奇跡は誰にでも一度おきる

私はずーっとシングルだったんですよー。

本当長い間ずーっと誰ともつきあってなかったんです。

最近このブログを知りました~っていう方は分からないと思いますが、昔から見てくださってる方はご存知でしょう。

まじでずーと独り身で。

心に蜘蛛の巣はりまくりで、も~、ここはハロウィーンの時期のホーンテッドマンションかいっ!ってくらいだったんです。

私はアメリカ来るまでいつも大抵彼女が途切れなくいた。別れて1ヶ月くらいで大抵すぐ誰かとデートしてたし、3ヶ月以上シングルということはほぼありませんでした。

ところが、アメリカに来てつきあった初めての彼女に生まれて初めてフラれた。
しかもその子が私の友達の日本人の女の子とつきあいはじめやがった。

嘘だろ?

そんな屈辱は初めて味わった。

その別れがすっごいすっごいすっごいすっごいすっごいすっごい辛くて、毎日泣いていた。
仕事でパソコンやりながらも涙が出てきたり、夜、目が覚めたら気づいたら泣いてたりとか。そういう感じだった。

それからどういうわけかずーっと彼女ができなくなってしまい。
気づいたら、2年半もの間ずーっとシングル。
人に言うと「嘘でしょ?」とか言われたんだけど、本当で。

彼女が欲しくないわけじゃないし、デートもしてるのに、どうしてもつきあうところまでいかなくて。英語がわからないから?日本人だから?お金がないから?ボーイッシュだから?もういろんなこと考えて自信を失いかけたこともあるし、英語を習ってみたり、髪の毛を伸ばしてみたり、モテるための教材を買ってみたり←必死すぎだろ。

最後には、彼女がいるってどういう感覚なのかもう忘れかけていました。

でも、諦めたことは全然なくて。

常にナンパやったり、紹介してもらったり、デートは常にしていたんですよ。

時に笑い、時に泣き、時に舞い上がり、時に絶望し「彼女ほしい!」と絶叫しながら。この一喜一憂の様子は2年と半年間ブログに書き続けてきたので、皆様おなじみでしょう。

思えば色々いたな~。

友達のルームメートだったヒスパニックRoseちゃん
英語片言すぎでほとんどコミュニケーションできなかったタイ人のあの子
オバマと同じ大学行ってたペ様
パサデナに住んでたアフロヘアのあの子
かなり可愛かったタイ人と白人のハーフのあの子
ティラテキーラ似のビッチなあの子
図書館委員風のあの子
アンジェリーナジョリーに似ていた鼻ピアスのあの子
私がずーっと好きだったLeah
親友になれたRachel
洋服屋で働いてたマイアミ出身のあの子
北カリフォルニアに引っ越していったプエルトリコ人のRosa
軍隊に入ってたAmy
彼氏がいたJess
頭が悪かったMelissa
既婚子持ちのビッチなあの子
生意気だったエンジニア美女
別れた夫に車で送り迎えさせてたKit似のあの子
1度デートしたら二度と連絡取り合わなかった日系人の子
アリゾナに彼女がいたVicky
日本に彼女がいた子
同棲してた彼女と別れたてだった前野っち
会話が続かなかったHikki
セックス中毒のChilli
嘘つきのゴリエ
レゲエ好きなアイランドガール
誕生日に花束を贈ってくれたあの子
私の部屋を掃除してくれた宜保愛子似のPちゃん
しきりと口説いてくれた阿部定似のJちゃん

走馬灯のように駆け巡る…。

ブログに書いた子もいれば書かなかった子もいる。
名前を登場させた子もいれば、名前をつける前に消えていった子も…。
いろんな子がいた。

でも1人として、こういう気持ちを与えてくれた子はいなかった。

これだけいろんな子とデートしてきたからこそ言える。

今回は特別だってことがよくわかる。

彼女も似たようなことを言ってた。

彼女は私と違い結構切れ目なく彼女ができるタイプで、2ヶ月前に別れて以降、2人くらいの女の子と同時にデートしていて、他にも別の1人の子から誘われていたそうだ。

私とWeHoで会った夜もデート相手の1人と会うはずだったんだって。

「いろんな子と会ってたけど、誰も特別じゃなかったんだよね。ゆうと会ってからそっちの子たちなんかどうでもよくなっちゃった」

だって。

ああーめっちゃわかるわ。

わかるよ。

私もそうだもん。

はあ~。

「色ボケしてるな」と笑うなら笑ってください。

今の私は何を言われても気にしないくらい元気で幸せでボケています♪

2年半も待ったんだから、少しくらいはしゃいだっていいよな!?

あはは~♪
スポンサーサイト

Mi Media Naranja

私はこのブログを複数のリアルな知人に教えている。

本当に仲いい子だけね。

で、その1人である妹(実の妹ね!)から、祝福のメッセージがきていた。

よかったじゃーん。結婚式にはよんでね!行きたい!だって。

あうあうあうあ。
ありがとね。

こんな風に言ってくれる家族がいるって幸せだよね。

ま、まだ結婚はいつになるかわかりませんが…(笑)

好きな子が出来たことを祝福されるって嬉しいものだなーってつくづく思った。

ありがとね!

いつになるかわからんけど、紹介するからね★

昨日も、友達皆に彼女のことを紹介して嬉しかった。

彼女、あなたに完璧じゃん。media naranjaだね。って言われた。
media naranjaっていうのは文字通りだと「半分のオレンジ」を意味するんだけど、「運命の人」っていう意味。

嬉しいよね。

自分がいつか結婚式をするなら、学生時代からの親友達など、ノンケの友達、こっちでの友達、二丁目の友達などなど皆呼んでハワイとかでやりたいなー。ハワイなら、日本からもロサンゼルスからも近いしね。彼女の側からも友達や家族がいっぱい来てくれるといいな。始めはウェディングドレスきて、次はタキシードでかっこよくお色直ししたいな~。

ジミ婚とかじゃなくて、あえてトラディショナルな結婚式がしたいなー。親族とか、会社の人とか呼ぶ感じでね。ふふ。もちろん母親への手紙朗読もあり。あ、でも国際結婚だと、語学の問題あるから、難しいかな。

↑完全に妄想。

てか、うちらまだつきあってもいませんから(笑)

彼女が今日うちの住んでる町に来たいといっていきなり来たので大変でした。
会えて嬉しかったけどね。部屋を片付けたけど全然片付かなかったので結局帰ってもらいました。ごめんね…。あたし最悪だわな。

しかし、今週仕事も忙しいし、まじタフ!全然寝てません。疲れた。充実してるからいいんだけど。疲れたー。
Rachelが交通事故にあったので気晴らしに連れ出しました。
気があっていたようでよかった。
VivとかNellyとか来ていた。

てか、くそ疲れたー
ハロウィーンもう何もしたくないくらい。
それくらい疲れてる。
土曜日も日曜日も予定つまってるんだよね。
死ぬ…。

まじ休みたい。

火曜日の夜

クラブの中に一歩足を踏み入れたら、人だらけ。でも瞬間的にわかった。すぐに彼女の背中が。髪の毛をかきあげて友達と話してる。それが彼女だってわかった。

彼女は驚きの声を上げる。9時までに来るか教えてって言ったのに返事もしなくて、ずーっとほったらかしてたから。来ないって思ってた。驚かせたかったの。私たちは抱き合う。彼女の友達が皆、すごく嬉しそうに私をみる。そして挨拶する。話は聞いてます。だって。嬉しい。私たちは見つめ合う。そしてまた抱き合う。ここがノンケクラブとか、関係ない。耳をつんざく轟音。エレクトロっていうのかな、ロックっていうのかな、少しだけ、ジャズのテイストがはいってる。真っ暗なフロアに走る閃光。踊る。彼女と手をつなぎながら。彼女が、愛おしくてたまらないっていう目でこっちを見るから、気が狂いそうになる。キスする。我慢した後のキスは最高に気持ちイイ。唇から全身が快感が伝わってく。しびれるみたいに気持ちよい。舌と唇が全てとけてまざりあってく、汗だらけになる。髪の毛をかきわけて首筋をかじると蜜柑みたいな甘い匂いが立ち上る。私の脳は疲労と睡眠不足で既に酩酊に限りなく近い感覚を味わってる。

息も絶え絶えになって、彼女に手を引かれながら、もつれた足で外に出る。冷たい空気が肌を包む。

I love youと叫びたくなるのを必死でこらえる。

だってそんなのクレイジーすぎるから。

I love youって言わないで、どうやってこの気持ちを伝えたらいい?


好きだよ。
大好き。
めっちゃ好き。

超好き。
好きでたまらない。

いつもいつでも一緒にいたい。
毎日どんどん好きになる。
いつでもいつでも考えてる。

サービスの対象

やっぱ、ビジネスやるなら、貧乏な人からお金を取ろうとしてもダメだよね。

お金が1円でも発生すると、払った以上、客は客として100パーセントの満足を要求する。

1円の客だろうが、100万円の客だろうが、客は客。オレは客だぞ?金払ってんだぞ?それは客の側からしたら、全くの真実であり、それを実践できるサービスプロバイダーはすばらしいというかそれができなかったらプロじゃないわけだ。

だが、ビジネスとしてみると、1円の客が100万円の客と同じくらいのものを要求してくるっていうのは結構キツかったりする。

ビジネスとしての効率を追求していくと、やはりいかにうまいこと100万円の客をつかむか。っていうところに集約する。1円の客も、100万円の客も、同じくらいことを要求してくるのだから、どうせやったらそこでなんとかして100万円の客を捕まえるような付加価値を考える方がよい。1円の客ばっか取ってても、こっちが楽できるわけじゃ決してないから。1円の客を捕まえることばかり考えていてもコストカットできないし、むしろ貧乏暇なしになっちゃう。それだったら、あと一歩ちょっと頑張って、相手をおっと言わせて100万円気持ちよく払ってもらう方がいいわけです。

そう考えると、やっぱ富裕層やシニア層を対象とした、高付加価値サービス…。
あとはやはり法人対象のでっかいもの。B2Bでがんがんメジャーアカウントを取れるようなのがいいよね。

