじだよー♪

外国人をナンパする時言ってはいけない3つのこと

1) 英語(○○語)教えて!
すぐコレを言う人多いが、実はあまりよくない。
彼女は無料の英語学校ではありません
利用されてるみたいで悪印象を与えます。
日本人からすると、「英語教えて」っていうのは軽い気持ちで社交辞令的に言ってるにすぎないのですが、心証は悪くなるみたいですね。

2) その国に遊びに行きたいから、家に泊めて!
私の家はホテルじゃありません。
まあーほとんどの場合社交辞令だろうし、実際に遊びに行くほど仲がいいなら、ちゃんと泊めてくれるだろうけど…。
基本的によく知らない人を泊める訳ないじゃん。
とか私は思ってしまうのですが。

3) “外国人”=金髪白人を前提にした全ての発言

多くの日本人はこの罠にはまっておりますな。
で、白人の輪の中に1人だけ日本人の自分がまじってる図とかを想像しがち。
英語学校とかホームステイのポスターを見るとそういうファンタジーがよーくわかる。
相当田舎の学校に留学してるとかなら、そういうのも可能かもしれんがね!

サーカス☆サーカス

RachelとNellyと一緒にサーカス見に行ってきました。

私は、いわゆるサーカスってシルク・ド・ソレイユとかサルディンバンコ?みたいなのしか行ったことなかったんだが、なかなか面白かったです。

たったの25ドルで、とっても楽しめました~。アクロバットもあったし、象とか、虎とか、馬とか、犬とかもいっぱい登場しましたー。正直動物の芸に対しては、哀れみというか、複雑な感情がわきあがってくるのを押さえられませんでしたが…。

途中、象の芸の最中、一頭の象が脱糞!やりやがった

うんこ処理班の人がささーっと登場して、大慌てで粉をかけたりステージを掃除していたのがバカウケ。ていうか、次から次へとうんこがうみだされるんだもん。象のうんこってすんごい大量なのね!びびったわー。しかも緑色。

ま、全体的に楽しかったです。
たまにはこういうライブのショーというか、珍しいものを見て刺激を受けるって大事だなーと思いました。新しい発想やアイディアは、そういうところからしか出てこないと思うので…。

あと、やっぱりサーカスなので家族連れが多く、子ども達が大はしゃぎしていました。

私は子どもが好きなので、そういうのを見ると「あ~子ども欲しいな~!」って思っちゃいます。まあ、レズビアンだからって子どもが育てられないわけじゃなく、将来的にいくらでも子どもを作る方法は考えられると思うけど、彼女もいない私にはまだまだ非現実的な話。精子バンク行って、とりあえず子ども産んじゃおうかなーと思うときがあるのも事実だが、やっぱり産むなら自分で責任もって育てないとだもんね。

うーん。
今の私は子どもを産む状態では全然ないわ…。
これはレズビアンであることも関係してるだろうけど、たぶん、ノンケだったとしても…うーん。デキ婚とかしちゃってるのかしら?それとも負け犬街道まっしぐら?どうだろ?わからん。うーん。意外にバツイチシングルマザーだったりする気もするけど…ノンケである自分なんて、自分じゃないみたいで、全然想像できない。

でも、将来は素敵な奥さんと一緒に子育てをしたいわー。

はあ。がんばろっ。

サーカスから話が飛んだね。

ともかく、今週末は楽しかった!

欲望と歓喜の渦巻いた夜

昨日のこと。

1つだけ嫌なことがあったのですが、それを除けばかなりパーフェクトな夜でした。

来てたのは…Rachel, Nelly, Claire、Joyce、TJ、あとHikki、エンジニア美女、あといろいろな昔の知り合いも来てたし、後半は久々のVivとかHelena、Patricia、Leahもいて、とにかく嬉しくてはしゃいじゃいました。昔のメンツに会えると嬉しくて興奮しちゃいます。犬がうれしょんとかするのめっちゃわかる。

そのせいで、ビール2本とテキーラショットしかしてないのに、かなり酔っぱらいました。運転じゃなかったし、今日は酔うぞ~って感じだったんだよね。

そして、何がそんなによかったのかというと、昨日は出会いがあった!



私は、いっつもいっつも出会いがあったあったと騒いでいるので、話を聞いている側からすると「またかよ」って感じかもしれませんがorz

生暖かく見守ってくださいね☆

その子は、Chilliと同じ国出身なんだけど、Chilliより全然タイプ。

Chilliは、ブラインドデート(というか合コン?)みたいな感じでHonがセットアップしてくれて紹介されたんだけど、なんかピンとこなかったんだよね。一応デートはしてみてて、これからも機会があれば誘ってみるかなーって思ってたけど、なんかどうもそこまでトキメキがなかったの。


その点、昨日会った子は見た目からしてタイプ。

最近アメリカに来たばかりだけど
英語はなかなかうまくて、
背が高くて、
日にやけた生足を、
白いショートパンツから惜しげもなくさらし、
髪の毛が長くて、
手足が長くて、
骨太そうで、
毛はすごく濃そう。
もみあげとかありそう。
眉毛もキリっとしてる。
目も黒目がちなんだけど、どこか涼しげな感じでさっぱりしたまなざし。
そのクールなところがセクシー。

20080417081911.jpg※写真はイメージです。


一目見た時から可愛いと思った。

でも、はじめ会話を交わした時は全然反応がなかったので、口説こうとは思わなかったの。その後、喫煙エリアの側でなぜか1人でたたずんでる彼女を発見。2人きりで話すうちに盛り上がってきた。

昔の恋バナなんかを話しながらこの前Claireに聞いたことを思い出してた。

ーいいなと思ったらちゃんとそれを伝えてデートに誘わなきゃダメ。友達になろうよベースでアプローチするのはダメー

いつも、自分は友達になろうよ♪ベースでアプローチするのが常だったが、ここ最近は結構ギラつきよりになってきている。よし、明確なギラツキ戦法を実行に移すぜ!内心そう決意して、口を開く。

…はい、ここで会話の流れ日本語にしてみようかと思ったが、書いたら恥ずかしすぎたんで、やめ!

でも、思い切った言葉を口に出した瞬間って、気持ちいいよね。
結構なんか…
相手の表情の変化とか、返答とか、観察するだけで、すごく快感。

射精ってこんな気分かな!?みたいな←絶対違う。

うまく言えないが、とにかく昨日はギラついて正解!
相手の反応がよかったし、すごく楽しかった。

一言で言うと、ケミストリーがあった!って感じだ。

例えば、同じ手をつなぐのでも、そこに欲望を感じるのと、感じない時があるわけ。同じ会話を交わしても、化学反応がある場合とない場合がある。

ぶっちゃけ、最近デートした子たちでケミストリーを感じた子はあまりいないのよ。クラブで会った時は感じても、二回目は消えてしまっていたりね。

彼女と次に会えるのはだいぶ先になってしまうが、その時までこの心地よい緊張と、ケミストリーが残っているとよいな。うまいこと育てていけますように。

で、その場にいた仲いいレズ友に、「彼女、よくない?」とささやいてみると一言

「ゴリラに似てるネ」




お、お前…それ口悪すぎだろう…。








…だが、わからんでもない(ボソ)


というわけで、彼女のブログネームはゴリエに決定。


おっとっと。



昨夜の日記は削除いたしました。
酔っぱらって変なことを書いてしまいました。
コメント、拍手などしてくれた方ありがとうございました。

WeHo行く人この指止まれ!

今日友達すごいいっぱいくる予定だから楽しみなの!

今週まじ忙しすぎて今日も行けるかわからなかったけど、行けることになったから嬉しいわ~。

先週は、忙しかったあまり仕事帰り直行で、服装とかいまいちだったから今日はオシャレしていっちゃお~!一週間のストレスや疲れを吹き飛ばしますよ。

そういえば先週、楽しすぎて書き忘れたけど、エリザベス・キーナーが、今度こそプライベートって感じで普通にhereのフロアにいたんだよ!で、踊ってた。イケてた♪今日も誰かセレブいないかな~。

報告しますね☆

ロサンゼルスのビジネスエリア情報

ミーティングの合間に時間が空いたのでカフェでお仕事。
というかブログ。
はい、仕事もちゃんとしてますよー。
息抜きも必要なのです。

もう今週毎日のようにこのスタバに来ている。

今日はロサンゼルスについて少し書きましょう。

東京と言っても、新宿、渋谷、銀座、神田、新橋と街の顔が違うように、ロサンゼルスもいくつかのエリアに別れ、それぞれの性格があります。

今日はロサンゼルスでビジネスを考える時中心となる4つのエリアをご紹介します。

■ダウンタウンLA■

まず、ビジネスで考えると、大きなのは、やはりダウンタウンLA(今私がいるのはここ)
ここは、いわゆる丸の内や大手町のような雰囲気。
高層ビルが建ち並び、オフィスも多い。
ただ、古い感じ。
ビジネス街を離れると、リトル東京やファッションディストリクトと呼ばれる卸売り街が多い。
アパレルのバイヤーさんなどはよくダウンタウンを訪れます。
先頃日本上陸したAmerican Apparelの工場などがあることでも有名。
UCLAのライバル校であるUSCとかがある。
治安はよくなかったが、アーティスティックな雰囲気があり、最近では再開発が進み、おしゃれな雰囲気になってきている。これからどんどんアツくなると思う。

