FC2トラックバックテーマ  第823回「今、自分の一番変えたいところ」

一番変えたいところですか…。
頼もしくなりたいですかね。

頼れる人間になりたいっす。
というか、「“損”することを恐れない人間」になりたい。

これは、常々感じていることなのだが、私にとって「頼れる」というのは、「自分が“損”をするかもしれないリスクを負うことをいとわない態度」だと思うのね。(かなりのマイ定義なので、当てはまらないと思う人はスルーしちゃってください)←ここでいう、“損”ていうのは、必ずしもまじな損失ではなくって、ひゆ的な意味で使ってます!

例えば、遊びに行く時に、「迎えに行くよ!」って言えるか、自分が遠回りになるなら迎えにいきたくない…とか、11時前に入りたいから行かない、とか、むしろ自分はいつも運転しない立場に自然になるのか。バーベキューでもパーティでも、うちでやろうよ!ってホストを引き受けられるか、それとも、人が集まった頃にふらっとやってきて、飲み食いだけして、かわいい子がいなかったら帰っちゃうか、とか。コミットした約束を最後までやるか、それとも途中で面白そうなことがあったらいちぬけしてそっちにいっちゃうか、みたいな。おいしいお酒とかご飯食べさせてあげたい!と思うか、食べさせて!って思うか。寒い時に、自分も寒いねんけどジャケットを相手にさらっと差し出せるかとか。ディズニーランド行って女の子が急に腹痛になってトイレこもりきりになってしまった時「あーーーーーーパレード見れなかったー!」と不機嫌になるのか、女の子に「あーあたしの体調悪くなったせいで、せっかくディズニー来たのにつまんなくて悪かったな」なんて後ろめたさをもこれっぽちも感じさせないのか。クラブにはいるところで、友達が「やべっ!身分証明書忘れてきた」ってなった時に、「えーーー!うそー!?ちょっとー?」ってならずに、「じゃ、取り行こっか」って冷静に温かく言えるかとか。

上のようなことは、やる人にとっては当たり前のことですが、それでも、やる人やらない人、でけっこう役割分担ができているものだと思う。ま~乱暴な言い方をすれば、かわくてモテる子は送り迎えされておごられるのに慣れてるし、尽くすタチは、自分もつかれてるのに、彼女に足揉んで!といわれるともんだりしちゃってる、とかそういうの、あるでしょ。

そういうのを「損」と表現するのはおかしいかもしれないし、本人の中では別に“損”ではないのだが、なんとなく言ってる意味、わかる?いざという時、自分が一見“損”するような行動を取れるか。そういう態度自体が、魅力的でセクシーだと思うし、頼れるなーと私は思うのです。まあ、“損”っていうか、ビジネスでいう「投資」の概念に似てるかな。投資のリスクを取れるか、ってことかも。

私はフレキシブルなので、やろうと思えばどっちもできます(いや、ホント)。相手によって、ああ、この子のことはいつもお姫様のように扱ってあげないとダメだな、とか、ああ、この子とは、本当に対等に、順番に“損”を取り合う形でつきあえるな、とか、ああこの子って自分が“損”を取ることに常に慣れててそっちの方が心地いいんだろうなとか、相手に合わせる感じなのですが。

そんな中で気づいたんだけど、どんなしっかりして、どんなにいっつも人の面倒を見ているような頼れる子でも、やっぱりどこかで「頼りたい」というかtake careされたら嬉しいって思ってる部分があるってこと。当たり前すぎて、何を今更という感じですが。Lの世界の第1シーズンの最後でベット様がキャンディスにふらふらきたのもそれでさ。take careされたいっていう気持ちって、どんなにしっかりものの誰の心にもあるんだなーと思った。

で、私は(やろうと思えばできると言ったものの)もともとの性格が責任感が超ある、とか頼りがいのあるタイプではない。どっちかというと、尻馬に乗ってボスのあとをついていくタイプ(しかも、途中で面白そうなものを見かけたら一人でささっとそっちにいってしまう)。そんな私は一緒にいて面白い盛り上げ隊長ではあっても、多分人から頼りにされるタイプではなかったと思う。特にアメリカ来てからは、文化的言語的ハンディキャップのせいで、余計に相手におんぶにだっこ的になりかねなかった。でももうそろそろいろいろ慣れてきたし、責任感があって頼りがいのある人間になりたい!と思いました。

仕事でも恋愛でも友情でも、そういう特質はきっとプラスに働くと思うので★


FC2トラックバックテーマ  第823回「今、自分の一番変えたいところ」

関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。