Newsweekの「海外ドラマ」特集でLの世界は無視!?

最近海外ドラマに注意を払っている私。1年前にNewsweek誌で特集された「丸ごと1冊海外ドラマ」という号を読んだ。

ところが、これどういう大人の事情かわからないが、Lの世界が意図的に無視されている…?としか思えない構成なんだわ。

まず表紙。

Heros
エイリアス 2001-2006
ブラザーズ&シスターズ
Dr.House
メンタリスト
The wire
デクスター
ヒルズ
ザ・プラクティス 1997-2004
ギルモア・ガールズ
NUMB3RS
マッド・メン
24
プリズン・ブレイク
グレイズ・アナトミー
ハーパー・ボーイズ
ザ・ソプラノズ
デスパレートな妻たち
アグリー・ベティ
ザ・ホワイトハウス
The OC 2003- 2007
CSI
セックス・アンド・ザ・シティ

さらに本文中には以下のようなドラマの名前が目白押し。

Hey!レイモンド 1996-2005
ダメージ 2007-
シックスフィートアンダー 2001-2005
オジボーンズ 2002-2005
ウィル&グレイス 1996-2006
ギルモア・ガールズ 2000-2007
WEEDS 2005-
ワンス・アンド・アゲイン 1999-2002
ロー&オーダー 1990-
フリークス学園 1999-2000
ドーソンズフリーク 1998-2003
Da li G. Show 2003-2004
ボストン・パブリック 2000-2004
オフィス
LOST
ゴシップガール
JERICHO
ER
X-file
ヴェロニカ・マーズ
プライベート・プラクティス
マリード・ウィズ・チルドレン
ラグナ・ビーチ
ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ
ライフ・オン・マーズ
サマンサ WHO?
ハウ・アイ・メット・ユア・マザー
90210
30ロック
アリー my Love
フレンズ
ダラス 1978-1991
ソープ 1977-1981
リッチマン・プアマン 1976
メアリーハートマン、メアリーハートマン 1975- 1977
ベイトン・プレイス物語 1964-1969
メルローズ・プレイス 1992-1999
ビバリーヒルズ高校白書・青春白書1990-2000
ツイン・ピークス 1990-1991
ファルコン・クレスト 1981-1990
ダイナスティ
ノッツ・ランディング
NYPDブルー
ベイウォッチ
ザ・クローザー
アントラージュ
女捜査官グレイス
WITHOUT A TRACE
ギャラクティカ
クリミナル・マインド
となりのサインフェルド
NCIS
MAD about you
ラリーのミッドライフ★クライシス
ミディアム

はーつかれた。

とにかくいっぱいドラマが出てくるということを言いたかった。なのに、Lの世界は見事に無視されておるぞ!?この特集がでたのは2008年11月で、まだシーズン6の予定はあったはずだし、日本でも放映されていたのにね。それにこの特集は、終わったドラマとかも扱っているのに、なぜLの世界は外されたのか?気になる。まあそれを言い出せば「Alf」とか「天才少年ドギーハウザー」とか「フルハウス」も言及なかったのだが…それとこれはまたチガウよね!?普通にテレビドラマのインパクトとして考えれば、タイミング的にLの世界は普通いれておくか!って検討されそうなものなんですがね。だって相当いっぱい網羅されてるし。

別にゲイについて省かれているわけではない。結構ゲイについての描写は出てくる…。また同じテレビ局のShowtimeの番組も出てきているのに。よくわからなかった。みなさんはどう思いましたが?なんかこういう事情に詳しい人教えてください。
関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。