■センチュリーシティ■
次に最近発展して来たのがセンチュリーシティ。
ここは、ダウンタウンから、30分くらいか?
いわゆるWEST LAと呼ばれるエリアであり、治安はよい。
新宿西口みたいな感じでダウンタウンが廃れた後、新しいビジネス街として力を伸ばして来た。
UCLAのあるウェストウッドやサンタモニカにも近く、ビバリーヒルズやWeHoにも近い。
ビジネス街なのだが非常に便利なエリア。

■トーランス■
それから、日本人が多いエリアとしては、トーランス。
これはいわゆる郊外。東京で言うと多摩エリアみたいな感じだ。
トヨタ、日産、ホンダなど自動車メーカーを始めとする日本の大手企業がこぞってオフィスを構えており、駐在員も多い。
家庭持ちが住むのには便利らしいが、遊び場もなくはっきりいってつまらんエリア。
ただ、まともな日本食を食べようと思ったらトーランスに行くとよい。

■アーバイン■
また、ビジネスで言うと、少し離れるが、オレンジカウンティも外せない。
オレンジカウンティは、ロサンゼルスから車で1時間くらいのところにある隣のカウンティ。
ここにもメーカーを中心とした日系の大企業は多く、駐在員たちのベッドタウン化している。
アジア人も多いが白人も多い。
ただここは田舎です。
ラグナビーチやアーバインなどがある高級住宅地であり、治安も教育もよいのだが、はっきりいって夜遊びシーンはゼロ。あ、嘘。ゼロではないが、ゲイ的には全然楽しい街ではありません。

はい、忙しくなったので続きは今度♪

自分がタチなのかネコなのか真剣に考えてみた。

はー
疲れた。
だが疲れマラとゆーんですかね。
なんか全く眠れないので今日はレズの永遠のテーマであるタチネコについて語りましょう。

たまーにタチネコについてうんちくたれたくなります。

ま、たいていは、タチネコというカテゴリーを批判するような内容なんですが…。

ブログを読んでくれるとわかるが、私はセックスについてもあんまり語ってないし、オナニーについても全く語ってない。

実はこれは私の苦手分野なのです。

巨匠手塚治虫氏も「女性描写は苦手」と評されることがままあり、セックスシーンはへたくそと言われていますが、それと一緒だと考えていただければ…←何様!?

ただ、私は昔からタチネコという分類が嫌いで、それは、ひとえに「too sexualだから」という理由が大きかったのであります。もっと平たく言うと、「タチです」って自称した場合、周りの人間は(へーこの人女性を責めたりするのが好きなんだー)って想像するでしょうし、「バリネコです」とか言われた場合は(へえ~この人はベッドの中で受け身なのねえー)って想像するでしょ。(あたしだけか!?)そういう想像を自分に対してはされたくないって思ったりしてたわけです。

はっきりいって「どんな体位が好き?」とか「セックスの最中どんなことをささやかれるとコーフンする!?」っていうのと同義の質問ですからねー。
恥ずかしや、恥ずかしや…(*ノノ)
そんなのを初対面で訊くなんてすんごいはしたないことなのです。

ただ、まあ今日は正直な話しますが、自分がそーゆー会話が苦手な理由の大きな1つは自分はどっちでもないからなのです。タチという言葉もネコという言葉もnot me!って感じなのです。レズビアンという言葉は自分にあてはめられますが、タチとかネコはあてはまらん。

まー私は平等論者なので…。じゃあリバじゃん!って言われればそれまでなのですが、今日はもう一歩踏み込んで自分がタチなのかネコなのか真剣に考えてみた。

外見で言ったら、やっぱり自分はフェミニンな子が好きです。That's for sure。
でも、たまーに可愛い感じのボーイッシュな子も、結構好きになったりするし、どっちかっていうとそういう子とつきあう方がうまくいくことが多かったりする。

でも、はっきりしてるのは、基本的に相手が自分を男役として認識していて、私のことを女の子扱いするのには耐えられません。

相手の外見がもろバリタチだったらそれは論外だし、相手がいくらフェミニンでも、相手が「自分、タチっすから…嫁さん募集っす」みたいな感じで言ってたら、もうその瞬間恋愛対象から外れてしまう。※これは、私にとってタイプじゃないから、というよりも、相手にとって自分はタイプじゃないだろうなーって思うから。だって私は嫁さん役に心地よく収まれるような、女性ジェンダーを備えたタイプじゃないので…。だから、しぶしぶ諦めるのに似てる。

我慢して、自分が嫁さんぽくなり、相手が常に自分が男役!って感じで私をリードしようとすると、男とつきあうのと同じくらいの違和感を覚えてしまいます。なんか、だましてごめんなさい、っていうくらいの違和感。

それだったら、相手が「アタシはお姫様♪」みたいな感じで認識していて私を男扱いする方がまだ耐えられます。「かっこいい☆」とか言われたいし、頼られたら嬉しいよね。

でも、実はそれも度が過ぎると辛い。
なぜなら私もおにゃのこだからね~

やっぱ完全に男役を求められ、常に自分が運転して迎えに行き、食事も映画も自分がおごり、自分がデートもリードして、荷物も持って、ベッドでもご奉仕…みたいのは辛いわけです。いや、それをやることがキツいわけでは全くなく、全然できることはできるんだけど。それが当然になると、なんかリターンが全くないと、愛されてないような気分になるから。なんか自分だって甘やかされたい時だってあるのよ。なんかさ。わかる?たまにはあなたがデートをセッティングして私をエスコートして、ベッドでは天国に連れてってよ!と言いたくなるのです。

だから、ある意味、バリタチっす!みたいな感じでいつも自分が男役を引き受けられる人は、自分がそうなれないから尊敬してる部分もある。

でも、自分が完全に女役!みたいな嫁さんにはなれないので、微妙なんだよね。私は結構ロマンティストで手作りのプレゼントを作ったり、いろいろお弁当を届けてみたりするのも好きだが、究極的には女の子が好きなものにあまり興味ないし、girly girlではない。頭の中はノンケ男に近いんだと思う。例えば、キラキラネイルとか春色ワンピとかピンク色とかバッグとかキャラクターグッズ全然興味なくて、もっと…ビジネスとか黒とかパソコンとかDJとかエスプレッソマシンとかそういう方が興味ある。

ああ、例えば、こんな例はどうだろう。

ノンケクラブに彼女と2人で行く場合。私は自分がタキシードとか、だぶだぶの服とかきてまで男役を務めたくはない。だから、2人で女の子らしく着飾りたい。でも、2人でクラブに入るため歩いてく時、彼女が私に腕をからめてきたらなんか嬉しい。そこで、自分より、すこーしだけ相手の方が男ウケがいいくらいがちょうどいい。2人で歩くと、男どもが視線を飛ばし、口笛をふく。彼女の方がほんのすこーしだけフェミニンで、彼女の方がすこーしだけ男にモテる(もちろん私も少しはモテてる)でも、彼女も私もこれっぽっちも男には興味がなく、私たちはお互いにぞっこん。

そんな、そう、まさに、Yes, we are lesbians. No you can't watch!の世界。

それが理想なの。
わかる?



※追記1:これは、タチ、ネコ分類が心地よくて、それにハマる人やそれに当てはまっているカップルを批判する内容とかじゃないです。たまに、「お前はタチネコカップルをバカにするフェムフェムカップル至上主義!」みたいな感じで糾弾されるのですが、全然違います。


※追記2:昔も似たようなこと書いて吠えてた時期があるので、リンクしておきます。

フェム・ブッチ問題再考
http://yuichikawa.blog28.fc2.com/blog-entry-378.html

セックスに関するカテゴライズ考察序章
http://yuichikawa.blog28.fc2.com/blog-entry-281.html

なんちゃってレズ歌手vsガチレズ歌手

うーん。

いろいろなことが重なりすぎて、多分、今1年の中で一番忙しい…!

ブログ書いてる場合じゃないッ!

だが、「レズの黒船」ケイティ・ペリー効果でアクセスが急増したんで、慌ててエントリー

One of the Boys

ケイティ・ペリーのキス・ア・ガールの日本語歌詞
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317531998

●全米4週連続1位のビアンな歌?ケイティ・ペリーが日本デビュー
http://55campy.blog102.fc2.com/blog-entry-312.html
Campy!さんからリンク光栄ですわー。私「突撃!!ゲイハンター」持ってます★

頑張れケイティ★

てか、肝心のケイティ・ペリーの歌詞の和訳ですが…結構めちゃくちゃ♪
ここで言訳しておきます。
わからんとこ適当に抜かしてるし、超訳なんで。てへ。
間違ってたら笑ってやってください。

それにしても、今回のケイティブームを見て一瞬t.A.T.u.を思い出した。

tatu-live-kiss.jpg
↑この2人の間に欲望は存在せず、ただやらされてると思うと痛々しい。

ホント、ノンケ社会って、なんちゃってレズに優しいねー。


レズビアンテイストの物やカルチャーが人気になるのは嬉しいけど、結局それがリアルなレズビアンカルチャーじゃなくて、ノンケさんたちの性的対象として消費されてるだけだと考えると、虚しいわい。

y7864_450.jpg

そうよ。うちらはレズビアン
ダメよ。あなたはまぜてあげない♪

というわけで、もっとガチでリアルでキュートな歌手のビデオでも見てください。

tegan_sara_pic-1.jpg


Tegan and Sara
カナダ出身の双子デュオ。
Lの世界の中にも登場。
http://www.teganandsara.com/
http://www.myspace.com/teganandsara

セクシャリティについて語っているインタビューはこちら。この内容は結構よい。



Lの世界の動画と一緒にどうぞ。

So Jealous


This is Everything

目指せ内定!婚活のコツとは!?

