眠いので寝ます

ていうかこれ言ったらボコボコに殴られそうなのですが…。

私、the L wordの第6シーズン、全然見てません(汗)

うひゃー。

何が「Lの世界に憧れて、LAに移住」だよって感じだな。

というわけで、せっかく今リアルタイムでShowtimeが見れる立場にあるのに、Lの世界ネタを書けなくて申し訳ない。

自分はとっても飽きっぽい。

そしてオタクの人にあるような、執念というか、そういうのがない。だから何かのマニアになったり、コレクションとか、何かにハマることがない。

いいことなのか、悪いことなのか。

友達のHonと電話してた。

Honとうさぎちゃんはもともと友達じゃなくて、私を通じて何回か会っただけだが、SNSでフレンド登録したのをきっかけに何度かメールをしている。

私とうさぎちゃんが音信不通になってからも、Honとうさぎちゃんは連絡を取っているらしい。私とHonが仲いいのを、うさぎちゃんは知っているので、間接的なメッセンジャーとして使おうとしているのか。

というのは、多分バレンタインの夜、私がクラブで彼女に出くわした後のことだと思うのだが、うさぎちゃんからHonに「ゆう いず べりー きゅーと」とかそういうメールが深夜に届いたそうだ。

その話は自分がクラブで感じたことと一致したので妙に納得した。彼女はクラブの中でも、私の知り合いにそういうことを言ってたし、いかにも、私に話しかけたそうだったから、自分は「あーアイツ、まだアタシのこと好きなんじゃん~?」て感覚を得たのだ。

でも、よくわかんなかったのも事実。

だって私が喧嘩のあと仲直りしようとしてもずーっと無視して連絡してこなかったのはあっちだからね!

私はこの一ヶ月間苦しんでた。

そして、やっと諦めようとした。

それなのに、今になって、そういうわけのわかんないやり方でplay aroundしようとするのってすごく納得行かない。

何が、cute!だ。
今更なんだ。
そんなの前からわかってるだろっつーの。
しかも、私は外見を褒められるのがすきではない。嬉しいけど、外見なんて一番始めに人の目につくものだし、そんな薄っぺらい表面をいくら褒められても、私の心には届かない。私は、面白いしロマンティックだし、彼女に惚れてたし、彼女を理解したいと思った。自分にできる全てを彼女に捧げてた。でもそういう内面のよさを、彼女はいったいどれくらいわかってくれてたんだろ?

まあ、彼女の状況として、納得いく説明としては…

おそらく、本気でつきあったりする準備がまだできてないんだろうなって思う。

flirtしたり、dateしたり、そういうのは出来ても、まじなrelationshipは探していないんだろうな。だから、真剣な話し合いとか、喧嘩とかは面倒くさい。…私との関係でも、楽しいところだけは楽しみたいが、もっと深い部分ではcommitする準備ができてない。

でも、私はrelationshipを探してる。commitしたい。
dateだけで終わる関係はもう探してない。

ていうか、そういうのだけで楽しむのも確かに楽しいし好きだが、そういう相手と時間をつぶしてると、relationshipにつながるような出会いを見逃してしまうと思うんだよね。

(ここらへん、結婚に焦ってるノンケ女と同じ発想かもしれません)

でもさー

私はそんなに難しい物を求めてるわけじゃないんだよ?

私は単に、普通に愛し合える恋人が欲しいだけ。

それだけのことが何故難しいんだろうね?

日本にいた時は、全然こんな風に悩んだことなかったのに。
恋愛や人生の悩みはいつもあったけど、彼女ができないって悩んだことなんてなかった。

やっぱり国が違うからこんなに苦労してるんだろうか?

困っちゃうよね。

はあ~。
関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。