「異性愛者」へ12の質問

先ほど、同性婚を巡る警句のエントリに追記した

詳しくは追記を読んでほしいが、それを書きながら思い出したことがあるのでここに紹介しておく。8年前に書いた文章。(一部英語の日本語訳を修正)


「異性愛者へ12の質問」


1.あなたの異性愛の原因はなんだと思いますか?

2.自分が異性愛なのだと初めて判断したのはいつですか?
 どのようにですか?

3.異性愛は、あなたの発達の一段階ではないですか?

4.異性愛なのは、同性を恐れているからではないですか?

5.一度も同性とセックスをしたことがないなら、なぜ、異性とのセックスの方がよいと決められるのですか?あなたは単に、よい同性愛の経験がないだけなのではないですか?

6.誰かに異性愛者であることを告白したことがありますか?
 その時の相手の反応はどうでしたか?

7.異性愛は、他人にかかわらない限り、不愉快なものではありません。それなのに、なぜ多くの異性愛者は、他人をも異性愛に引き込もうと誘惑しようとするのでしょうか?

8.子供に対する性的犯罪者の多くが異性愛者です。あなたは自分の子供を異性愛者(特に教師)と接触させることを安全だと思いますか?

9.異性愛者はなぜあんなにあからさまで、いつでも彼らの性的志向を見せびらかすのでしょうか?なぜ彼らは普通に生活することができず、公衆の面前でキスしたり、結婚指輪をはめるなどして、異性愛者であることを見せびらかすのでしょうか?

10.男と女というのは肉体的にも精神的にも明らかに異なっているのに、あなたはそのような相手と本当に満足いく関係が結べますか?

11.異性愛の婚姻は、完全な社会のサポートが受けられるにもかかわらず、今日では、一年間に結婚する夫婦の半分がやがて離婚するといわれています。なぜ異性愛の関係というのは、こんなにうまくいかないのでしょうか。

12.このように、異性愛が直面している問題を考えるにつき、あなたは自分の子供に異性愛になってほしいと思いますか?セラピーで彼らを変えるべきだとは思いませんか?




さて、どうでしたか?

もしも、これを読んでいるあなたが異性愛者だったら・・・質問に対してどう思いましたか?なにあたりまえのこと聞いてるんだって感じですか。けれど、もし世の中の9割が同性愛者だとしたら、上の質問に対してどう答えますか。ちょっと変わってくるのではないでしょうか。

ピンとくる質問があったと思いますが、これらは同性愛者に対するよく聞かれる質問を異性愛者向けにパロディ化したものです。Kevin Jennings『becoming visible』というゲイ/レズビアンの歴史のリーダー(その分野で重要な文献や教科書などを要約したりしていくつも紹介した本)に載ってました。

なんで同性が好きだったの?いつ頃から?私は自分でも自分に対してこれらの質問を常に向けつづけ、それに対する答えを探しつづけてきました。他のゲイ/レズビアンの友人と話す時も、どのように自分のセクシュアリティに気づいたかや、本質論の可否など、セクシュアリティに関することを話し合う事が多いです。

しかし、気づけば、ゲイ/レズビアン、その他の少数派といわれる人々ばかりが、セクシュアリティについて考え、自らのことを説明することを余儀なくされています。異性愛者は多数派であるということによって自らのセクシュアリティについては、全く考えていないのが現状ではないでしょうか。

「いつから同性愛だったの?」と問う「異性愛者」は、まず自分自身に「いつから異性愛だったんだろう?」と問い直してみることが必要ではないでしょうか。そのことによって、同性愛者へ向けられる質問の幾つかは問われなくなると思います。

しかし、上の質問は、異性愛者にとって虚をつかれたものであるのと同程度に、私にとってもショッキングなものでした。頭の中の初めての場所を掻かれている気分でした。異性愛の絶対性は私の中にも内面化されていたのです。そして、その絶対性を基礎に同性愛というアイデンティティを築き、自分を説明していました。

この質問は、確かに異性愛者に対する質問であると同時に、(彼らが同性愛者に対してなげかけた質問への)答えであり、同時に異性愛の絶対性を信じていた全ての人に、それを疑わせてくれるものではないでしょうか。 (2001.3.5)

警句についての追記で書いた通り、人があるロジックを使って誰かを追いつめる場合に、それが自分に向けられた場合の一瞬の空白感というか、エピファニーの例として、上の質問群を思い出した。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/04/20
転載言及などはご自由にどうぞ。

英語でしたらこちらを参考にしてください。

http://www.pinkpractice.co.uk/quaire.htm

もしもアジアの言葉に訳された場合は見てみたいのでご連絡下さい。

よろしくお願い致します。
7番はもしかしてこうでしょうか?
「それなのに、なぜ多くの同性愛者は、他人をも同性愛に引き込もうと誘惑しようとするのでしょうか?」
  • 2009/04/29
  • i
  • URL
実にその通りですよね。
Twitterから来ました。
PAOです。

私はバイセクシャルです。
同性にプロポーズした経験もあります。
同性愛の偏見は根強いですが、性犯罪は異性によって行われ、傷付くのは女性だけでなく、男性も存在します。
色々と改めて考えさせられました。
同性愛が増えると平和に近付くかもしれませんね(^^)
  • 2012/03/25
  • PAO
  • URL
犯罪者は同性愛者にも異性愛者にも、その他の色々な「性」にもいますよ。
あまり偏った言い方は この質問が台無しになってしまいますよ。


