WE WILL NOT GIVE UP

何から書けばいいのか…。

大統領選も、Prop 8も、ニュースで聞くのと、現場でそれを感じるのは全然違うんだろうなと思う。

そして自分が経験したこの圧倒的な感情の渦や、矢継ぎ早にはいってくるニュースを、すぐに消化しやすい言葉にしてレポートできない自分は、ニュース記者にはなれないとつくづく思う。私は文章を書くのが好きだし得意だと思っていたが、ここまで圧倒的な問題だと、何も書けなくなることがよくわかった。

昨日から、Rachelや仲のよい友達とずーっと長電話し、お互いの気持ちを話し合っていた。

政治について、同性愛について、そして今何ができて、何をするべきなのか?

ただ1つだけ言えることがある。

これで終わりではない。

私たちは絶対にとまらない。
変化は既に始まっている。
そしてこれからもおこりつづける。

2000年は6割を超す票を得て、同性婚は禁止された。
あれから8年、今回は非常に僅差で同性婚が禁止された。
2010年はどうだろう。
2020年はどうだろう。

誰にもこの流れを止めることはできない。

私たちは絶対にとまらない。
私たちは諦めない。

いつか、オバマのメッセージが実現することを私は信じているし、それは実際におこるだろう。

"Young and old, rich and poor, Democrat and Republican, black, white, Hispanic, Asian, Native American, gay, straight, disabled and not disabled, Americans have sent a message to the world that we have never been just a collection of red states and blue states,""We have been and always will be the United States of America."

-Barack Obama


老人、若者、金持ち、貧乏人、民主党員、共和党員、黒人、白人、ヒスパニック、アジア人、ネイティブアメリカン、同性愛者、異性愛者、障害者、健常者、全てのアメリカ人は、世界に向けてアメリカが単なる「民主が強い州」と「共和党の強い州」の集まりではないことというメッセージを放った。「私たちはこれまでも、そして、これからも、ずっとアメリカ合衆国でありつづけるだろう」

ブログを通じてできることなど限られているが、それでも、自分の出来ることをやりたいと思います。

WE WILL NOT GIVE UP
関連記事
スポンサーサイト

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。