覚せい剤について

酒井法子の謝罪会見を観て感じたこと。
謝罪会見の時ののりPキレイでしたよね?全然普通ののりぴーって感じで、まるでドラマのワンシーンのように感じてしまいました。

のりぴー叩いてる人とか、絶対に芸能界に復帰させない!とか息巻いてる人、非常に不愉快。(←のりぴーが美人だから贔屓してるとかじゃないですよ)

結局そういう人って「覚せい剤なんて、決して許されないことをした」と言うことへの罰則かのようにして叩いているけど、結局は彼女が「規範を逸脱」していることをとりあげて必要以上に叩いているだけ。

「規範からの逸脱」とされる数々の事柄ー例えば、タトゥーとか、いい年してクラブ遊びとかーが、良識派っぽいコメンテーターの手にかかると、あたかも覚せい剤と同じくらい眉をひそめられて語られるけどすごく気持ち悪い。なんなんですか?その「規範」がまたほんっとーにダブルスタンダードだから腹が立つ。

覚せい剤の問題はのりぴー1人を叩けばいいというものではない。ドラッグ・インダストリーがどのようにまわっていて、誰が元締めで、どこに金がはいっていってるのか?というところをつきつめるのが大事。警察はもちろんそういう方面の操作をしてるだろうが。私は、麻薬がらみのブラックマーケットをつぶすには、全ての薬物を合法化して、所持や使用を非犯罪化し、ある程度流通を管理するしかないと思うけどね。つまりは酒のようにする。

あと、覚せい剤をやるな、というなら、中毒患者のケアと社会復帰のためのプログラムもちゃんとしてほしい。薬物中毒者にクリーンになってもらうためには、受け入れる社会の方も覚悟が必要なのであり、ある程度のコスト負担が必要。ダメ!ゼッタイ!とか、人間やめますか式のスローガンはよくないし、使用者を社会的にバッシングして復帰の道を閉ざそうとするのは無意味なばかりか逆効果。

…というわけで、のりぴーへの感情的とも思えるバッシングは気持ちわるい。

私は彼女を応援します。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。