甲板にて

私は死ぬ。
やがて死ぬ。
人生は一度しかないし
自分には自分の人生しかない。

ということを百万遍ぶつくさとなえても
本当にそれらのことを
腹のそこからほんっとーに「わかってる」とはとーてー言えないような気がしてる!

だから何度も唱えるんだけど。
きっと唱えるだけじゃダメなのかもしれない。

自分は自分のやりたいことをやっているか?
もっともっともっともっと自分のやりたいことをやっていいはずなんだ。

私にはそれができる。

なのになぜ私は立ち止まったままで、この沈んでいく船から立ち去ろうとしないまま、夕陽を見つめているのか…?

私はこの船の中で生まれたわけではなく、自分の意思で船に乗り込み、何度か乗り換えもして、ここまで来た。この船と心中する必要はない。私は飛行機にでも載れるしボートにでも載れるし、泳いだっていい。海に潜ってもいい。

私は自由だ。
だからやりたいことをやろう。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。