恋人から手紙がきた。

恋人から手紙がきた。

ゆうさんの恋人からお手紙が届きました。

今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、たまには真面目に自分の気持ちでも伝えようかなと思って、手紙を書いています。

うーん、とはいえ何から書けばいいんだろう。
そうそう、ゆうとデートすると一回はおまわりさんに職務質問されるよね…。
わざわざ記念日に書くようなことじゃないか(笑)。この話はやめよう。

普段から思ってることなんだけどさ、ゆうっていつも「浮気はしてもいいことにしよう。二人が好き同士ならそれでもいいだろ?」って私に押し付けてくるよね。何度もイヤだって言ってるのに。

ほんとどれだけ自信家なのって思うよ。女のほうが浮気しようと思えば簡単なんだからね。それでもしないってことの意味を少しは感じてほしいよ、ほんと。

いきなりこんなこと言うのもなんだけど、ゆうって、最近どんどん私への興味が薄れているよね?もともとゆうは自由人だし、私の思い通りになるような人ではないと思っていたけど。それにしてもゆうの付き合い方がこんなに適当になっていくなんて、想像もしていなかった。悪びれず「明日友達と遊ぶからおまえと会うのキャンセルな」とか言うもんね…。

私はもっとゆうに興味を持ってほしいし、最近は本当に寂しい。でも私は他の男に気持ちが惹かれることもないし、やっぱり浮気も馬鹿らしくてしたくない。ゆうが私の気持ちをもっと分かってくれたらそれが一番なんだけどな。はぁ…。

ごめん。もっと楽しいこと書くね・・・記念日なのに(汗)

これでも私はゆうに感謝してるんだ。わりと目立たないような私にとっては、ゆうの明るさが、羨ましくもあり憧れでもあった。そういうところに惹かれたんだよね、私は。
まぁ、初対面から下ネタ連発なところには正直少し引いてたけど…。下半身の毛を抜いてプレゼントしてくるところとか…(苦笑)。

ゆうが言ってくれた「守ってやれないかもしれないけど、そばにいてやることはできる」ってセリフを今も信じているから、私はこれからもゆうと一緒に歩んでいきます。ゆうがいつか「守ってやる」って言えるようになったらもっと嬉しいけどね。

これからもたくさんの壁に当たると思うけど、絆を強めながら乗り越えていこうね。あと、もう会うたびに新しい手品を見せてくるのやめてね(笑)。

ではでは、これからも末永くよろしくお願いします。ゆうがいてくれてよかった。ありがとう。


興味ある方はやってみてください。

分析はこんな感じ。

ゆうさんについての分析結果は以下の通り。


【こんな問題ありませんか?】
◆わりとモテるタイプだが、女性慣れしているとは言えない。
◆付き合った当初は一生懸命だが、わりとすぐ冷める。
◆付き合いは長いほうだが、自分から別れたくなるほうだ。


→なんでわかんの?

【分析と課題】
女性に慣れているとは決して言えず、女性に対し少し心理的な距離があるようです。それだけに自分の好意が相手に伝わり好感触を得たときには一気に気持ちが盛り上がるほうでしょうし、誰かから好かれているかもと気付いたときにも、わりと自分からも好きになりやすいタイプだと思われます。


→うーん。そうかも。てか、私女性慣れしてないのか!?それは知らなかったがそういわれればそうかもしれない。結構すぐドギマギするので。

付き合うことになれば、スタートはかなりのハイテンションになることでしょう。好かれるために一生懸命になり、相手のために惜しげもなく尽くすものと思われます。しばらくはラブラブな期間が続きます。


→そうなんだよ!スタートダッシュかなりすごいよ。

しかし、どこかで気持ちの折り返し地点が来るようです。少し気持ちが落ち着いたころ、例えばゆうさんからのメールの量が減ったなどの理由から、相手が不安になり少し心に壁ができるのではないでしょうか。ほんの些細なことが気持ちの折り返し地点になり、少しずつお互いに気持ちが分かりにくくなり、ゆうさんが相手から責められる形がはじまります。


→うううう。超その通りかも。耳がいたい。


ゆうさんは、自由になりたいような、でも別れるのは悪いような、そんな気分の中で付き合いを継続するのではないでしょうか。「刺激か安定か」というテーマから抜け出せないことが、ゆうさんの最大の壁だと思われます。


→ああああああ。


【恋愛キーワード】
「ユルそう」「自信」「女性扱いが下手」「人間味あり」「充実」「ポジティブ」


…えっ?「ユルそう」?


