アメリカでは花火は原則違法

ちょっと書くのが遅くなりましたが、独立記念日はRachelの家で皆集まってパーティでした。楽しかった!打ち上げ花火がすごかったー(^^)道端で売ってる花火は冗談みたいなもんですね。


ところで、この花火、アメリカでは一般人が楽しむことは原則違法。独立記念日の前だけ特別にネイティブ・アメリカンが販売を許されるものの、市によっては花火をやること自体が違法なので、せっかく手にいれてもできない!手持ち花火とか、簡単なものなのにね。ダメなんです。ましてや、打ち上げ花火なんて、全然ダメ。しかし、一年に一度、独立記念日には、どこからともなく違法花火が各地で打ち上げられる(笑)エリアによるけど、まるで戦争状態な感じになるエリアも。今回わたし達がパーティしたのは、まさしくこの花火がどかどか打ち上げられるエリア。通常のエリアであれば、打ち上げ花火を聞きつけてすぐ警察がやってくるはずが、1時間以上も放置。←とは言え「これから来るエリア」として住宅価格が上がっている人気のエリアで、決してゲトーなわけではない。

さて、この違法花火を手に入れるためにはどうすればいいのか?

やっぱメキシコ国境でしょ!という人もいれば。チャイナタウンとか、エルモンテとか、中華系の住民が多いエリアという人も。ラスベガスでも売ってるんだとか。

まあ、自分で仕入れなくても、LAの路上をウロウロしていれば、買えそうです。麻薬みたいですね!中国から輸入して大々的に稼ぐ人もいるようです。約50万円分が約300万くらいになるんだそう。

転売には興味ないけど、打ち上げ花火には興味津々のわたし。死ぬまでに一度は打ち上げてみたい。怪我も警察も怖いけど、そこがまたアドレナリン分泌ポイントよね。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。