ボストン・マラソンと女子選手 #BostonMarathon #PrayforBoston

i-stand-with-boston1.jpg

昨日ボストン・マラソンで二度の爆発がありました。今アメリカのニュースはこのことで持ちきりです。幼い子どもをはじめとする一般市民を巻き込んだ無差別な攻撃……。爆発の動画を見て、胸が張り裂けそうでした。被害を受けた方々、またご家族や友人を失われた方へ祈りを捧げます。

また、今現在捜査は続いていますが、今後この事件が政治や経済にどのような影響を及ぼしていくのかについても注目していきたいです。

read more...

僕のカムアウトと父親の反応 --ウィスコンシン州の21歳の体験談

アメリカに引っ越してきて一番驚いたのは、「親にカムアウトすることを恐れている人がものすごく多い」ことでした。いや、それは日本だってそうだし、何も驚くべきことではないのかもしれない。でも無意識のうちに「アメリカでは皆オープンにプライドを持って生きてるんでしょ!?」と思い込んでいたバカな私にとってそれは発見でした。

実際には親にカムアウトできなくて悩んでいる人は今現在も結構いて、しかもそういう人の多くは「絶対に言えない」「言ったら勘当される」「生きていけない」「偽装結婚したい」とかそういうレベルで本当にシリアスに恐れているんだーって。

そんな中今日こんなブログを見つけました。

Facebook上でカムアウトした21才の男の子レヴィ君の体験談です。

原文が英語なので、以下、内容をかいつまんで紹介しますね(翻訳ではありません)。

read more...

「戦争のためにお金を払うのはやめたんだ。君も出来る」納税拒否で反戦を訴える運動家

四月一五日はアメリカの確定申告の締切日であり「税金の日」といわれています。私も毎年確定申告をして一喜一憂するのですが、今年初めて興味深いことを知りました。税金が戦争に使われていることに抗議するために、「納税拒否」をする活動家がいるというのです。

read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。