「あと一マイル」 go the extra mile



英語で「go the extra mile (余計な一マイルを行く)」という言いまわしがあります。
マイルはアメリカで使われている長さの単位で、1マイルは約1.6キロです。
走ったら10分くらい?歩いたら2、30分くらいでしょうか?
割りと近い距離です。
これだけの距離を「余分に行く」というのはどういう意味なのでしょう。


これは、仕事や人間関係において、「あとひと頑張り」をして期待されている以上のことを成し遂げるという意味を持ちます。

実は私が最近心がけていることでもあります。もともと私はこういう人の気持をくんで「求められていないことまで気を利かせてやる」ということが非常に苦手なのですが、最近は意識して「余分な一マイル」をプラスできるように心がけています。

毎日の暮らしの中で、無数の決断を迫られます。「これくらいでいいか」「これはしなくてもいいか」と最低限のことだけをしていると、省エネで生きられていいのですが。上司や取引先からの評価もあがらないし、友人との関係性も深まらないでしょう。

仕事のレポートを美しくわかりやすい図入りで仕上げる。
パーティに誘ってくれた友達に翌日お礼のメールをする。
誕生日の恋人の職場に花束を届ける。
何かをしてもらったらきちんとプラスアルファを添えてお礼をする。

ちょっと「やりすぎかな?」と思うくらいの何か。「そこまでやらなくてもいいかもいれない」何か。でもその「一マイル」を足すことで、感動を呼ぶことが可能なのだということを最近痛感しています。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。