Googleの心温まる動画広告

広告を主なビジネスの柱とするGoogleだが、近年自らのサービスの広告を他の媒体に出稿している。日本でも「合コンでパグに似ていると言われた…喜んでいいのか?」みたいなバナー広告を見かけたことがあるが、今回アメリカのテレビ番組配信サービスHulu.comで流されていたGoogleの広告がすごくよくて気に入ったので紹介。

何パターンかある。


パリの恋人
キュートです。


バットマン!


高校生
ロボット好きな高校生が転校して、友達を作ろうと様々なことを試します。


車の故障がきっかけで、道路の舗装がでこぼこなことに気付き…。


ケルアック!

私もロードトリップに行きます。アリゾナ&ニューメキシコあたりをうろうろ。砂漠の中で星とサボテンを眺める旅にでます。

他のSearch Storyもいいです。是非観てみて下さい。
http://www.youtube.com/user/searchstories

私はそもそも涙もろいせいもあるが、全てジーンとした。また多分この広告の背景にはDIY精神というか、YOU CAN DO IT! (あなたにはできる)とかBe yourself(自分自身でいる)的なフィロソフィーが強く流れていて、私はそういうメッセージがとても好きなので気に入った。
関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。