8週間目のアルゼンチン料理

彼女と会って8週間目かな?←いい加減数えるのやめろって!?

まーいろいろありますけど、なんだかんだいいつつ、いい感じです。

今週連絡が超なくって私1人めそめそしたりとかいろいろあったのですが、「今週は仕事忙しすぎて全然連絡できなかったから、お詫びとしてあなたの好きなタイ料理に連れて行くわ」ってことで、今日はメルローズで洋服とかおもちゃを見たあと、ディナーを食べに行きました。彼女がKidrobotでおもちゃ買ってくれました。わーい!(Kidrobotについてはここ見てみてね

その後は、私が貧血気味だったので、「肉食べなきゃ!」ということでビーガン(徹底的した菜食主義)のタイ料理に行く予定を変更し、アルゼンチンの店に行った。グリル。美味しくてそこそこ雰囲気がいいからデートとかにオススメ。ロサンゼルスは、移民の街だから、世界各国の本格的な料理が食べられるところが、まじいい!今日の店に行くのは二度目なんだけど、美味しかったよー♪レアめに焼いたステーキ、血がしたたってまじウマ。ガーリックたっぷりのソースがうまくて、たちまち生気を取り戻す私(笑)デザートのプリンもうまかった。キャラメルソースがかかりすぎてて私には甘過ぎたが、そのソースをこそげ落として、生クリームと一緒に食べると、うまい!手作りのプリン独特の少しごろごろっとした感触と、卵のやさしい甘さにニコニコしちゃいました。

フレッシュなサングリアを飲みながらいろいろおしゃべり。

音楽についていっぱい!

YMOについて、
ジャズについて、
合唱について、
REASONとABLTONとPro Toolsについて、
ウィンドウズとマッキントッシュについて、
セックスレスについて、
オープンリレーションシップについて、
元カノとどうやって知り合ったのか、
ゲイの男の子の友達について、
RAGEとabbeyとhereとGirlbarの違いについて、
WeHoとSilverlakeの客層の違いについて、
マスターベーションの時何を思い浮かべてるかについて、
彼女の詩集について、
日本の四季の素晴らしさと、
フィリピンの蒸し暑さと、
バンクーバーとシアトルの雨期について、
デンバーが零下20度でまつげが凍ること…
ファッションについて、
外見と内面について。

今日は、先週と同じような感じで、時間が全然なくて、数時間しか一緒にいられなかったんだけどそれでも、すごくよかった。幸せな気分でいっぱいになりました。

私はまだきっとうちら2人の関係に自信が持てていなかった。ほらまだつきあってないし。ていうか、ほら、つきあおうよっていって一度断られてからね。なんか不安な気持ちがそこらへんから生まれたんだよ。彼女が自分のことを、いつも、いつでも好きでいてくれるのかな?っていうところが。なんか、ある日突然そっぽむかれるんじゃないかって恐れていた。

なんだかんだいっても、うちらはまだ知り合ったばかりだったしね。

でも、少しずつ少しずつ、2人で過ごす時間を重ねて、少しずつお互いのことも学んできて…少しずつ私も、ちゃんと彼女が本当に私のことを知り、本当に自分のことを好きでいてくれるっていう感触をつかみとりつつあるわけです。あーうまくいえないや。

とにかく、不安になって、また安心して、疑って、またそれが解消されてみたいのを繰り返すうちに、少しずつ2人の絆みたいのが強まってきたような気がします。とにかく、私は彼女のことが好きだし、彼女も私のことが好きって感じられることがとても嬉しくて、それは自分をこのうえなく幸せな気分にしてくれる。

まー。

将来のことはわかりませんがね。ほら、収入問題とか片付いてませんし。

友達のことを、すぐ「彼女はビルをいくつもってる」とか「彼女達はエール大学出身で弁護士で…」とかそういう目で見るところも相変わらずだし…。私は友達のことをそういう目で見ないし、そういうやりかたで人に紹介しようとも思わないんですよね。自分の友達には実際医者も弁護士もアーティストもいるけど、「だから?」って感じなんですわ。まあ今のところはそれを取り上げてどうこうしようとは思いませんが、将来的にまたどこかで問題になるかもしれませんね。

前はそういう話を耳にすると「そういう目で自分のことも判断されて、嫌いになられるかも」みたいな不安感が込上げてきて、イライラしていた。だが、今はそういう不安感がなくなってきているので前ほどそういう話を聞いても嫌な気持ちにはならない。なのでとりあえずは平和。

でも、究極的には、彼女のそういう発言は自分の価値観と食い違うのは確かで、彼女がそういう発言をするたびに、やっぱりひっかかりを覚える。人の学歴とか勤務先をすぐ口にし、人間性の判断材料にするというのは自分は好きじゃない。私の仲いい友達とか好きになる子は「たまたま」いい学校を出ていたり、「たまたま」経営者だったり、「たまたま」高収入だったり、そういうことはよくある。が、別にそういう情報がはじめにあって仲良くなるわけじゃないし、そういう要素がなくてもきっと仲良くなったり好きになってたと思う。

自分もそういういわゆる履歴書的なところからはじめに人に紹介されるのは嫌い。何歳で、年収いくらで、どこに住んでてとか…そういう数字とかプロフィールに書ききれないところにこそ、その人の魅力はある。自分はそう信じてるから。

ま、そーゆー違いはあるのですが、それでもやっぱり好きなものは好きなので、どうしようもありませんな。今日はたっぷりいろいろおしゃべりして、幸せでほくほくな気分です

でもね、これからしばらく会えません。次会えるのは来年になりそうです(泣)ま、ここらで少し距離があくというのも新鮮でいいかなと思ってます。疑心暗鬼になってなければいくら距離があっても、連絡が途絶えても私は大丈夫です。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/12/15
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。