クレジットカード詐欺にあいました!

昨日、私はショッピングモールで買い物をし、支払いでクレジットカードを使おうとした。

すると、キャッシャーが申し訳なさそうな顔で「カードがDeclineされました」というではないか。

え?(汗)
カードがdeclineされるのは、銀行からの支払いがうまく行っていなかったり、クレジットの残額を超えて買い物をしようとした時である。

その日、昼間にオンラインバンキングにログインし、支払いがちゃんとされていることもチェックしていたし、クレジットの残りはまだまだ余裕であることを理解していた私。絶対このカード使えるはずなのに、何かおかしいな、と思ったけれど、とりあえず冷静を装って別のカードで支払いを済まし、店の外に出て速攻クレジットカード会社に電話をした。

「あなたの16桁のクレジットカード番号を入れてください」

「ぴぽぱぽぽぷぷぷぷぺぽ」

「…正しいクレジットカードではありません…オペレーターにおつなぎします…」

オペレーター曰く「あなたの持っているカードは古いものじゃないですか?あなたのアカウントには既に新しいクレジットカード番号が割り当てられていますよ」

「最近、クレジットカードをなくしたというリポートをしませんでしたか?あなたがカードをなくしたというので、新しいカードが発行されております」

「え…?いや、カードはなくしてないです。いまこの手に握りしめてますぉ」


確かに、私、最近クレジットカードや財布をなくして騒いでいた。でも、それは皆友達の家に置き忘れた~とかで、特に実害はなかった筈だし、クレジットカード会社に電話して止めてもらうほどじゃなかったんやけど?

私、このクレジットカードで昨日もAmazonで買い物したばっかりなんやけど?今日も、フィギュアスケートのチケット買ったばっかりなんやけど?

だが、よくよく考えてみると、昼間にオンラインバンキングにログインした時に、私はオンラインのQ&Aでとある質問をサブミットしていた。それはカードの有効期限にまつわるもので、「私のカードはもうすぐ有効期限が切れるのだが、自然と待っていれば新しいカードが送られてくるのか、それとも何か新たにアプリケーションを書く必要があるのか?」という質問だった。

だが、それ以外に私の方からクレジットカード会社には何の連絡もしていない。

そのことを伝えると、なにやら調べていたオペレーター。

「どうやら、最近あなたのクレジットカードを使った“怪しいトランザクション”が発生した為に、詐欺だと判断し、カード会社が自動的にあなたのクレジットカードをキャンセルしたのです」

という。

え!? 怪しいトランザクション? なにそれ?

確かに、おいらしばらく前にメキシコで買い物したけど、それは詐欺じゃないぉ?

(※突然メキシコでクレジットカードを使うと、自動的に詐欺と判断されてカードが止められたりするケースがある)

詳しく聞くと、8月後半に、デラウェア州のWalmartで私のクレジットカードを使った269ドルの買い物が行われたという。しかも、オンラインショッピングではなく、店頭の買い物だったそうだ。

で、デラウェア州?

(てかデラウェア州って、どこよ?)

deraware.gif


ぜ、絶対、詐欺だ~!!!

調べてみた。

■クレジット詐欺の類型

1)なくしたカードの現物を使って行われる場合

2)アイデンティティ・シーフト
自分の個人情報を使って、カードが作られた場合
ちょっと怖すぎて想像できないが、この場合、個人情報の多くが既に盗まれているため、クレジットカード詐欺は「被害」の一部に過ぎないと思われる。銀行口座、クレジットヒストリー全体にも被害が及ぶ。

3)複製カード
スキミングや、コピーなどを元にカード情報が読み取られ、偽のコピーカードが作られる

4)新しいカードを発行もしくは再発行した時に、自分の手元に付く前に盗まれる場合

5)カード番号を使われる場合
カード番号のみが盗まれ、通信販売などに利用される



うむ…。いつどこで?っていうのがまったくわからない。ただレストランとか、オンラインショッピングではクレジットカードを多用しているので、そのどこかで、カード情報が盗まれたんだと思う。

