職場において一番大事なコミュニケーション能力

コミュニケーション能力についての記事を読んで考えた。

コミュニケーション能力とは何か - grshbの日記

結局、「コミュニケーション能力」って、なにものなの?

コミュニケーション能力には「相手の話を聞く」とか「自分の意見をわかりやすく伝える」とかいろいろな側面があって、確かに全部そうだと思う。

しかし就職活動において求められる、「職場において必要とされるコミュニケーション能力」っていうことに絞ると、「一緒に働きやすい」っていう単純なことではないだろうか。

read more...

スポンサーサイト

機嫌が悪い彼女

今日は昼間彼女がめっちゃ機嫌が悪かった。チャットと携帯メールで切れていて、それはもともとは仕事とか友達への怒りなんだけど。皆嘘ばっかり、とか、皆わたしのことを利用してる、とか、それを聞くわたしとしては、その「皆」って私も入ってる?と不安でこっちまでイライラして大変だった。

私はネガティブな感情をブログやTwitterに書いて消化するタイプなので、生身の人に人に対して八つ当たりするのはよくわかんない。まあ、少しはあるけど、そんなに激しく八つ当たりすることはない。だからなぐさめかたもよくわからなくて、相手が切れてると、一旦距離を起きたくなってしまう。

でも、彼女は単に話を聞いて欲しいだけで、別にわたしを責めてるわけではないのだ、とわかるのにしばらくかかった。今は少しは慣れてきた。ようは、うんうんって聞いて同調してればいいんだなって、わかってきた。

でも……今でもあまりに愚痴ばっかり言われると自分も嫌な気持ちになるので、やっぱり彼女が機嫌悪い時は不安になる。

ガーデニングから学んだ五つのこと

ガーデニングは引退した老人や裕福な主婦の優雅な趣味なだけではない。一部の人々にとって、ガーデニング社会を変えるためのアクティビズムだ。

ヒルサイドの一軒家に住む若いカップルはバックヤードを「食べられる庭(Edible Garden)」に改造し、自給自足率を高めようと狙う。サウスゲイトに住むアーティストは、公共の道端に「勝手に野菜を植える」ことで、地域を変え、若者を変え、皆の食生活と健康状態を、そしてコミュニティを変えることを企む。

read more...

【マンガで見る名言】真に愛するということは…

ZEN PENCILSはメルボルンのアーティストGavin Aung Thanが様々な名言を漫画化しているウェブサイト。(漫画化してほしい名言のリクエストも出来る)読者による各国語の翻訳バージョンも公開されている。日本語のリミックスはまだ投稿がないようなのだが、一つ気に入ったものがあったので作ってみた。

zen1.png


人を愛すると…

read more...

これは泣いた……ゲイ家族への差別を目にしたテキサス人とニューヨーク人の反応の違い

What would you do?(あなたならどうする?)」というabcのテレビ番組がある。一般人向けのドッキリのようなもので、役者たちが、「人種差別」や「障害者差別」など様々な不公正なシチュエーションを作り出し、そこに居合わせた一般人がどう反応するのかを見るというもの。見て見ぬふりをする人から、「それは間違っている」と抗議する人、一緒になって差別に加担していながら、テレビだとわかると突然手のひらを返す人まで、本当に反応はさまざまで、その人その人の隠された本質がわかるので非常に面白い。

今回ゲイについて面白いエピソードを見つけたので紹介する。

read more...

コンフォートゾーンの外に出よう

ビジネスからナンパに至るまで、人生のあらゆる場面で常に意識したいことがある。それは「コンフォートゾーンの外に出る」こと。

コンフォートゾーンとは、自分の心地よい領域。誰もが「自分はこんなもん」と無意識に決めている限界がある。その範囲内にとどまって毎日を送るのは、予想可能だし、楽だし、落ち着く。でも、そこから出てみた時に、今まで見たことのない世界が見え、自分でも気づかなかったような力が発揮できる。

read more...

WeHo市役所から消えたレインボーフラッグ

2777129071_a35d03b2ab_z.jpg
Photo by LA Wad

LAのゲイタウンとして知られるウェストハリウッド(通称WeHo)はこれまで七ヶ月間ほど市役所にレインボーフラッグを掲げていたのですが、この旗が撤去されました。今では市役所には、アメリカ国旗・カリフォルニア州の旗・そしてウェストハリウッド市の旗だけが掲げられています。

read more...

「クィアムーブメントがキング牧師から学ぶべきこと」だって!?

今日はマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(通称:キング牧師)というアメリカの休日。休みの人が多いので、高速道路や駐車場が空いている。

キング牧師は、人種差別撤廃を求め、公民権活動の指導者として活動し、1964年にはノーベル平和賞を受賞した偉大な人物である。毎年この日になると、キング牧師の功績をたたえた催しや番組などが企画される。

そんなキング牧師の日によせて、二人のゲイアクティビストが投稿し、タイムとハフィントン・ポストに掲載されたキング牧師とクィアムーブメントについての記事が面白かった。


On MLK Day, What Gay Activists Should Learn from Martin Luther King


What the Queer Rights Movement Should Learn From Martin Luther King Jr.

read more...

