私の恋愛観

恋愛観やセックス観において、自分が堅く信じていることがいくつかあります。1つ1つ長く書いてもいいのですが、とりあえず簡単に書いておきます。




セックスの気持ちよさと相手への愛情は必ずしも比例しない。(ちょっとは関係あるけどそれが全てではない)




どんなカップルもセックスレスになる。




人は浮気する生き物。




浮気は文化ではなく本能。




セックスには上手い下手がある。




セックスには相性がある。




長くつきあうことがゴールではない。

恋人は仕事と一緒。人生におけるフェーズ、フェーズで求めるものが違うので、求める相手(仕事)も変わって来るのは自然。恋人が変わっていくのは、仕事が変わっていくのと一緒。もちろんキャリアアップを求めていくのは当然だが、必ずしもそうなるとは限らないし、時間やお金のバランスなどトータルで、そのときそのときに一番合う仕事(恋人)、将来のためになる仕事(恋人)を選ぶ。




運命の人はいない。

運命の人1人を探すというよりも、人生のその時その時で一番あっている相手と本気で恋愛をして、最後は、その時にあっている相手と人生の終わりを迎えるというだけ。別に人生の最後に付き合っていた人が、人生で一番愛していた人であるとは限らないし、その必要はないし、別れてしまった相手が、運命の人でなかったということにもならない。




結婚は愛情のためではなく、生活保障のために存在する。



大多数の方の恋愛観とはズレている気がしますがな。

ははは。

こんなんだから、私は惚気とか書けないのかもしれません。

自分にとって恋愛の喜びはファンタジーであり、恋愛の苦しみの方がリアルです。恋愛の苦しみの表現には、何か真実があると感じますが、恋愛の喜びの表現は、麻薬中毒患者がハイになっているときの状況を一生懸命表現しているようにしか見えません。

だから、私はノロけるのが苦手なのです。

このこの上もない恍惚と歓喜の感情が…自分にとっては、どんなにリアルであっても、シラフの他人からしてみれば幻想でしかないことを知っているから。だから恋愛の喜びを表現する価値はないように感じる。もしくは、それを陳腐にならずに表現する方法を自分は持っていない。

恋愛の喜びは共有できないが、恋愛に対する虚しさや絶望は共有できる。

そんな気がするのです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

同感です。

敗れた恋のほうが、悲劇に終わった愛のほうが、人の心を打つのは、きっと恋愛の喜びがゆうさんのおっしゃる通り、本人だけの幻想だからですね。

それを悲しいとは思いませんけれど。

でもこの記事を読ませていただくと、今の恋人とずっと一緒にいたい、この人は私の運命の人だったんだ、大好き、というゆうさんのハイな状態、伝わってきますよ。
  • 2009/03/30
  • I
  • URL
  • Edit
ありがとう。

…バレました?


うーむ。深いですね。
私は恋愛感情には賞味期限があると信じており(Max4年ぐらい)、これはもうしょうがないと思ってます。
浮気も仕方ないと思います。自分がするのも相手がするのも。
でも浮気をして誰かを傷つける権利は誰にもない、とも思います。

結婚は生活保障のため。これも同感です。
経済的にも精神的にも自立した二人であれば、今の世の中、結婚は必要ないと思います。
一人の相手が、配偶者として、子供の親として、嫁・婿として、同居人として、人生のパートナーとして、恋人として…
全ての面で最高の相手であるなんて、ほとんど奇跡だと思います。

もし愛情を持続する方法があるとすれば、愛を進化させ続ける事だと思います。
なんか、限られた文章で表現するのは難しいですが、まだ自分には未知の愛があるんじゃないかと模索中です。
今まで約5年の結婚生活の中で、結婚とか愛について、私も悩みながら色々考えました。
ゆうさんの恋愛観や結婚観、もっと詳しく知りたいです。(^^)
  • 2009/03/31
  • ユキ
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。