“婚活”の時代が到来!? 今や結婚するにも勉強が必要
http://netallica.yahoo.co.jp/news/42288

いや~本当そうですよ!
いたく共感してしまったこのニュース。

恋愛においてコーチングというか冷静な第三者の意見やアドバイスはとても大事ですよね。それからやはり恋愛も仕事と同様ノウハウや進め方を学び、そして巧くなっていくもんだと思います。

本能だけでは恋愛はできない。

恋愛は、やはりコミュニケーションの一形態だから、それを成功させるためには、コンテクストにそったアプローチ方法、相手のバックグラウンドやニーズに対する深い理解、そして、自分の提供できるものの提案方法など…様々なテクニカルな側面が影響してきます。

つまり何が言いたいかというと、恋愛の技術は(この世に存在するありとあらゆる技術がそうであるように)、相当程度までテクニカルに習得できるものであるということです。もちろん持って生まれた才能や向き不向きの存在を否定しませんが、後天的に取得できる要素が必ずあるのです。

で、特に、アメリカで行われているデーティングを介した恋愛関係というのは、就職活動と非常によく似ているように思います。そういう意味で、この“婚活”という言葉は言い得て妙ですね。

以前から本ブログでも折にふれデーティングというコンセプトについては紹介しておりますが、これって日本人にとっては非常に理解し辛い風習であることは確か。だが、これを就職活動としてとらえると非常にしっくりくるのです。

デートは、就職の面接みたいなもの。
by Claire

1回デートして、もう次から会わなくなるor友達として遊ぶようになってしまうのは、不採用通知ということになりますが、とりあえず二回目以降もデートをし続ける場合、これは二次面接、三次面接という形にになります。つまり、候補者は(この会社は自分以外の人間も面接しているだろうな)と思っていますし、会社の側も(この候補者は、他の会社も受けているだろうな)と思っている。それが暗黙の了解。

もちろん、「いや、他には受けてないです」とか「御社が第一志望です」とか言ったりする場合もあるでしょうが、そこは、それ。あまりそういう話を持ち出すのは野暮!基本的には他に受けてる会社のことや他の候補者のことはうかつに話題に出さない。これ基本でしょ。これってまさにデーティングの状況なんですわ。

日本人とアメリカ人がデートし始めてよくぶちあたる壁が…日本人は「これってつきあってるの?」って思っちゃうのだが、アメリカ人の方は「いやいや、デートしてるだけだし。Girl friend同士としてつきあってるわけではない。We are not exclusive.他の子ともデートしてる」ということで、ここでいうデートというのは当然キスとかセックスなどのいわゆるかなり親密度の高い活動が含まれたりしますので、そこでいろいろ問題が勃発するというやつですね。

とりあえず、つきあいましょうというコミットメント・アグリーメント(就職活動でいうと、オフィシャルな内定レター)があるまでは、お互い他のオプションも探しているかもしれないなーというのを冷静に把握しておくのが必要なんですわ。

★ ★ ★

英国式カリスマ恋愛コーチング 「運命の彼=Mr.Right」を見極め、結婚するための絶対法則

と、ゆうわけで…この恋愛コーチングというの興味あります。読んでみたいな。

男女の日本人同士でもコーチングが必要なくらいだから、やはりこれが異文化間、異人種間、そして、同性間や遠距離など周りにモデルケースが少ないカップルの場合は、より乗り越えるべきチャレンジが大きくなってくるんでしょうね。それでもお互いに努力して、うまくいかせているカップルは本当に素晴らしい!尊敬します。

あー私も、頑張って“婚活”しなきゃ。
面接しなければ就職はゼッタイ決まらんし、婚活しなければ、彼女とかもできないだろうからね。

l2008-01-27_01-09-28_42434.gif

白檀の香り

私は香りのするものが好き。

香水もいろいろ好きで集めているし、アロマテラピーも好きで、検定とか持ってるよ。ま、香り嗅いだら何か一発でわかります。精油について語ると長いのだが今日はお香の話を。

お香で、一番の大好物がHEM社プレシャス・チャンダン。

日本では本当いろいろなところで焚かれまくってるし、もうこれはありきたりと言われようがなんと言われようが好きなんじゃからしかたないッ!

しかも、同じサンダルウッドでも別のブランドのチャンダン(=サンダルウッド)の香りではダメで、HEMのチャンダンでなければダメなのです。

日本ではよく新宿の路上や、ヘッドショップで焚かれているが、この香りアメリカでは全くと言っていいほど見かけません!

もー、ほんっとーにないっ!
ないっていったらありませんっ!
ケンカ売ってるのか?というくらいないっ!!!!
嘘だろーってくらい、ないんです!
仕入れて売ったろかーってくらい、ないんです!!!!

アメリカは香りが本当に好きで、体につけるデオドラントはもちろんのこと、お香もいろいろな種類が出回っているが、HEM社のチャンダンはない…どこにも…。

なぜだ…人気ないからか?

代わりに大人気なのが、ナグ・チャンパ。

これは、どこにいってもある。
山積み。
ていうか、チャンダンがないのに、なんでナグチャンパだけこんなにあるの?
謎っ!

でもねー私はこれは好きじゃないの~。
チャンダンのうっとりするような香りが好きなのだー。

初めは別に好きじゃなかったけど、数年前からどんどんハマってきた!他にもいくつかお香試したけど、ヘッドショップとかで売ってるやつやアメリカで売ってるやつは、人工的だったり、甘ったるかったりで、チャンダンほど好きになったものはない。チャンダンは、まじハマる。癖になる。心落ち着く香り…!

で、この前Chilliと遊びに行ったリトル東京の日系のお店でチャンダン見つけたから買ったんだよね☆

今もその香りを胸いっぱいに吸い込んで恍惚としながらコレ書いてます。

皆さんも、お薦めのお香とかあったら教えて下さい!

WORK OUT!!

ずーっとさぼってたので、二日間連続でジムへGO!
柔軟性も筋力も落ちてる感じで凹む。
お腹も相変わらずぷよぷよしてるし。

今日は腹だしのウェアでワークアウトしてたが、かなり不細工。
ああ、まだまだだな…。

目指せナイスボディ!

yonekura.jpg

普通に生活してても駅の階段を下りたり結構運動できる日本と異なり、アメリカ(特にロサンゼルスとか田舎)って本気で努力しないと、普通に1日10歩くらいしか歩かなかったりするので要注意。高カロリージャンクフードばりばりだしねー。デブになるのは簡単なのよ。

ワークアウトした後って一瞬死にそうになる。
全力疾走したあとの感じ。
吐き気がこみあげてくる感じ。
体が死に一歩近づいた感じ。
肩で息をしながら、どうしようもないだるさをやりすごす。

あと1セットやるべきなのに、やらないで終わらすのは、自分への甘さの現れ。

とりあえず服を着ていれば見えないけど、脱いだ時あらわになる、この余分な脂肪は、自分の怠惰と甘えの結晶。

はあ…

明日は仕事先の人と食事だからジム行けないな~。

私は決して太ってはいないと思うが、決して痩せてもいない。
アメリカ人からみれば痩せてる方だが、日本人には決して痩せてるとは言われない。
いわゆる健康的な体型(汗)
とりあえずこの3ヶ月で少しは痩せたと思うけど、なんかもっと究極的に鍛えたい。

女たるもの、脱ぐべき時に脱げる体でいなくてはね♪
体重はどうでもいいんだけど、見た感じを引き締めたいの。

jackie-warner.jpg

WORKOUTのジャッキー・ワーナー。かっこいーよね!ちなみにレズビアンです。

Jackie Warner's Workout 2009 Calendar


アタシ、いつでも脱ぎますッ!という夏にREADYなアナタはこちらのランキングをクリック

ちょ、ちょ、ちょっとまって!というアナタはこちらのランキングをクリック

日本人であることのアドバンテージ

人間いくつになっても模索と挑戦が続くのだろう。

雇われの身の間は、早く独立したいと思うし、独立したら、独立したで、早く自分がみてなくても任せられるようなスタッフが欲しいと思うし、自分がいつもいなくてすむようになったらなったで、従業員のマネジメントで悩む。

