同性婚を巡る警句(追記あり)

“同性愛は自分で選んだライフスタイルの1つだから、変更可能”だって…?

…クリスチャンであることこそ、自分で選んだライフスタイルで、変更可能なんじゃない?



背景説明。アメリカでは同性婚に対する最も大きな反対要因が宗教的なものであることを受けて。

警句シリーズは、適当に耳にしたものやよく使われているロジック、言い分などをアレンジしてます。

警句とは?

“短い皮肉の表現で、真理を言い当てている言葉”

だって。 by Wikipedia

雰囲気的にはニューズウィークとか、新聞とかの風刺漫画風の一言を目指してます。絵も時間があったら添えたいのですが…(誰か添えてくれたら歓迎!)

【追記】
上では警句の定義としてWikipediaを引用した中で「真実」と書きましたが、私が警句などを紹介する場合、必ずしもその警句自体の意味内容が真実と思っているとか、同意しているわけではありません。むしろその警句自体が今まで忘れられていたある視点を「ハッ」と思い出させるのではないかという点を重視しています。

上の警句を例にとると、「クリスチャンであることがライフスタイルである」と私は必ずしも思いませんし、そういうクリスチャニティに対する下手な反論を紹介したい訳ではない。

人があるロジックを使って人を攻撃もしくは批判する場合に、そのロジックが自分に向けられることを想定してない場合が多いが、それを自分に向けられた場合の一瞬の空白感というか、エピファニーというか、滑稽さのようなものを紹介したかった。

他の追記やスローガンも皆そうで、多くはそれら意味内容というよりも、それを言うことによって生じる、場の力学の変更というか、政治的な効果自体が興味深いと思って紹介しております。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。