【ジョーク】ノミの移住

暖かいマイアミのビーチでノミが日焼けしていると、友達のノミががたがた震えながらやってきた。

「どうしたんだい?」

「ニューヨークから、バイク野郎の口ひげにしがみついて来たんだが、バイクなもんで寒くて仕方なかったよ」


「バカだなあ。次回は女の子の足の間にくっついて来るといいよ。暖かくてぬくぬくだぜ」

次の年、暖かいマイアミのビーチでノミが日焼けしていると、友達のノミが、またがたがた震えながらやってきた。

「どうしたんだい?俺の言った通りしなかったのか?」

友達のノミは言った。

「お前の言った通りにしたさ!可愛い女の子を見つけて股ぐらによじ上った!確かに暖かくて湿っていてぬくぬくだった。だが、ある朝気づいたらどういうわけかまたバイク野郎の口ひげの中にいたのさ」



こちらもゲイネタではありませんが、好きなのでご紹介。アリーマイラブの中でも取り上げられていた有名なジョークのようです。これをゲイ版にアレンジしたジョークもありましたが、さほど面白くなかったので、オリジナルを紹介しました。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。