シングルの間はシングルの間で彼女が欲しいと思うし、彼女ができたらできたで、マンネリに悩むし、結婚したり子供ができたらできたでまた別なフェーズの悩みが出て来る。

人生ってそういうことの繰り返しなんだと思う。
いろんな立場の人と接する機会があり、そう痛感している。

誰もがうらやむような人生を送ってるように見える人でも、人知れず悩んでるし、涼しい顔してかっこ良く世の中を渡ってるように見える人でも、すごく影で努力していたりする。

そーゆーことが、見えて来た。

こうして文章にすると当たり前すぎて何よ!って感じだけど、自分にとってはeye openingなコンセプトなので、書いておく。忘れないように。いつか忘れた時にまた読み返して今のやる気を思い出せるように。



…私は生物の進化とか、民族が工夫して生み出した新しいものとかそういうのが好き。生き物は、窮地に追い込まれると自分の形を変えたり、頭を振り絞って、工夫して生き抜いて来た。

例えば、キリンみたいに首を伸ばしてみたり。
カメレオンみたいに色を変えれるようになってみたり。

民族もそうだ。

ユダヤ人は祖国を追い出され、多くの職業につくことを禁じられるという弾圧のゆえに、金融の技術を磨き、現在の繁栄の基礎を築くことができた。


日本人だって似たようなところがある。

日本は、資源が少ない。
人口も少ない。
英語もしゃべれない。
地理的にも島国で物流コストがかかるし、文化的にも隔たりがある。
戦争に負けた。
ぼろぼろやった。
そんな中、技術力と勤勉さで、どんぞこから這い上がって来た。

トヨタ、ホンダ、ソニー。
任天堂、アニメ、J-POP。

これから日本は高齢化少子化がどんどん進むし、資源がないとか、グローバリゼーションが遅れてるとかなんとか、いろいろ危機が叫ばれているが、私は、実は、日本人はこの危機感を胸に刻み込みながら、なんだかんだいいつつ生き残って行くと思う。

今まで日本人のすごさとか全然感じることはなかったが、アメリカにきて、日本ってすごいなって心から思うようになった。そして、日本人であることに強い喜びと誇りを持つようになった。

日本人は本当にまじめだし、地頭(?→じあたま)がいい。

私は普段、ここで英語がまともに話せないことを嘆いているが、実は、日本人であることって本当にアドバンテージだと思っているし、日本人でよかったなーと痛感しているのだ。

人類は危機に立ち向かうと、馬鹿力がでる。
そして、変化に適応しようとする。
適応できないものは滅びる。
でも、誰も滅びたくないから必死こいて頭を絞る。
そのプロセスって結構面白い。

ビールの税率が高ければ、発泡酒を開発するし。
ガソリンが高ければ、皆車以外の交通手段を使うし。
人間は工夫して、進化できる生き物。
だから面白い。

私は日本に生まれ、日本でぬくぬく育って来た。
自分の持っている特権 - privilege - を全く意識せずに。
そして、それが奪われた異国の地で、今まで以上に真剣に、自分が将来、生き延びるために何が必要なのか、そのために今何をしなければいけないのか、考えるようになった。

日本だったら仕事しないでぼーっとその日暮らしということもできた。
でもアメリカではそんなことできない。
常に自分をアメリカにいることを正当化させなければならない。

アメリカの移民局は、常に「あなた、アメリカにいる必要はあるの?」とつきつけてくる。ビザを申請する時、「その仕事、アメリカ人でもできるじゃん!」って言われてしまうとおりなかったりする。だから、外国人をビザサポートしてまで雇う意味というのを一生懸命強調しながら書類を作らなければならない。そこが移民弁護士の腕の見せ所だ。

アメリカにいる意味がないと判断された人間は容赦なく不法滞在者になることを余儀なくされる…。

アメリカ市民と結婚すれば簡単にグリーンカードがもらえるが、そういう道を選ばなかった人間(もしくは選べない人間)は、常に「お前はアメリカのために何ができるのか」「なんで日本人なのに日本に帰らないのか」という質問にさらされることになる。

そんなギリギリの環境で生きることは辛く、ストレスが多いことでもある。だが、同じ環境で必死で生き延びようとしている日本人の仲間を見ると、刺激されるし、自分もやる気が湧いて来る。

アメリカに生まれ育って、アメリカ人であることを当然だと感じていたら、こんな気持ちにはならなかっただろう。そう考えると自分が日本人であることは1つのアドバンテージだとも感じる。自分が将来アメリカのメインストリームでビジネスをするにしても、日本人であることは自分の大事な特色だし、それによって日系コミュニティのサポートや、日本本土とのコネクションも活かせるからだ。もし生粋のアメリカ人だったらこうは行かない。日本人のメンタリティもよく理解できないし、日本のマーケットも理解できなかっただろう。そう思うと自分はツイている。

日本人の良さを保ちながら、アメリカでのビジネスも学べているのだから。かなり恵まれている。

将来、自分は日本に帰るかもしれない。
でも、この地で、今私が学んでいることは、一生自分の糧となって残るだろう。

中野腐男塾CDデビュー決定!

中野腐男塾、2008年9月24日(水)CDデビュー決定!!

school_1.jpg







うんうん。かっこいいじゃん。

腐女子シスターズより、こっちのほうがいいじゃなーい?

私はやおいとかBLがよく理解できず、男装の子をみても、どうしてもレズとしての視点で解釈してしまう。そこに自らの限界を感じるのですが…レズとしてみても結構萌え。

特にこの画像は萌えたので見てみ。

特に、1人髪の長い子いるしねー。かわいいかわいい。<プロレスオタの子。
あと、赤いネクタイの子普通に可愛い。<ファッションオタの子。
こういう可愛いでキリっとした子好き!
普通、私はボーイッシュな子って興味なくて、フェミニンな子が好きなんだけど、この子たちについては、普通のフェミニンアイドルより、こういうややクイアな路線の方が色気を感じる!

頑張ってほしいわー!

hudanshi_bn.gif


いや~人間のセクシュアリティって本当に多様よね。

変な外人

英語を最近勉強している。
主に力をいれているのは、語彙力増強、ヒヤリング、あと発音改善。

で、語学勉強をしている人のブログなども読むようになったのだが、なかなか難しいよなー。日本で、日本語ぺらぺらとか、お箸の使い方が異様に上手な外国人っていうのは変なガイジンと呼ばれたりする。


(最後まで観る必要なし。10秒くらいでOK)
例えばこの人とか、日本語ペラペラだけど、やはり間違いが多いし、自然にロマンスが生まれるか?というと微妙なラインではないでしょうか。

私の英語とかってこういうレベルなのかな…って思うとへこむ。

変な外人もういっちょ。
ちゅーかこの子、オモロいッ!それに結構可愛い。(↓)



なんかタレント化してるみたいやな~。

Emily Official Blog
http://ameblo.jp/applemilk17/

まあ、まだまだって感じだけど、独学でここまでできるってすげー。
どうもアニメとかビジュアル系のバンドを通じて、ここまで学んだらしい。
恐るべし、オタクの情熱。
てことはまったくアメリカ人の友達いなくても、Lの世界とか観まくって勉強してたらそれなりに英会話能力高まるってことなんだろうな。

関係ないけど最近After Ellenで見つけた面白いポスト
Engrishとか素で書いてても、それなりに相手にしてもらっている。
すげー優しいな…After Ellenの人。

エミリー@英語。



か、かわいいじゃん!
普通に早口すぎて、日本語でしゃべってるのと全然キャラ違って驚くのだが。
こっちのエミリーの方が私はタイプです。
なんかセクシーで、ちょっとビッチーで。
早口な女、萌え。

ううう~。

私も英語と日本語では全然キャラが違うんだろうな~。

ま、アメリカ人は、日本人よりも、訛りのある英語になれてるから、そこまで訛りに対してこっけいさを感じないだろうけど…

アメリカに来てもうすぐ3年になる。

でもまだまだ完璧からは程遠い私の片言英語。

まじで、うまくなりたい!

女の子は頑張っても報われるとは限らないが、英語の勉強は頑張れば形になって帰ってくるので、しばらく英語頑張る。あとは最近また運動をさぼってたのでワークアウトも頑張る。あと部屋の掃除。あとは仕事ももちろん。

でもやっぱ恋愛なかったら意味ないから。

英語を頑張って女の子を口説く。
ワークアウトしていい体になり、女の子をうっとりさせる。
部屋を掃除して女の子を呼ぶ。
仕事を頑張って女の子に素敵なプレゼントをする。

そういう感じで。

頑張るぞ!

今週の英単語

最近調べた英単語メモ




klutz

1. a clumsy, awkward person.
2. a stupid or foolish person; blockhead.

Synonyms: blockhead, clumsy, lout, lummox, nerd, oaf, schlemiel, stupid

ばか、とんま、まぬけ




malaise

1. a condition of general bodily weakness or discomfort, often marking the onset of a disease.
2. a vague or unfocused feeling of mental uneasiness, lethargy, or discomfort.

