サービスの対象

やっぱ、ビジネスやるなら、貧乏な人からお金を取ろうとしてもダメだよね。

お金が1円でも発生すると、払った以上、客は客として100パーセントの満足を要求する。

1円の客だろうが、100万円の客だろうが、客は客。オレは客だぞ?金払ってんだぞ?それは客の側からしたら、全くの真実であり、それを実践できるサービスプロバイダーはすばらしいというかそれができなかったらプロじゃないわけだ。

だが、ビジネスとしてみると、1円の客が100万円の客と同じくらいのものを要求してくるっていうのは結構キツかったりする。

ビジネスとしての効率を追求していくと、やはりいかにうまいこと100万円の客をつかむか。っていうところに集約する。1円の客も、100万円の客も、同じくらいことを要求してくるのだから、どうせやったらそこでなんとかして100万円の客を捕まえるような付加価値を考える方がよい。1円の客ばっか取ってても、こっちが楽できるわけじゃ決してないから。1円の客を捕まえることばかり考えていてもコストカットできないし、むしろ貧乏暇なしになっちゃう。それだったら、あと一歩ちょっと頑張って、相手をおっと言わせて100万円気持ちよく払ってもらう方がいいわけです。

そう考えると、やっぱ富裕層やシニア層を対象とした、高付加価値サービス…。
あとはやはり法人対象のでっかいもの。B2Bでがんがんメジャーアカウントを取れるようなのがいいよね。

B2Cでやるなら、本当にそれに対するサービス提供のコストがゼロに近いものじゃないとやってらんないよね。ダウンロード系やウェブサービスはその点いいよね。

なんでもサービスを受ける側はわがまま。

それが当然だと思ってるし。

私だって例えばFC2のブログサービスは常にちゃんと動くことが当然だと期待してるし、そうじゃなかったらイライラしますがな。無料で使わせてもらってるくせに、そんなのこと棚にあげて重いだのなんだのいいまくり。

本当にサービスの受けてってわがまま。別にそれが悪いとか批判してるわけじゃなくてそーゆうもんなんだよな、と。

無料の客だろうが、1円の客だろうが、客は絶対に文句を言うんです。

サービスの受け手は絶対文句言うんですよ。

だからこそ、神様としてあがめたてまつってあげなきゃいけないんだよね。
神様として扱われて初めて満足してくれる。
お客様はね。
私もそうだしね。

人を満足させるっていうのはほぼ奴隷ですよね。

ま~だからこそうまくいった時は達成感もありますが、やはりよいビジネスとして考えた時、貧乏人相手のサービス業というのは絶対やめた方がいいと思いました。

貧乏人にサービスを提供とするとしても、そこでお金の出所はきちんとお金あるとこから持ってくるという仕組みができてないと、皆してじり貧だよなあ~。

そう考えると、一言でゲイマーケティングといっても、レズビアン対象とゲイ対象だとずいぶん違うよなーって思う。ゲイは男の購買力と、女の購買欲をかねあわせてるからいいかもしれんけど、レズビアンは、男なみの無頓着さと、女の購買力が合わさってるからねー。

てなことをつらつら考えてました。

はい、オチありません。

肩こったな~。

今日は彼女と会おうか考えてる。彼女に会えることを考えただけでワクワクする。彼女が電話口でノーノーノーノーっていった、その言い方を思い出してる。彼女の英語の喋り方、すごい好きだ。彼女の声。聞くとニコニコしちゃう。会いたい。でも先週からの疲れが取れてなくて、今日も夕方から日本とミーティングで、今も返事を待ってる。疲れた。眠い。死にそう。疲れた。眠りたい。でも会いたい。本当は会って一緒に眠りたい気が済むまで。まだ火曜日なのになんでこんなに疲れてるんだろう。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。