文体の未来形

ケータイ小説
あたし彼女
やっと読んだ

疲れた

目が

てか

手が

クリックしすぎで

だるいっつーの

アタシ

好きな作家

大江健三郎

とか

蓮實重彦

とか

一文
ちょー長くて

改行とか
全然なくて

読んでるうちに
あれ

なんの話してたっけ
みたいなのが好きだから

ケータイ小説なんて
誤字だらけ

どうせ
バカな
ノンケのガキが
レイプして
中絶して
不治の病で
純愛だろ

つきあってられっか

みたいな

てか
そもそも
読みたくても
アタシのケータイ
日本語表示できないし

みたいな

そう思ってた



最後まで読めた人はこちらのランキングをクリック

途中で挫折した人はこちらのランキングをクリック
文体は、時代や文化と共に変わっていく物だし、私はケータイ小説が結構好きなので、あの文体や表現方法を批判するつもりは全くないです。日本にいた時はかなりケータイ小説(しかもV6だのKAT-TUNだのをネタにしたやおいものとかw)を読みこんでいたしね。トイレとか、夜眠れない時とか…暇なんだもん。

新しい表現方法に初めて触れる時って結構興奮する。

改行多用とか、

ページめくったらそのページにはたった一言だけ書いてあるとか、

ネットではフォントいじるのもそうだけど。

そういうのは確かに、意味内容や文体を超えて、何か読む者にインパクトを与える力がある。

私はそーゆーのを結構信じている。

だから、好きですよ、ケータイ小説も。

これから文芸はどのように変化していくんだろうね。

しかし、これはくそ笑ったぜ。

 ↓ 

「あたし猫」  夏目漱石

アタシ



名前?

まだなぃ ょ

まぁ普通にねこ

飼い主?

まぁ

当たり前に

いる

てか

いない訳ないじゃん

みたいな

生まれ?

ゎかんない。全然しらなぃし

チョー暗いとこ?で

ニャー☆ミニャー☆ミ泣いてたワラ


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/09/27
そうそう
この文体
結構ハマる

私はあなたの小説好きだよー。
これからも読むの、楽しみにしています。
  • 2008/09/30
  • ゆう
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。