B2Cでやるなら、本当にそれに対するサービス提供のコストがゼロに近いものじゃないとやってらんないよね。ダウンロード系やウェブサービスはその点いいよね。

なんでもサービスを受ける側はわがまま。

それが当然だと思ってるし。

私だって例えばFC2のブログサービスは常にちゃんと動くことが当然だと期待してるし、そうじゃなかったらイライラしますがな。無料で使わせてもらってるくせに、そんなのこと棚にあげて重いだのなんだのいいまくり。

本当にサービスの受けてってわがまま。別にそれが悪いとか批判してるわけじゃなくてそーゆうもんなんだよな、と。

無料の客だろうが、1円の客だろうが、客は絶対に文句を言うんです。

サービスの受け手は絶対文句言うんですよ。

だからこそ、神様としてあがめたてまつってあげなきゃいけないんだよね。
神様として扱われて初めて満足してくれる。
お客様はね。
私もそうだしね。

人を満足させるっていうのはほぼ奴隷ですよね。

ま~だからこそうまくいった時は達成感もありますが、やはりよいビジネスとして考えた時、貧乏人相手のサービス業というのは絶対やめた方がいいと思いました。

貧乏人にサービスを提供とするとしても、そこでお金の出所はきちんとお金あるとこから持ってくるという仕組みができてないと、皆してじり貧だよなあ~。

そう考えると、一言でゲイマーケティングといっても、レズビアン対象とゲイ対象だとずいぶん違うよなーって思う。ゲイは男の購買力と、女の購買欲をかねあわせてるからいいかもしれんけど、レズビアンは、男なみの無頓着さと、女の購買力が合わさってるからねー。

てなことをつらつら考えてました。

はい、オチありません。

肩こったな~。

今日は彼女と会おうか考えてる。彼女に会えることを考えただけでワクワクする。彼女が電話口でノーノーノーノーっていった、その言い方を思い出してる。彼女の英語の喋り方、すごい好きだ。彼女の声。聞くとニコニコしちゃう。会いたい。でも先週からの疲れが取れてなくて、今日も夕方から日本とミーティングで、今も返事を待ってる。疲れた。眠い。死にそう。疲れた。眠りたい。でも会いたい。本当は会って一緒に眠りたい気が済むまで。まだ火曜日なのになんでこんなに疲れてるんだろう。

サンフランシスコのレズビアンクラブ

サンフランシスコのオススメレズビアンクラブは?という問い合わせでしたのでいくつかご紹介。

私が行ったことあるパーティは以下の2つ。

Mango
(4th Saturday afternoon of the month at El Rio)
Mango is a jumping fest of hiphop, dancehall, salsa, merengue, samba and raggaeton. This is a T-dance ladies, so it gets underway early (as of 3 p.m.) and is especially busy on sunny days.

3158 Mission St.
San Francisco

↑かなり狭いです。日本のクラブと似てます。

Hot Pants
(2nd and 4th Fridays of the month at the Cat Club)

DJ Chelsea Starr’s 80’s lesbian dance party is a queer extravaganza not to be missed. It’s officially a mixed queer party, but there’s more girls than boys.

1190 Folsom St.
San Francisco

↑こっちはもっとハコって感じです。踊れます。盛り上がってます。

他にもレズビアンパーティ情報がこちらに載ってます。ただこーゆーのって本当にどこが面白いかはわからんのよね。
http://www.girlports.com/lesbiantravel/destinations/san_francisco/bars_nightclubs


クラブパーティじゃなくて、単なる飲み屋だったらこちら。

Lexington Club

Believe it or not, this is San Francisco's only lesbian-owned-and-operated bar. Thankfully it’s at least open every night of the week! It’s important to remember that this is a bar, not a club. That means no dancing, though it can still get pretty crowded on the weekends. Being the only full-time dyke bar in town, the Lexington pulls in quite the variety of ladies, from butches to riot grrlz to femmes to hipsters.

3464 19th St.
San Francisco

↑サンフランシスコ唯一のレズビアンが経営しているバーだそうで。ここは、結構好きです。ただ踊る感じではないです。友達とか作りやすいですよ。

ゲイミックスの場所に行きたいなら…

The Cafe
2367 Market St
San Francisco, CA 94114-1617
Phone: (415) 861-3846

http://sanfrancisco.citysearch.com/profile/899053/

ここは、踊れるし、飲めるし、ゲイミックスだし、ノンケもいるし、かなり人気のスポット。サンフランシスコの二丁目こと、カストロ通りにあります。カストロの周りは結構お店もあるので、カストロのどこかで食事して、Cafe行くとかどうですか?ロサンゼルスだとAbbey、二丁目だとAdvocateみたいな感じなのかな。

行ってみて、どんなだったか教えてくださいね。

Have fun!!

ブロガーの転機

最近私の好きなブロガーさんたちが次々転機を迎えているようだ。

更新を休止されたり、ブログ自体をやめたり、見ていて本当に変化の季節だな~という感じだ。

自分自身、一瞬ブログを閉鎖したり、最近コメント欄を閉じるなど迷走めいた行動に走っているので他からみたら、「WeHoもめまぐるしいな~」って思われてるかもしれない。

だが、まあー一般的な話。大体リアルが充実してくると、ブログはおろそかになると思う。

自分の場合は、ブログを書きながら自分の脳みそを整理する時間が重要だし、文章を書くのも激速いので、負担も軽いためブログ自体をやめることはほぼないと思う。だが、オンライン上でのコミュニケーションは時間をいくら費やしてもきりがないので、ある程度心を鬼にしてコントロールするべきだと感じた。

情報の交換などについてはオンラインを活用するべきだが、それ以外のコミュニケーションの手段としてはある程度制限して使っていこうと思います。

ブログだけではなく、他にも時間を無駄に使っているところを見なおそうと思っている。例えば、これからはWeHoも無駄に行くのはやめよーと思います。

これは、好きな子ができたから、もう行かないというわけではなく、もう最近ずっと考えていたことです。

私は、何かに依存するのが嫌いで、タバコとかお酒とか薬物とかすごく嫌いなのですが、WeHoでのパーティには依存していた。夜、やることがあるのに、友達からメールや電話がいっぱいくると、体がうずうずしてきて、眠くても疲れてても仕事があっても、どうしてもでかけたくなってしまってた。WeHoでコミュニケーション能力を磨いたり、英語の練習をしたり、友情を深めたりできていたので、無駄ではなかったのだが。さすがに、一週間に何日も出かける日が続くと、やりすぎだろって感じる時もあった。

クラブでの友達、Helena、Vivとかはもう2年間近く知り合いだけど、私のことをそんなには知らない。そんなに理解はしてない。そんな友達は、私がクラブ通いをやめたらすぐ消えてしまうだろう。それよりもっと深い友情を私は友達と築きたい。

友達と友情を深めるためにはクラブ以外にも方法があるし。最近そう思ってあえてサイクリングとかボートとか食事とかそういうのを率先してオーガナイズするようにしてます。そういうところに来る子とはもっと仲良くなれるし、来ない子(クラブでしか顔を合わせない子)とは今後疎遠になるかもしれないけど、それはそれでかまわない。

同じ時間を使うなら、将来への信頼できるネットワーク作りのために費やした方がいい。打算的と言われればそれまでですが、人生は短いからね。

ブログも一緒。

私はブログ中毒なところがあるが、それを少しコントロールしたかった。だからブログへの時間を減らそうと思ってる。ブログはやめないし、自分が自分らしく生きていくためにブログが大事なことに変わりはないけど、自分の中での位置づけをもう一度考え直そうと思った。

感謝

自分のこの一週間の行動を客観的に見ると本当にバカバカしい。

すっげー軽くてバカな子みたいなんですが orz

いや、自分が重いとは言いませんが。

まるで、ケータイ小説みたいな展開じゃん?って。

いや、ケータイ小説が悪いとは言いませんが。

とにかく、私、本当にこの子に夢中。

英語で言うと、Crazy About This Girl.

彼女のおかげで、一日中楽しいし嬉しいし暖かい。

こんなに合う子がいるなんて思わなかった。
こんなにすぐ好きになるなんて思わなかった。
普段の私だったら絶対しないようなことをやってて、そして何より、それがすっごくナチュラルに感じられて、当たり前のことに思えることに驚く。

確かに今はまだ1週間前に出会ったばかりだけど、私は1ヶ月後も、半年後も彼女のことを好きでいるってすごく確信できる。(←微妙にスパンが短い) ていうか今よりもっと好きになってると言い切れるね。

今まで、「いまいちだけど、こんなもんなのかな~?」「クラブの中では可愛いけど、なんでその後うまくいかないのだろ~!何かが噛み合へん」「でもこういう子でも、つきあっていったらやがて好きな相手になっていくのかな」って思ってた。友達に相談して、「ケミストリーを感じる?」って聞かれて、「ケミストリーって何?」って感じだった。でも今やっとわかったこれがケミストリーかっ!って。相手と自分が同じ温度で、同じ早さで好きになるってこんなに楽しくて、こんなに気持ちよくて、すっごいワクワクすることなんだね。

いやー。全然違うよ。

こんな気持ち、長いことずーっと感じてなかった。

ほんっと。

変な女と妥協してつきあったりしなくてよかったあ~。

富士山大噴火ですわ。

ジャックポットですわ。

神様とか信じてないけど、感謝したい気持ちでいっぱいです。

神様~。

ありがとね。

彼女を私に引き合わせてくれて。

すっごい感謝してます。

ありがとう。

昔、日記にこんなこと書いてたよね。

神様仏様2丁目の女神様。

彼女が出来たら、心の底から愛し大切にします。
もう、このさい、人種とか国籍とか問いません。
絶対浮気とか、彼女をないがしろにするようなことはいたしません。
彼女がやめろというならブログをやめてもかまいません。
彼女がそうしろというなら、髪を伸ばしたり、スカートはくのもいといません。
彼女の為に料理したり、肩揉んだり、なんでもします。
彼女の肖像画を描いてプレゼントします。
彼女のためにラブソングを書き下ろして歌ってCD作っちゃいます。
彼女のために詩を書いて読み上げます。
毎日花束を捧げます。
絶対彼女を泣かせるようなことはいたしません。

どうか、もう一度チャンスを下さい!



http://yuichikawa.blog28.fc2.com/blog-entry-606.html


やっと神様言うこと聞いてくれたね。ありがとう。今まで長かった。けど、だからこそ、これが本当に貴重で大切なチャンスなんだって心の底から痛感してる。

ああ、私本当に今自分の運命と幸運に心から感謝してます。

ありがとう!

