漫画について

自分が影響を受けた漫画について書くかな~。

まず、作品名をあげ、気が向いたら、1つずつ書いていこう。

1)行け!稲中卓球部
2)リバース・エッジ
3)花とみつばち
4)寄生獣
5)東京大学物語
6)ゴーマニズム宣言
7)ねじ式
8)私は真悟
9)アドルフに告ぐ
10)MASTERキートン
11)ナニワ金融道
12)ぼくの地球を守って
13)ハッピーマニア
14)漂流教室
15)風の谷のナウシカ

1)行け!稲中卓球部

行け!稲中卓球部(1) (ヤンマガKCスペシャル)
古谷 実
講談社
売り上げランキング: 113,850



共感を覚えまくりです。
自分、卓球部でしたし(笑)
どっちかというと、クラスの中ではマイナーキャラで、変わった友達とつるんでメインストリームに対して「けっ」とか思ってたタイプなので。前野と井沢とか、他人とは思えん。稲中が面白いと思えない人とは合いません。あとは、古谷実のシリアスで鬱な漫画も大好きです。

てか、これウケる(爆)

最先端の衣装がどう見ても稲中のモグラ前野な件
mogura-maeno-1060924.jpgmogura-maeno-2060924.jpg

2)リバース・エッジ
リバーズ・エッジ オリジナル復刻版
岡崎 京子
宝島社
売り上げランキング: 8,841



この漫画のすごいところは、ストーリーそのものというよりも、空気感の描写の仕方。衝撃を受けましたね。ゲイの山田君のキャラがよかった。レズビアンっぽいところもあって。私は都心にある私立の女子校に通っていたけど、これを読んで、郊外の公立の共学(しかも偏差値低め)みたいな生活に非常に憧れた。憧れたというのとは違うけど…何っていったらいいのかな…。わからん。とにかくよかった。

3)花とみつばち

これを読んで、自分もモテたい!って思うようになりました。
あと恋愛観とかも影響受けました。

4)寄生獣

まじで考えさせられました。泣きました。文学です。名作。この作者さんは絵がそれほどうまくないような気がするのですが、非常に深く物事をつきつめて考える人なのだと思います。

5)東京大学物語
東京大学物語(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 38,543



前半(函館編~上京後しばらく)は本気で感動していました。その後エロエロくなってきてからも…伊豆に行くあたりまでは結構面白い。山崎とか、いろんなおっさんが出てきてからはグダグダですが。まー私は、結構村上直樹に性格が似ています。詰め込み式教育を受けてきたので性格が歪んでいますし…プライドが高いくせに実は卑怯で本能に弱いダメ人間であるところとか。あはは。あはは。

人生や、恋愛についてだけではなく、教育についても考えさせられます。

結論については賛否両論ですが、前半部分がある限り、この作品の偉大さは変わらないでしょう。

6)ゴーマニズム宣言


内容がどうこうというよりも、こうやって自分の立場を偉そうに言い放ってしまっていいんだな!という姿勢に影響を受けました。政治的な立場などには全く共感しません。

7)ねじ式
ねじ式 (小学館文庫)
ねじ式 (小学館文庫)
posted with amazlet at 15.06.02
つげ 義春
小学館
売り上げランキング: 15,066


鬱だった時代に非常に好きでした。つげ義春の漫画の舞台を訪ねていったこともあります。独特の静けさに満ち、叙景的な画面が好きです。じーんとくるんだな。

8)私は真悟

わたしは真悟  【コミックセット】
楳図 かずお

売り上げランキング: 29,837



子供っていいね。
ここに出てくる愛は皆純粋。

9)アドルフに告ぐ

アドルフに告ぐ 1
アドルフに告ぐ 1
posted with amazlet at 15.06.02
手塚プロダクション (2014-04-25)



手塚治虫作品の中ではもっともこれが好きです。あとは、ファウスト、奇子とか…。あと、ブッダ…。ブラックジャックや火の鳥などももちろん大好きですが、劇画っぽいシリアスな作品が好きです。アドルフに告ぐは歴史の勉強にもなるし、基本フィクションなのだが、歴史的背景が描かれていてとても面白い!ゾルゲ事件とか、特高警察とか、ユダヤ人のホロコースト問題や…。パレスチナの問題など…。世界に通用する作品だと思います。手塚作品の中では、知名度が低いような気がするので、もっと読まれてほしいです。

