記憶を失いながら生きる人のためのライフハック

メメントという映画を見たことがあるだろうか?

メメント [Blu-ray]
メメント [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.08.21
アミューズソフトエンタテインメント (2010-12-22)
売り上げランキング: 7,555


クリストファー・ノーラン監督の映画で、記憶が10分間しか持たない男が妻を殺した犯人を探すという話だ。

次から次へと記憶が消えていくため、男はメモやポラロイド写真、そして自分の掴んだ「事実」を刺青にすることで、手がかりとし、推理をしていく。

ここではこの映画のストーリーについては語らないが、自分の人生が、この映画の主人公と重なることがある。
わたしは本当にすっぽりという感じで記憶が抜けてしまう時がある。

「何かを忘れた」「記憶がなくなっている」という自覚はないのだが、ふとした瞬間に(主に、他人とのインタラクションや、物理的にものが見つけられないなどで気づく)自分の記憶の中に「真っ黒な穴」が開いていることに気づく。

手に持っていたはずのものがない。気づくと、何時間も経っている。その日していた約束を「すっかり」忘れてしまうこともある。どこかに立ちよる予定だったのに、忘れて家に帰ってしまうこともある。昔、具体的な自分の「うっかり」についてブログに書いたこともある

そういう「記憶のブランク」を乗り越えて日常をうまく過ごしていくために、自分なりに生み出したライフハックが五つある。

1)Googleカレンダー

約束をいれたらすぐにGoogleカレンダーに入れる。そしてメールと携帯アラートでリマインドを送る設定にする。これで約束や行事を忘れなくなる。またダブルブッキングもしないようになる。期限のあるTODOとかを入れてもいいと思う。紙の手帳もまだ併用しているが、とりあえず予定はGoogleカレンダーに限る。別にGoogleカレンダーではなく、スマホと連動するスケジュール管理サービスならなんでもいいと思うが、Gメールの画面からすぐ使えるのは便利。リメンバーザミルクとか、他のいろいろなサービスはログインが面倒で使わなくなってしまった。←パスワードをマシンに覚えさせるのが嫌なので一々全部ログインするのが超面倒!

2)Twitterに何でも書く


会った人、行った場所、したこと、食べたこと、考えたことを、なるべくリアルタイムで書いておく。忘れてしまってもログをたどることで思い出せる場合がある。

また「今月家賃払ったっけ?」「今月生理来たっけ?」「車検やったっけ?」「クレカの支払いしたっけ?」というようなクリティカルなことも忘れたりするので、これもこまめにログをとっておきたい。

支払いや体調管理には、それぞれ専用のアプリもあるが、ツイッターにハッシュタグをつけてとりあえず全部つぶやいておくと、あとでハッシュタグで検索できて便利。自分は #bill #paid #chase #amexなどのハッシュタグを組み合わせてた。フォロワーにうざがられたくないなら、@nullでつぶやくという手もありだろう。最近は専用アプリに移行しつつあるけど、とりあえずTwitterのフレキシブルさは気に入ってる。最近は、他人に発信というより、「自分用のメモ」としてより重宝している。ブログもそんなところはある。

3)スマホのアラーム

記憶がこまめになくなる人間にとっては、外部からリマインドしてもらうことが非常に重要。「これ忘れるかも」「忘れてはいけない」と気にしている時は、不安で非常にストレスなのだが、頼れるリマインドシステムがあると、安心して頭を空っぽにできるので、とっても楽。秘書や家族がいる場合はいいけど、いない場合は「Siri」(というか、スマホ)に限ります!

ぼーっとしてしまって数時間がすぎることを防ぐために「15分ぼーっとしよう」と決めたらすぐにSiriに「15分経ったら教えて!」と話しかけて、できるだけだらだらボーっとし続けないようにしている。

あとは、家賃やクレカなどの各種支払についても全て繰り返しでリマインダーを設定しておく。

4)FindMyiPhoneサービスとTile

自分の記憶力が信用できない場合はかなりスマホに頼ることになるが、スマホをなくしたり置き忘れたりするのも、またよくある話。

とうことで、Find My iPhoneは非常に重要!

あとわたしがプレオーダーしたのがTileというガジェット。

これはタイル型の小さなガジェットを車や鍵に取り付けることで、それがどこにあるか、アプリから探せるというもの。実はまだ届いていないので、実際の使い心地はわからないが、多分QOLの上昇のために大活躍してくれるはず…と期待してます。

5)瞑想

忘れたり、なくしたり、うっかりしたり、そういうことを繰り返していると、段々自己評価が低くなってくる。焦る。そしてますますミスする。その悪循環を断ち切るために、一旦目を閉じて、心を落ち着けることはすごく大事。あと、これは想像だけど自分の「うっかり」は、脳が疲れてるせいかもしれないと思っている。だから、睡眠をしっかり取ることはもちろんだが、日中も定期的に脳を鎮め、休ませるために「瞑想」を取り入れている。

自分が瞑想するのは、朝、昼、夜それぞれ5分-10分くらい。特に日中は、テンションが上がっているとなかなか集中できず、目をつむり続けることが辛い時がある。しかし、そこを乗り切ると、目を開けた後は、思い切りエネルギーに満ち、集中できる状態になっているので、午後の生産性がとても高まる。

おすすめです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。