3つの問題

好き好き好き好き好きっ好き♪あ・い・し・て・る♪好き好き好き 好き好きっ好き~♪



好きな子がいるってすっごくすっごく楽しいねー★
しかも、好きっていう気持ちが双方向だと、本当に楽しいし、嬉しいし、安心できるし、なんかとってもワクワクしちゃうわ。もうずーっとこんな気持ち味わってなかったな~。

昨日も電話で一杯おしゃべりしたよー。すっごい好きだけど、焦らずゆっくり2人の関係を進めていこうね★って話をしました。本当は昨日私が彼女の家に行ったので、今日彼女がうちに来たい!といっていたのですが、今週末は忙しかったので却下。ていうか、本当は、部屋が汚すぎて呼べないだけなんだけどね。

私が、人と付き合う上で、すごーくコンプレックスを持って、恥じていることがいくつかある。彼女と自分がつきあうっていうのを想像した場合にも、それらの問題がうまくクリアできないとうまくいかないと思う。

1つは、私は、物をなくしたり、忘れたり、鍵をロックアウトしたり、車を停めた場所がわからなくなったり、財布が見当たらなくなって探すのに1時間かかったり…普通の人からすると「バカか?」って思うくらい、注意力がない。これを人に言うと、そんなの気をつければ直せるよ、とか、私もよくものなくすから大丈夫って慰められるのだが、そういう人は理解してないんだよね。私の場合、異常なほどすぐ忘れ物するから。一応自分でいろいろ工夫して、人にも助けられてなんとか生き延びているものの、それを理解してサポートしてくれる人じゃないと無理。

2つめは、私は異常に部屋が汚い。汚いっていうか、片付けられない。部屋だけじゃなくて、パソコンの中身とか、職場のデスクとかもごちゃごちゃしている。つまりは整理するのが下手。彼女の部屋は異常に整っていてキレイだった。それを見た後では、自分の部屋に招待する気がどうしても起きない。部屋が汚いことは自分の中で恥部でありコンプレックスなので、なんとかしたいとは思っているのだが…。ちなみに人の目があると頑張って少しは綺麗にする。でも全部捨てたり、全部押し入れに隠したりという片付け方なので、すぐまた汚れる。

もう1つは、私は彼女より年収が低い。はっきり額面を聞いたわけではないが、彼女の勤務先、住んでいるアパート、乗っている車、あといろんな話を聞いてると、相当生活レベルが違う。下手したら半分くらいかもしれない。彼女が異様に稼いでいるというのもあるが、普通に私が貧乏だというのもあるだろう。同じ外国人という立場で、しかも私が年上なのに、相手の方が稼いでるっていうのは結構辛い。今までのデートでは私がそれほど貧乏だとは彼女は思ってないかもしれないが、実は私は今かなり貧乏なので、これからつきあっていく上で、そのせいで私の自尊心が傷つけられたり、卑屈になってしまうのではないかと心配。
 
この三つがかなり大きな問題です。多分他人からしたら「大したことないじゃん」って思うかもしれないが、自分の中では、かなりセルフエスティームに関わる大きな問題なんだよね。他にも細々あります。

彼女もそういう問題を持ってるかもしれないよね。お互いの弱いところや汚いところも理解しあって、受けとめ、成長しあえるような関係を築いていけるといいな。

近頃私たちは~いい感じ~♪悪いわね~♪ありがとね~♪

なんか、最近、みんないい感じ。

私だけじゃなくて、RachelもHonもデート相手といい感じなんだよー。

今日RachelとHonと、あとTJとかSofiaとか古い友達たちからChilli、Kateたちなどと食事した。

Rachelも昨日デートして、ずーっと一緒にいたらしい。
私も今絶好調だし、Honも昨日いい出会いがあって、明日デートの予定を早速入れたらしくうきうきしてた。食事の間中、3人がニヤニヤしてるから、皆にからかわれたよね。

RachelとHonとあたしはほんとずーっっっっとシングルだったの!!!!なんか、今までずーっといい子いないよねいい子いないよねって愚痴りあって励まし合ってた独り身同盟。でも、今、皆同時によくなっていい感じ。すごい嬉しい。出会ってすぐにがーって好きになるの、昔はありえないって思ってけどあるんだなーって今は実感してるから、そういう人を見ると応援したくなるしね。

しかも、Rachelの相手も、Honの相手も、始めに声かけたのはアタシなのよ!!えらくない?うちらまじでナンパ助け合ってるからね。あの子がいい!って影で作戦立てて、何食わぬ顔で声かけて友達になるの。

ナンパ助けるって結構難しいんだよ!バカなタチと組むと、すごくわざとらしく話しかけて「友達が君のこと気に入ってるんだけど!彼女どう?話してみない?」とかそういうアプローチになるんだけど、それじゃダメなんだって!そういうわざとらしいナンパはダメ。すごーくさりげなく、話しかけて、友達と引き合わせて、適当に盛り上がってきたら自分は消える。これ鉄則ね。自分が最後まで盛り上げてもいいけど、あくまで、自分はのりしろにすぎないんでという感じで、やるのがいいのよー。ナンパだって相手に気づかせないナンパがポイントだよね。

とりあえず、目が合った瞬間笑って挨拶することが大事。「ハーイ!楽しんでる???てか、この曲大好きなんだけど♪ボジョビいいよね!(←嫌いでもとりあえず言っとけ)ところで名前なんていうの?私ゆう!こっちが友達のHon!」自信もって堂々と笑顔で話しかければ、絶対うまく行く。てか、こっちがナイスにしてるのに返事とかしないとすれば、それは相手が性格悪いってことだからね。そんな相手は友達になる必要なしだよ。

で、こうやってナンパして友達になるのは、ほぼ毎週やってるけど、その中でちゃんと友達に馴れるようなしっかりした娘とか、デートする価値がある本当にいい子と巡り会える確立は本当に低いよ。だから今、うちらがそれぞれ気に入った娘を見つけてうきうきしていられるのは本当に恵まれてると思う★

★ ★ ★

しかしLの世界こと、レズの世界、って本当に狭すぎorz。

これ、今までも何度も言ってるし、二丁目行ってる人は私なんぞが言わなくとも痛感してることだろうけど、改めて言わせてくれ。

本当に狭いよ。てか、私既に今WeHoで友達作ったら絶対共通の知り合いいるって断言できるもん。

今デートしてる子はロサンゼルスで何人かデートしたことがあるらしいが、基本的には、あまりWeHoに出てこない。それにも関わらず、共通の知り合いが多すぎ。

しかも、それが全部違う路線からの知り合い。

意味わかる?

1つの大きなグループが共通で全員知り合いとかじゃなくて…。

Sofiaと彼女の元カノはつながってるし。

Honとも共通の知り合いがいるし。

Claireの友達ともデートしたことがあるらしい。

でもって、HonとSofiaとCliareとかあたしとかは全部知り合いなんだけど、彼女はそれを知って焦り。
みたいなね。

あたしも、Claireとか仲いいから、ねえねえ、最近好きな子できたの~、Claireと家近いよーって報告してて、Claireは早く紹介してっ!って言ってたんだけど、実は既に知り合いやんけみたいなね。

まじで世界狭すぎて怖い。

Hikkiとか、私が年末少し狙ってたエンジニア美女とか、今年の前半かなり好きだった前野っちとかも知り合いっぽいしね~。

まじで、世界狭すぎ。

前から恐れてたんだけど「ねえ~。ゆうっているじゃん?」「あ~日本から来たうるさい子でしょ??」「知ってる!」とかソーユー会話がどこかで交わされている可能性本当に高いわ。。。orz

というかもっというと、ねえ~WeHoとかいうブログ書いてる人知ってる?知ってるー前キンズで酔っぱらってた人でしょ~あたしナンパされたんだが。えっ嘘あたしも!とかそういう会話が世界のどこかで交わされてる可能性にも考えが及びますが、想像するだにおぞましいので思考停止((((;゜Д゜)))

私を知ってる人は、生暖かく見守っててね。

私を知らない人も、この狭い世界で一度くらいはすれ違う確立かなり高し。

その時はお手やわらかに頼むね。

あは★

この広い宇宙の中で、縁あって同じ時代に生まれ、同じレズに生まれた。

それも何かの縁じゃない。

嫌がってばかりいないで、それを楽しめるようになりたいよね。

7日目

デート行ってきたよ。

楽しかった…。

彼女が選んだビバリー沿いのアジアン系のフュージョンレストランは小さいけど、内装がメタリックで、インダストリアルで、ギャラリーチックでいい感じ★気取ってなくて、でもおしゃれで、いいじゃんいいじゃん。彼女はベスト着て、なかなかかっこよく決めてる。でもずーっと電話で話してたのに、なにげに会うの3回目だから、なんだか照れくさくて顔がちゃんと見れない。その照れもあるんだけど、も~最初から最後までニコニコしまくり。レストランのテーブルの上で、手をつないで見つめ合ってた。ウェイトレスの目も、周りの客の目も気にならなかった。うちら他人が見たら完全にレズだよな~って脳裏をかすめなかったわけじゃないけど…まあ、本当にレズなんだからしかたないじゃん!みたいな。気づいたら映画の時間に間に合いそうになかったので、急遽予定を変更しWeHoへGO!(またかよ)

普通、私は女の子とデートする時、その子のことを相当気に入ってないとWeHoには一緒に行きたくないし、友達にも紹介したくない。楽しくないもん。だからいつも私はデート相手は友達に隠すんだよね(汗)デートしてる相手がいること自体、友達には言わないし。

