アメリカのバレンタイン

またこの季節がやってきましたね。

思えば、過去には、ネットの皆さんと遊んでもらったり()、バレンタイン当日にシングルガールズだけの合コンに出席したり、片思いの相手とディナーに行ったらあからさまに「これはデートじゃない」と言われたりで、いろいろ辛いことがありました。ぐすん。

しかし、苦労のおかげで、最近やっと私もリア充的なバレンタインが過ごせるようになりました!そこで日本とアメリカのバレンタインの違いをレポートしたいと思います。

アメリカのバレンタインは、日本のバレンタインとは全然違います。

チョコレートを買うとか作るとか騒いでいる女性は全然いないし、「チョコ貰えるかも」とそわそわしている男性もいない。

基本的に、アメリカでのバレンタインは、日本でのクリスマスにちょっと似た感じの、基本的にはカップルのためのイベントであり、リア充のためのイベントなのだ!

もちろん、交際相手がいるカップルにとってはわりと大きなイベントだが、基本的にシングルの人がそわそわするイベントではない。

そもそもアメリカって、「告白」とかあんまりしないし。もちろん、バレンタインは気に入っている人をデートに誘うチャンスではあると思う。でもそれは「告白」とは違う。告白って何か、その場で受け入れるか拒絶するかYesかNoかが「点」で決まるって感じだけど、「デート」は、誘われてその場で一回OKしたからといって、何もその後のつながりが決まるわけではない。もっと持続的な「線」状の行為である気がする。

またカップルにとっても、「チョコをあげて(作って)終わり」ではない。←日本にいた時はこれで済んでた私。しかも「手作りチョコ」の地位が高くて、作るだけでめっちゃ感激してもらえるので、思えば楽だった…。

アメリカでのバレンタインは「男が女にプレゼントをあげる日」って感じです。また「プロポーズ」の日でもあります。ひょえー。もちろんゲイカップルでもお互いにプレゼントを送り合ったり、ロマンティックな予定をたてることが多いです。

・花束(基本的に赤っぽい花を選んでおけばOK)
・カード(どんなに小さくてもカードは必要!プレゼントがあってもカードがないとダメ)
・プレゼント(テディベアのぬいぐるみとかがなぜか人気だが、指輪とかバッグとかわりかし「本気」なものも好まれる)
・食事(さっさと予約しないと、雰囲気のよい店はソールドアウトになります。もちろん周りはカップルだらけ)

こういうのを駆使して頑張らなきゃいけないんです。

また

・赤い服
・赤い下着

などが活躍する日でもあります(謎)

結構大変ですぉ。

わたしも今、明日のバレンタインに向けて、準備をしてるところです。
思えば一年前のバレンタインに友だちだったFionaを誘ったあたりから、うちらのデートははじまったんですよね。
つまり、デートはじめて一年の記念日でもあるわけです。
なので、頑張りました。

どうか喜んでもらえますように!

バレンタインのために頑張ってる皆様もぜひ成功しますように。
心から祈っています。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。