(女性でやってみた分析…てかこういう恋愛系のコンテンツに常につきまとうヘテロセクシズムとかジェンダリズムほんっとなんとかならんのか…ぶつくさ…ってまあそれはいいや)

【こんな問題ありませんか?】
◆独特の世界観があり、男性からすると手に負えない感じがする。
◆一人で生きていけそうに思われる。それはあまり間違ってはいない。
◆パートナーがほしいのに、彼氏が「息子」になってしまうことが多い。


最後の「息子」問題は感じたことはないな~。

【分析と課題】
例えば男性に振り回されるタイプとか振り回すタイプとか、そういう分類があるとしたら、ゆうさんはその次元にいません。ゆうさんはただ自分らしく独自の世界を生きているだけで、それについていけない男性たちはゆうさんのことを手に負えません。ですからゆうさんは魅力的ですが、決して「万人にモテる」という感じではないでしょう。「高嶺の花」とも少し違うかもしれません。宇宙人に近い自由人、といったところでしょうか。


→確かに。万人ウケよりは、マニアウケだと思われ。にしても宇宙人って…

ゆうさんはいい意味で、しがらみやコンプレックスの少ない女性だと思われます。パートナーがいたほうが充実感があるでしょうが、一人でいてもゆうさんは充実した時間が過ごせるものと思われます。平均的な女性に比べて、わりと寂しさに強いほうでもあると思われます。


→まあね~。いや、ほら、ブログとかあるからさ。

いい意味で自立したゆうさんは、男性をいつのまにか甘えさせていくことでしょう。尊敬し合えるパートナーであってほしい男性が、いつのまにか「息子」になってしまい、自分が「母親」になってしまうのではないでしょうか。これはゆうさんにとって不本意な形だと言えるでしょう。


→この部分はまったく合ってない。男であれ女であれ、私が「母親」になるようなつきあいはイヤだし、しない。

ゆうさんは、自分を充実させることには長けているのだと思われます。しかし、人に自信や勇気をつけたり成長を促したりすることには、まだまだ足りていない部分があるようです。「あげまん」こそがゆうさんのこれからの課題なのかもしれません。


→私は「あげまん」度が足りないので、あげまんになるよう頑張れ!ってことでOK?(←なんかそれもムカつくが)確かにつきあいはじめた時は自信たっぷりで輝いていた子が、すったもんだのあげく別れる時はぼろぼろの雑巾みたくなってて、がっかりしたことがあるなあ…(汗)

【恋愛キーワード】
「柔軟」「余裕」「男性扱いが下手」「いたわり」「相手いらず」「ポジティブ」「お笑い担当」

→男性扱いが下手ですみません。てか、「相手いらず」って!


【最後に】
ゆうさんは、あまり恋愛に困っていないかもしれません。普段の生活が充実している様子が、ひしひしとゆうさんからは感じられます。少なくとも「恋愛はどうにでもなる」ぐらいの自信はひそかに持っているかもしれません。


→うーん。確かに普段の生活は楽しい☆そして「恋愛はどうにでもなる」とも思っている。だが、恋愛において今現在本当にすごい満たされてはいない。楽しいのだがそれだけで満たされる感じがしない。その原因が、相手にあるのか自分にあるのか、それとも今の二人の関係にあるのかもわからない。もしかして誰とつきあっても自分のこの感覚は一生満たされることはないのかもしれないとすら思う。もしかしたら、自分はポリガミーとかポリアモリーとかなのかもという考えが脳裏をかすめたりするが、その可能性は、なんか怖いのでまだ見つめないようにしている。うーん。ポリアモリーについて調べていると、ポリフォビアとかいろいろ出て来る。なんか怖いけど、一度Open Relationship的なつきあいを試したい。そしてそれが実際にworkしうる物なのか、それとも、自分には合わないのか、知りたい。矛盾しているかもしれないけど、Open Relationshipの条件下によって初めて、不満なく誰かと一対一のモノガマスな関係が保てるような予感すらしている。だから一度試してみたい。…だがそれを言い出した時の反発や友人からの拒絶が怖い。 もちろんそれでうまくいって、幸せな人たちもいるんだろうと頭では理解してるけど、自分の周りには直接いないので、どういう感じなのか知りたい。…てか自分がマイノリティかもしれないっていう時の戸惑いとか恐れってまさにこういう感じだったよな。とか。思い出した。あうあう。

というわけで、後半また関係ない独り言を言ってしまったが、是非やって見てください。この系列のサービスはいつもおもろいね。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/07/02
初めまして。私もこの手紙受け取りました(笑)
ゆうさん、
初めまして今日は。少し前からお邪魔しています。ぐるりと申します。

私はmixiで話題になっていた時に、女性視点で(恋人が男性で)この手紙を受け取りましたが、「自立していて可愛さが足りないのでもっと甘えてほしい」という妄想恋人の言葉に大変微妙に思いました。

ところで「宇宙人に近い自由人」、すごい表現ですね。笑ってしまいました。

自由に書き散らしてしまいましたが、これからもお邪魔させてくださいね。
  • 2009/07/03
  • ぐるり
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。