Synonyms: anxiety, depression, despair, disease, illness, lassitude, melancholy, sickness

社会的、経済的不安を示す時にも使える。

social malaise
economic malaise




stutter

どもる

grinにやっと歯を見せて笑う。
grimだとぞっとする。
混同しやすい。




culminate

–verb (used without object)
1. to reach the highest point, summit, or highest development (usually fol. by in).
2. to end or arrive at a final stage (usually fol. by in): The argument culminated in a fistfight.
3. to rise to or form an apex; terminate (usually fol. by in): The tower culminates in a tall spire.
4. Astronomy. (of a celestial body) to be on the meridian, or reach the highest or the lowest altitude.
–verb (used with object)
5. to bring to a close; complete; climax: A rock song culminates the performance.




rapacious

–adjective
1. given to seizing for plunder or the satisfaction of greed.
2. inordinately greedy; predatory; extortionate: a rapacious disposition.
3. (of animals) subsisting by the capture of living prey; predacious.




comeuppance

–noun Informal.
deserved reward or just deserts, usually unpleasant: He finally got his comeuppance for his misbehavior.




prosper


necessity





evade

–verb (used with object)
1. to escape from by trickery or cleverness: to evade one's pursuers.
2. to get around by trickery: to evade rules.
3. to avoid doing or fulfilling: to evade an obligation.
4. to avoid answering directly: to evade a question.
5. to elude; escape: The solution evaded him.
–verb (used without object)
6. to practice evasion.
7. to elude or get away from someone or something by craft or slyness; escape.




evasive




elude

1. to avoid or escape by speed, cleverness, trickery, etc.; evade: to elude capture.
2. to escape the understanding, perception, or appreciation of: The answer eludes me.




elusive

1. eluding clear perception or complete mental grasp; hard to express or define: an elusive concept.
2. cleverly or skillfully evasive: a fish too elusive to catch.

How to get that elusive first date and make it seem special?




sovereign

–noun
1. a monarch; a king, queen, or other supreme ruler.
2. a person who has sovereign power or authority.
3. a group or body of persons or a state having sovereign authority.
4. a gold coin of the United Kingdom, equal to one pound sterling: went out of circulation after 1914.

–adjective
5. belonging to or characteristic of a sovereign or sovereignty; royal.
6. having supreme rank, power, or authority.
7. supreme; preeminent; indisputable: a sovereign right.
8. greatest in degree; utmost or extreme.
9. being above all others in character, importance, excellence, etc.
10. efficacious; potent: a sovereign remedy.

Honesty is much, much more than just telling the truth, it's about showing people you live a life other than theirs and have sovereign ideas, thoughts and feelings.



話していて、日本語で浮かぶのだが英語がぱっと出てこなかったもの。

需要と供給。
supply and demand

はい、経済の基礎の基礎。
なんでわかってないんでしょうねー。

耳が痛い。
Ouch! That hurts me.
That's a sore spot for me.
I'm ashamed to hear that.
You always shame me with your advice.

贅沢な悩み。

one word では見当たらず。
it's a nice problem to haveとかそんな感じか。

I LOVE WeHo!

OUTFESTで、U Peopleというドキュメンタリーを見た。



NYで、ミュージックビデオ(↑上のコレね)を作るアーティストたちのドキュメンタリーなのだが、その過程で、セクシュアリティや結婚に対する考え方、黒人であること、ゲイであること、母であること、ブッチ(タチ)であること、トランスであること、などへの皆の考え方などが語られる。よかった。NY思い出した。あと、どの国でもどの都市でも、レズビアンたちって似たようなテーマをかたりあってるんだなーって。

http://www.myspace.com/upeoplethemovie
http://www.suckaforlife.com/upodcast/

ストーリーは大してないので少し後半長く感じたが、見てよかった。
ゲイの友達いない子とかがみると結構よいのでは。
仲間って大事だよなーってつくづく感じた。
音楽もよかった。

Wax DoctorのAtmospheric Funkを思い出す感じ。
(これは結構古いがよい!私大好きなんだー。Jazzとかドラムンが好きな人は聴いてみて♪)



☆ ☆ ☆

映画を観たあとは、WeHoへゴー☆
すっごい楽しかったよー。

正直今週は仕事やいろんなことで精神的に辛かったし、睡眠不足だった。
で、映画を見た後は結構疲れきってたんだけど、行ってよかったー☆
いっぱいおしゃべりして、いっぱい踊った!
楽しかった!

人いっぱいいたなー!古い友達にも会えたし、 新しい友達とかいつもクラブで会う子がいっぱいいて楽しかった~♪

最近別れるカップルが多いみたい。

長いことつきあってて、別れて数ヶ月という、いい感じのシングルの美少女たちが最近多いように感じた。

Welcome to シングルワンダーランドへ!

出会いあれば別れあり。
別れあれば出会いあり。

私は彼女は欲しいがクラブ遊びも好きで、クラブ遊びの場に彼女を連れて行くのは嫌い。クラブはソロ活動の方が断然楽しい。私が一番嫌いな瞬間は「Do you have a girlfriend? 」とか「Are you seeing someone?」と聞かれて肯定しなければならない瞬間だった。なんかその瞬間、全てが終わってしまう気がしてた。

シングルだとそういう悩みがなくてすむからいいよ~←強がり。
よりどりみどりだもんね。
誰のことを見つめてもよくて、誰とでもデートに行ける。
それって結構楽しいことだよ。

☆ ☆ ☆

Claireといろいろ恋バナ。
アメリカのデートの常識レッスンみたいのを聞いた。

まず、いいなーって思った子を誘う時、Wanna hang out?とか、Let's go to the movieとかそういう友達として遊ぼうよ♪みたいな感じじゃなくて、「私はあなたに興味あって誘ってるよ」というのを明確にした方がよいみたい。そういう時にデートという言葉を使うと明確になる。

デートという言葉を使った時点で、お互いいいなと思って、彼女候補として品定めをし合っている状態というのが明確になる。

デートという言葉を使わないと、単に友達同士で遊んでいるにすぎないということになる。

日本人は、このデートと非デートを分ける習慣がなく、あえてごちゃまぜになってるよね。

■日本人
友達(この中で一部デートっぽいこともする。)→告白→恋人

■アメリカ人
友達→デート(やってることは恋人。ただし同時に複数の人とデートしてたりする)→ガールフレンド

このデート観の違いのせいで、アメリカ人は非デートのつもりで友達としていっぱい遊んでるだけなのに、日本人は「これってデート♪」とか勘違いしてしまうDの悲劇がおこるんだわな…悲痛。

ただ、まあーやっぱりアメリカ人同士でも誘われて遊びながら「これってデートなのかしら?」って内心不思議に思ったりしてるする時はあるらしい。そして数回会って、お互い興味をなくして、フェイドアウトしていく…みたいなね。でも思い切ってちゃんと「デートしてくれない?」って誘った方が、はっきりしてるし、好感を持たれやすいということのようだ。

なんかすっごい納得した。

すっごいすっごいすっごい納得した。

私、恥ずかしながら、かなり今まで勘違いしてたことを認めざるを得ないわ。

☆ ☆ ☆

Claireは、おとなしい顔してかなりデートマスター。デートしまくり。日本の文化が好きらしく、また、頭がよいので、気が合うが、一皮むくとアメリカ人だ。(別に皮をむくまでもなく、アメリカ人なのだが…)だから、いろいろ教えてもらえてとても参考になる。あと、根っからのLAっ子なので、そういう意味でも典型的なLAの常識みたいのがわかってとても参考になる。彼女がクラブで友達を作るやり方とか、その後デートに持ち込んでるやり方を聞くと、学ぶことだらけだ。

もし、高校生くらいからこちらで過ごしていたら実践を通じて「あーこれがデートに誘うやりかたなんだな」とか学べるけど、私にはそれがない。だから、意識して勉強しなければならないのだ。

学んだことはこのブログでほぼ全て吐き出すので、国際恋愛してる人は参考にしてくれ!

つくづく、思うけど、ロサンゼルスのように多様な文化バックグラウンドを持つ人々が集まる街でデートする時は、相手のバッググラウンドを考えて相手の行動や言葉を解釈しないといけないなーって。

…アメリカ人の女の子には強引にキスしたりすることが通用しても、F.O.B.(アメリカに来たばかりのアジア人 )とかには通用しないというか本気で押し戻される可能性が高い…とかね!?レディーファーストは日本人にとっては照れくさくてしかたないものだが、アメリカ人にとっては常識とか。

まーやっぱり個人差はあるけどね。

文化の違いって本当にある。
戸惑うこともあるけど、すごく面白い。

で、正直最近は日本人に興味あり。
英語やっぱり難しいもん。

日本語だったら気軽に…時に真剣に…「デートしようよ」って言えるけど、英語だと言えない。

英語だと、どうやって、やればいいのかわからない。

日本語だったら饒舌で面白くて女の子を笑わせられる。
英語だったら無口で聞き役で、しかも時々わかってない。
相手のジョークがわかってない。←致命的。

日本語だったら時にロマンティックに時に意地悪に、言葉攻めだってお手の物。
英語だったらひたすら無口。

そういうハンディキャップを背負ってるみたいな生活に、疲れてきたのは事実なんだ。
だから、日本語でいっぱいおしゃべりしたいんだー。

嵐のあと

いやあ…

昨日は大変だった。

何があったのかはまた改めて書く。かもしれないし、書かないかも。

とにかく、一言で言うと、いろいろ悩んだ…

でも、今はまた生きていく気力が生まれた。

一晩寝たおかげ。あと話を聞いてくれた友達のおかげ。感謝してるよ。ありがとう。

You are really good at putting 100% to what you put your mind set to!
Don't worry!
Confidence is the key.