■カード詐欺から身を守る方法

・カードの裏面にサインをする。
・カードを渡す時は、カードから目を離さないようにし、なるべく早く返してもらう。
・クレジットカード番号を安全な場所に保管する。
・クレジットカードでの買い物のレシートは保管する。
・クレジットカードのダイレクトメールはシュレッダーにかける。
・利用明細書をきちんとチェックし、怪しいトランザクションがあったらすぐにクレジットカードに(できれば書面で)知らせる。
・信頼できる業者以外には、クレジットカード番号を電話で教えたりしない。自分から電話をかけた場合、相手のことが誰だからはっきりわかっている場合のみ。クレジットカード会社が「システムの不調で…」などという場合は用心する。
・オンラインでショッピングする場合は、セキュアなコネクションであることを確認する。
・Eメールでクレジットカード情報を教えない。
・人にクレジットカードを貸さない。
・出来れば財布とクレジットカードを別々に持ち歩く。


参考サイト:http://www.scambusters.org/CreditCardFraud.html

…皆当たり前のことすぎるような感じであり、私もこのチェックリストをみれば、「当然のように守れているわ」とか思いそうですが、現実には、カード詐欺にあいました。

まあ、私はクレジットカードと運転免許証を道端に落として交番に届けられたり(←アメリカでは激レアなことです)、会社の駐車場に「落ちてたよ」といって見知らぬ人に拾ってもらったり、バーでタブを閉め忘れて帰ったりということが非常に多いので、クレジットカードの管理が甘いと言われてもしかたない。また、私はクレジットカードのトランザクションは比較的チェックしているつもりだった思うが、今回は、クレジットカード会社がカードを止めていなければ、「怪しいトランザクション」を自力で発見できただろうか?8月末の利用明細書をさっき改めて見ていたが…見逃していたかもしれんね。

今回の詐欺は、そんな自分のゆるんだ危機意識に警笛を鳴らしてくれた。

しっかりしなければね。

というわけで、この詐欺の詳細については現在クレジットカード会社が調査中とのことです。調査が終了次第、私のお金は戻ってくるそうです。

269ドル、無事もどってくることを祈ってて下さい!

クレジットカードを使っている皆さんも是非気をつけてね。
利用明細のチェックはこまめにしっかりしましょう!
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

ガクガク…(°Д°;) ブルブル
そ、そんな… 自分も気を付けよう…
ゆうちゃん! 祈ってるね!
  • 2010/08/28
  • yume
  • URL
  • Edit
Re: クレジットカード詐欺にあいました!
わお、めっちゃ怖いですね。
私も明細をあんまり見ないので
これから気をつけようと思います・・・。
  • 2010/08/29
  • イッチー
  • URL
  • Edit
クレジットカード詐欺にあいました!
怖わ~
私もクレジットカード頻繁に使いますの~
気をつけます。
Re: クレジットカード詐欺にあいました!
私もあったことありますー

私の場合は日本に帰国している間にUSで使われていたので確認の電話がきて判明…クレジットカードで日本行きのチケットを買っていたこともあり「どういうこと?」となったみたいです。結果は、誰かが使った分は支払わなくてよくなりました。

無事もどってくると良いですね!
  • 2010/09/06
  • Rio
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
yumeちゃん

お祈りありがとう。そうやね、あの後、調査の電話と、調査の紙がきて、今それをフィルアウトして送り返したので、結果待ちだよ~。多分帰ってくると思うけど…、何か進展があったら連絡するね!
  • 2010/09/11
  • イチカワユウ
  • URL
  • Edit
Re: Re: クレジットカード詐欺にあいました!
イッチー!
久しぶり!
そうやねん。私もいつも利用明細あんまり見ないんやけど、この件は、紙の利用明細が送られてくる「前」におこったんだよね(オンラインでは見れた)この事件のあと、いつものように紙の利用明細が送られてきたけど、じっくりみちゃったよね…。お互い気をつけましょう!
  • 2010/09/11
  • ゆう
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。