私は、何度も何度も読みました。自分の人格形成に大きな影響を与えている作品です。村上直樹もそうですが、「歪んだエリートの苦悩」みたいのに自分は共感するのです。本作品でいうと、アドルフ・カウフマンや本多芳男ですね。私は彼らが好きです。弱く卑怯な人間なのですが…。アドルフ・カミルや、峠さんみたいなキャラクターには憧れますが軽く反発を覚えます。

10)MASTERキートン

キートン、カッコいい。物知りだし、強いし。

11)ナニワ金融道

ナニワ金融道(1)
ナニワ金融道(1)
posted with amazlet at 15.06.02
講談社 (2012-09-28)



主人公灰原がカッコいい。普通の青年だけど、真面目だし、頑張りやだから。自分も頑張ろうって思える。あとなにげに小切手の仕組みとか、いろいろ法律や社会の仕組みについて、実際の使われ方とか悪用のされ方とかわかる。似たような金貸し漫画はたくさんあるが、ナニワ金融道は地味ながら、本当にリアルに描かれていたので、勉強になった(今では時代とともにかなり変わっちゃってるものも多いですが)サラ金、風俗、ネットワークビジネス、詐欺etc, 社会の裏側を知りたい人にはオススメです。でも、それだけじゃなくて、本当に生きる勇気がわいてくる素晴らしい漫画です。

12)ぼくの地球を守って
ぼくの地球を守って 1 (花とゆめコミックス)
白泉社 (2013-06-10)
売り上げランキング: 7,422


少女漫画は基本的に好きではないのだが、この作品は友達から借りてハマった。前世、月に住んでいた仲間たちが、この世において仲間を捜すというストーリーなのだが、とにかくスケールがでかくて、またキャラクター一人一人が濃いので、面白い!紫苑みたいなアウトサイダーとして生きてていいのか、玉蘭みたいなのを目指すのか…どうやって生きていくのが正しいのか?とかよく考えていた。自分はどちらかというと、集団になじむのが苦手な紫苑タイプだったと思うが、そういう自分に満足しておらず、玉蘭みたいなリーダータイプへの憧れとコンプレックスが強かったんだよね。

ま、社会人になった後結構努力して、一見フレンドリーで社交的なキャラクターを手に入れたので、もうそういう悩みはあまりないけど…。やっぱ木蓮みたいな女性がいたらゼッタイ好きになっちゃうよね。

13)ハッピーマニア

ハッピー・マニア 1巻 (FEEL COMICS)
祥伝社 (2013-01-18)
売り上げランキング: 29,996



「なんでみんな恋人がいるの? そしてなんであたしには恋人がいないの? なんで!?」



「しびれるようでくるくるまわってて甘くて苦しくて目頭がアツくなるよう」な幸せを探し求める『ハッピー・マニア』なシゲタカヨコは、「今度こそ運命の相手!」と数々の恋を重ね玉砕していきます。ずっと誠実な愛を捧げてくれる青年・タカハシ(しかも東大)がいながら、「あたしはあたしのことスキな男なんてキライなのよっ」と、ときめく相手を探して恋をし続けるシゲタ。自分の中の淋しさを満たしてくれるのは愛しかない、と信じて愛を求めるうちに、恋愛の「本当のところ」をどんどん発見していくのです。たとえば、街を歩くカップル全てが必ずしも愛し合ってるわけじゃないこと。相手じゃなくて、自分の中の「人を愛してる自分」を愛してただけだったこと。そして、愛を「手に入れる」よりも「探してた時の方が楽しくて充実してた」ことにまで気づきます。そうであるかぎり、「幸せ」が手に入らないことにも・・・・・・。それでもシゲタは止まらず、「真実の愛」を求めて走り続けるのです。

(中略)

終盤に登場する究極のモテ男・田嶋。女なら誰にでもやさしくて余裕があり甘え上手な彼は、周囲の女をラブな気持ちにさせてモテまくり、複数の女子を上手にさばきます。でも、いつもいい気持ちにさせてくれるモテ男は、言い換えれば相手のことなんか全然真面目に考えてない冷たい男。それがわかっていても、ときめきがなくては生きられない『ハッピー・マニア』な女子たち。だけど、「都合のいいつきあい」を続けるためのかけひきにもやがて疲れて・・・・・・。

(http://woman.nikkei.co.jp/culture/lecture/lecture.aspx?id=20050101sb310sb)



てか、まさに、アタシの生活そのものじゃん!?

