iPhoneのFC2アプリへの不満

iPhoneのFC2アプリから、最近投稿してみたのですが、そうすると問題が2つ。

1)Twitterのにポストするかどうかを選べない(勝手に投稿されてしまう)
2)コメント欄がクローズになってしまう。

この2つは、私がブログ設定でデフォルトにしているものがそのまま反映しているだけなのですが、iPhoneでポストする際にも変更できると嬉しいなあ~って感じです。
スポンサーサイト

真夏の夜の夢

この二日間、楽しかった。

最近ずっとケンカばかり
していたのが嘘みたいに
彼女は機嫌よくて
私も、また一から
やりなおし
デートをはじめたばかりみたいな
新鮮な気分だった。
彼女が誘いにどう応えてくるか
わからない感じに
ワクワクしてた。


食事しながら今まで
いってなかったこととか
一から話して。

彼女が男と遊んだ話とか
聞いても
ヤキモチ感じなくて
ただ
話を聞くことが
楽しくて仕方なかった。

食事の後
海に行って。

夜景を見て
渋滞に巻き込まれながらも
たくさん笑って楽しかった。

今日も朝からたくさん携帯メールしてて、後で会おうかって言うと彼女は場所を指定してきた。

湖で
絵を描いて
見せあって
冗談を言って
笑いあって、
芝生に寝ころんだ。

太陽に照らされて
まぶしそうにした彼女

側にいれて嬉しかった。

彼女の顔が近くて
少しドキドキしながら
うちらは手をつないだ。

--どうして私と遊んでるの?
--遊びたいから

彼女が手をつないでくれて
私の手を握ってくれたことが
私は嬉しかった
けど
横を見ると
彼女は泣いていた。

やっぱり
普通なふりして
遊びつづけるなんて
できないんだ

ってわかった。

彼女はキスしてきた。

どうして
好きなのに
別れなくちゃいけないんだろ。

わからない。

でも、アレだけケンカしまくった後で、うちらは、お互い不幸だった。

だから彼女はもう私と関わりたくなかった。

さっきまで
あんなに楽しく
笑いあってたのに
彼女は泣きながら

帰る

と言った。

二日前の重苦しい空気がよみがえった。

私はどうしたらいいかわからなかった。

突然すぎて
家に帰る気はおきなくて
車のアクセルを踏み込んだ。

Twitterに書けないこと

Twitterに何か書くことを躊躇する時がある。
あまりにも反応がリアルタイムだから、何か書く時にそれを想定してしまってすでに自己検閲。
書けなくなる。
拡散のスピードも速いし。
レスが盛んなのは楽しさの一つではあるけど。
でも、レスが欲しくない話もあるんだよね。
何か言われてもウザい、みたくなっちゃう。
特に恋愛のことだとね。
善意で言ってくれるのはわかるし、自分も他人の恋愛について意見持つ時はあるからわかるんだけど、

昨日彼女と別れ話になって。

ここ二ヶ月くらい、ずーっとケンカばかりでお互い不幸せだったから、仕方ないと言えば、そうなんだけど、今まで別れよう的な話にはなったことなくて。私はまだ諦めたくないなと思ってたんだけど、最近心の中でチラついていたのは事実。積極的に、別れたいとは思ってなかったんだけど、ケンカ多すぎるし、相性よくないのかなとか思ったりしていて。

お互い嫌いになった訳じゃないんだけど、正直、お互いを幸せにできてない気がしたのは事実だったからさ。

楽しい時もあるんだけど、ケンカの時は疲れるし。んー。最悪な気分になるもんね。

でも、私にとっては、それは、ある意味、お互いを知るための過程の一つであって、今はキツいけど、お互いがもっと相手のことわかっていけば、解決できるってゆう希望はまだ持っていたんだ。

でも……。

前回も書いたけど、私は隠し事が多くて、秘密主義者っぽいところがあった。

でもそれを彼女が言って来たのが、二日前かな?前回のブログを書いた時。私はそんな風に思われてるとは思わなかったけど、でも、確かにそうだったと思う。今までいろんな理由でケンカしたけど、それは初めてだった。

で、具体的には、彼女は私とある友達の関係を疑っていて、その疑いがどうしても拭えないし、実際彼女との間に何もなくても、私のことを信じられない、と言うことがわかった。

信じられない、か。

信じられない、ねぇ。

信じられない、ですか……。

こたえたね。

私は、彼女と出会ってから、一度も他の子のデートも何もしてない。私が一緒にいたいのは、彼女だけだった。

でも、客観的には、私が仲良くしてたのは、自分が昔つきあってた元カノだった。彼女にはそんな疑いを持たれるほど、shadyな振る舞いをしていて、彼女に対して安心とか与えられてなかったんだって。

そして、まだお互いに好きだとしても、もし、そこに信頼がないのなら、つきあう意味って、何だろう?

