木綿のような女の子

いつも女の子のタイプっていうと、外見のことばかり書くけど、今回は内面について書く。

私は、育ちがよくて、両親からたっぷり愛されて、太陽の光を浴びてすくすく育ったような素直で素朴で健康そうな女の子が好きだ(実際にどうかはさておき、「っぽい」子が好きってことね・笑)

食べ物でいうなら、無農薬とかオーガニック栽培!広い農園でのびのび育てられたフリーレンジのチキン!とか、繊維に例えるなら、100%上質のコットン!真綿!とかそういう感じの女の子が好き。

決して垢抜けないものとかダサいものが好きというわけではない。ダサいものは嫌い。だけど、素材とかは上質でしっかりしててほしいっていうのかな。例えば家具とかアクセサリーとかも、そういうのが好き。

キラキラしたもの、ミステリアスなもの、クレージーなものにはそんなに惹かれない。あ、嘘。そういうのは好きだし、惹かれる。でも、そういう煌めきは永遠に続かないことを知ってるし、なにより私はそういう人と一緒にいて幸せを感じることはできない。

今、中山可穂のケッヘルを読みかけているんだけど、そこに、主人公が出会った女性について、「地に足のついた安定感。それがあるから、彼女のことは恋愛対象としてみられず、親友にしかなれない」みたいな描写があった(いま手元にないので正確な引用ではないけど)。

で、それを読んで、「へえ~自分は逆だなあ」と思った。私は地に足のついたような安定感とか生活力(経済力っていう意味ではない)がある子の方が好きで、自分よりもふわふわ、ふらふらしてる子は好きになれない。一時的に惹かれることがあっても、彼女にしたいのはしっかりしたこだな。

今までも、いろんなタイプの子とつきあったけど、今心の中に残ってて、本当に幸せだったなぁ~と思うのは、地味でもそういう素朴な相手との飾らなくてすむ関係だった。

初対面で印象付けることなんて結構簡単だし、瞬間的に夢中にさせることも簡単。でもそんな風に「幻想」を相手に持たせてもしかたないと思う。魔法の力に頼らない恋がしたい。
スポンサーサイト

興味

■興味あるもの
瞑想
ミステリー
UFO
手品
ネコ
レゴブロック
けん玉
コマ回し
一輪車
サイクリング
バイク
ホッピング
竹とんぼ
人種
移民問題
サーフィン
ロッククライミング
キャンプ
ラジオ
散歩
似顔絵
花火
万華鏡
ミラーボール
ペーパークラフト


■興味あんまりないもの
占い
オバケ
心霊系怖い映画
超能力

縄跳び
ゴムとび
あやとり
スクーター系バイク
動物の権利獲得運動(「動物の権利」自体には興味ないわけじゃないけど…)
ヨット
テレビ
ビーチ
ジョギング
写真
縫い物
編み物
塗り絵

デートで聞きたい5つの質問

誰かに興味を持った時って、その相手の多くのことを知りたいと思いますよね!
私が女の子とデートする初期の段階で大抵聞く、定番の質問集があります。

日本にいた時は特に決まった質問をしなくても、なんとなく相手の性格とかを把握できていました。ところが、アメリカに来てから、文化の違いが原因で、「ああ、この人はこういう人なんだな」ってぱっと理解することが難しくなり、相手とうまくコミュニケーションが取れないことが多くなり、より直接的な言葉による効率的なコミュニケーションの方法を探るようになりました。以下の質問集は女の子とデートを繰り返すそういう試行錯誤の中から出てきたのものです。でも、日本人同士でも使えるかなーと思いました。実際、今だったら私は日本の子とデートする場合でも、以下のような質問をしたいと思うでしょう。

read more...

私の「パートナー」について

今日はえるらじできません…。
というか最近あんまりできていないのですが。
すみません。

その代わりとはいってはなんですが、

セクシャルマイノリ茶←ここをクリックして下さい。


一緒に雑誌pe=poを作っているちづさんが出演してます。


ところで、雑誌pe=poの次号のテーマは「パートナーシップ」ってことで、今かなり力をいれてつくっています。面白くなりそうですよ。で、パートナーシップっていうのは恋人などの人生の伴侶という意味だけではなく、共同経営者みたいな意味があります。事業を一緒にやる人っという意味です。事務所などでも、単に雇われているスタッフは「アソシエイト」ですが、共同経営者までいくと「パートナー」になります。で、このpe=poプロジェクトも、非常に様々な方が関わってくださっているのですが、中核はちづさんと私がおこなっているプロジェクトなので、私はちづさんのことを「パートナー」だと捉えています。そこで、私はpe=poの話を人にする時に、「パートナーと相談します」みたいな話し方をよくしているのです。が、今回「パートナーシップ」のテーマを取り上げててふと思った。

「もしかして、アタシが、ちづさんのことをパートナーパートナー、って連呼してると、まるでアタシとちづさんがつきあってるみたいかしら?(焦)」


はい、考えすぎだとは思います。でも一瞬そう思って迷惑かけたらどうしようと焦ったのは事実です。

ブログを読んでいただければわかりますが、ちづさんにはメガネさんというパートナーがいらっしゃいます。念のため(上のネットラジオにお二人で出演してます)

というわけでパートナーシップには、そういう色恋を離れた「共同事業主」みたいな意味もあるんですよ。ということでした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。