オレオが公式Facebookに投稿した「虹色オレオ」がネットですごい反響

月曜日の夜にオレオはFacebookの公式ページに「虹色オレオ」の写真を投稿しました。

gayoreo1.jpg
六色のクリームを挟んだおなじみの黒いビスケットの下にJUNE 25 PRIDEと書かれ「Proudly support love!」とキャプションされたこの写真。ちなみに、画像にはいっている「六月二五日」という日付けは、一年前ニューヨーク州で同性婚が合法になった記念日です。

私も昨日Twitterで紹介したところめちゃくちゃリツイートされていて驚いたのだが、この写真は英語圏で大きな反響を呼んでいる模様です。

この記事を書いている時点で二十四万件以上のいいね!と四万二千件以上のコメントがついています。ざっとみたところほとんどが「オレオありがとう!」「ボイコットなんてまけるな!」「さっそく今度のパーティにはオレオを買い込むことに決めました」という感じの歓迎コメントですが「オレオむかつく」「もう二度とオレオは買わない」「神はゲイを憎んでる」「子どもにゲイをすすめるなんてよくない」的なコメントもあるようです。そして、それらのコメントに対して反論などがされており、盛り上がってます。

虹色オレオを実際に発売してくれるような署名活動をはじめたり(署名ページはこちら)、オレオのメーカーであるナビスコ/クラフト社のボイコットを呼びかける人々に対して「やれるもんならやってみろ!ナビスコ/クラフト社の作っている製品はこんなにいっぱいあるんだ~」的な画像をつくって投稿したり、なんともまあ賑やかだこと。

ってかさ、オレオってそんなに影響力あったんだ~!私はこの画像がここまでバイラルしたそのこと自体に驚いてしまいました。皆クッキー好きなのね。

ちなみに、アイスクリーム会社のベン・アンド・ジェリーは二〇〇九年の九月にバーモント州で同性婚支持のために“Chubby Hubby(ぽっちゃりした旦那)”味を“Hubby Hubby(旦那と旦那)”味という名前に期間限定で変更しました。(http://www.benjerry.com/hubbyhubby/

hh-graphic.jpg


子どもたちも日常的に食べているようなこういう身近な食品会社が支持を表明してくれるのはとても嬉しいですね。日本だったらなんだろ。カルビーがプライドに合わせて虹色ポテチを限定販売するような感じ?

今後虹色オレオが現実化するかどうかわかりませんが、もし発売されたら、必ずや買いにはしり、気になるレインボー味について皆さんにご報告したいと思います。どうぞお楽しみに★
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。