ないよね。

私は自分のことを何でもっとオープンに言えなかったのかな。わからん。どこで誰と何してるとか、別に隠してた訳じゃないけど、あまり詳しく報告とかする気になれなかったんだよね。

彼女が、そんな、疑い持ってるなんて気づかなかったから。

いや、そうなんだけど、本当は。彼女に対して、元カノとあまりにも仲いいことを知られることを恐れて無意識的に隠してたのかもしれない。隠してなはいけど、名前を言わないで、友達と遊ぶとか言うことはあった。

“友達”って、誰?
彼女はいつも聞かなければいけないって思ったみたい。

彼女も、彼女の“友達”と遊ぶことはあった。

私は彼女のことを信じていたと思う。

彼女ははじめっから、めっちゃモノガミーって感じだったし、私といる間に他の子と何かするはずないって自分は確信してた。彼女が自分のことを大好きでいてくれてることをいつも感じてたし。

でも、頭で信じていても、心が苦しい時があった。

彼女の仲いい友達で、彼女が去年シングルの時にhook upしてた子がいた。彼は男だし、彼女が好きになるはずはないってのはわかってたし、友情と愛情を一緒にしたことを後悔してる、って彼女が言ってたのはマジだと感じられた。

友達が超少ない彼女にとって、仲いい友達とhook upしてしまったせいで、何かがギクシャクしたり、また友達として仲良くしたいだけなのに、相手に勘違いされたりしたくないし。後悔してるって言ってた。

だから、別に、私は本気で、二人の間に何かあるとか思ってなかった。

でも、それでも、軽くヤキモチみたいな気持ちはあった。彼は白人の男で、しかもクリスチャン。彼女は彼にカムアウトしてなかった。日本人とつきあってるってことは言ってたらしいけど。彼らは同じ学校にいってて、私の知らないことを共有してる。

最近、その男が彼女の近所に引っ越して来て、朝の2時とか4時くらいまで、お互いの部屋でDVDみたりしてることがわかった。

その時、はじめは彼女に電話しても出なくて友達と遊んでるというテキストが入って。私は、終わったら電話して‼って言ったのにずーっと連絡こないから心配になって電話した。そしたら彼女は友達の家にいて今もどって来た、遅いから起こしたくなかったと言ってて。でも、私は電話じゃなくてもテキストでもいいから連絡欲しかったし、友達って、誰?とか思った。

私はその場で誰か聞けなかった。

でも、気になってて、あとで聞いたら、その男だった。別に具体的に、何かあったとは思わないけど、なんか……嫌だった。

連絡がなかったことも、相手の名前を言わないことも。

相手にしてみれば、無視したり隠したりしてるつもりはさらさらないんだろうけど、なんか、自分にはそう感じられたから。

話が前後して悪いけど、

きっと、

彼女が私に対して感じ続けてた嫉妬ってゆーか、居心地の悪さって、これとにてるんだろうと思う。


また、話飛ぶけど、これは、私がちょうど六年前の感じとも似てる。前の彼女と自分の友達があまりに仲良くなりすぎて、一緒にマリファナとか吸ってて、うちに来るのが遅くなったり、二人が私の仕事中にバスケ始めたりしてどんどん仲良くなっていくのに嫉妬して、でも、何も起こってないはず、二人は友達のはずって自分に言い聞かせてた。でも、結局二人はつきあいだして。人の心は止められないのはわかってるけど、とりあえずムカついたし、その後も、ずっと、そーゆうシチュエーション、嫌いだった。

いつもの自分なら、別れたらサクッと割り切って前に進むのだが、今回はなかなかそうもできそうにない。

ドロドロなのに、自分の心の中で、結局これは全部誤解だから、二人が気持ちを一つにすれば乗り越えられるはずとか今も思っている。

愛情と執着心はとてもよく似ていて時に見分けがつかないけどね。

とにかく。

朝目が覚めてしまい、眠れないので、これをずっと書きながら泣いてたら少しすっきりした。

もうアラームが鳴る時間になった。

失恋の処方箋

別れた時、一番いいのは、写真も連絡先もメールも全部消すこと。SNSからも全部消す。

そして、あたかも相手が存在しなかったかのように振る舞うと、すごく早く回復できる。

割り切れれば回復は速い。

...

ロサンゼルスに、私が好きな場所がいくつかあって、それは決してビバリーヒルズとかマリブではない、もっと庶民的な場所。

日本人が多いトーランスから南に下がると、パロスバーデスという高級住宅地エリアで、海に突き出した山になっていて、海が見えて景色がいい。

夜とかは、崖から海とLAの夜景が見えるし、夕焼けも最高。

そこをぐるっとまわって降りてくると、今度はサンペドロと言う割と庶民的なエリアに入り、そこには灯台がある。その灯台、結構好き。

そこからさらに西に進むと、ロングビーチになり、グッと工業地帯っぽくなる。埋立地に立ち並ぶコンテナや油を掘る機械。雰囲気的には、川崎とか、お台場みたいな感じなのかな?

そこに、二つくらい橋があって、私はその橋を渡るのが好き。かなりワクワクする。空を飛んでるみたいで。工業地帯の灯りも、地上に散りばめられた宝石のようで綺麗。


辛い時は、そこを通る。


...