でも昨日はそんなこと気にならなかったし、すっごく楽しかった。

ていうか、あたし昨日も過去最高くらいにモテましたよねー。最近口説かれてる子もいたし、新しい子からも声かけられまくりです。しかも皆かなりの美少女!普通だったら私大喜びで電話番号聞いて一緒に踊っていちゃいちゃしてるよね。でも、そんな子達全然どうでもよくってさー。彼女と一緒にいられるだけで嬉しかったし。むしろ、皆に自慢したいくらいだった。Leah、Hon、あとは誰がいたかな~?あーーー昔デートしたけど盛り上がらなかったHikkiとかいろいろいたな。皆と話してる彼女みてまたニコニコする私。

ああ、今とっても幸せです。

彼女がふとつぶやいた。

You make me feel alive…。

うちらは、お互い好き好き、大好き、超好きって言い合っているけど、この言葉は特別だった。
その言葉が胸の中にしみ込んできてじーんとして、涙が出てきたよね。

情緒不安定とかじゃないよ!私涙が出やすい体質なの。あくびでも涙一杯出るし、映画の予告編とか音楽大きな音で聴いたり大声で歌ったりしても涙が出てくる。必ずしも悲しいから泣いてるとかそういうわけじゃなく、強い感情を覚えたり驚いたりすると涙がでる。

なんかすっごーい彼女と会えて嬉しい。ずっとずっと、こんな子に会いたかったんだと思う。私のブログを昔から読んでくれてる人なら、この2年間半私が、どんなに頑張って、女の子とデートし、いつもでも何かが上手くいかなくて、イライラしたりやきもきしたり、諦めたり、また張り切ったりしていたかをご存知でしょう。やっとこんなに合う子と会えて、嬉しすぎるし。とってもワクワクしてる。

今まで数えきれない女の子とデートしたけど、彼女は本当に特別!

多分、私この子と結婚すると思います。

あう~、まだ知り合ってから7日間しか経ってないのに、こんなことを口走ってしまうとは…。あたしもヤキがまわったのう。

てな感じで、私もとうとう色ボケ組の仲間入りって感じです(痴)

皆さん、よろしくネッ

そして相変わらずシングル組の皆さん。頑張れー!私がこの2年間で培ったナンパとデートのスキル&ノウハウは全てここで惜しみなく大放出するから。

メイクって楽しいね★

昨日の夜、ハロウィン用のメイクを練習するかーと、絵の具を手にトイレに立てこもること20分。

恐ろしい顔が出来上がりました。

くけけけけけ~

ぐはははは~


image01.jpg



いやー楽しいわーーーー

どんどん盛り上がってきて、最後は、顔面全体が真っ赤に。

ドラゴンヘッドのノブオなみに、おかしくなってました。

自分の顔をキャンパスにお絵描きしてる感じでしたッ!





ところでこれからブログのコメント欄をしばらく閉じます。
応援してくれる方はランキングクリックしてください。

用件がある方は昔のコメント欄などに用件を書いてください。
あとトラックバックとか、ご自分のブログにて当ブログやエントリを紹介してくださるのは大歓迎です。

基本的にコメント(を始めとするブログへの反応)が来るととてもとても嬉しいので、将来また気が向けばコメント欄を再開するかと思いますが、これから基本的には私からコメント欄での返事はしないようにしようと思ってます。

するとしたら、本文エントリ中でやります。

なので個別レスがなくてもdon't take it personalでお願い致します。

しばらくこれで試します。

彼女と私の話すこと

先週の土曜日に出会った子と、毎日3時間くらい話してる。
毎日といっても2日間くらいだが…。

気がつくと、真夜中になっていて、うちらは驚くんだよね。

ねえ、あなたのブログを読んだよ。

彼女はそういった。

(私は英語でもブログを書いている。もちろん日本語ほど熱心には書いてないけど…)

何か面白いこと、書いてあった?

と私は聞いた。

2つある。

1つはね、私はRENTHEADだってこと。

まじで?

RENTは私の人生を変えた、って言ったっけ?

RENTはこの10年間で、10回くらい見た、って言ったっけ?

彼女は笑った。

私がRENTツアー世界中おっかけていったって言ったっけ?

モーリーン役のオーディション出たって言ったっけ?

彼女がミュージカルやるなんて知らなかったんだけど。

私たちは笑い出した。

オーケー。

じゃあ一番好きな曲は?

Seasons of Love.

もちろん!
ノーデーバッテュデーイ~♪

あと、 コリンズとエンジェルの曲が好き。

愛してるっていう言葉を使わないで、あんなに愛を表現できるなんて、すごいことだよね。

オーラバー!!!
アイルカバーユー♪

ゆう…うける。

彼女はげらげら笑った。

私も笑いがとまらなかった。

RENTは、単なるゲイムービーじゃないってことについて。
RENTの映画版について。
映画版が舞台に示したリスペクトについて。
映画と舞台の違いについて。
舞台の魅力。

初めて舞台を見た時の衝撃。

ああ、私、この子と合いすぎる。

うちらは何についてでも話せる。

ピアノをやってたこと。
親が厳しいこと。
超厳しいお嬢様学校に通ったこと。
カムアウトのこと。
家族のこと。
兄弟のこと。
仕事のこと。
昇進が決まったこと。
親の離婚のこと。
ホームシックのこと。
結婚へのプレッシャーのこと。
the L wordのこと。
好きなキャラクター。
私はベット、マリーナ、そしてララ。
彼女は、マリーナとカルメン。
美術館の中で、いつも一緒にいる相手が退屈してないか心配になっちゃうこと。
だから1人で美術館行くのが好きなこと。
純粋なアーティストとして生きるのは難しいっていう話。
広告のこと。
法律のこと。
短編映画を作ったこと。
音楽をハードコアでやってたこと。
夜遊びするのは好きなこと。
でもドラッグはやらないこと。
クラブの中で、すぐメイクアウトしてキスする
そういうアメリカの文化にショックを受けたこと。
カナダのこと。
日本のこと。
東南アジアのこと。
ビザのこと。
友達のこと。
起業のこと。
料理のこと。
歌のこと。
オペラのこと。
好きなクラシック音楽のこと。
バッハ、チャイコフスキー、パガニーニー
月光ソナタの第三楽章と幻想即興曲のこと。
ファッションのこと。
髪型のこと。
完璧な日ってどんな日だと思う?ってこと。
アメリカ人のこと。
納豆のこと。
豆腐のこと。
グレン・ミラー・オーケストラのこと。
アドビのこと。
ディズニーのこと。
ゲッティーミュージアムのこと。
フェイスブックのこと。
imdbのこと。
整形手術のこと。
人種差別のこと。
芝居のこと。
役者は嘘つきかっていうことについて。
観客が入る前のステージに立った時の気持ち。
親友のこと。
元カノのこと。
LAのこと。
秘密について。
エネルギーのこと。
熱気球のこと。
バンジージャンプとスカイダイビングのこと。
ベジタリアンってどう思う?っていうこと。
食物連鎖について。
スポーツ観戦に全然興味がないこと。
同性婚について。
女の子に求める5つのこと。
彼女は1番がアーティストであることって言った。
アーティストであるか、少なくとも、アートの価値が分かる人。
そして、知的であること。独立していること。

うちらは全てについて、興味深い話ができた。
ロマンティックな話をしてるわけじゃないし、甘いささやきを交わし合うわけでもない。

全然話題はつきなかった。

このまま、朝まで話せると思った。

私の頭の中には、まだまだ話題が溢れてきてた。
彼女に聞きたいこと、彼女に言いたいことが溢れていた。

電話している間中、ニコニコしっぱなしで、それがとまらなかった。

彼女は他の子と全然違う。

うちらは、お互いのことを好きだっていうことを隠す必要もないし、それをほのめかすために駆け引きをする必要もない。私は彼女と一緒にいる自分がすごく自然にすごく簡単にイメージできる。

クラブに行こうよっていう電話が死ぬほどかかってきてたし、私も初めは彼女のことをクラブに誘おうと思ってた。でも、気づいたらもう夜の1時になってた。クラブ行くより彼女と話してる方がずっと楽しいって感じてる自分に驚いた。

彼女との電話をやっとのことで切ると、友達から携帯メールが山ほどはいっていた。

「the L wordのシェーンが来てたのに!ゆう、見逃したね~」

…え?

最近毎週のように行ってたのに、なぜこの日に限って…


…べ、別に悔しくなんかないんだからねっ!

Lの世界のシェーンがクラブに登場

昨日、Lの世界のシェーンことキャサリンメーニッヒが、Booby Trapに来てたって。

レッツファックガールと会ったハリウッドのレズビアンパーティです。
毎週水曜日だよ。

ここは、観光客とかが来る場所じゃないからね。

あーーーー行けばよかった ORZ

4日目

金曜日、デートすることになりました。

ビバリーヒルズのタイ料理レストランで食事して、ハリウッドで映画です。

あ~楽しみ★

服何着ていこうかな?

ドレスアップしちゃおうかな~!?

でもドレス着ると寒いかんねー。

黒くて薄い牛革のジャケット欲しいな←どんなにノンケぶっても服の趣味がレズ(笑)

ていうか、今、すっごいすっごい楽しいです。

お前、出会ってからまだ数日くらいしかたってないくせにアホちゃう?

とかいう冷静なツッコミもよくわかるのですが、とにかく彼女は特別な感じです。

話合いすぎ。

今日はマンガとかアートについて話しました。
映画についても話ました。
将来の夢についても話しました。

映画について話せて、マンガについても話せて、ロースクールについて話せてMBAについて話せて、ビジネスについても話せる。フラニーとゾーイーについても話せる。しかも、80's音楽が好きで、ビートルズが大好きで、ジャミロクワイ好き?

そんでもってゲイで、キュートで、フェミニンで、シングルで?

そんなこがウェストハリウッドにいたなんて。

ていうか、まじ、こんな子いないんだけど。

彼女が言った。

「えーっと…つまり…私は、あなたみたいな女の子に、ずっと会いたかった。これ、言ったっけ?」

甘い感情で胸が詰まった。

私も同じことを思っていたから。

土曜日に知り合って、
日曜日にデートして、
月曜日に電話して、
火曜日にこんな甘い言葉を交換しあうなんて…

完全に馬鹿げてる。

幻想だよ。

と今までの私だったら思っただろう。でも今なら信じる。それが実現するのだということを。

直したい性格

女の子に言われました。

「始めに見た時、あなた少しstuck upだと思ったのよね」

スタックアップというのは悪口でよく使われる単語です。

意味は

snobbishly conceited.
vain, arrogant, snobbish, snooty.

