ロングビーチでデート

日曜日は夕方からロングビーチのピアでデート。

海沿いがロマンティックな場所であることは、洋の東西を問わないようで…ロサンゼルスのデートコースと言えば、海、ビーチ、そしてピア(桟橋)は欠かせない。

観光客にはサンタモニカのピアや、ベニスビーチなどが人気だが、それ以外にも沢山ビーチはあるんです。

レドンドビーチとか、ハモサビーチとかね。

サーフィンする人ならハンティントンビーチ。
アートが好きな人orテレビを見る人ならラグナビーチなんかもご存知でしょう。

そんな中でもロングビーチはちょっと様子が違う。

というのは、ロングビーチは、西海岸でも最大級の港街なので、かなりトラックとかががんがん走ってるんだよね。一応ピアもあるものの、サンタモニカなどのいかにも観光地的雰囲気とは異なり、工業地帯ちっくな印象が強い。日本で例えるなら東京湾とか、お台場みたいな感じかな?(←ちょっと無理があるかも)

とにかく、そこのピアにて桟橋を散歩。

ちょうど夕陽の時間だったので、太平洋に落ちていく太陽を眺めながらおしゃべり。椰子の木のシルエットがオレンジ色のグラデーションをバックに美しく映える。うーんロマンティック!海っていいよね…。

「夕陽と朝日どっちが好き?」とか「太陽と月と星、どれが一番好き?」とか、しょうもないことをいろいろ話し合う。

その後は、ピアをぶらぶらしながら出店やお店をチェック。

帽子屋さんでいろいろ遊ぶ。
私帽子大好きなんだよねー♪
彼女に出会った日も帽子かぶってた。
彼女ははじめにその帽子で私に目がとまったらしい。
だから、その帽子はうちらにとってある意味キューピッドのような、特別な帽子なのです。

彼女はキャンディが好きらしく、キャンディ屋でいっぱい買い込んでました。
バターポップコーン味のキャンディが美味しかった!
塩味がはいってると甘みが強調されてうまいよね~★

その後、レストランどこにいく~?ということになり、Bubba Gump Shrimp Co行こうよ~といってみた私。

そしたら「えっ!なんでBubba Gump Shrimpなの!?どこでも食べれるじゃん…」とやんわり抵抗されてしまった(汗)

このお店は、映画「フォレスト・ガンプ」の中で主人公フォレストガンプがオープンする海老のレストランという設定で、海老料理が名物。そして映画フォレストガンプファンであれば楽しめるいろんな仕掛けが店内にしてあるのだ。だからシーフード&映画好きのうちらなら楽しめるかなーと思ったのだが…。

ただ、この店は日本で言うと…うーん。なんかエレファント・カフェとかアジアンキッチンみたいな位置づけなんですね。わかる?要は、一見オシャレそうに見えるが、なんだかんだいって大企業が経営するチェーン・レストラン。なので、真のオサレピーポーはデートのためには使わないんですわ。で、言訳すると、私もフランチャイズのレストランとか全然好きじゃないし、それよりローカルの美味しい隠れ家的店を発掘することに命をかけているような人間です。ロングビーチダウンタウンやセカンドストリートにもデート向けのおしゃれで美味しくロマンティックな店が一杯あることはよく知っていた。

だが、その日の私は海老がどうしても食べたかったの!なぜならBubba Gump Shrimpのオードブルのケイジャン・シュリンプはまじうまいから!スパイシーなガーリックソースたっぷりつけて食べる海老、まじでうまいよ~!なので、海老食べたいんだもん!と言い張ってその店に行くことに。美味しかった。

大阪のユニバーサルシティーウォークにもあるみたいなので行ってみてね。
フランチャイズだけど許してやって…。
ケイジャン・シュリンプ食べてみてね!

でも、次はローカルのお店に行こうっと。

その後はサージェントペパーズというピアノバーへGO!

ここは一見普通のバーなのだが、その名の通り、ピアノの弾き語りがはいっていて、リクエストすると何でも歌ってくれるしステージで自分が歌ってもイイ。ビリー・ジョエルのPIANO MANみたいな感じを味わえるのだ(店の雰囲気はぐっとコマーシャルでポップだが)




「土曜日の9時

俺の弾き語りを聞きに常連客がやってくる

老人がピアノの隣に座り

思い出に浸るようにジン・トニックに酔いしれている

ねえ 追憶ってヤツをひいてくれないか?

それがどんな風なのかもう歳ではっきり覚えていないが

梅干を噛んだ時はすっぱく感じてもだんだん甘く感じるようなものを

おしゃれな若者の服を着ていた頃は はっきり覚えていたんだがな

<コーラス>

ピアノマン 一曲僕たちに歌ってくれ

今夜 あの曲を歌って

そう今夜は皆んな メロディーが欲しい気分なんだ

いい気分にしてくれよ

(中略)

皆んなが淋しさと呼ぶ飲み物を分け合っているんだ

それでも ひとりで飲むよりはマシさ」

http://d.hatena.ne.jp/akiraakira/20060805



ビリー・ジョエルはロサンゼルスのバーで弾き語りをしていて上の曲を作ったらしいが、今ここで弾いているピアニスト達も将来ビッグになったりするのかな?店の名前にサージェントペパーズとある通り、ビートルズ系の曲を多くやっている。ドリンクにも、「ジョン・レノン・マティーニ」とかあるしね。

全曲ビートルズを使ったミュージカル映画「アクロス・ザ・ユニバース」を観たばかりの私たちは嬉しくてニコニコしてしまう。

映画の中で、どのシーンが一番好きだった?