ああ、そうだ。

自信。

生きて行く自信。

自信が鍵なんだと思う。

それを思い出させてくれた、あなたに感謝している。

あなたはビッチで、私は好きじゃないし、信頼も100パーセントしているとは言えない。でも、あなたの言葉は私が人生の節目を迎える時に、いつも大きなヒントをくれる。

自分の人生において何がほしいのか?

それを考えることは、なぜか少し怖い。

どういう生き方がしたいのか?

自分は人生において、何が成し遂げたいのか?

自分がやりたいことを見つめる。それは、少し、怖い。なぜ?私だけか?なぜこわいんだ?自分の中のごまかしに気づいてしまうからか?ごまかしってなんだよ?不安、焦燥、欲求不満、不完全燃焼、いらだち、怒り…本当の自分ってどこにある?

私の成し遂げたい人生像。

それはなんなんだ。

それはこの不景気なアメリカで、片言の英語で、実現できるものなのか。

アメリカでは私は片言の英語で、おどおどしながら曖昧に話すガイジンにすぎない。市民権もないし、グリーンカードもない。日本では、私は日本語ぺらぺら、英語もできる、そして日本での職務経験とアメリカでの職務経験を持つキャリアウーマンになれるかもしれない。自分がいかせるのは一体どちらのフィールドなのだろうか。そして何かを犠牲にしてまでここアメリカに住み続けたい私は、いったいそのことによって何を求めているのだろうか。恋人も配偶者も子供もいない。

私にいるのは、愛し合う友達の輪。私を愛してくれる友達の輪。

それしかない。

それしか?

でも、私は日本でこんなに暖かい友達の輪を持っていなかった。だから、ここにずっといたいと思ってしまうこともまんざら、わるいことじゃない。でもでもでもでも…友達だっていつまでもここにいるとは限らない。Nicoleがテキサスに引っ越し、Rachelがフロリダに配置がえになり、Rosaが北カリフォルニアに引っ越し、Leahがニューヨークで就職活動していたように…皆、旅立って行く。

友達がいるからっていう理由だけで住む場所を決めることは馬鹿げている。そうだろ?

人生は一度しかない。

何をやりたいんだ。

どういう人間になりたいのか。

どうやって生きたいんだ。

考えろ。考えろ。考えろ。

大丈夫。

私には必ずそれができる。

私にはそれを実現する勇気と能力が備わっている。

なぜ、それを時々忘れてしまうんだ?

未来が分からないことが不安なのか?

未来は誰にもわからない。

それは同じ条件。

だがどんなことが起きようとも、変化に対応して生き抜く能力。それが自分にはある。だから大丈夫。

でも、考えよう。

ぼーっと生きてては行けない。

私は死ぬ。

そしてもう二度と生き返らない。

今という時間は二度と戻ってこない。

自分は、この一度きりしかない人生で何がやりたいのか。

そのために今何をするべきなのか。

嶽本野ばらを読んで感動してしまった

数ヶ月に一度日本の本やCDのまとめ買いをする。

昨日、なんの気なしに寝転がりながらそのうちの一冊、嶽本野ばら「エミリー」を手に取り読み出した。

エミリー (集英社文庫)

短編集なのだが、なんかすっごい好きになってしまった。

驚いた。

うーん。

自分が野ばら氏の小説に心動かされるとは想像していなかっただけに、非常に驚いた。映画とかを見たことはあったけど、原作を読んだのは初めてだったのだ。

私は女の子の好みにもうるさいが、本の好みもうるさい。

例えば、少し前に感動したと皆騒いでいた「東京タワー」とか、全然感動しなかった。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

一応涙は出たけど、涙が出るのと、いい作品だ!と感動するのは別。

涙がこみあげてくるのを感じながらも、頭の芯が褪めていた。

全然好きじゃない相手とセックスするはめになっても、とりあえず、的確な場所に的確な刺激を与えれば濡れるのと一緒です。涙がでる=よい作品っていうのは違うだろ!

「恋空」なんか、もちろんダメだし。(あ、全部読みましたよ!それなりに楽しんだが…小説としては×)

恋空〈上〉―切ナイ恋物語恋空〈下〉―切ナイ恋物語

それやったら「恋沼」の方がいいわ。

古くなるが、「半落ち」、「愛ルケ」、「ぽっぽや」、「マークスの山」そこらへん皆ダメだった。

はいはい ┐(´д`)┌ って感じで。

ただ、こういうのって客観的な価値の高低ではなく、あくまで主観的なものなんだよね。
ある人にとっては、上で挙げたような作品は名作なんだろうし、その感じ方を否定しようとは思わない。

ただ、私の心には届かなかった。

だが、野ばらさんの本は響いた。
そのことに、驚いた…。

「居場所がない」
「ありのままの自分でいいんだよ」
「人と違うことの苦痛」

とか…青臭いテーマだけど、それがこんなに切実に迫っているとは。

うーん。

正直、レズビアン系のテーマを扱っている作家などよりも胸をうった。

なんなんだこれは。

私も、大人になったつもりで、まだまだしょんべんくさいがきんちょのハートを持っているということなのでしょう。

とにかく!
野ばらさんの本、気に入った!
もっと読んでみよう~っと。

皆さんもオススメの本あったら教えてください。

サブプライム関連のお勉強

いくつか勉強していることをメモ代わりに書いておきます。

ちなみに以下はiKnowで出て来るんだが、金融やファイナンスの知識がないと理解できないのでイライラして調べ始めました。monolineの和訳が「モノライン」なんだもん。

自分はファイナンス関係にうといのですが、どうせだったらこれを機会に、英語と同時に金融や時事ネタも勉強しようと思い、またどうせだったらそういう自分の学んだことをブログで出して皆さんとシェアしたいと思って書いてます。

モノライン
金融保証専門の保険会社。
モノラインの「モノ」は「単一」を意味し、複数(マルチ)の種類の保険を扱うマルチライン保険会社と対比されて使用される用語である。広義(保険業界)においては、単一種類の保険をあつかう保険会社は全てモノラインと呼ばれるが、狭義(金融業界)においてはニューヨーク州保険業法69条に基づき設立された金融保証を専門に扱う民間保険会社をさす。(Wikipedia)



…ふうむ。それで?←バカ。

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)

クレジットデリバティブの一種で最も取引が盛んなもののひとつ。頭文字をとって CDS と呼ばれることが多い。銀行の自己資本比率を高める対策の一環として利用されるケースも多い。



要は、どっかの会社が債務不履行を出した時の保険、みたいなもんだ!?
この保険料を計算するのが結構難しいみたい。金融工学?
難しい…
こういう知識って、一般人には不要なものなんだろうか!?
だが、投資銀行において企業価値の算定などにも使われているようなので、やはり投資をしたいなら知っておくべきなのだろうか?

ゴミ投資家であっても!?

ゴミ投資家のための人生設計入門 [借金編]  (オルタブックス)
海外投資を楽しむ会
メディアワークス
売り上げランキング: 92578
おすすめ度の平均: 5.0
5 賢いお金の扱い方
5 勿体ないことをしました。
4 ドキッとする一冊です
5 レバレッジとしての借金を理解しよう
5 借金をする前にすべて人が読むべき本


ファニーメイ

連邦住宅抵当公庫。GSEの一機関である。

民間金融機関からローン債権を買取り、証券化市場で住宅ローン担保証券を発行する業務などをおこなっている。住宅ローンの流通市場を整備・育成し、米国市民が容易に住宅取得することを目的としている。 1938年に米国の法律に基づいて設立された政府系金融機関である。1968年に民営化され、1970年に株式がニューヨーク証券取引所に上場した。近年、積極的な資金提供を通して住宅ローン市場におけるシェアを拡大させている。フレディマックとは、競合関係にあるが、役目は基本的には同じであるとされている。

ファニーメイは、民間金融機関から直接住宅ローン債権を買い取り、それをもとにして単純なパススルー証券や、パススルー証券を裏付け証券として発行されるモーゲージ証券の発行・保証を行っている。ジニーメイのように、米国連邦政府の公的保証は受けていないが、政府機関債として米国国債に次ぐ、信用力を保持している。

http://www.nomura.co.jp/terms/english/f/fannie_mae.html



要は、かなり信用がある会社と思われており、彼らの発行する証券は人気があったらしい。
そんで、この会社の証券が組み込まれているところに影響が…ということらしい!?

