DJシンカワのイベントで処女のキリンに出会うっていうウェブ短編小説の思い出

ネットでも本でもいいけど、文章の魅力には二種類ある。

read more...

スポンサーサイト

クィア系のコピィって何よ?って言う人へ

コピィコンテストについて。クィア系のコピイってどういうのを意味するのかわからないという声があがったので、少し細く説明してみます。

んーと、英語圏だと、ゲイタウンにあるお土産屋さんとかで、ゲイっぽいジョークや、ゲイに関するスローガンTシャツなどが売られているのね。

例えば…。

I am not lesbian, but my girlfriend is.

We are here, we are Queer! Get use to it

Love sees no gender

I love my gay son

Straight but not narrow(まっすぐですが、狭くはありません=ノンケだけれど、心が狭くない、という意味)

I called your boyfriend GAY and he hit me with his PURSE


他にもものすごい一杯ある!あと抗議マーチなんかでも、皆よくスローガンを作って持ってきている。

20081115205828

20081115210258

LGBT以外のトピックでも、こういう名言は多く作られ、歴史に残ってきました。

黒人公民権運動の中で用いられた
「Black is Beautiful」
とか。

女性運動の中で用いられてきた
「The personal is the political」
(個人的なことは政治的なこと)とか。

HIVアクティビズムの中で叫ばれた
「Silence = Death」
(沈黙は死)とか。

同性婚を巡るいくつかの警句で紹介したようなのもあります。

こういうジョーク的でもあり、同時に非常に政治的でもあるスローガンとか名言集的なものが私は大好きなのね。

で、マグネットとかステッカーとかを集めているのですが、日本語バージョンでも、こういうのいろいろ作っていけたらなあーと。思いました。(まあ上のような超名言でなくてもいいので…)

まあ私が思いつくのだとねえ…ちょっとダサいのもありますが、ブレスト的に出してみようか。

歩くカムアウト
俺は女です。
私の娘は男です。
虹色の人生
変態万歳
ホモネタは差別だ。
トレビアン・レズビアン
私のママはレズビアン
バイバイ・バイフォビア
NO REASON
好きな物は好き
女だけど女装
欲望無い問題
生まれた時からXXでした。
生まれた時はXXでした。

↑まあ、こんな感じで適当に。何も思いつかない人はこれで作ってくれてもいいですよ!適当にアレンジしてもオッケー。

あと日本語で参考になりそうなやつをいくつか紹介します。


ひびのまことさんのTシャツ


macskaさんのピンバッジ
クィア系ピンバッジ
フェミ系ピンバッジ


ブログの名前でもそれっぽいな~と思うのがいくつかあるんだけど。

あたしはレズビアンだと思われてもいいのよ
レズですがそれがなにか
レズと呼んでくださって結構
腐男子じゃないけど、ゲイじゃない
Complexity is simplicity

上はタイトルそれ自体がコピー的だと私が感じるものです。一瞬「んん?」って考えさせられて、「おお~」ってなる。みたいな。

…なんとなくイメージ湧いてきた~!?

私はやっぱりリブ的な感じのものが好きなので、そういう…性の多様性!とか「あなたの隣にもLGBTはいるんですよ~」てきなことを、一生懸命口で説明しなくても、一瞬にして感覚的に気づかせてくれるような…まあいわば政治的なものが好きですが、なんでもいいです。

政治的じゃなくてもいいです。ジョークとかシャレっぽいものとか。もちろん真面目でもいいです。なんでもあり。ここで紹介したものはあくまで、一つの例であり、別に答えはないんです。

かっこよくてスタイリッシュで、ぴりっとスパイスとパンチが聴いてて、携帯にはってても違和感ないようなそんなカッコいいコピイお待ちしてます。(あ、敷居高くなっちゃった!?)

※現在のノミネートコピィ一覧はこちらで見られます。

一人いくつでもエントリーできます!!!

はてなコピイのトップページをアレげなコピイで埋め尽くそう。
てか、コピイのエントリが増えるまでしつこく書くので、まだやってない人は是非エントリしてください!



あと、皆さんのブログでも、よかったらこのコンテストやってることを広めてください。よろしくお願い致します。

ブログの方向性についてうじうじ考えてみる

過去30日間の人気記事(拍手が多かった記事)
紺野遊児さんに呼びかけられたので答えます 7.8% 99
教えて!macskaさん!→ありがとうございました 6.2% 78
誰かの実存を持ち出してその人の発言や思想を批判するのは卑怯である 4.9% 62
お願い:私のブログにリンクしてください。(ブクマでもいい) 3.3% 42
父親の話 4 -カムアウト- 2.8% 36

read more...

今日の美少女 x3

かしゆかがフライデーされたので、失意のうちにかわいい子を探すネットの旅に出ていました。そういえば、かつてこのブログは【今日の美少女】というコーナーがうりの『美少女研究所』だったんだっけ…(遠い目)

【注意!】今日のブログはくだらないので真面目な内容を期待してる方は以下をクリックしないでください。

read more...

オバマ政権と同性婚のビミョーな関係

The Justice Department(司法省)は、先週木曜日(11日)カリフォルニアの同性婚カップルによるDefense of Marriage Act(DOMA)に対する訴えを却下した。管轄権がないのが直接の理由だが、一言で言うと「連邦レベルでの同性婚の禁止はオッケー」ということをオバマ政権が公式に認めたことになる。(参考記事

read more...

id:Siestaさんと私のすれ違いの理由

私は calibabyさんの社会構造認識とは細部において異なる認識を持っており、calibabyさんの考える社会構造はあまりにも静的すぎるという見解を抱いていて、とくにその見解はid:nodadaさんとの議論のなかで明らかにしてきた。実際には社会構造は静的な面と動的な面を同時にあわせもっている。つまり「資本主義社会においてはもっとダイナミックな力が作用しており、にも関わらず堅固な体制がなおも解体されずにいる」ということが問題なんだ。

その場合、作用している力を捉え損ねて静的なかたちで理解をしすぎると、解体すべきものがなぜ解体されないのかがそもそもわからなくなる。私はこの点をずっと議論してきた(前回の返答3を参照)けれど、calibabyさんは私の見解についてずっと勘違いしているせいか一度もその議論に乗ってくれていない。



ということなんで、考えて書いてみました。

read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。