失恋の処方箋

別れた時、一番いいのは、写真も連絡先もメールも全部消すこと。SNSからも全部消す。

そして、あたかも相手が存在しなかったかのように振る舞うと、すごく早く回復できる。

割り切れれば回復は速い。

...

ロサンゼルスに、私が好きな場所がいくつかあって、それは決してビバリーヒルズとかマリブではない、もっと庶民的な場所。

日本人が多いトーランスから南に下がると、パロスバーデスという高級住宅地エリアで、海に突き出した山になっていて、海が見えて景色がいい。

夜とかは、崖から海とLAの夜景が見えるし、夕焼けも最高。

そこをぐるっとまわって降りてくると、今度はサンペドロと言う割と庶民的なエリアに入り、そこには灯台がある。その灯台、結構好き。

そこからさらに西に進むと、ロングビーチになり、グッと工業地帯っぽくなる。埋立地に立ち並ぶコンテナや油を掘る機械。雰囲気的には、川崎とか、お台場みたいな感じなのかな?

そこに、二つくらい橋があって、私はその橋を渡るのが好き。かなりワクワクする。空を飛んでるみたいで。工業地帯の灯りも、地上に散りばめられた宝石のようで綺麗。


辛い時は、そこを通る。


...


中学とか高校の時、私はドライブってものに憧れてた。ドライブでデートするとかすごく特別なことに思えて。だから、私は誰かがドライブ行こうよっていうならいつも行った。

レインボーブリッジとか、なんちゃらブリッジとか。あの辺り。いつもワクワクで、何か罪悪感もあって。うち、親が厳しかったから、放課後遊ぶとかかなり難しかったんだよね。

...


好きな子に車とかバイクに乗せてもらうよになって、別れ際、うちの近くへもどって行くのが嫌いだった。このまま黙って何処か遠くに連れて行ってくれてもいいのにとかいつもこっそり思ってた。


...


彼女は、離れて見てる時は、痩せてて、小さくて、キュッと引き締まってて、まるでゴマみたい。

彼女が私を抱きしめてる時は、彼女はもっと大きくて柔らかくて、まるでパンみたい。

彼女の暖かさ感じると安心できた。

...

In denialって言葉があって、何かを認めない、現実を見つめたくなくて、逃避してる、みたいな感じ。

今、まさにin denialなんだよね。

受け止めて、割り切って先に進めれば楽だってわかってるのに。

...

この子と別れたら、もう好きな子できない。って毎回思うし、今も思ってる。

それは本当じゃない。

幻想。

必ず、また私は恋に落ちるし、幸せを感じられる。

ただ、今、辛いだけ。

音楽と
光と
速度の力を借りて
私はここから抜け出せる。

吸って
吐いて
吸って
吐いて
目をキツく閉じて
開けたら
見えるものがあるはず。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。