奇跡は誰にでも一度おきる

私はずーっとシングルだったんですよー。

本当長い間ずーっと誰ともつきあってなかったんです。

最近このブログを知りました~っていう方は分からないと思いますが、昔から見てくださってる方はご存知でしょう。

まじでずーと独り身で。

心に蜘蛛の巣はりまくりで、も~、ここはハロウィーンの時期のホーンテッドマンションかいっ!ってくらいだったんです。

私はアメリカ来るまでいつも大抵彼女が途切れなくいた。別れて1ヶ月くらいで大抵すぐ誰かとデートしてたし、3ヶ月以上シングルということはほぼありませんでした。

ところが、アメリカに来てつきあった初めての彼女に生まれて初めてフラれた。
しかもその子が私の友達の日本人の女の子とつきあいはじめやがった。

嘘だろ?

そんな屈辱は初めて味わった。

その別れがすっごいすっごいすっごいすっごいすっごいすっごい辛くて、毎日泣いていた。
仕事でパソコンやりながらも涙が出てきたり、夜、目が覚めたら気づいたら泣いてたりとか。そういう感じだった。

それからどういうわけかずーっと彼女ができなくなってしまい。
気づいたら、2年半もの間ずーっとシングル。
人に言うと「嘘でしょ?」とか言われたんだけど、本当で。

彼女が欲しくないわけじゃないし、デートもしてるのに、どうしてもつきあうところまでいかなくて。英語がわからないから?日本人だから?お金がないから?ボーイッシュだから?もういろんなこと考えて自信を失いかけたこともあるし、英語を習ってみたり、髪の毛を伸ばしてみたり、モテるための教材を買ってみたり←必死すぎだろ。

最後には、彼女がいるってどういう感覚なのかもう忘れかけていました。

でも、諦めたことは全然なくて。

常にナンパやったり、紹介してもらったり、デートは常にしていたんですよ。

時に笑い、時に泣き、時に舞い上がり、時に絶望し「彼女ほしい!」と絶叫しながら。この一喜一憂の様子は2年と半年間ブログに書き続けてきたので、皆様おなじみでしょう。

思えば色々いたな~。

友達のルームメートだったヒスパニックRoseちゃん
英語片言すぎでほとんどコミュニケーションできなかったタイ人のあの子
オバマと同じ大学行ってたペ様
パサデナに住んでたアフロヘアのあの子
かなり可愛かったタイ人と白人のハーフのあの子
ティラテキーラ似のビッチなあの子
図書館委員風のあの子
アンジェリーナジョリーに似ていた鼻ピアスのあの子
私がずーっと好きだったLeah
親友になれたRachel
洋服屋で働いてたマイアミ出身のあの子
北カリフォルニアに引っ越していったプエルトリコ人のRosa
軍隊に入ってたAmy
彼氏がいたJess
頭が悪かったMelissa
既婚子持ちのビッチなあの子
生意気だったエンジニア美女
別れた夫に車で送り迎えさせてたKit似のあの子
1度デートしたら二度と連絡取り合わなかった日系人の子
アリゾナに彼女がいたVicky
日本に彼女がいた子
同棲してた彼女と別れたてだった前野っち
会話が続かなかったHikki
セックス中毒のChilli
嘘つきのゴリエ
レゲエ好きなアイランドガール
誕生日に花束を贈ってくれたあの子
私の部屋を掃除してくれた宜保愛子似のPちゃん
しきりと口説いてくれた阿部定似のJちゃん

走馬灯のように駆け巡る…。

ブログに書いた子もいれば書かなかった子もいる。
名前を登場させた子もいれば、名前をつける前に消えていった子も…。
いろんな子がいた。

でも1人として、こういう気持ちを与えてくれた子はいなかった。

これだけいろんな子とデートしてきたからこそ言える。

今回は特別だってことがよくわかる。

彼女も似たようなことを言ってた。

彼女は私と違い結構切れ目なく彼女ができるタイプで、2ヶ月前に別れて以降、2人くらいの女の子と同時にデートしていて、他にも別の1人の子から誘われていたそうだ。

私とWeHoで会った夜もデート相手の1人と会うはずだったんだって。

「いろんな子と会ってたけど、誰も特別じゃなかったんだよね。ゆうと会ってからそっちの子たちなんかどうでもよくなっちゃった」

だって。

ああーめっちゃわかるわ。

わかるよ。

私もそうだもん。

はあ~。

「色ボケしてるな」と笑うなら笑ってください。

今の私は何を言われても気にしないくらい元気で幸せでボケています♪

2年半も待ったんだから、少しくらいはしゃいだっていいよな!?

あはは~♪
関連記事
スポンサーサイト

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。