みたいな~。

ま、唯一の救いは、モヨコ先生が、庵野カントクと結婚してラブラブでいらっしゃるとこですね。アタシにもいつかそーゆーカノジョが出来ると信じてますが…どこにいるんだっ!

14)漂流教室



蝿の王っていう小説があるんだけど、それを思い出す。

子供は素晴らしい。

15)風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 32,094



映画は、始まりにすぎないんだよ。

選外:赤灯えれじい、THE3名様、チーズスイートホーム、クレヨンしんちゃん、NANA、20世紀少年 etc

疲れてきたのでまた好きな作品についてはいずれ書きます。

多分私の漫画の趣味は偏ってるというか。少女マンガやアニメなどになる少年マンガより、青年マンガ、劇画、大人向けのマンガが好きなんですな。結構男っぽいのかな?とも思いますが。

もし、おお、マンガの趣味あうわ~!っていう人いたらコメント下さいね。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

「おお、マンガの趣味あうわ~!」というかほぼ被ってますわ。
ごめんね私で。

稲中、寄生獣、手塚、モヨコ・・・
よし、秋の夜長、また読み返そう。
  • 2008/10/11
  • bianca
  • URL
  • Edit
はじめまして!
ブログ少し前から毎日読ませていただいてます!
このランキングの中で自分が読んだのは「漂流教室」と「ゴーマニズム」だけなのですが、ちょっと考えさせられることがありました。
私も、「ゴーマニズム」の作者の思想(andそれをとりまくファン)は大嫌いなのですが、そういえば数年前に読んだ時の、あのマンガの持つ説得力みたいなのに少なからず影響されているかも、ということを思い出しました。

ここ最近、何である作品なり思想に対して、全否定or全肯定の姿勢で向かっていいく人が多いんだろう、自分の栄養素になるものだけを美味しく頂き、ある一部でも好きになって、それが自分の血肉になったらそれでいいのに、などとぐるぐると考えていて、ゆうさんの、マンガ一つとってもガンガン吸収してるような姿勢を読ませていただいて、スッとしました。

「稲中」はずーっと気になっていたので、機会があれば、また読んでみます。
  • 2008/10/12
  • dai
  • URL
マンガ
biancaさん

えっ!本当?趣味あいますか???
とても嬉しい~★

私マンガのコレクション重くて全部日本においてきちゃったんだよね…。
でも、日本のマンガは本当に奥が深いし、勉強にもなるし、レベルたかいよね~。
biancaさんのオススメ他にあったら教えてね!読んでみたいわー


daiさん。
はじめまして。
漂流教室とゴーマニズムだけですかっ!
変わった組み合わせですね。

思想とかについて、学ぶべきところはしっかり学ぶべきというのはまったく共感です。私も気づくとすごく硬直した考え方をしたりしてるのですが、気をつけなければと思ってます。

稲中暇なら読んでみてくださいねー。また遊びにきてください。
  • 2008/10/13
  • ゆう
  • URL
  • Edit
「おお、マンガの趣味あうわ~!」
私もほぼ被ってますー。

「ぼく地球」と言えば、つい先日、次世代編の「ボクを包む月の光」を購入しました。打って変わってほのぼの系なあたり、時代の波を感じました。
  • 2008/10/14
  • coochin
  • URL
わーcoochinさん!
趣味あいます?

嬉しいですー。

ってこの、リストはまあ、一時代を築いたいわゆる“名作”ぞろいばかりなのある程度マンガ読みの人であればあるていどかぶってるのもあたりまえかな…とか思うのですが…。ここらへん懐メロと一緒で、世代が同じだと懐かしのマンガも一緒なのでしょうね。

「ボクを包む月の光」さっき、出版社サイトで立ち読みしてみました。絵柄ずいぶん変わりましたね。なんか、ぼくたまのメンツが出てて嬉しいっ。読んでみたいなー。漫画本もデジタルでDL販売もっと広まってほしいですね。
  • 2008/10/14
  • ゆう
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。