フレディーマック

連邦住宅金融抵当金庫。愛称をFreddie Mac(フレディマック)と呼ぶ。GSEの一機関である。

住宅ローン市場に安定的に資金を供給するために、米国連邦議会の公認のもと1970年に、ファニーメイがモーゲージ市場で十分カバーしていなかった部分に資金を供給するために設立された政府系金融機関。
ファニーメイとは競合関係にあるが、役目は基本的には同じであるとされている。政府出資は受けておらず、株式がニューヨーク証券取引所とパシフィック証券取引所に上場されている民間会社である。

GSE とされるのは、政府による住宅取得促進政策の一部を担うべく、連邦議会により設立されていることから、住宅都市開発庁と連邦住宅事業監督局の2つの監督官庁が存在し、また公共的な目的が記された定款は、連邦議会による承認を必要とするなど、通常の民間企業とは性格が異なるからである。

フレディマックは、民間金融機関から直接住宅ローン債権を買い取り、それをもとにして、パススルー証券の発行・保証を行っている。ジニーメイのように、米国連邦政府の公的保証は受けていないが、政府機関債として米国国債に次ぐ、信用力を保持している。

http://www.nomura.co.jp/terms/english/f/fhlmc.html



これも似たような感じみたい。

ちなみに、こんなニュース発見。

米財務省とFRB、ファニーメイなどGSEへの支援表明

 [ワシントン 13日 ロイター] 米財務省と連邦準備理事会(FRB)は13日、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の政府系住宅金融機関(GSE)に対し、必要に応じ融資及び出資を行う用意があることを表明した。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/reuters/20080714/165247/



ふーむ。

日経の一面にも載っていましたね。

要は、今ファニーメイとかフレディマックは相当経営がやばい!!
一説によると、既に実質は破綻しているという。
で、こいつらが国有化されるんじゃないかという噂が流れ、更に株式が売り飛ばされている。

だが破綻したら恐慌を引き起こすなど大変なことになりそうなため(安全性が高いといわれていた彼らの発行した証券を持ってる国や会社は世界中にいる。日本の銀行もそう!)、それを避けるため、アメリカ政府が、お金貸すよ!もっとヤバいなら、公的資金を注入する用意まであるよ!という姿勢を発表したのですねー。国有化の噂は否定。

かなり本気で破綻を防ぎたいという真剣さと焦りが伝わって来る声明ですね。
ただ、これに対し「対応が遅すぎた」っていう声もあるみたい。
ふむ…。おかみの動きが遅いというのはどの国も共通なのか!?

なんだかとっても不安。

ぶっちゃけ今の自分にとっては日本の政治より、アメリカの政治がどうなるかの方が生活に直結しているので、他人事ではいられない。大統領選、カリフォルニアの同性婚についての住民投票などなど。アメリカの社会の仕組みやニュースのこともっと知りたいです。

また今後もiKnowの進捗にあわせてサブプライム問題のこと調べて書いていきます。
オススメの分かりやすいサイトとかあったら教えてください。

参考:
米英金融革命の終わり
http://tanakanews.com/080708bank.htm

アメリカ型金融の破綻
http://tanakanews.com/080712bank.htm

ゲイ&レズビアン向けウェディングエキスポ

、その他性的マイノリティ向けの見本市が今月中旬からカリフォルニア各地で開催されている。今月末はロサンゼルス、ロングビーチにて開催され、50以上のゲイフレンドリーなウェディング、旅行、ギフト、などの関連企業が出展する予定。

現在州は、今年5月に下された「同性間の婚姻を禁止することは違憲である」という最高裁判決を受け同性婚が可能になっている状態。今年11月に、同性婚を禁止するように憲法を変更するかどうか住民投票が行われる予定だ。それによっては、同性婚がまた違法になってしまう可能性もあるが、カリフォルニアはそのリベラルな土地柄から、を認める住民が多いのではないかと言われている。不景気にあえぐ。シュワルツネッガー州知事も、同性婚景気がカリフォルニアの経済にもたらす効果に期待している節がある。実際同性婚による経済効果はどの程度のものなのか?今回のエキスポに注目があつまる!

GLBTQ Wedding & Family Expos

Los Angeles, CA

July 20th, 2008 ? 12:30pm to 3:30pm

Luxe Hotel Sunset Boulevard

11461 Sunset Boulevard

Los Angeles, CA 90049

Long Beach, CA

July 23rd, 2008 ? 6:30pm to 9:30pm

EBM Japanese Garden @ CSU

1250 Bellflower Boulevard

Long Beach, CA 90840

入場無料

2004年サンフランシスコにて開催された同エキスポの動画は以下の通り。



詳細は以下のウェブサイトにてチェックしよう!
www.SameLoveSameRights.com
www.RainbowWeddingNetwork.com
www.RainbowWeddingNetworkMagazine.com

問い合わせ:1-866-251-1564


是非彼女と行ってみたいわっ★っていう人はこちらのランキングをクリック

結婚というシステムを信じてないので、関係ありませ~んという人はこちらのランキングをクリック


プロポーズはこの曲でっ★
『Commitment Ceremony』 by Julie Goldman Kate McKinnon


※去年のOUTFESTのガールズ短編集で放映され、爆笑を呼んでいました。

sterilize

今日から少しずつのコンテンツを自分の勉強のためもかねてアップします。

1.    to destroy microorganisms(微生物) in or on, usually by bringing to a high temperature with steam, dry heat, or boiling liquid.

2.    to destroy the ability of (a person or animal) to reproduce by removing the sex organs or inhibiting their functions.

3.    to make (land) barren or unproductive. (不妊の、不毛の、類義語: childless, impotent, infertile, sterile, unfruitful)

4.    Informal. to delete or remove anything comprising or damaging from: to sterilize a government document before releasing it to the press.

5.    Informal. to isolate or completely protect from unwanted, unauthorized, or unwholesome activities, attitudes, influences, etc.: You can't sterilize children against violence. 無菌室で育てるみたいなことはできないわよ!っていうイメージか。

read more...

WeHoの法則

法則1:英語の自分と日本語の自分だと、どう考えても、日本語の自分の方が100倍くらい面白い。

法則2:文章の自分と生身の自分だと、どう考えても、生身の自分の方が1000倍くらい面白い。


はい、ここテストでまーす!おぼえとくよーに!いや、ホント。

そう考えると、一番自分のよさが生きるのは、【日本語で、生で出会うこと】であり、一番アウェーなのは、【英語で、文章を使って(文通とかで)出会うこと】ですね!?

はい、ここまでわかるー?
みんな、ついてきてるー?

★ ★ ★

…女教師ごっこ、おわり…


「ネットで出会ってやる!」


しばらく前、そうやってイキマいていたのですが、アメリカで、ネットでの出会いって言うのは自分にとっては一番のアウェーになってしまうことなんですよね。…やだやだ。

ただ、一部の人間には、「あなたは、書いた英語の方が、話す英語より上手」とか言われるorz

ああっ!(じたばた)
英語うまくなりたいいいい!!!


ちゅうわけで、iKnowやってます。


ハウスパーティ★

この前ハウスパーティを企画した。

Rachelと、Claireに手伝ってもらい、仲のよい友人を呼んでRachelのアパートの裏庭でバーベキュー。Leah, TJ, Nicole, Chilli, Nellyその他最近の友達からつきあいの長い友達まで来てくれて、総勢20人くらい?とても楽しい時間が過ごせた。

皆が来てくれたことがすっごい嬉しかった。楽しすぎたので、夜8時くらいに1人ベッドでパスアウトしてしまった。私は普段酔っぱらうことは全然ない…というのは嘘で、酔っぱらうけど、つぶれたり、吐いたり、悪酔いはしないハッピードリンカータイプ。ただ、この日は本当にあっという間に酔っぱらってノックアウトされて眠ってしまった。

途中Chilliが何度も様子を見に来てくれたのは覚えているのだが、私は完全に夢の中でほっといて!(Leave me alone!)状態だったので、悪いことをした。ホストだったのに~。

その後も新しい人がどんどん来て、最後はTruth or Dareというゲームをしていたらしい。

このゲームは、ボトルをまわし、あたった人がTruthかDareかを選択する。

Truthを選んだ場合は、何でも聞かれた質問に正直に答えなければならない。…例えば、「この中で一番セックスしたいのは誰?」とか、「実はこの中に好きな人がいる!?」とか。

Dareを選んだ場合は、言われたことをしなければならない。「誰々とキスしなさい!」とか。「この中で一番セクシーだと思う人にラップダンスしなさい!」とか「一番好きな体位をやってみせて」とか。

こちらの説明もよかったらどうぞ。

ま、日本で言う王様ゲームみたいなもんですな。しかしアメリカ人はノリがワイルドなのでけっこうベロチューとか本気でやる。…あー説明しててあほらし。高校生や大学生がやるオバカゲームと言われていますが、実際、私たちは誰かの家であつまるとよくやります。だらけでやるとそれなりにドキドキしたりして楽しいんです。ただカップルがいると、気まずくなるので、シングル同士でやるのがポイント。あとあまりにも周りがタイプじゃない子ばっかりだとあまり盛り上がらないので、やっぱりかわいい子がたくさんいる場でやると盛り上がります。

よかったら、皆もやってみてね!

