「love not hatred(憎しみではなく愛を)」で検索すると、KKKのウェブサイトが出てくる件について

Googleで、「love not hatred」を検索すると…



KKKが一番に出てくるぞ!



↓証拠画像

kkk.gif

KKK(クー・クラックス・クラン)とは、白人至上主義で知られる過激右翼団体。そんな彼らのウェブサイトに大きく「love not hatred(憎しみではなく愛を)」と掲げられていることがいろいろ示唆的であると思った。排外主義は自らを排外主義なんて言わない。もっともらしいお題目を掲げてあらわれるんだって。

250px-Klan-in-gainesville.jpg
250px-Burning-cross.jpg


誰かLove not hatredでSEO対策しようよ!


ちなみにKKKの後継団体(?)として現在アクティブなものに Imperial Klans of America(IKA)という団体があるらしい。こちらは暴力や犯罪などは明確に否定している点でKKKと差別化を図っているらしいが、ウェブサイトには堂々としたヘイトスピーチが掲載されていた。この団体はKKKと異なり、hateという言葉を使うことにためらいはないようですね。

If you are not of the White race, this web site is not for the likes of YOU! We reserve the right of free speech to state our views whether our enemies like it or not.The IKA hates: Muds, spics, kikes and niggers.


意訳:もしもあなたが白人じゃないなら、ここあなたのような種類の人間のための場所ではありません。私たちは敵がなんと思おうとも、自分たちの意見を表明する表現の自由を持っています。IKAは、白人じゃない奴ら、ラテン系、ユダヤ人ども、くろんぼどもを憎んでいます。

mudは有色人種、spicはスパニッシュ系、kikeはユダヤ人、niggerは黒人をそれぞれ指す俗称。上の訳文ではうまくできなかったけど、かなり侮蔑的で敵対的なニュアンスがでます。こうやって書かれると、やっぱり怖いね。なぜhate(憎しみ)という強い言葉を、人種だけで人にぶつけられるんだろう?そんなすごく素朴な疑問を覚えてしまう。

この団体は白人愛国者フェスティバルなんかも開催している模様。

Nordic Fest08 2008年のNordic Festの様子。

こういうの、私にとってはジョークでしかないし、多分多様化が進んだ都会では同じように受け止められることが多いと思う。でも、ジョークじゃないんだよね。マジで世界のどこかでこういう団体が存在する。そのことがすごく怖いと思った。
関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。