スラムドッグやったぜー!!!!!!!

前からうるさくいってる、スラムドッグ$ミリオネア!
アカデミー賞をやっぱり獲ってくれましたね!


アカデミー賞:「スラムドッグ$ミリオネア」が8冠

 第81回アカデミー賞の作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」が受賞した。同作品を手がけたダニー・ボイル監督は監督賞も受賞。また、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、歌曲賞、録音賞の全8冠を受賞した。

まったく驚きはないですが、やっぱり嬉しいっす!

皆、日本で公開されたら絶対見てね!
あとこれデート向けだから!好きな子連れてくといいよ!

(でもちょっと現実離れしてるので、社会スレしてる子より、ある程度夢を持ったというか、世間知らずの若い子ウケの方がいいかもしれんね)

えにうぇい。

私も今日デートでした。

結論からいうと、結構よかった。

ていうか、好きになっちゃうかも←単純。

うーん。

まあ、いろいろ問題はあるかもだけど、相手の子が思ってよりすっごくいい子で、結構可愛いし、なんか好きになるかもな~って思った。

うん。
お土産くれたりね。
キューバのお菓子なんやって。

優しい。

顔とか職業がうさぎちゃんに似てるって言ったけど、全然性格は違うなーって思った。

うーん。どっちがいいとか悪いとかなくてね。

自分の性格を言い表すゲームで一番にロイヤルって言ってた。
友達とかも、狭く深くつきあうタイプらしい。
それから、二番目は、結構アドベンチャラスなタイプなんやって。
大人しく見えるんだけどね。
意外とはじけたりもするみたい。
そして何か目標を持ってる人に惹かれるといってた。(誰だってそうだろ!)

バレンタインの日(土曜日)
この前の金曜日
そんで今日(日曜日)

会う度に少しずつ印象が変わってくる。
ま、当たり前か。

なんとなくワクワクします。

ははは。

まあー焦らずに行こうと思ってる。

ていうか、やっぱ、ほらバイだしね。

別に私はバイが嫌いとか差別してるわけではなく、これまで結構バイの子ともつきあってきた。その結果として、バイの子はトラブルが多いって結論なんだよね。

だって自分がバイって言い張る子って、絶対その後ろに、切りたくない男の影があるんだもん。それが現実。

バイの子って、男がライバルかーって思うとホント大変だよね。だって経済的にも、世間的にも男とつきあう方が楽でしょ。

うちらの中で、アメリカ人と日本人にはやはり経済格差があって、日本人でも駐在とかじゃなければ、大体アメリカ人の女の子の方がお金持ってる。

ましてや、アメリカ人の男とかと、私(日本人、女)を比べたら相当経済格差がある。部屋もルームメートとシェアして住んでるし。男と張り合うのは(今の私には)ムリ。

私は、前デートしてたうさぎちゃんから、収入が少ないのでつきあいたくないとか言われて、その時は気にしないようにしてたが、相当傷ついた、というか、嫌な気持ちになってたことに今更だが気づく。

ま、お金の面だけじゃないけどね。

天童荒太の包帯クラブっていう小説に、傷を傷として認めてあげることで、楽になる、みたいな描写があった。

私も今そういう自分の傷に包帯を巻いてるのかもしれないね。私は結構強がりだし、無理矢理にでも前向きに考えようとしてしまうので、その時は傷ついたとかあまり思わないのだが、実は傷ついてる、そういうことは結構ある。

あの時、本当は、悲しかった。
傷ついたよね。ってことがある。

そういうのは回復に結構長くかかる。自分で思ってるより。

だからまあ、傷ついたーってばーって騒いで発散して、直してしまうのがいいんだろうけどね。

でも、今日デートした子は、バイとは言え、ホントにかなりいい感じなので、多分またすぐにデートします。まだ相手のことを全く知らないので、好きになりそうだけど、好きになるのが怖い。好きになることは、相手に、自分を傷つける権利を与えるようなもんだ。好きになることは、相手に、よく切れるナイフをあげるようなもん。好きになるのが怖い。でもそのナイフを渡さないと、次へ進むことはできない。焦らずに、ナイフを渡してもよい相手なのかどうか、見極めよう。きっと彼女だって、私のことを恐れている。

彼女に名前を付けようと思ったんだけど何がいいかな。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/02/23
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。