うぬぼれの強い
思いあがった
気取った.
俗物的な
横柄な
うぬぼれた.
傲慢な
虚栄の

分かりやすく言うと…「イキがってる」って感じですかね。

まあ、その日はハンサムなプレイボーイを意識してましたんでね…

inter_pic02.jpgイーネッ!


あと、私はクラブではフレンドリーな時もありますが、友達じゃない子とかには結構冷たい。タイプじゃないような子たちでも仲良くなったら、もしかしてすごい親友になれるのかも?と思う瞬間もありますが、自分は既にかなり仲のよい友達やネット上でも心を開いている友人がいるので、クラブで誰にでも愛想良くする余裕はないのです。人生短いしね。なので、stuck upだと思われたのかもしれません。

しかし…ちょっと話がズレるが、最近私はもっと謙虚にならなきゃなあーと思ってます。自分はリアルな世界で周りの人間にstuck upだと思われていることが多いような気がする。偉そうとか、傲慢とか、無礼なヤツ、舐めてる、生意気、人を見下すタイプだと思われてしまうことが多い。文章にもそういうところがあるかもしれませんが、実際にもそういう感じなので、それで揉めてしまうことがよくあります。人には礼儀正しくするべきと思っていますし、そうしてるつもりなのですが、どこか横柄な印象を与えてしまうようです。そのくせして実力や経験は伴ってないので、本当に嫌な人間になってますよね(><)

今までそういう態度について指摘されても、「は?コイツ何いってんの?意味が分からん。こっちはそのつもりはないのにバカにされてるとか思うとかって自己評価が低いんじゃないの?自分に自信がないことの現れじゃん」とか長いこと思ってましたが(←この態度が既に斜め上から目線)、最近自分も同じようなタイプの人と接する機会が続けて何度かあり、「ああ~これかあ…あたしもきっとこういう感じなのかな」ってつくづく反省しました。気づくの遅いっすよね。

無意識上にでも、相手より自分の方が上だと思って話してると、それは相手に伝わるんですよね。少なくとも、私はそういう風に接せられるとすぐ気づくし、不愉快な気分になります。すっごくムカムカしました。「コイツめ~、あたしのことを見下してる!」って思って腹の底から憎悪と殺意がムラムラとこみあげてきました。

そうして初めて「ああ~…アタシもこんな感じで無礼なんだろうな。だからあんなにあの人やあの子を怒らせてしまったんだろうな…」ってつくづく反省しました。

たぶんそういう人たちは、実際実力もあり、自信もあるので、それが態度に出てしまうのだと思いますが、そういう風に接せられた方が受ける不愉快な気持ちを学びました。

自分も、自分の能力に対する自信(というか過信?またはちっぽけな自分を必要以上にアピールしたいという過度の願い)がにじみでて、多分「こいつムカつく」っていう感情を多くの人に無意識のうちに与えているのかな~と思うとかなり反省しきりです。

それも個性だからいいんじゃん?ッていう思いもありますが、不必要に人に不愉快な思いは与えたくないので、なんとか頑張って直したいと思います。

これは自分にとって、かなり大きな人生のテーマです。

部屋が汚いのを直したいのと同じくらい自分は、人に対して横柄な態度、傲慢な態度を取ってしまう癖を直したいです。

真の実力とそれに対する揺るぎない自信がある人は、謙虚なものだと思います。そういう人に、私はなりたい。

オレが、オレが、っていう声が大きいものが勝つ国、アメリカに住んでると忘れそうになるのですが、謙虚さの美徳を忘れないように、精進していきたいと思ってます。

宝石

昨日は例のデート相手と夜からずっとチャット&電話でおしゃべり。気づいたら真夜中になっていたのだが楽しかった~。

ていうか、アメリカ人が5時ぴったりでオフィスを去るっていうのは、半分本当だが、半分嘘。激しく残業しまくってるアメリカ人は結構いる。Rachelも毎日9時過ぎまで働いてるし、Leahも夜9時とか12時くらいまで働いてたし、今の子も8時すぎまでオフィスにいて、夜もずーっと家で作業という日本人なみのスケジュール。ま、仕事にもよるんだろうね~。Leahとかは、午後から出勤してたから、夜まで働くのは当然だとも思う。

あたしも結構時間不規則だし、オーバータイムで働くことがよくあるし、仕事頑張ってる人好き。仕事に燃えてる人好き★

好きな子がいるだけで、毎日の生活がうきうきする。
心の中の誰にも見えない箱の中に、宝石をコッソリ隠し持ってる気分。
誰も知らないけど、私はすごい綺麗な宝石を持ってるんだよね。ふふふって感じで。

外出してきます。

世界に1つしかない「よくある話」

昨日デートした子ですが、実は金曜日にWeHoで見かけてたんだよね。

めちゃくちゃ混んでたクラブの中で、パティオに立ってた彼女。
可愛いなって思って0.2秒くらいcheck outした。
声かけたいなって思ったけど、かけなかった。
多分酔っぱらいすぎてたし、他のことで忙しかったからね。

その同じ子が、土曜日、またWeHoにいた。

ダンスフロアで激しく踊ってた。

あ、また、あの子だ。

頭を振りたて、すこし攻撃的にみえるほど没頭して踊り狂ってる。

私は彼女のファンキーな動きを0.3秒だけcheck outした。

彼女は、私の知り合いの子たちと一緒にいたんだよね。4人くらい踊ってる中で、彼女だけ、私は知らなかった。

一緒にいたSofiaが「あれって、Joeの元カノだよ」とささやいた。

★ ★ ★

Sofiaとはかなり長い間知り合い。そもそもはJoeが2年前に紹介してくれた。だけどJoeとかSofiaってクラブとか来るタイプじゃなかったんだよね。いいヤツだし、頭もいいけど、ドレスアップしてクラブ行くような感じじゃないのよ。サーフィンとかサイクリングとか一緒にやるような仲間でさ。もしくは、Googleの新しいサービスとか、ユーザーインターフェースについて話し合うような感じの仲間だったからさ。私はJoeとかSofiaって好きだけど、クラブの中で一緒にいると、なんとなく変な気分がしてた。ノリがパーティのノリじゃないので、一緒にいてもテンションがあがらないんだよね。

最近…一ヶ月くらい前かな…RachelがSofiaを気に入ってデートすることになった。Rachelは結構Sofiaのことが好きで、私はキューピッド役のような感じで彼女達のためにデートをセッティングすることになった。

RachelとHonと私は全員シングルで、でも最近それに飽き飽きしてたから、お互いを助け合おう!ってことで、お互いのために女の子を紹介し合ったり、ナンパを手伝ったりというアライアンスを組んでいたのよね。

ちなみにHonの元カノも私が紹介したし、Claireの元カノも私が紹介したんだぞ~!結構友達同士助け合うっていうのは有効な手段なのよね。「ぶっちゃけ。どう?好きなの?」とか直接だと聞き辛いことを聞けるからね。

グループの中でも人気者のRachelが、地味なSofiaとデートしたいと言い出したことで、なんとなくSofiaの株はあがった。クラブにも来るようになった。うちらはいつも給食のおばさんみたいな格好をしているSofiaをからかった。2人のデートはうまくいかなかった。「私、Rachelには全然興味ない。悪いけど」Rachelがデートの時うきうきして新しいクッションを買ったり、どの店がいいと思う?って相談してきたのを知ってる私は胸が張り裂けるような想いだった。Rachelすっげーいいヤツなのに。Rachelすっげーすっげすっげーいい女なのに?あんなに優しくて可愛くて面白いのに。あんた、バカじゃないの?一生のチャンスを逃してるよ、ソフィア!私は心の中で叫んだ。

RachelはSofiaのことをそれでも好きっぽかったが、2人は友達になった。多分、今でも結構RachelはSofiaのことを気に入ってる。でも、Sofiaにその気はない。

★ ★ ★

ビーチ沿いを3人でサイクリングした。

マウンテンバイクでがしがし走るRachel。
本格的なロードレーサーですいすい進むSofia。
小さい車輪の折りたたみ式自転車でしゃこしゃこ漕ぐ私。

オレンジ色の夕陽をキラキラ照り返す海。夢みたいにドラマティックなグラデーションの空。キレイだった。私は景色に見とれてのろのろ運転だった。気がつくと取り残されていた。泣きそうになりながら2人に追いつくと、Rachelは心配してたよって言った。死んだかと思ったじゃん。まだゆうに伝え残したことが沢山あるから、どんなにあなたを愛してたかってね。心配したじゃん。ふざけて笑いながら言ってるのはわかったけど、胸がじんとした。風に吹かれてる彼女の金色の毛と、夕陽に照らされた真っ赤な横顔。私もあなたに伝えたい。どれだけ私があなたのことを愛しているかを。

太陽が沈み、たき火があちこちではじまった。Sofiaは写真撮ろうって言った。うちらはSofiaの携帯電話で写真を撮った。暗くなったビーチで撮ったうちらの写真は、顔がぼやけていて、笑っていることしかわからない。

★ ★ ★


「Sofiaさあ~、ゆうのこと好きなんじゃないの?」

ある日、WeHoからの帰り道、車の中でRachelが冗談まじりにそう言った。

私は一瞬黙った。

そうかもって思う時もあったからだ。

RachelとSofiaがデートしたあたりから、Sofiaは前よりずっとうちらと親しくなって、気づくとクラブにもへんてこな格好でよく現れるし、毎日のように電話してきたり、メールでもやりとりするようになった。クラブに着ていく洋服買いたいんだよね、と言うので、一緒に買い物をした。サスペンダー買いなよ。私は彼女のシャツのジッパーを少しあけた。この方がかっこいいよ。そんな風に仲良くなる中で、そこはかとない彼女の好意を感じるときは全くなかったといったら嘘になる。

でも、その考えは、あまり気に入らなかった。だから私は顔をしかめた。「それはないでしょ」

「私はそう思うけどな」

「たとえ…そうだとしても、私はSofiaに興味ないもん。うまくいかないよ」

「私も、うまくいかないと思う。でも多分Sofia見てて、そんな気がしたから、言っただけ」

私は頭を振った。

★ ★ ★

土曜日、クラブの中で私の後ろにいたSofiaが「あの子、Joeの元カノだよ」と言ってきた時、私は驚いた。まじ?正直少しがっかりした。せっかく新しい子だと思ったのに、また私の友達とつながってるのか…。しかもJoeなの?でもしかたない。それがLの世界の宿命だから。私は彼女に近よって挨拶した。「ハーイ!」

彼女は笑ってこたえた。ハーイ。私たちは見つめ合って微笑みあう。ああ、きた。またきた、この瞬間が。同じフロアにいるSofiaのこともRachelもVivもHelenaもPatriciaもLeahもHonも金太郎もNellyも全て消えて、音も消えて。この世界にはうちら2人しか存在しない、っていう気分になる瞬間が。酔いのせいだけではなく頭がクラクラして気が遠くなる。

それが、WeHoの道ばたでレズだらけの腕立て伏せ大会がはじまる50分前のことだった。

デート報告★

コメントの返事とか遅くなって本当に申し訳ない。返事ちゃんとしますので、少し待ってください。

今日曜日の真夜中の12時近くです。

デートから帰ってきました。

結論からいうと、すっごいよかった!

