「モダンな家族の肖像」女優マリア・ベロのカムアウト

「今どきの恋愛」についてライター達が自らの経験を赤裸々に語るニューヨーク・タイムズの名物コラム「モダン・ラブ」が私は大好きなのですが、先日女優のマリア・ベロがこのコラム上でカムアウトしました。

Coming Out as a Modern Family

このコラムを訳して紹介しようしようと、この一週間ずーっと思っていたのですが、時間がなく訳しきれませんでした。このままでは書かないまま終わってしまいそうなので、もうとりあえず、訳してはいませんが、紹介しちゃいます(笑)
ティーンエイジャーになろうとするに息子に「お母さん、僕に言ってないことってある?」「今誰かつきあってる人いるの?」と尋ねられた彼女は自らの秘密を告白しようかためらいます。

マリアには、長年の親友であり、息子にとっては「ゴッド・マザー(※キリスト教における代母)」でもあるクレアとい恋愛関係にありました。でも、息子の気持ちや仕事への影響を恐れた彼女はそれまで言えないでいたのです。「息子から尋ねられるまでは黙っていよう」と考えていたマリアですが、とうとう直接尋ねられるその時が来たのです。

彼女にはパートナーと言える大切な存在はたくさんいます。いったいパートナーとは何でしょうか?性的な関係を持っていない場合、パートナーとはいえないのでしょうか?「一番のパートナー」とは誰なのでしょうか?そしてクレアを信頼し、愛している息子との関係はどうなってしまうのでしょうか。

結局マリアは息子にクレア都の関係を打ち明けます。
すると息子は、優しく微笑んでこう答えます。

「ママ、愛は愛だよ。ママがなんであろうとも(“Mom, love is love, whatever you are,” )」

なんて大人っぽい回答なのかしら

マリアは、この息子の言葉を借り、自らに対するラベルは「なんでもいい」のだといいます。誰を愛していようが、どう愛していようが、彼らと寝室を共にする仲だろうが、宿題を一緒にやる仲だろうが…「愛は愛 (love is love)」なのだと。

マリアはその後、自らのTwitterで、家族写真を公開しています。

maria.png


息子、息子の父親、彼女そして自らが楽しそうに写っている写真はまさしく「今どきの家族=モダンファミリー」の肖像といえるでしょう。ちなみに、「モダン・ファミリー」は、ゲイや人種がまざりあう家族を描いたアメリカの人気テレビ番組の名前でもあり、マリアはコラムの中で、家族のメンバーをキャタクターになぞらえています。また、モダン・ファミリーに出演している女優ジュリー・ボウンもTwitterで彼女の記事を「素晴らしい」とコメントしています。

Julie Bowen itsJulieBowen on Twitter


私はこの記事を読んで、なんてかわいい話なんだろう!思いました。かつて異性とつきあっていたり、子どもを産んでいても、同性とつきあいだすこともある、ということがこうして語られたのも嬉しかったです。一番気に入ったのは、マリアが「パートナーシップ」を広くとらえていたこと。恋愛関係のパートナーはもちろんのことですが、息子という存在をシェアするかつての恋人や、毎日のように話し、困った時には助けてくれるプラトニックな親友なども、彼女にとっては「パートナー」なのです。

私は、パートナーシップは恋愛関係や性的関係とイコールだとは限らないと考えています。恋愛が終わった時に初めてうまれるパートナーシップや友達同士だからこそ可能なパートナーシップというものもあると思います。そして、それらの愛情やパートナーシップはお互いに対して排他的なものではなく、役割分担をしながら共存が可能だと信じているのです。

レズビアンの中には、結婚していたり子どもがいる方が少なくありません。かつての配偶者と、子ども、そして現在の同性の恋人との関係で悩んでいる方もいることは容易に想像できることです。そんな中、こんなストーリーは、心を安らげてくれるものではないでしょうか。全ての人がこんなに幸運ではないのは当然ですが、それでもこんな例もあるのだと知ることは私の世界を広げてくれました。

マリアの彼女クレア。コラムの中では「ジンバブエ訛り」程度しか語られていない彼女ですが、ソーシャルメディアに強いデジタル広告エージェンシーのCEO&ファウンダーだそうです。マリア同様アクティビストでもあり、様々な社会活動に関わっています。

はぁ、かっこいいっ!
インスパイアされました!

Thank you very much Maria and Clare for great inspiration
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。