家賃が150ドルアップ

私がここ数年住んでいるアパート。

そのビルディングの持ち主が変わり、一気に50ドル、そして更に、100ドル家賃が値上がりしました。数年間、家賃据え置きで来たのに、いきなり150ドルアップだなんて!

焦ってオリジナルのリース契約書を取り寄せてみたところ、かつて、日本人が2004年にサインしたリースが10年間引き継がれていることが判明。(私は数年前に引っ越してきてリースを引き継ぎました)

10年間の家賃推移を見たところ、200ドル上がっており、そのうち150ドル分が今年の賃上げ分。多分日本人が借り続けてきたこのユニットは、支払いも滞りなく、修理の要求なども少なく、大家としては楽だったので、家賃が据え置きされてきたんだと思います。

LAには市によって「家賃コントロール」があり、家賃を上げるのに制限があるのですが、私の住んでいる市にはありません。また、これまで家賃が据え置きされてきたわけですから、多少の値上がりはしかたないのかなとは思っています。

日当たりのよさや広々したサイズなど、未だに気にいっているこの部屋。もう少し住む予定ではありますが、これ以上家賃があがるなら引っ越しを考えます。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOVE VISION(ラブ・ビジョン) | 消費者詐欺被害センター
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を!
  • 2014/01/10 20:26
  • url
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。