  • 2012/05/02
  • ナナシ
  • URL
  • Edit
1・人間は有性生殖の生物であるから
2・恐らく10歳ごろ、漫画雑誌のピンナップを見て
3・質問の意図が不明です
4・私はむしろ同性に積極的に接触します
5・同性に性的興奮を抱いたことがないからです
6・同性に対する接触から同性愛を疑われ、否定した際にしました、恐らく15歳程の頃ですが、特に反応は有りませんでした
7・異性愛者以外が多数派ではなく、また、脳の障害を持っているからです
8・危険性は有りますが、信頼性が上回ります
9・異性愛が多数派であり、生命を残すために必要な、ごく自然な状態だからです
10・難しいでしょうが、違う存在であることに生物学的、精神的に大きな意味が有ります
11・同性愛その他での例が上がっていないので断言はできませんが、現在の結婚観が錯綜していることが大きいでしょう
12・子孫を残せなくなること、また、進んでマイノリティになることを推奨することはできませんので行いません

あ、私は別に同性愛を否定しませんよ、障害によって認識がゆがむ苦痛は分かりますから
ただこの文章にちらちら見える悪意、敵意、怨念が気になって…
  • 2015/03/06
  • URL
2015/03/06にコメントされた上記の方へ

>ただこの文章にちらちら見える悪意、敵意、怨念が気になって…

この文章は、普段異性愛者から同性愛者に投げかけられる質問を、同性愛者から異性愛者に投げかけるというように置き換えたものです。

もし、あなたがこの文章から悪意を感じたというのなら、それは同性愛者は普段このような悪意を感じているということです。

それを体感できたことが、とても有意義だったと思います。
  • 2015/03/06
  • 不妊症
  • URL
↑へ
マイノリティ迫害への悪感情からくる『余計な』皮肉で客観性が薄れているような気がしたんです、気のせいかもしれませんが
それがこの文章の持ち味を減じてるように思えてならないのです
  • 2015/03/06
  • URL
↑馬鹿か
  • 2015/03/06
  • URL
これを見た人への警告
これは問いかけではないし、問いかけのように見えてもよりよい答えを導き出そうとする問いではないということに注意するべきです。異なる価値観を持つ相手を自分のフィールドに叩き落としてボコボコにするための詭弁論で、考えるだけ無駄なことを訊いているのです。

もしこの「質問」を引用するなら「貴方は答えを考える必要がない」という注釈を付けるべきでしょう。
  • 2015/03/07
  • URL
むしろこう考えているのは同性愛者の当事者より、創作でそれを愛好する人達のような気がします。
いわゆる「腐女子」「百合厨」と言われる人ですね。

ところで8番目の質問を見て「凶悪犯がカップラーメンを購入する確率は、同じ犯罪者がアフガニスタン国債を購入する確率よりはるかに高い」を思い出します。
  • 2015/03/07
  •  
  • URL
女湯に男が俺は女だと言って入ってくるようなもの
気持ち悪い以外の何なのか
同性愛だと言えば何でも許される訳じゃないよ

別に存在しても良いんだよ。だけど結婚と言う言葉は使わないで。異性愛者と一緒にしないで。住み訳をして。

同性愛者はパートナーと言う名前で結婚に近い権利を得れば良いよ。
それだったら自分の子供にも教えやすいから。あの人は夫婦じゃなくてパートナーだよってね
それをしなかったり提案しない限りは女 湯に入ってくる男と同じ。
  • 2015/03/10
  • 名無し
  • URL
おっさん童貞は今まで以上に虐げられろってことか
  • 2015/03/11
  • URL
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「異性愛者へ12の質問」を転載してみる。
TBというか転載です。 押して、押して、押し倒されろ! 「異性愛者」へ12の質問で紹介されていて、ものすごく興味深かったので勝手に転載します*1。 …うーん。正直、こういうの大好きです。申し訳ないけども。誰かこういうのやってくれないかなーと思ってたのよ。 これ、裏
  • 2009/04/18 18:03
  • url
異性愛者へ12の質問。
1.あなたの異性愛の原因はなんだと思いますか? 2.自分が異性愛なのだと初めて判断したのはいつですか?どのようにですか? 3.異性愛は、あなたの発達の一段階ではないですか? 4.異性愛なのは、同性を恐れているからではないですか? 5.一度も同性とセックス...
  • 2009/04/20 17:55
  • url
選択的同姓制度
民法改正に関して、おもしろいエントリがあります。 「選択的夫婦別姓制度について」 http://d.hatena.ne.jp/t-hirosaka/20091014/1255535611 エントリ本文では、とても衝撃的(笑)な指摘があるのです。 ======== 法律上の婚姻関係において、離婚に至ったカップルはすべ...
  • 2009/10/22 23:26
  • url
「異性愛者への12の質問」
ネットで見つけて、質問の部分を転載させて頂きました。私は一部を除き割と自然な質問のように思いました。人は皆異なっているという認識を持って生活すると大分違うのだろうなと思います。
  • 2009/11/03 21:24
  • url
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。