信じられないものは自分だった

気になる子ができると、West Hollywoodに行っても、その子に似た子ばっかり目がいっちゃって、ナンパする気にも、ダンスする気にも慣れないし、酔っぱらおうとも思えなくなる。ていうか、むしろ、相手がその場にいないから、心配かけたくないとか思って、率先してドライバー役になったりしてね。

あは。

そんで「今日はお酒飲まなかったんだよ」って言って自慢。

この前ラジオで、ぜんじーが「パートナーが出来やすいかはナイフを相手にすぐ渡すかどうかだ」みたいなことを書いてくれて、それは言い換えれば、相手をすぐに信じることができるかどうか、っていうことだと思った。

相手を信じて、自分の身を委ねるのか。

それともいつまでも信じられないで怯えて疑っているのか。

でも今自分の心の中をのぞいた場合、自分が信じられないと思っているものは、相手というより自分な気がした。

私は自分がよい恋人よいパートナーになれるか、というのが不安だ。
私は、自分自身が、相手に飽きてしまうことを恐れてる。

かわいい顔を見慣れてしまうことを恐れている。
相手の優しさを当然と感じるようになってしまうことを恐れている。
相手の穏やかさを退屈と感じてしまうことを、
週末を過ごすのが習慣になってしまうことを、
セックスが義務になってしまうことを、
浮気の虫が騒ぎだしてしまうことを
恐れている。

でも、私はもうこの短期間のつきあいのスパイラルから抜け出したい。

長いことつきあえる彼女が欲しい。

同棲とか超したい。
友達みんなよんでうちでパーティ。
いつでもどこでも手をつないでラブラブ。
親にだって友達だって紹介しちゃうぜ。
家事は話し合って分担したりしてさ。
猫だって犬だって飼うぞお!

そういうまったりしたつきあいをやってみたい。

そういうちゃんとしたつきあいをできる恋人に自分がなれるのか。
正直、不安なのだが、憧れているので是非挑戦してみたい。

って、今日書いてること意味わかりますかね。
意味わかります?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/03/03
すっごいわかります!
まるで自分の事を書かれているようでドキッとしました(-ω-;)信じられないものは自分だった…私もそうかもしれません。
  • 2009/03/04
  • mai☆.。.:*・°
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/03/05
良好な人間関係を作るために必要なのは、独りよがりになりたくないという心ではないかと僕はそう思います。

独りよがりかもしれないとあれこれ考える心こそ最も大切なことで。

たとえ独りよがりな感情や行動がかなり多いとしても、考えることを厭いたくないという気持ちさえ維持し続ければ問題ないと思います。

あなたなら、そのような気持ちを維持し続けられるのではないかと僕はそう思います。
  • 2009/07/11
  • brave heart
  • URL
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。