中学とか高校の時、私はドライブってものに憧れてた。ドライブでデートするとかすごく特別なことに思えて。だから、私は誰かがドライブ行こうよっていうならいつも行った。

レインボーブリッジとか、なんちゃらブリッジとか。あの辺り。いつもワクワクで、何か罪悪感もあって。うち、親が厳しかったから、放課後遊ぶとかかなり難しかったんだよね。

...


好きな子に車とかバイクに乗せてもらうよになって、別れ際、うちの近くへもどって行くのが嫌いだった。このまま黙って何処か遠くに連れて行ってくれてもいいのにとかいつもこっそり思ってた。


...


彼女は、離れて見てる時は、痩せてて、小さくて、キュッと引き締まってて、まるでゴマみたい。

彼女が私を抱きしめてる時は、彼女はもっと大きくて柔らかくて、まるでパンみたい。

彼女の暖かさ感じると安心できた。

...

In denialって言葉があって、何かを認めない、現実を見つめたくなくて、逃避してる、みたいな感じ。

今、まさにin denialなんだよね。

受け止めて、割り切って先に進めれば楽だってわかってるのに。

...

この子と別れたら、もう好きな子できない。って毎回思うし、今も思ってる。

それは本当じゃない。

幻想。

必ず、また私は恋に落ちるし、幸せを感じられる。

ただ、今、辛いだけ。

音楽と
光と
速度の力を借りて
私はここから抜け出せる。

吸って
吐いて
吸って
吐いて
目をキツく閉じて
開けたら
見えるものがあるはず。

隠し事の多い人生

最近仕事が忙しくて、Twitterもあまりしてない。

2年前くらいから、Twitterで結構ネットワーキングを広げてきた気がしたけど、そういう時期に私のことを知ってくれた人に対しては、最近全然ツイートしてないし、しても、内容が「彼女とうんぬん」とかそういうくだらないネタなので、申し訳ないなとか思う。

今、久しぶりに、facebook見たりmixi見たりして、人の日記をいろいろ読んでた。
ここ5年くらいに知り合った人たちの文章。
でも最近は音信不通な人たちの文章。

彼らの日記読んでたら、
何か彼らの正直さっていうか、
そういうのに心底感銘を受ける。

彼らが彼らの人生を歩んでいることを日記を通じて感じてたら、
自分もたまには日記を書かなきゃなって思った。

書かなきゃ死ぬ、じゃないけど、書かなければダメだって。

で、何か書こうかって思ったときに、自分は「書けない」って思うことが多すぎる。
だから何か書くと、何かそれはもう嘘っぽくなってしまう。

あんなふうになんでもかんでもかけない。

建前と本音を分けすぎているし、そのくせに、それを分けるのが下手くそなのね。

なんかねー。

自分はすっごい隠し事が多いんだよね。

どうでもいいことなのに、隠したりするの。

心を開いているように見えるかもしれないけど、実際に会うと、すごく心を閉じてると思われると思う。

愛想はいいし、フレンドリーなんだけど、心を開いてない、し、それがバレちゃってるのね。

それが人と仲良くなることを妨げてる原因の一つなんだろうなって思った。

この引き裂かれてる感覚から、どうやって立ち直ればいいのかわからない。

例えば、私はブログにも書いてないことがあって。

それは5年くらい前からブログをやり続けてて、一度も書いてなかったことで、それは、別に住所とか、クレジット番号とかの個人情報っというわけじゃなくて、自分の中で隠してること。

それは、デートする相手にも言わなかったりするし、Twitterとかで個人的に仲良くなった相手にも言わなかった。

別に隠してるわけじゃないし、知ってる子もいれば知らない子もいるんだけど。
言っていろいろ説明したり言い訳したりするのが面倒だから、そんなに仲良くならないかなって子には言わなくて。

それは言う必要がないから言わないだけなんだけど、
本当は自分という人間が今何故ここにいるのか?ってことを考える上で、すごく重要なのに言わない。
だからだんだんどこかに歪みが出てくる。


(↑なんか、ここだけ読むと、カムアウトできないクローゼットの人の言い分みたいだね。同じことがあてはまる)


まあ、そんな感じっすよ。


いくら言葉を尽くしていても、
どんなに笑顔で仲良くしても、
大事なことを隠している以上、
何かどこかで決定的に仲良くなれないんです。


私はいつも何かを隠してるから、
誰かと仲良くなるのが大変。



隠さなきゃいいじゃんって
言うは易し行うは難し。


クローゼットだった経験のある人ならわかるでしょ。

(私の場合は別にセクシャリティに限った話じゃないんだけど)


昨日まあそんな感じで、あなたはいつも何かを隠してる、完全に心を開いてないって感じのことを彼女に指摘されて、本当にそのとおりだと思った。

彼女にたいしてだけじゃなくて、仕事仲間にも、遊び仲間にも、何か、自分の全てを見せるっていうことが難しい。
それは例えば二丁目とかでもそうかな。
ネットで知り合った人でもそうかな。
こっちの日系友達もそうかな。

でもそれを少しずつ見せていけるようになりたいとは思っている。

最近ブログあまり書いてなかったから、今日はリハビリ的な感じでこれくらいにしておこう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。