ていうか、「今年のデートの中で一番よかった」といっても過言ではありません。

私は彼女はいないものの、デートは結構している方です。ブログに書いてない/書けない分もいれると、かなりの数デートしてますが、なかなかここまでよいデートはない。本当にすっごい楽しかったの~。

私は(このブログを読んでくれてる方ならお気づきかもしれないが)かなり分裂した複数の面を持っている。派手に夜遊びしてはっちゃける部分と、オタクっぽい部分(家でブログ書いたり、音楽や絵の具で遊ぶのが好き)と、ビジネスをやりたいというアントレプレナーの部分、などなど。で、そういう全ての面を見せて、全ての面で面白い!って思ってもらえることはほぼない。ビジネス友達は、クラブとか行かないし、クラブ友達は、私のオタクッぽいところは知らないし…みたいなね。

今日の相手とは、そういういろんな趣味が複数かぶっているので、すっごーく興味深い話ができた。好きな映画監督とか、音楽とか、試しに言ってみてその趣味がかぶっていた時ってすごく嬉しいよね。特に自分はマイナーなもの好きなので、本当に話が合うことは少ないのです。嬉しかったです。

しかも、若いのにすっごいキャリアウーマンで、語学も堪能だし、仕事が出来るし金も稼いでる。仕事がカッコいい。私の仕事の隣接業種で、自分の興味ある範囲なので話してて面白い。インターナショナルに色々な国でキャリアを積んでて、独立するために着々と準備を進めているそうだ。私そういうデキる女に弱いんだよね。自分がちょっと引け目を感じてしまうくらいの天才的な女性が好きです。彼女のキャリアはまさにそんな感じ。外見も悪くないしね。ていうかロングヘア、日焼けなどのポイントを押さえている。

大体デートに行った後は「うーん。悪くないんだけど、微妙だな~」って感じなんだけど、今日はすっごいよかった~って言い切れるわ!

またすぐ会いたいんだけど、今週末は土曜日相手が仕事で日曜私が忙しく。来週末は相手が旅行、再来週は私が多分旅行するかもって感じで、全然会えなさそうだがなんとかして会おうね♪って約束して別れました。

ていうか、こんなに順調にことが進むことは本当になかなかないんですよ。2年に1度とかそういうレベルかと思われます。ちょっと、私頑張るわ。彼女本当に欲しいし。彼女作って、皆が書いてるようなラブラブのブログにしたいし。応援して下さい。まじで。

はーーーーちょっと興奮して書きすぎましたね。

いや~、でも、本当にこんなにピタっと来るデートは初めてなので、とても嬉しい。
またいろいろ書きたいこともあるし、報告もしますので、その時は話聞いてやってください。

デートだ~

RachalやNellyたちとボート遊びしてきました。
去年のシーズンは毎週末のように運河でボートに乗っていましたが、今年は初めて。
皇居でボートこぐとかそういうレベルじゃなく、2時間近く本気でこぎまくったので、疲れた。

筋肉痛になりました。

昨日の夜も腕使ったんだよねー。WeHoの路上で金太郎(に似ている美少女のレズ友達)が「腕たてふせ勝負しよう!」といってきて、2回も勝負したの(一勝一敗でした)もう腕ぷるぷるです。もっと鍛えなければ…。

多分レズビアンにとって、指の長さとか腕の太さって、セックスアピールにつながるんでしょうな~。

私も腕の太い女の子大好きです。痩せてる子より、ムチムチ、ムキムキ、がっちりしてる子の方がセクシーに感じます。

今夜はデートです!

最近「この子と本気でつきあうことはないだろうな」というような相手ばかりと遊んできましたが今日の相手はかなり本命です。

でもいろいろあるんですわ…。

選挙のことも書きたいし、イラストもアップしたいし、女の子がらみのことも沢山書くことがたまっているので、大変です。

でも、今夜うまく行くよう祈っててください。

今からお風呂はいっておめかししまーす。
どういう格好していくかな~。

婚姻を守れ!という人々の言い分

Proposition 8に賛成の人たちのウェブサイト。
Protect Marriage
http://www.protectmarriage.com/


テレビCMはこんなの。(下のエントリで、エレンが言及していたCMはこれだと思われます)
かなり感情をくすぐるウェットなつくりですね。






これはかなりドライに風刺をきかせてつくってあります。

他にもいっぱいあります。YoutubeなどでYes on Prop 8といれると沢山の動画が見られます。また、車のバンパーステッカーなどでもYes on 8というのはよく見かけます。

以下はProposition 8に賛成する層の言い分です。

■もし、Prop 8が可決しないと、以下のような6つの結果が生まれるでしょう。

1.公立学校で、「伝統的な婚姻と同性間の婚姻両方ありなんだ」と教えられるようになる。これは伝統的な教えや価値観を子供に教えたいと願う親たちにとっては申告な問題です。

2. 教会が自らの設備の中で同性同士の結婚式を挙げることを拒否したら訴えられることになってしまいます。あなたの教会の信仰ポリシーが、法律によって変えられることをどう思いますか?昨日正しかった教義が今日になって変更されるなんていうことはありません。神はいつも完璧であり、これまでもこれからもずっと完璧なのですから。

3. 母親と父親のそろった家庭のみに養子を送り込もうとする宗教系養子縁組エージェンシーは、政府のエージェンシーによって、その地位を脅かされるでしょうでしょう。(同性婚が合法であるマサチューセッツ州の)ボストンのカソリックチャリティーは、同性婚が合法になったために閉鎖しました。カソリック教会をはじめ、倫理的に正しいと信じることを行おうとするエージェンシーが閉鎖されることにより、政府系エージェンシーが同じ仕事をすることになり、それは、私たちの払う税金によってまかなわれることになるでしょう。

4.私立学校を援助したり、結婚している学生に対してハウジングサービスなどを提供している宗教団体は、同じようなサービスを同性カップルに対しても提供するよう要求されるでしょう。例えそれが、教会の教義に反しているとしてもです。さもなければ、宗教団体が受けている税控除や優遇措置がもらえなくなります。

5. 同性婚に反対の説教をする牧師は、ヘイトスピーチをしたとして訴えられ、政府からの罰金を受けることになるでしょう。同性婚を認める6カ国の1つであるカナダでは既に同じ事態がおこっています。

6. あなたの財政的負担が増えます!婚姻の定義を変えるということは、次から次へと裁判を引きおこすでしょう。もしも最終的に裁判で、伝統的な婚姻の定義に従った判決が出されるとしても(最近の流れからすると考え辛いのですが)、それにかかる費用のことを考えてください。あなたのお金であり、あなたの教会の寄付金です。そういうお金が法律的闘争の為に使われてしまうのです。

もしProp 8が通らないと、何百万人という人々とその先祖たちは、信仰の中心となる教えと、貴重な伝統を失うことになります。

■Prop 8は非常にシンプルなものだ。

"Only marriage between a man and a woman is valid and recognized in California."ーカリフォルニアにおいては男女間の婚姻のみが有効であるー

これは2000年に61パーセントのカリフォルニア住民によって承認された条項である。サンフランシスコで、たった4人の偏った裁判官が、人々の意思に反して同性婚を可能とする判決を下した。Prop 8はこれを住民の意思にそうよう戻す者である。

■Prop 8はあくまで婚姻を男女間のものに限るという伝統的な定義を確認するにすぎず、同性愛的ライフスタイルを攻撃したり、同性カップルの権利を奪う趣旨のものではない。

いくつかウェブサイトから拾ってみました。


はい、どう思いますか?

「確かにそうだなー」とかちょっとでも思いましたか?

友達や家族や、見知らぬネット上の誰かがこういうことを言ってきたら、あなたはどう反論しますか?

