大学院に行きたい彼女

Fionaが大学院に行きたいと言い出した。オンラインで修士を取りたいらしい。まだ本当に申し込むかはわからないけど、かなり真剣にリサーチをしているようだ。

それを見て、数年前、大学院の資料取り寄せをしていた自分のことを思い出した。

大学院のあり方はアメリカと日本でかなり違う。わたしは日本で文系だったこともあり、大学院に行く=アカデミアの世界で生きてく、であり、通常の就職コースとは違う道になると思い込んでいた。

しかし、アメリカでは、大学院は特別なことではない。結構猫も杓子もというくらい皆大学院に行くし、むしろ大卒では話にならない分野も多い。そーゆー意味で学歴社会だよね。院に行くパターンも違う。日本のように大学を卒業した時に就職か院かで分かれるのではなく、一旦仕事をして、大学院に戻って…という感じで取る。その後は更に高い給料の仕事を狙う。さすがに博士まで取るのはアカデミアの人が多い気がするが、企業でバリバリ働きながら夜間やオンラインを使って修士を取る人はたくさんいる。

実はわたしはFionaと知り合った直後、彼女は絶対大学院の学位を持ってると思っていた。でも持ってなくて、しかも大学院に行く気もない……と言うことを聞いてちょっと、意外というか、「え、野心のない子なんだねぇ」と意外に思ったことを覚えてる。←自分のことを棚に上げて。

でも、周りで大学院に戻ってる子が多いので、彼女も刺激されたようです。

そんな彼女を見て、ちょっとだけ羨ましかった。

わたしは多分アメリカで大学とか大学院に行くことはないと思う。昔は行きたいと考えてたけど、調べてるうちにどうしても無理な気がしてきて、ある時パタっとやる気がなくなった。お金と時間がすごくいっぱいあるなら行きたいけど。今は無理。

むしろわたしは職業学校とかそーゆー実用的な方が行く可能性高いかなと思った。

どっちにしろ、いくつになっても「学び」を続け、進化と成長を続けたい。そして彼女にもそうあってほしい。応援してるよー。

関連記事
スポンサーサイト

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。