消された記憶

そういえば、大学時代だったかなあ。レズビアン友達と個室居酒屋にさしで飲みにいって、友達同士だし、絶対あり得ない!っていう相手なのだが、身もふたもなく口説かれたっていうか迫られたっていうか、ちゅーしようよーちゅーしようよーみたいな感じになって、辟易したことがあることを、ふと思い出した。

なんで今までずーっと忘れてたんだろ。みたいな。

で、私はそういうのが決して嫌じゃないし、場合によっては友達とキスとかしちゃう時もあると思う。でも、その時の相手はあまりにもタイプからほど遠くて、「意識を失うくらい酔っぱらってても、絶対ありえない!」っていうタイプだったので(友達としては好きよ?)、マジで嫌だった。いやいやいやいやいや。まじで。まじで!やめて!うちら友達でしょ?ていうか、あんた彼女いるっしょ?ってすごい押しのけて説得した。妙に密室っぽい個室だったので、もう店員呼ぶボタン押しまくりですよ。

その時何が嫌だったって、相手がタイプじゃなかったのももちろんだし、とにかく相手が酔っぱらってて「別にアタシじゃなくてもいいんだろうな~」っていうのがじんじん伝わってきてたし、そのくせして「好きだから」とか連呼されるのが非常に不誠実に聞こえて、もー何もかも、ターンオフ!turn off=萎え!だったのでした。

こういう口説き方をしては、だめよねーって痛いほど実感した。

で、そのことをもう何年も忘れてたのだが、ふと今日ぱっと思い出した。その子に似た文章を書くブログを読んでて、あーなんかこの子の自信なさそうなのにエラそうなところ…誰かに似てるな、あーアイツ何やってるんだっけ?てかそういえば昔アイツにキスされたそうになった気がするが、って感じで記憶が蘇り、ちょっと驚愕。

ガチで数年間まったく忘れてた。

嫌な記憶ってまじで、消えるものなんですね。

他にもいろいろ消えてる記憶ある気がする。こわっ。

いろいろ嫌なこといっぱいありましたが、うまいこと記憶を改変して今まで生き延びて来れたんですな。またネタになりそうだったら小出しに書きます。

(あたしのことネタにするなーっていう苦情はなしね。そのうちネタにした本人が読む可能性がかなりある気がするが。個人特定は本人以外できないよにしますからご安心を。てか、ほら妄想だし)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/05/12
あ、ゆうちゃんってば、
私のことをネタにするなーーー!!
(してへんしてへん)

忘れていたことを思い出す
きっかけって
匂いだったり味だったり服装だったり…
そして、文章でも思い出すんだね。
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。