「MILK」に出てきたやせっぽちの男の子が30年後こんなに立派になりました

gYC-xMDAhtXNIQ-1.png

オバマ大統領は国勢調査に同性カップルを入れる方針を固めた。2010年にも実施される予定。
もともと国勢調査において同性婚カップルのデータは集められていたのだが、DOMAのおかげで同性カップルは婚姻と認めることはできなくなったため、連邦レベルでの同性婚カップルのデータが国政調査の結果として発表できなかった。今回このポリシーが変更された。(参考記事

これは、水曜日に行われた連邦職員へのベネフィット拡大に続いて、オバマ政権の同性愛関連において二つ目のポジティブな動き。

だが、これらのポジティブな動きにも関わらず、先週の司法省のアクションが後を引いていて、多くのLGBT団体はいぜんオバマに対して冷淡だ。来週行われる予定の民主党のLGBTコミュニティを対象とした資金集めイベントは、多くのボイコットを出している。ジョー・バイデン副大統領が出席する予定だが多くのLGBT団体のリーダーが欠席を表明している。(参考記事

「今は、ゲイコミュニティにお金を出させようとするのは、タイミングが悪いね」ってことだ。

もっとも全てのゲイ関係者がボイコットするわけではない。バーニー・フランク(有力なゲイの議員)やタミー・ボールドウィン(レズビアン議員)はファンドレイジングには出席する。もっとも彼女はオバマ政権の動きには懸念を表明している。

エイズ/ゲイアクティビストのCleve Jonesはここ数日のオバマ政権の動きについてこうコメントしている。



動画がうまく見られない時はこちらをクリックしてください。
(以下はコメントを要約で紹介)

「(オバマ政権の動きは)来週のファンドライジングの影響もあるだろうし、10月11日にワシントンDCで予定されている大規模な抗議マーチ*1の影響もあるだろうな。オバマ政権は、ゲイコミュニティの怒りと不満が消えるどころかどんどん大きくなってることを理解していると思うよ」

(中略)

「クリントン政権を思い出すね。ビルクリントンは同性愛を含む素晴らしい社会へのビジョンを語った。で、クリントン政権下に実際に出来た物はといえばDOMAと、Don't ask, Don't tellだ。オバマがやっていることは、キレイな言葉でいつまでも先延ばしにしたり、コミュニティの上の人に約束したりすることだけで、一般人にはいつまでたってもなにもない」

「連邦職員の同性カップルに福利厚生が拡大された中に、ヘルスケアは含まれなかったことは皮肉だね。同性婚への動機の一つに、HIVの大流行があった。ゲイコミュニティは、国民に手が届きやすいヘルスケアが必要だと思っているし、ヘルスケア法案成立への大きな味方となりえるのに。オバマはせっかくの味方を失いつつある」


クリーブ・ジョーンズは、ハーヴィー・ミルクと親しかったことでも知られる。(彼はインターンとしてミルクと一緒に働き、ミルクが暗殺されたあと、遺体の第一発見者だった。映画『MILK』にも彼のキャラクターは登場しているし、クリーブは映画の歴史考証コンサルティングを行った)


「僕は、1975年にカストロでハーヴィーにあった。僕はストリートキッドだった。彼が僕を路上から救ってくれた。学校に行くよういう、髪を切るよういい、仕事につくようにしてくれた。父親みたいなものだった」

「僕がサンフランシスコに行ったのは1972年だった。その頃からハーヴィーとはすれ違ったりしたけど、しっかり喋ったのは1975年だったと思う。それから、世界中をヒッチハイクとかして、戻ってきたのが1977年。それが丁度彼の最後の選挙Briggs Initiativeの時で、それがきっかけで親しくなった。

Briggs Inisiativeは本当に憎しみに満ちた提案で、ゲイやレズビアンの教師をやめさせようというものだった。教師だけではなく、学校区で働く全てのゲイ&レズビアンと、彼らの権利を擁護する異性愛者をやめさせようというもの。あれは大変な選挙だったよ。去年カリフォルニアProp 8が通過したけど、同じような人たちを相手に30年前に戦って勝ったんだから。

ハーヴィーは、自由と平等のメッセージを持っていた。でも同時に、当時のゲイのリーダーたちにとても批判的だった。妥協したり、断片だけのものを受け入れるといってね。ハーヴィーは、僕たちのコミュニティが「妥協」だとか「延期」を飲むたびに、実際には自分たち自身の人間性を踏みにじっていることになるのだと理解していたと思う。一部的な平等なんていうものはないんだ。平等か、そうじゃないか。そのどちらかだ」


訳は超訳=適当です。間違いがあったら訂正してください。残りは原文をあたってみてください。←力つきた。ハーヴィー・ミルクの話も一杯してます。暗殺された日の話とか。生々しい。

*1クリーブジョーンズは、10月11日にワシントンDCで大規模な抗議ラリーを呼びかけている。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/20
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。