アメリカのTVドラマにゲイが出てくるのは珍しくない

昨日ジムで『シンプソンズ』を観てたらホーマーパパが軍隊にはいっていてDon't Ask, Don't Tellポリシー(アメリカの軍隊にて、カムアウトしたゲイがサーブすることを禁止するポリシー=カムアウトするとクビになってしまう)についてちょこっと触れられていました。音声は聞いてなかったので内容はよくわかりませんでしたが…。

ザ・シンプソンズ シーズン10 DVDコレクターズBOX

この前、『アグリー・ベティ』がクィアなドラマだと書きました。が、『アグリー・ベティ』は別にMtFやゲイのキャラが出てくるから特別だとか珍しい訳ではありません。念のため。セクシャルマイノリティが出てくるテレビドラマは他にもいっぱいあります。というか、今アメリカだと、何のテレビドラマでもどこかにゲイの脇役がいたりするのが、むしろ普通かと思います。私もテレビドラマは全然詳しくないのですが、例えば、ぱっと思いつくだけでも、『ウィル&グレイス』の主人公はゲイですし、『Sex and the City』のキャリーの親友はゲイですし、『フレンズ』の主人公は、奥さんがレズビアンで離婚されたと思いますし(『RENT』のマークと同じパターンですね!)『シックス・フィート・アンダー』とか(このドラマでゲイを演じている役者がデクスターの主役なので、私は最近までてっきりデクスターがゲイという設定かと思っちゃってました)、『the Office』『ER』『デスパレートな妻たち』『シンプソンズ』『サウスパーク』『ファミリーガイ』…などなど私はあまりテレビドラマを知らないので他にもあると思うのですが。ゲイのキャラクターが出てきたり、エピソードに登場したり、「どうみてもゲイ」だけどそうは名言しないキャラが出てくるドラマはいっぱいあります!むしろ、そういうキャラやエピソードをいれるのが、ドラマをリアルにするコツとすら思われているような気すらします。実際問題、アメリカ人のほとんどは、自分の知り合いにゲイとかセクシャルマイノリティが一人くらいはいるはずで、「一人もゲイの知り合いがいない」という人の方が珍しいのではないかと思います。

もっとも、『シンプソンズ』/『サウスパーク』/『ファミリーガイ』などの風刺アニメ作品に出てくるゲイキャラ(もしくはゲイっぽいキャラ)は、リアルなゲイを表しているというわけでは全然なく、「政治的な正しさ」をぶっちぎっておちょくりまくってるので、シリアスドラマに出てくるゲイキャラとはまた違いますね。「ゲイ」のみならず「ユダヤ人」にしろ「肥満」にしろ「障害者」にしろ、ひでーなーってな描き方で笑ってしまうのですが、そういうキツいブラックユーモアで現実を風刺するような作品、嫌いじゃありません。

ファミリー・ガイ DVD-BOX 1
関連記事
スポンサーサイト

comment

Re: アメリカのTVドラマにゲイが出てくるのは珍しくない
「ボストンリーガル」にも「Don't Ask, Don't Tellポリシー」がテーマの回がありました。


シーズン4の第4話「ゲイの軍人(原題「DO TELL」)→http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmepisode/index/prgm_cd/789
Re: Re: アメリカのTVドラマにゲイが出てくるのは珍しくない
情報ありがとうございます!
結構アメリカはテレビだけ見てると、とってもリベラルな国のように見えるのですが、実際の投票行動はそうでもないのが謎ですよね…。ふぅーむ。
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。