そんなこんなで私がつぶれて寝こけている間、皆は大人の楽しみを味わっていた模様。

くっそー。私も混ざってわいわいやりたかったー。目が覚めたらもう真夜中で誰もいませんでした。でも、すごく楽しかった。クラブ遊びもいいけど、ハウスパーティも楽しいよね。準備とか大変だったけど、またやりたいな♪

ブログ

世の中には二種類の人間しかいない。

書く人間と、書かない人間と。

私は2007年の7月から2008年までを休止していた。今ではそのことを後悔している。私にとってブログは、自分がその時どういうことを考え、生きていたのかという生きた証のようなものであり、女の子との愛憎の歴史?の記録でもある。

私はよく「去年の今頃はどんな風に思ってたのかな?」と思ってブログを読み返すということがあるのだが、去年の今については、ブログが残っていないため、残念だ。

もちろん主な出来事は覚えている。

(…去年の今頃は、Leahを諦める決心がつき、Rachelをデート相手として友達に紹介したところだった。一緒にOutfestにもいった。この前つくづく感じた。あー去年Outfestに行った時、私はRachelが好きでどぎまぎしてたなーって。あれから1年たったのか…)

私はそういう風に考えるのが好きだ。そして自分の日記を読み返すのが大好きだ。

もう、10年以上日記を書いている。中学生の時からほぼ毎日日記を書いている。きっと一生書き続けるだろう。

よく、「ブログやがいつも三日坊主で終わる」とか、「今度こそ続きますように」と悩んでいる人がいるが、そういう人の気持ちはわからない。きっとそういう人にとってブログや日記は必要ないものであり、無理して書く必要などないのだと思う。

ブログエディタのテスト

xfy Blog EditorのMAC OSX版をダウンロードしたのでテスト。うまく更新できるかな!?

OSは10.5.2、CPUはIntel Core 2 duo 2GHz、メモリ1GBのMacBookちゃんにてちょっと使ってみた感じ。

・重い orz これで拡張機能とかいれてったら激重になりそうで怖い。

・なんとなく動作がふわふわというかかくかくしている。スムーズじゃない。

・アメリカ時間で更新できるので、ブラウザから更新した場合と比べ時差が生じる!

・いちいちログインしなくても修正とかできるのは便利かも。

うーん。の拡張とかそのレベルでのブログエディタが一番便利かなあと思った。ネットサーフィンしてて、その場で気づいてさくさくエントリ書けるような、ね。

こういうのとか。

ScribeFire Blog Editor 2.2.10
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1730

次はこの拡張機能で書いてみようっと。

皆さんもオススメのあったら教えてね。

read more...

OUTFESTのパーティ

今日はロサンゼルスのゲイ&レズビアン映画祭であるOutfestで上映されている映画である3waysのアフターパーティに行ってきました。
追記:ごめん、映画じゃなくて3 Wayっていうドラマシリーズのファイナルエピソードでした。Youtubeとかで放映してるらしい。



Online Videos by Veoh.com

場所はラシエネガブルバードというセレブレストランが建ち並ぶ通りにあるRepublicというレストラン。


大きな地図で見る

ここは、いわゆるWeHoの中でもセレブが出没するノンケエリア!
有名レストランKOIとかもすぐ近くにあります。

パーティが始まるまで下のラウンジでドリンクを頼んでいたのだが、まじ客層が違いすぎて、正直居心地悪い(汗)飲み物はおいしかったが高い。

パーティ行くと、レズだらけでほっと落ち着き、またがーっとテンションが上がって行く単純な自分。レストランなだけに音響が最悪だったし、DJもありえないくらいど下手だったけど、楽しかった☆

こんな楽しかったのは、久々だなー。

先週行ったハンバーガー屋イベントはいまいちだったからなー。

Lの世界のドーン・デンボー(意地悪なSHEBARのオーガナイザー役)がいましたよっと。

追記2:エリザベスは、この3 Wayにゲスト出演していたんですねー。なので来ていた訳だ。

しかし、このデンボー役のエリザベス・キーナーは非常によい人。

出くわすのは、Dinah Shore Weekendとhereに続き3度目なんだが、いつ会っても非常に愛想がいいし、優しい。なんというか、立ち位置が「一お客さん」って感じなんだよね。非常にファンに近い位置にいる。今日なんか一緒に踊っちゃったよ!ノリよすぎるー☆しかもかっこいい☆すっごいやせてるんだけど、シャツの胸をかなりはだけてて、胸が見えそうでドキドキした。あんた仕事で来てるの?それともプライベート?っていうのすらわからんくらい、さりげない。たぶんまだあまり有名じゃないからなんだろうけど…

シェーンがボーイッシュ系のバリタチって感じだとすると、デンボーはフェムタチって感じだし、私はデンボーの方がタイプかも。ていうかドラマでみた段階では何コイツ!性格悪すぎーって思ってたけど、リアルで会ってたらどんどん好きになった。ていうか、普通にタイプもっとビッグになってほしい。



あとA Shot at love with Tila Tequilaファーストシーズンのアマンダもいました。アマンダもよくいるんだよなー。彼女もフレンドリーです。ていうか、まあ一般人だしね。しかもプライベートで普通に彼女探してるっぽい。普段は結構ホットな子たちといるけど、今日は、はっきりいって冴えないおばさん系ブッチたちと踊ってました。とりあえずいつものように「やーんアマンダー、ひさしぶりー元気ー?」ってさぞ知り合いっぽく挨拶しておきました。アメリカなんてなれなれしくてなんぼです。

さて、今日はChilliと2人で食事でした。
他の友達が一緒にパーティ行こうよと言ってたのですが、その前に彼女と2人で一度話してみたかったのです。いろいろおしゃべり。

うーん。

微妙やなー。

確かにすごく性格とかよい子だし顔も可愛い。
ただ従順すぎるというか、なんか生意気さがないんだよね。
ただ、話自体はHikkiとかとのデートより全然盛り上がる。
これはよい兆候ね。

しかも、偶然にもColdplayが好きなんだってー!

好きな音楽の話してたら一発目で出てきたからね!

昨日ちょうど愚痴書いたところだったし、タイミングよすぎ。

これって、ライブに誘えってこと??

他にもKeaneとかR&Bとか好きみたい。

うんうん。いいじゃん。

ただ、わからんなー。

Vickyとも最近とても仲いいし、花束送ってくれた子もいるし、なんだか前野っちがロサンゼルスに引っ越してくるという噂もあるし。あとは、結構友達の中でもなんか好きかもっていう思いの子がいないと言ったら嘘になるような気がするし。あと、近いうち一時帰国の予定なんだけど、日本で出会いの1つも見つけるか!という下心も正直ある。

まだもっと相手を知らないとなんとも言えない。

Chilliはまだまだクラブに慣れていないし、踊るのにも慣れてないので大変。
日本人の子みたいな感じ。
動きが固いし、一緒に踊ろうとするとびく!って感じ。
でも周りのメキシコ人友達軍団がぴとーってくっついてサンドイッチにして踊らせてたけど。

はっきりいってぴったりくっついて踊るとかなり気持ちいいんだよね。
踊ってると、自分の体が相手とセックスしたがってるかわかるし、相手も自分に欲情しているかどうかがわかる。本当だよ!

というわけでとりあえず適度にいちゃいちゃ。

ただ、今日はRachelやNellyをはじめ友達がいっぱいいたので、2人でソファとか座ってるとすぐ邪魔されて大変だった。

やっぱデートちっくなのと、友達との遊びは分けた方が自分はやりやすいみたい…。

でも楽しかったよー!!!!

あと最近女の子関係のこと書くの面倒くさくて全然書いてなかったんだけど、書いてないことがいろいろあったんだよ。また気が向いたら少しずつ書くね。あと今日のエントリにリンクはったり画像つけたかったんだけど、それはまた今度やるね。

おやすみー☆

【今日の一曲】Yes



車の中で、大音量で音楽かけながら歌っていた。


If you'd only
If you'd only say yes
Whether you will is anybody's guess...


今回のアルバムは、ストリングスや何かはわからんが変わった楽器を多様してるし、メロディもアラビア風から和風?までかなりエキゾチックな作り。
はねたリズムがおおく、ふしぎなビートをうんでいる。
曲の構成も更に複雑化している。

Keaneとかあとは、なぜかNINE LIVESの時のAerosmithを思い出した。
ちょっとインディア風のメロディがあるからかなー。
あとはやっぱり、Radiohead。

来週、Coldplayはロサンゼルスでライブをやる。
でも一緒に行く人がいない。

周りに、Coldplayが好きっていう音楽の趣味があう友達がいない。

寂しい。

もし彼女がいたら、音楽の趣味、少しくらいあわなくても一緒にライブに行ってくれるかな。






I've become so tired of this loneliness

I've become so tired of this loneliness

I've become so tired of this loneliness...






家にたどり着くと、誰かから花束が届けられていた。

遠くに住む女の子からだった。

WeHoプライドの夜に初めて友達の紹介で出会い、サンフランシスコプライドの週末に二度目に会った子。

正直彼女のことは何も知らないし、彼女も私のことを何も知らない。
その彼女が私のことを思い、花束を送ってくれたことが嬉しかった。
心が温かくなった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。