隠し事の多い人生

最近仕事が忙しくて、Twitterもあまりしてない。

2年前くらいから、Twitterで結構ネットワーキングを広げてきた気がしたけど、そういう時期に私のことを知ってくれた人に対しては、最近全然ツイートしてないし、しても、内容が「彼女とうんぬん」とかそういうくだらないネタなので、申し訳ないなとか思う。

今、久しぶりに、facebook見たりmixi見たりして、人の日記をいろいろ読んでた。
ここ5年くらいに知り合った人たちの文章。
でも最近は音信不通な人たちの文章。

彼らの日記読んでたら、
何か彼らの正直さっていうか、
そういうのに心底感銘を受ける。

彼らが彼らの人生を歩んでいることを日記を通じて感じてたら、
自分もたまには日記を書かなきゃなって思った。

書かなきゃ死ぬ、じゃないけど、書かなければダメだって。

で、何か書こうかって思ったときに、自分は「書けない」って思うことが多すぎる。
だから何か書くと、何かそれはもう嘘っぽくなってしまう。

あんなふうになんでもかんでもかけない。

建前と本音を分けすぎているし、そのくせに、それを分けるのが下手くそなのね。

なんかねー。

自分はすっごい隠し事が多いんだよね。

どうでもいいことなのに、隠したりするの。

心を開いているように見えるかもしれないけど、実際に会うと、すごく心を閉じてると思われると思う。

愛想はいいし、フレンドリーなんだけど、心を開いてない、し、それがバレちゃってるのね。

それが人と仲良くなることを妨げてる原因の一つなんだろうなって思った。

この引き裂かれてる感覚から、どうやって立ち直ればいいのかわからない。

例えば、私はブログにも書いてないことがあって。

それは5年くらい前からブログをやり続けてて、一度も書いてなかったことで、それは、別に住所とか、クレジット番号とかの個人情報っというわけじゃなくて、自分の中で隠してること。

それは、デートする相手にも言わなかったりするし、Twitterとかで個人的に仲良くなった相手にも言わなかった。

別に隠してるわけじゃないし、知ってる子もいれば知らない子もいるんだけど。
言っていろいろ説明したり言い訳したりするのが面倒だから、そんなに仲良くならないかなって子には言わなくて。

それは言う必要がないから言わないだけなんだけど、
本当は自分という人間が今何故ここにいるのか?ってことを考える上で、すごく重要なのに言わない。
だからだんだんどこかに歪みが出てくる。


(↑なんか、ここだけ読むと、カムアウトできないクローゼットの人の言い分みたいだね。同じことがあてはまる)


まあ、そんな感じっすよ。


いくら言葉を尽くしていても、
どんなに笑顔で仲良くしても、
大事なことを隠している以上、
何かどこかで決定的に仲良くなれないんです。


私はいつも何かを隠してるから、
誰かと仲良くなるのが大変。



隠さなきゃいいじゃんって
言うは易し行うは難し。


クローゼットだった経験のある人ならわかるでしょ。

(私の場合は別にセクシャリティに限った話じゃないんだけど)


昨日まあそんな感じで、あなたはいつも何かを隠してる、完全に心を開いてないって感じのことを彼女に指摘されて、本当にそのとおりだと思った。

彼女にたいしてだけじゃなくて、仕事仲間にも、遊び仲間にも、何か、自分の全てを見せるっていうことが難しい。
それは例えば二丁目とかでもそうかな。
ネットで知り合った人でもそうかな。
こっちの日系友達もそうかな。

でもそれを少しずつ見せていけるようになりたいとは思っている。

最近ブログあまり書いてなかったから、今日はリハビリ的な感じでこれくらいにしておこう。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。