少し考えてみてください。

こういうのって、すぐ答えを探すのではなく、自分の脳みそを使って考えることがとても大事だと思うのです。

なので、こういう(↑)物言いに対してどう反論がされているのかを紹介するのは次回以降にしたいと思います。

★ ★ ★

かつて、同性愛は犯罪でした。
病気だと分類されたこともありました。

でも、人々は戦い、少しずつ同性愛に対する認識を改めてきました。

かつて、人種差別が国の政策であり、また女性が投票できなかった時代はそんな遠い昔ではありません。でも、人々は、それをオカしいと考え、「平等」を求めて戦い、それを少しずつ勝ち取ってきました。

全ての論争は感情的に好き、嫌いとわめくだけでは進みません。論争は、「決めてない人」を説得させる為の事実(ファクト)を集め、そしてロジックを組み立てていかなくてはいけません。

はっきりいってバカで無知で雑な性格の私には辛いところですが、幸い、ネット上で私たちは知恵を出し合い一緒に戦っていくことができます。

正直言って、日本国内にて「同性婚」がここまで論議の的になるのは遠い将来のことでしょう。でもその日は必ず来ます。よく、日本で認められるのはいつになるかな~とか言ってる人がいて、愕然としますが、何もしなくてぼーっと待っててはその日は来ません。うちら一人一人が、同性愛について学び、考え、そして行動することがその日を現実のものにする力になるのだと思います。

黒人だって、黒人自らが権利をよこせといって公民権運動した結果、平等を手に入れたのですし、女性運動もそうでしょう。当事者がぼーっとしてても、誰も何もしてくれませんよ。

自分の権利は自分で主張して守らないと、誰も何もやってくれません。基本的にはそーゆーもんだと思います。

同性愛に関しては、今のアメリカは、非常にアツく面白い段階。カナダやヨーロッパのように同性婚を既に認めている段階ではなく、一部に根強いアンチゲイ勢力がいるので、日本の同性愛者達がこれからどうやってリベレーション活動をしていくかという上で参考になるはず。

運動のやり方自体は、国民性のせいでかなり違ってくると思うのですが、基本ロジックなどは勉強しておいて損はないと思います。

はー、ってか、アツくなってしまいました。

今日はWeHo行くんでおめかししなくては!

エレンのCM

エレン・デジェレネスは30秒の広告を制作し、カリフォルニアにおいて同性婚を禁止する条項であるProp 8に反対の投票をするよう呼びかけた。そして、この広告をテレビ放映するための費用を自ら負担するとのことだ。

TV界において、初めてゲイであることを公言したデジュネレスは、Prop 8に反対であることはブログやテレビ出演などを通じて常々表明していた。だが、ゲイコミュニティの一部には、(ブラッド・ピットなどの有名人が巨額の寄付をするなか)なぜゲイ当事者のエレンは自分ではProp 8反対のキャンペーンのため何も寄付をしないのかという疑問の声が上がっていた。ゲイの権利運動家であるJacob Reitanは、エレンに対して公開質問状を出した。


「あなたや、多くのゲイ、レズビアンの有名人の皆さんが個人的にはProp8反対キャンペーンのために何も寄付していないということにショックを受けています。あなたは毎年何千億も稼ぎ、最近はポーシャと結婚しましたね。あなたは、自分の家族に対してこの権利を守ることがどんなに大事か分かってるはずです。私たちが勝利を収めるために、あなたの財政的な援助がどうしても必要です」
参考記事



この公開質問状は、同性愛雑誌The Advocateのウェブサイトに掲載されたが、後日削除された(参考記事)。

これが、エレンの広告である。



「こんにちは、エレン・デジェネレスです。

今年、私は絶対自分には無理だと思っていたあることが出来たんです。結婚したんです。人生で一番幸せな日でした。ところが、何百万ドルものお金を集めて、その権利を私から奪おうとしてる人たちがいます。皆さんもテレビコマーシャルをみたことと思います。彼らは、真実をねじ曲げています。そして脅かそうとしているのです。

私は、公平さを信じます。思いやりを信じます。そして全ての人々が平等であるべきだと信じています。Prop 8はそうではありません。お願いです。Prop 8に反対の票を投じて下さい。」



本広告は、既にYoutube上にて8万回以上再生されており、エレンはこの広告をテレビ放映するために、10万ドル分の枠を抑え始めているということだ(参考記事)。

エレン。お前かっこよすぎる。

上で書かれているようなプレッシャーに負けてやったのかどうかは分からんが、しかし、やっぱりカッコいいですよ。

この前、エレンとポーシャがYes on Prop 2パーティを開催していた時に、思ったんだよね。

「他にもやることがあるだろ!」ってね。(しかも私はProp 2に対しては懐疑的な立場)

エレン・デジェレネスは、日本で想像する以上に、アメリカでは人気者。シェーンがカッコいい!とかそういう感じではなく…なんていうのか、お茶の間の人気ものなのだ。アメリカではオプラ・ウィンフリーとかも似たような立ち位置で絶大な影響力を誇っているが…。雰囲気としては、和田アキ子?いや、みのもんたとかタモリに近いのかな~?とにかく人気のテレビ番組のホストで、レズビアン当事者だけではなく、ノンケにも大人気なのである。

そういう実力と人気を兼ね備えた人物が、堂々とカムアウトして、幸せに生きている。それって本当に大事だよね。メリッサ・エスリッジとかも似てるかも。カムアウトすることによって売名するのではなく、本業で成功していて実力もある有名人がカムアウトしてるからすごく好意的に受け止められてるんだよね。

とにかく!

NO on 8!!!

NO on 8!!!


NO on 8!!!

私はアメリカ市民ではないので、自ら投票はできないのですが、寄付を始めできることをどんどんしていこうと思っています。週末は抗議運動にも出かけようと思ってます。

今回の投票はかなり僅差になると見られていて、「Yes on Prop 8」陣営も相当キャンペーンを繰り広げています。次回はその様子などをお届けします。

トマトサルサガーリック風味

昨日、スケボーやったらコケました。

右手がめちゃくちゃ痛いです…。
Claireはスケボーうまいから、うらやましいな~。

仕事忙しいとかいいつつ、夜になったらすーっごく遊びたくなってしまったので、出かけた。

先週例の出会いがあったハリウッドのクラブです。

決して、また同じような出会いがあることを期待したわけではありませんが、行ってしまいました。

ハリウッドとウェストハリウッドは隣なのに、かなり客層違うんだよね。ハリウッドはオシャレだわ。観光客が来るようなところはダサいが、地元民が行くところはかなりカッコいい。

Viv、Helena、Claire、に加え、RachelとHon、あとはいろいろな友達。まーいろいろあるんですわ。

髪の毛ふわふわにしていったらすごい好評だった。
ていうか、あたし、最近結構女の子一杯よってくるんだけど。まじで。

出かけると、必ず誰かにナンパされたり、口説かれるような気がする。→気のせいだろ!という声も聞こえるが…。

昨日はケイティ・ペリー風のレトロなアメリカンガールがよってきました。
今までなかった感覚なのでとっても新鮮。モテるって快感だよね。モテると、自分に自信がすごーくつく。そして、結果的に自分のナンパもすごくうまく行くようになる。絶好調スパイラルがとまらんよ。

Rachelが可愛いと言ってた娘に2人くらい声かけていい感じで友達になれた。帰りの車の中でRachelはずーっとワクワクしてた。「あー今日楽しかった。かなりあの子最高。好き。デートしたい。ゆう!あんたナンパうまくなったね…」と言われました。ふふふ、まあね~。てか、誰かのために声をかけたりするのは超得意。

いろいろ喋った。

深い話が出来た。

将来のこととか。彼女に求めるものとか。過去の恋愛の話とか。仕事の話とか。

いつもうちらは深い話ができる。

私さ~、Rachelのこと、本当大好きだよね。でも、多分恋愛感情じゃないっていうか、なんだろうね~。ドキドキするとかじゃないんだけど、すーっごい好きなんだよね。理解してくれてるって感じるし。私も相手を理解してる。何でも言えるし、何か言うと、すごく熱心に聞いてくれる。表面だけのつきあいが多い、このWeHoの世界で、Rachelは私のベストフレンドに一番近い存在。心を許してるし、なついてるし、もう大好き。愛してるって感じなんだよね。

恋愛相手としてはうまくイカないのは目に見えてる。ボーイッシュ好きなRachelにとって今の私は完全にタイプじゃないだろうし。ていうか、一度うちらはデート試してみたし。その後も私はトライしたし。でもダメだった。なんていうか、言葉のはしはしから、カノジョはうちのことをそういう風に見てないっていうことが死ぬほど伝わってくるし、そういう時は諦めた方がいい。

私たちは1年半前に少しデートしてて、恋人らしきこともした。だが、その後友達になってしまった。で、去年の年末かな?私はRachelのこと好きだなーって思って、実は告白というか、うーん。2人で彼女の家で喋ってた時キスしようとしたんだよね。でも「いやいや。よくない。うちらは友達。友達になる運命だよ。うちらは友達。それが一番いい」って言われた。友達かよー。やれやれ。私は肩をすくめた。冗談ぽい仕草だったけど、彼女が本気で言っていることが私にはわかった。だから諦めなきゃって思った。

それから10ヶ月くらい経つわけだ。

友達のことを本当は好きとかってすーっごい気持ち悪い。って私は思う。片思いとか嫌い。友達のことを好きとか、まじキモい。でも、自分は今そういう状態なのかなーって思う。まだ好きなのかなーって。例えばRachelの前にずーっと長いこと好きだったLeahっていう遊び友達がいるんだけど、その子のことは、もう完全にふっきれたって言い切れるのね。てか、ある時から全然仲良くなくなっちゃったし、遊ばなくなってからは、自然に何とも思わなくなった。でもRachelのことは完全にふっきれてるかというと謎だよね。うちら仲良すぎるから。こんなに仲良すぎて、一緒に笑って、楽しくて…そんな相手に好意を持つなって難しいよ。だって彼女は美しくて優しくて、柔らかくて一緒にいてめちゃくちゃ楽しいから。セックスしたいとかじゃないんだけど、ずーっと一緒にいたいし一番親しい存在でいたい。って思っちゃうの。オカしいよね。

周りから見ると、どうなんだろうね。うちらはいっつも一緒にいるし、一緒に遊びに登場することが多いし、平気でお互いの頭に触ったり、抱きつき合ったりするのでよくカップル?って間違えられる。その度にうちらは爆笑して、全然違う!うちらは親友!って言う。でも、私が実は結構本当に彼女のこと好きでたまらないっていうことは、周りから見るとバレバレなんでしょうか?

だからといって、Rachelのことを将来狙おうとか思ってないし、他の女の子と遊ぶのも楽しいし、全然自分は別の女の子とつきあう気まんまんなんだけどね。

は~複雑。

レズビアンの友情って難しいね。

元カノのデート相手の遊び相手の元カノ!?

