えるらじ配信終了:本日のテーマは『卒業』でした

ありがとうございました。
また来週!

皆さん「卒業」おめでとう~!
スポンサーサイト

土曜日の過ごし方

毎週洗濯を平日のうちに終わらせておきたいと思うのですが、なかなか忙しくそうもできません。タオルとかシーツあるので多分2回くらいまわします。この前買った洗剤Tideはトップブランドだと思いますが、オリジナルの匂いがとにかく臭すぎます。なので、今日は柔軟剤を買ってしまいました。スナギーというカワイイくまちゃんがほおずりしてるやつです。

普段は(ラベンダーのエッセンシャルオイルいり洗剤&ラベンダーバッグという超自然派な感じで洗濯してたのだが、突然アメリカっぽい人工的な匂いになりそうです…。

他には、ボディソープ、ゴミ袋とか細々いつも必要なものをまとめ買いしました。

今日は店まで歩いていきました。
運動をかねて。
晴れてていて、暖かくて、もう夏だなーって感じがひしひしとします。

もしかして…

あ、この前もったいぶって書いたアリスの話、当然のように皆知ってた!?(汗)
私、映画見終わってしばらくして気づいた。
…鈍いですか!?(爆)

【レビュー】映画『Alice in Wonderland』の感想

Alice in Wonderlandを観てきました!

この映画めちゃくちゃ楽しみにしてたんです。

理由は、監督がティム・バートンであること!あと3D IMAXの映画であること!あと広告などでのビジュアルが超ファンタジックでワクワクしたこと!また「アリス」という古典の解釈がどのようにされるのか非常に興味あったことなどなど。

(以下ネタバレ含むので、折りたたみます)

read more...

最近のツイッターまとめなど

最近のツイッターで、私が関わった面白い話題などをご紹介。

集団カテゴリーの(不)適切な使用法について
http://togetter.com/li/6629


このトピックは、内容もそうなのですが、むしろ人間関係的な面で、段々精神的にキツくなってきたのでツイッター上では話すのをやめました。やれやれ。まあ気が向いたら話すと思いますし、ブログの記事として書いてもいいのですが、基本的に自分の主張したいことは、すべてツイッター上で書いてありますので、繰り返しになっちゃうかなと思います(また、上のまとめに含まれていない各方面からも微妙に指摘を受けた「口調が怖い」問題については、これはこれで大きなテーマだなーと思っていて、それはそれでいつか改めて書くかもしれません)。

また、上のつぶやきまとめをきっかけに別の方向に派生した一連の議論はこちら。

「政治的な正しさ(PC)の論理の不条理さ」と「「弱者」による強権」
http://togetter.com/li/7664


私はこちらではさほど発言をしていませんが、かなり読み応えがありますので、是非読んでみて下さい。てかこれは結構関係なさ気なついーとも紛れ込んだりしていて、ボリューム多いから読破するのは疲れるかもだけど、勉強になります。

★ ★ ★

生まれて初めてオンラインで知らない人達とガチで論争?みたいのをしてもうすぐ1年になります。それまで楽しくナンパ日記を書いていた私にとって、これは本当に精神的にキツく、いろいろ考えさせられる経験でした。この経験のおかげで自分のブログの性質や、オンラインでの活動の方向性が大きく変わったと思います。それがきっかけで多くの人に知り合えましたし、その後も何度か人と議論するみたいなことをするようになりました。読んでいる方にとっては、さほど面白くないコンテンツかもしれませんが、私自身はとても勉強になるし知的な刺激を与えてくれるのでとても貴重な機会だと思っています。ブログ、ハイク、ツイッターなど、ツールは変わっても、様々な場所で考えるきっかけをくれる皆様には感謝しています。ありがとうございます。

今後も日々是精進していきたいと思います。

イチカワユウのつぶやきをリアルタイムで読めるのはツイッターだけ! 


tumblr_krjkk5bfdB1qzxpjio1_500.jpg

【展示会】Hollywood Most Wanted + Co.

