【展示会】Hollywood Most Wanted + Co.

ハリウッドで行われている面白い展示を見つけたのでご紹介。

Hilton.jpeg

魅力的という形容詞からかけはなれたポーズで撮影される、全てのセレブリティの広報担当者にとっての悪夢ー、逮捕された時に警察によって撮影される「マグショット」は他人の不幸を喜ぶゴシップ好きにはたまらない素材だ。セレブリティが法律の枠を踏み越える度に、普段の彼らとはかけはなれたマグショットのブサイクな写真が出回り、下世話な深夜番組や井戸端会議のネタとして大衆を喜ばせる。

これらのマグショットは「アート」にならないものか?「Hollywood Most Wanted + Co.」と題された展示は、過去数十年間に渡る最も有名なマグショットを「芸術的に」見せることに挑戦している。

3月4日木曜日から開会したこの展示は、ハリウッドにある映画館アークライトシネマにおいて開催中。(セレブリティのマグショットを展示するのにぴったりの場所だ!)

Sheen.png


チャーリー・シーン、パリス・ヒルトン、エルビス・プレスリー、ジミ・ヘンドリックス、ジェームス・ブラウンなどの有名人のマグショットが展示されている。

この展示を行ったのは、LAのアーティスト Rachel Schmeidler。警察によって公開されているマグショットの画像を元に、シルクスクリーン、デジタル補正などの手法を使ってウォーホル風に仕上げてある。

また、レーニン、トロツキー、カストロ、スターリンなどの肖像画も展示されており、展示会の根底に「赤狩り」というテーマを加えている。全体では70人近くの肖像画が展示されている。

アーティストは展示の意図を次のように語る。「政治評論家は、政治家や候補者達を批判する時に『共産主義』だの『社会主義』だのというレッテルを使う。これらのパターンに最近気づいた私は、彼らをハリウッド女優やミュージシャンたちと一緒に並べることによって、我々は警察のカメラのフラッシュの前では、皆変わらない人間なんだとということを示したかったのです」

参考記事:LA Times "Celebrity mugshots receive their artistic close-up at Hollywood's ArcLight"



マグショット―ハリウッド犯罪調書
ジョージ セミナラ
鹿砦社
売り上げランキング: 735582
おすすめ度の平均: 2.0
2 安易な企画で作ったお手軽本ですね


なんかそんなに「新しい!」って感じもしないし、展示意図が微妙にブレてるような気がするけど、普通に下世話な好奇心から見に行ってみたいです。この会場のアークライトというのは、有名な映画館です。以前紹介したアメーバ・ミュージックの隣です。Lの世界の「シェーン」と「アリス」が、プライベートで一緒にブラック・ダリア(「ジェニー」が出てる映画)を見に来た映画館でもあります。今週末は待ちに待ったAlice in Wonderlandを見に行く予定!!楽しみ★
関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。