この前、これもブログに載せようと思って「アリスのチャート」を作ってたんですね。そしたら、トンでもないこと発見。

なんか、私と、リンジーローハンってつながってるかもしれません。ていうかキスレベルで言ったら確実につながってます。

lindsay-sam-kiss.jpg

まず、これがリンジーとサム。今一番ホットなレズビアンカップルの一組ですね。

courtenay-semel-and-lindsay-lohan-kiss.jpg

そのリンジーが、昔つきあってたというCourtenay Semel。なんとYahoo!の元CEOの娘ですよ。リンジーはつきあってたことを否定してますが、まあキス写真もありますし仲良かったのは事実でしょうな。

そのコートニー・セメルが今つきあってるのがティラ・テキーラ。0822h-se12-c.jpg

つか、この、コートニー・セメル、激萌え!超タイプなんですがっ!

courtenay-semel-tila-tequila.jpg

そのティラ・テキーラとお友達を挟んで私がつながってます(ここらへんは割愛させてもらいます)

って感じなので、私とリンジーはめでたくつながってまーす。

なので、私とつながってる二丁目の皆さんもリンジーとつながってるってことになります☆

よかったですね☆

わーいわーい。

世界はせまい~世界はひとつ~♪ 世界はお~なじ~♪世界はま~るい~ただひ~と~つ~♪

週末雑感&自己分析

週末はレズビアン友達とピクニック行きました★これから定期的にレズだらけのピクニックを企画しようと思ってます。

多分、私はこれからしばらくちゃんとしたカノジョできないような気がするので、友達とクラビング以外のアクティビティをして友情を育もう作戦に出ています。

クラブ遊びも楽しいからやめるつもりはないけど、それ以外の活動を充実させたいと思ったの。例えば、平日友達と食事いったり、ゲームしたり、政治について語り合ったり、似顔絵を描き合ってみたり。10月はハロウィンなので、期間限定のハロウィン仕様のテーマパーク行ったり、かぼちゃでジャックランタン作ったり、旅行に行ったり…楽しそうでしょ!?

今までそういうアクティビティは全部カノジョ候補とやりたい!って思って取っておいてたのですが、最近「私はカノジョはしばらくできないだろう」という悟りというかあきらめみたいな気持ちがじわじわ湧いてきたので、友情を深めることに集中しようと思ってるの。

あと趣味ね。

今、お絵描きにハマってしまい、ずーっと絵を描いてます(死亡)

私のブログをしばらく読んで下さっている方であればお分かりだと思いますが私はとっても、熱しやすく冷めやすい。

いろんなアイディアが次々湧いてきて、その瞬間にがーっといろいろなことをやりたくなってしまい、いてもたってもいられなくなるのです。で、その瞬間はめちゃくちゃ集中力が湧いてくるので、全然疲れたり飽きたりしないんですねー。(でも、大抵の場合長続きしないorz)

今はイラストについてそういう状態です。
また近いうちに完成したらアップしますので楽しみにしててね!(飽きなければ)

あと、これもブログからわかるかわからないかわかりませんが、私はとってもサービス精神が旺盛

なので、ブログも書きたいことを書き散らしているようでいて、常に読者を意識しまくって書いてます。面白がらせたい!笑わせたい!ここで突っ込んで!と必死です。エントリ書いてみて、拍手とかコメントの反応がいいと「ああ~、こーゆーのが求められてるのね」って感じます。いろいろ触ってみて、「ん?ここがイイのかな?」「それともこっちの方が好きかな?」と反応を見てるわけです。

例えば、こういうのが読みたいと言われればそういうのを書きますし、で、少しでも反応が大きかったり、面白いねって褒められると、「ほうほう、ここがいいんですな」と学習し、それを繰り返そうとするわけです。もう、典型的な承認を求めて必死になる長女体質そのものって感じ。

でもまあ、こうやってやるのも本人が楽しいからいいのですけどね。あと、どうしても書きたいものは、反応薄くても書いちゃうし。(でも面白かったときは反応してやってください。でないと頑張ってるのに張り合いがないですし。わかるでしょ。この気持ち)

やれやれ。

ていうか、でも、本当、今更だけど、ブログって、超楽しい

こんな飽きっぽい私なのに、ブログ(or 個人サイト)だけは飽きないでずーっとやってるもんね。ブログっていうか、自分を表現することが楽しいし、それに対して人様が反応してくれることが嬉しいんだよね。この快感は、クラブで、女の子を口説いて上手いことキスできた瞬間の快感に匹敵する。つまり、かなりスゴいってこと。一生やめられそうにないわ…。

WeHoに行っても埋まらない胸の穴がある

Hon, Viv, Helena…あと結構仲いい子達がいたのになぜか全然つまらなかった。

楽しむのが大好きな私にとって、これは珍しい。

ていうか昨日は本当はクラブ自体そんなに行きたくなかった。

他にやることがあったし…。
あといろいろ面倒なことがあって…イライラしてたの。今は書かないけどいつか書くかもしれない。

家にいればよかったんだけど、私はクラブに行かずにはいれらないことが分かってた。
もう夜11時を過ぎてた。

家にいた方がいいんだろうな。

例のアレ、しあげちゃおうよ。そう思ったけどダメで。

完全に病気だな~って思いながら、鏡に向かった。

いつもよりがーっと強くアイライン描いた。目の下にも。かなりイッてる。

ロサンゼルスはもう秋だ。

っていうか冬?っていうくらい、風が強くて、寒かった。

クラブについたのはもう12時をすぎていた。

テキーラショットとハイネケンを同時に頼んだ。

塩は使わない。

ライムを口に押し込んだ。

クラブを歩いて一周しながら、女の子達をチェック。

かわいい子、いないなあ。

どこかでいつかフロアで一緒に踊った娘がいた。

3週間前だっけな。

うーん、あのときは盛り上がったけど、デートに誘いたい感じじゃない。

好きにはなれないと思う。

でも、目があってしまったので話しかける。

ハーイ!

ハーイ!ゆう!ねえ、電話番号変わっちゃったの?電話してるのに…でないんだもん。

え、何。なんかめちゃ好感触じゃん。さてはこの娘、私のこと気にいってるな!ああ…もう一度番号教えるね!ちゃんとした番号教えた。

登録してる彼女の横顔を見る。ラテン系とアジア系のハーフで、悪くないんだけど、やっぱり何か足りない。ときめくタイプじゃないんだよね。

それから2、3人新しい子と知り合って、ゲイピザ行って、気づいたらもう朝の4時だった。

あ、Cherry BombのDalilaがいたよ。彼女、よくWeHoに来てるよね。いい人。私は正直黒人はそんなにタイプではないのだが、彼女には強い魅力を感じます。

だがまあ、とにかく、つまんなかった。

皆いたのに、なんでだろ?

全然踊らなかったから?
誰ともメイクアウトしなかったから?
トキメキがなかったから?
一番仲いい子がいなかったから?
友達皆いることはいたけど、彼らとのつながりがあんまり感じられなかったから?
他に会いたかった娘がいたから?
頭の中に、もっと他に気になることがあったから…?

わかんない。

たぶん、全部かな。

【今日の一曲】Are you gonna be my girl?



Well, so 1,2,3, take my hand and come with me
because you look so fine
and i really wanna make you mine.

I say you look so fine
that I really wanna make you mine.

Oh, 4,5,6 c'mon and get your kicks
now you dont need that money
with a face like that, do ya.

Big black boots,
long brown hair,
she's so sweet
with her get back stare.

Well I could see,
you home with me,
but you were with another man, yea!
I know we,
ain't got much to say,
before I let you get away, yea!

I said, are you gonna be my girl?

Be my girl!
Be my girl!
Are you gonna be my girl?!

Yeah!!!!!!!!


あーゆーごーなびーまいがーる!てとこがクールで好き。
あと最後のビーマイガール!ビーマイガール!ってシャウトのとこが好き。アツい。

この曲好きな子に向かって歌いたいな。

漫画について

自分が影響を受けた漫画について書くかな~。

まず、作品名をあげ、気が向いたら、1つずつ書いていこう。

1)行け!稲中卓球部
2)リバース・エッジ
3)花とみつばち
4)寄生獣
5)東京大学物語
6)ゴーマニズム宣言
7)ねじ式
8)私は真悟
9)アドルフに告ぐ
10)MASTERキートン
11)ナニワ金融道
12)ぼくの地球を守って
13)ハッピーマニア
14)漂流教室
15)風の谷のナウシカ

read more...

コネチカット州で、同性婚が合法に!

2008年10月10日、金曜日、コネチカット州最高裁は、州のシビルユニオン法を違憲だとし、同性カップルは婚姻する権利をコネチカット州憲法上有すると判断した。

これにより、コネチカット州は、ボストンなどがあるマサチューセッツ州、ロサンゼルスやサンフランシスコがあるカリフォルニア州に続き、同性婚が可能となる全米で3番目の州となった。

コネチカット州は、結婚自体は異性カップルに限定し、婚姻と同じ権利を同性カップルにシビル・ユニオン法を与えるというシステムを持っていた。だが、コネチカット州は、そのようなシステムは法の下の平等に反すると判断した。

この判決については、更なる上訴などは不可能であり、10月28日より有効となる。

参考記事:http://www.nytimes.com/2008/10/11/nyregion/11marriage.html?bl&ex=1223784000&en=fd4a1a97b25b8c75&ei=5087%0A

はい、とりいそぎ!

おめでとう!コネチカットの皆さん!


嬉しいニュースですね。そして、カリフォルニアの皆さん、負けてられないよ~!!

うちらの勝負はこれからだから!

11月4日には、Vote NO on 8!!!

しかし、真面目な話、今の時期のこの判決というのは、カリフォルニアの投票には影響を及ぼすのだろうか?またオバマ、マケインともに、同性婚には明確に反対しているが、かといって、今回の決定にショックを受けた保守派がオバマへ(というか同性婚に対してより寛容であろう民主党政権へ)の的外れな批判や中傷、攻撃を始めないか心配です。

オバマは同性婚に反対してますし、バイデンもこれに従ってます。オバマ・バイデン政権になったところで、連邦法上同性婚は認められることはないでしょう。少なくとも4年間は。

でも、今後40年後は?

400年後は?

うちらが何もしなかったら、きっと何も変わらない。

でもうちらが何かしたら、きっと、何かが変わる。

read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。