ジャスティン・ビーバーがセリーナ・ゴメスに送ったとされる携帯メールがひどい件

年末の引退騒動に引き続き、新年早々お騒がせ続きのジャスティン・ビーバー
セリーナ・ゴメスと復縁して、道端をセグウェイで走り回ったりキャンプに行ったり
隣人宅に生卵を投げつけて警察沙汰になったりw ←隣人は生卵を投げつけてくるジャスティンとの言い争いの様子をビデオ撮影して公開


相変わらずお騒がせのジャスティン・ビーバーですが、彼とセリーナ・ゴメスとの間の携帯メールだというものがリークされました。この内容がもうひどいのなんのって!

read more...

「XXでは出会えない」の嘘 (2) 掲示板編

KimとChrisは交際六年目。新しい移民グループの活動の他、スポーツ系のイベントを主催するなど、とてもアクティブで人見知りしないKimに対し、年上のChrisは物静かで「いるかいないんだかわからない」時もあるくらいだが卵子を凍結して出産計画をたてるなど、かなりしっかりしている。

この安定カップルの出会いは全米最大の匿名掲示板クレイグスリスト。

read more...

ソチオリンピック代表に選ばれなかった長洲未来とアメリカのレイシズム #MiraiEarnedIt

11937954615_3093f775ee_z.jpg
Source:http://www.teamusa.org/Road-to-Sochi-2014/Features/2014/January/12/Meet-The-2014-US-Olympic-Figure-Skating-Team

アメリカでソチ五輪のフィギュアスケート代表が発表された。全米選手権で一位のグレーシー・ゴールドと二位のポリーナ・エドムンズに続く三人めには二回も転倒し、オリンピックでメダルを狙うためには不可欠だと言われている「3回転-3回転コンビネーションジャンプ」を一度も飛べなかったアシュリ・ワグナーが選ばれた。全米選手権で三位だった長洲未来は今回の候補の中で唯一オリンピックを体験(バンクーバー大会で四位)しているにも関わらず選ばれなかった。

日本の報道では、ワグナーの選考は「昨年の選考対象大会での実績を評価され」たためとされているが、アメリカのメディアではこの奥にはレイシズムと、オリンピックの商業主義が関係しているとの批判が沸き起こっている。

フィギュアスケートオリンピック選考については、日本でも高橋大輔の選出を巡って話題になっていたようだが、アメリカではそれに人種の問題が絡んで、より大きな問題になっている。

read more...

映画『her/世界でひとつの彼女』の感想

Falling in love is a crazy thing to do. It's kind of like a form of socially acceptable insanity.

 



近未来のロサンゼルス。パソコンは話し言葉で操作できるようになり、より自然に人々の生活の中に溶け込んでいる。一方、人々は、家族や恋人への手紙を書くという行為さえアウトソースしている。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、このようなお手紙代行サービス会社にてライターとして働いている。結婚記念日の手紙、家族への手紙……愛情のこもった手紙の書き手として優秀な彼だが、彼自身のプライベートは孤独なものだった。別れた妻のことがふっきれず、なかなか離婚の書類に署名ができない。恋愛に興味がなくなったわけでもない。常に耳元に繋がれた小型コンピューターを通じて、セクシーな画像をみたり、出会い系サービスを使って、見知らぬ相手とテレフォンセックスをしてみたりするものの、何故か虚しい気分に陥ったり。

そんな時、インストールしてみた「人工知能OS」のサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)。ユーモアと思いやりとハスキーな声を持ち、「まるで人間のよう」な彼女に、セオドアは徐々に惹かれていく。サマンサも恋をきっかけに、自我に目覚めていく……。

read more...

カリフォルニアでもっとも人気のあるバー / 変化するウェストハリウッド

位置情報サービスのフォースクエアが、アメリカの各州で最も人気のあるバーを発表しました。カリフォルニアでは、ウェストハリウッドにあるゲイバー The Abbey Food & Barが選出されました。

America s Most Popular Bars In 2013

参照:http://www.buzzfeed.com/christinebyrne/americas-most-popular-bars-in-2013

read more...

2014年の抱負

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末から風邪で寝込んでいたので、タイミングがずれてしまいましたが、今年の抱負を書いておきます。

なんだか今年に限らず、常に意識していたいことを改めて書いたようになってしまいましたが…。皆さんはどんな目標をたてましたか?

明日は仕事はじめ。実はまだ体調は微妙ですが、2014年が飛躍の年になるよう、全力で頑張ります‼︎

read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。