私は少し考える。ストロベリー・フィールズ・フォーエバーが流れるところかな。ジュードが、イチゴをキャンバスに貼付けて、イチゴをあちこちに投げつけて、それが爆弾になって、ベトナムの戦場と重ね合わさるところ。

彼女は笑う。私もそこ一番好きなシーンだよ。

ビートルズの曲で何が一番好き?

彼女はレット・イット・ビーだといった。
ストロベリー・フィールズ・フォーエバーも好きだって。

そしてその2曲をリクエストした。(ピアニスト達はなんだって弾けるし歌えるらしい)

私はなんだろう?
フリー・アズ・ア・バードかな。でもリクエストはしない。
ジョン・レノンのLOVEっていう曲が死ぬほど好きで彼女に向かって歌いたい。
でも、リクエストはしない。

ビートルズのメンバーで誰が一番好き?

彼女はジョン・レノンで、私はジョージ・ハリスン。
ジョンも好きだ。
ポールは曲は好きだが、性格が好きじゃない。
ジョージは一見普通の性格なんだけど、地味にいい曲を書いてる。
そういうとこが好き。

京大の近くにビートルズオンリーのバーがあって、そこは本当にビートルズ一色。
ドリンクも、メニューも、流れる音楽も、映像も、ビートルズ。
パスタも手作りでめちゃうまいよ。
トッピング選べるピザがオススメ。
それにメンバーをテーマにしたカクテル。

そこに彼女をいつか連れて行きたい。
そうだなあ、きっと来年の冬あたりに。

RINGO
住所 京都市左京区田中門前町23 地下1階
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/hiroring/

マティーニを飲みながら、浮気についてとか、過去の恋愛についてかなりぶっちゃけていろいろ話す。
私も自分の過去に犯したとんでもない過ちを告白し、彼女もいろいろ話してくれた。
「あなたが完璧な人間じゃなくてよかった」って彼女は笑いながら言った。

私も笑う。ていうか正直、私は過去に嫉妬するタイプの愚かな人間なので、彼女の過去について聞くのは危険なゲーム。
軽い好奇心で聞いていたつもりが、いつのまにか嫉妬心めらめらになったりするのでね。

でもいろいろ知れてよかった。

彼女のことをまだ全て知ってるわけではない。
でもどんどん少しずつ知ってきている。
そして…そのことが、彼女をどんどん特別な存在にしていく。

会った時は、普通の子だった。
相手に対して自分も普通の子だった。

でも、時間を費やしてお互いを知り、お互いが、お互いになって特別になっていく。

これって、星の王子様のバラの花の話と似てる。

王子様は地球に無数のバラが咲いているのをみて、はじめ悲しくなった。
あのバラは世界に1つしかないバラだと思ったのに、こんなにありふれた花だったなんて!と。
でもその後で気づく。
自分が世話をして心を通わせた"あの"バラは、やっぱり世界に1つしかないバラなんだってことに。

検索してて、いいなとおもった文章があったので引用してみる。

物語の根幹にかかわる部分として、「王子」と、王子が自分の星で大事に世話をした一輪の「バラの花」というのが出てくる。大事に世話してたんだけど喧嘩したことをきっかけに王子は旅に出て、いくつかの星を訪ねて、地球にやってくる。

 そこで、自分の星より高い火山、数千本も咲き誇ってたバラの花を見て、悲しみにくれるんだよね。

 自分の愛したものってそんなつまらないもんなのかって。その辺の心理ってわかる人にはわかると思うけど。

 悲しみにくれてる王子のそばにキツネがやってきて、遊んでほしいとせがむ王子に「仲良くならないと遊べない」とキツネは言うんだけど、さらにキツネはこういうんだよね。

 「仲良くなる」とは、あるものを他の同じようなものとは違う特別なものだと考えること、あるものに対して他よりもずっと時間をかけ、何かを見るにつけそれをよすがに思い出すようになることだという。

 それを聞いた王子は、いくらほかにたくさんのバラがあろうとも、自分が美しいと思い精一杯の世話をしたバラはやはり愛おしく、自分にとって一番のバラなのだと悟るわけだ。

 で、これが「世界にひとつだけの花」の主題なんだよね。

(中略)

 長年動物飼ってる奴だったり、自分で精一杯単車手入れして長年乗ってたりしてるんだったら感覚的にすごくわかるんじゃねえの?そんでもってまともに人を愛したことがある奴だったら。

http://d.hatena.ne.jp/muffdiving/20080701/1214900788


…。

そうだね。

今の自分ならわかる。

なんで、高校生の時からずっと一緒だった猫が、いまでも、どの猫よりかわいいって本気で思ってるのか。中古で買った原チャリが、ハーレーよりずっとかっこよくてオシャレに思えて、大好きだったこと。

他の誰かからみたらわからないかもしれない。
でも私にはわかる。

そーゆー、一見理不尽なことが、きっと愛っていうやつなんだろうな。

そう思った。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Re: ロングビーチでデート
生意気ながら「世界にひとつだけの花」の感覚、すんご~いわかる…気になってる!
自称はだうぃめんずウォーカーだけど、私にとっての好きな人はやさしくなくても、高飛車でも、やっぱりスペシャルなひとだもん。
ほかのひとが見たらただの嫌な女、かもしれなくてもね☆
  • 2008/11/18
  • castle
  • URL
  • Edit
Re: ロングビーチでデート
私も「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のシーンが大好きだった!あんな「赤」はじめて見ました!
日本では来月DVDになるので、今から待ち遠しいです♪

「RENT」が好きで、「アクロス・ザ・ユニバース」が好きな彼女っていいな。恋愛はそれだけではいかないんだろうけれど、そういう感覚を共有できるのは純粋に羨ましいです。

どうでもいいけど、ユニバーサルシティのババ・ガンプはウチの家族のお気に入りレストランの一つですw 
  • 2008/11/20
  • おと
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。