電話

受信箱に彼女からのメールがたまっていた。だけれど当分返事をするつもりはない。私は彼女の態度に腹を立てていた。それなのに、友達と話していた最中にかかってきた彼女からの電話に反射的に出てしまった。

「ああ…!やっと電話出てくれたんだ…」

「…」

私は黙り込んだまま、電話を切ることができないでいる。「反射的に出た」といったけど、本当は彼女と喋りたかったのかもしれない。はじめは何事もないように「おはよう!」「おやすみ!」「調子どう?」といったメールを送ってきていた彼女。そんなうちは絶対に返事したくなかった。彼女がまるで、私たちの間に何も問題なんてないかのように振舞っているうちは…。彼女は最後には「この前のこと、あやまりたい、本当にごめん…」といった調子のメールを送ってくるようになってきていた。そうだよ。私は怒ってた!それなのに「やっほー」なんて返事したくはなかったんだ…。
関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。