ハリウッドで行われている面白い展示を見つけたのでご紹介。

Hilton.jpeg

魅力的という形容詞からかけはなれたポーズで撮影される、全てのセレブリティの広報担当者にとっての悪夢ー、逮捕された時に警察によって撮影される「マグショット」は他人の不幸を喜ぶゴシップ好きにはたまらない素材だ。セレブリティが法律の枠を踏み越える度に、普段の彼らとはかけはなれたマグショットのブサイクな写真が出回り、下世話な深夜番組や井戸端会議のネタとして大衆を喜ばせる。

これらのマグショットは「アート」にならないものか?「Hollywood Most Wanted + Co.」と題された展示は、過去数十年間に渡る最も有名なマグショットを「芸術的に」見せることに挑戦している。

3月4日木曜日から開会したこの展示は、ハリウッドにある映画館アークライトシネマにおいて開催中。(セレブリティのマグショットを展示するのにぴったりの場所だ!)

Sheen.png


チャーリー・シーン、パリス・ヒルトン、エルビス・プレスリー、ジミ・ヘンドリックス、ジェームス・ブラウンなどの有名人のマグショットが展示されている。

この展示を行ったのは、LAのアーティスト Rachel Schmeidler。警察によって公開されているマグショットの画像を元に、シルクスクリーン、デジタル補正などの手法を使ってウォーホル風に仕上げてある。

また、レーニン、トロツキー、カストロ、スターリンなどの肖像画も展示されており、展示会の根底に「赤狩り」というテーマを加えている。全体では70人近くの肖像画が展示されている。

アーティストは展示の意図を次のように語る。「政治評論家は、政治家や候補者達を批判する時に『共産主義』だの『社会主義』だのというレッテルを使う。これらのパターンに最近気づいた私は、彼らをハリウッド女優やミュージシャンたちと一緒に並べることによって、我々は警察のカメラのフラッシュの前では、皆変わらない人間なんだとということを示したかったのです」

参考記事:LA Times "Celebrity mugshots receive their artistic close-up at Hollywood's ArcLight"



マグショット―ハリウッド犯罪調書
ジョージ セミナラ
鹿砦社
売り上げランキング: 735582
おすすめ度の平均: 2.0
2 安易な企画で作ったお手軽本ですね


なんかそんなに「新しい!」って感じもしないし、展示意図が微妙にブレてるような気がするけど、普通に下世話な好奇心から見に行ってみたいです。この会場のアークライトというのは、有名な映画館です。以前紹介したアメーバ・ミュージックの隣です。Lの世界の「シェーン」と「アリス」が、プライベートで一緒にブラック・ダリア(「ジェニー」が出てる映画)を見に来た映画館でもあります。今週末は待ちに待ったAlice in Wonderlandを見に行く予定!!楽しみ★

空。
フリーウェイの向こう側
一面に広がるダイナミックな雲。
巨人が粘土をこねて作った大きな
右から左まで、ほぼ180度に近い空。
遮るものは何もない。
アクセルを踏み込むと、そのまま雲の中に飛び込んでいけるような気すらする。

大地。
無造作に投げ出された巨大な岩と砂漠。
照りつける太陽の光。
燃えるように赤い岩肌。
誰も見ていないところでも、昼でも夜でも。
ただただその驚くべき造形をさらけ出している。

海。
海の中に溶けていく
黄金色の夕陽。
赤、オレンジ、ピンク、灰色、紫色、黄色、黒、白…。
全ての色がここにある。
圧倒され息がとまりそうになる。

神の気まぐれが産んだ偶然に過ぎない。
何の意味も意図もない。
1時間もたてば消えてしまう
瞬間の芸術。

美。
それは私に喜びをもたらす。
なぜなのか?
わからん。
理由は、ない。
ただ心惹かれる、どうしようもなく…!

read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。