「女性への暴力」に揺れるアメリカ

コロンビア大学の学生が、レイプ犯への退学処分が下されなかったことへの抗議としてマットレスを持ち歩いていることがニュースになっているが、今アメリカでは、女性に対する暴力が大きな社会問題になっている。

国民的人気スポーツであるフットボール・リーグNFLのスター選手レイ・ライスを初め、今年になって既に少なくとも4人の選手がドメスティック・バイオレンスの容疑で逮捕されているNFLが、選手によるドメスティック・バイオレンスへの対応について強く批判されているのだ。

きっかけはレイ・ライスが婚約者(現在は妻)の顔をエレベーターの中で殴りつけ、意識を失った彼女の体をまるで物のように引きずっている動画だ。



※暴力的シーンが含まれます。要注意。

エレベーターでの事件が2月に起こった後、TMZはビデオの一部を公開。NFLのコミッショナーロジャー・グッデルはこの事件に関し7月にライスに対してたった2試合の出場停止という処分を下した。しかし、9月になりビデオの、ライスが女性を殴っているシーンが公開されバイラルすると、この対応は軽すぎるのでは?という批判が殺到。ライスはチームレイブンズから解雇され、NFLからも無期限出場停止ということになった。

コミッショナーのグッデルは「このビデオは観たことなかった」と言い訳しているし、またNFL全体を通じてのドメスティック・バイオレンスに対する制裁の期間を伸ばす(初回DVは6試合出場停止・再犯は無期限出場停止)などの措置を施した。またドメスティック・バイオレンス関連のポリシーを作るため、4人の女性を雇ってみせた。

しかし、この新しいルールは、既に出場停止処分を受けていたライスには当てはまらず、また一撃で婚約者を殴り倒すというあまりにインパクトの強いライスのビデオの前には、このようなグッデルの措置は遅すぎたし弱すぎた。NFLは、既に4月の段階でビデオを受け取っていたと報じられている。事態を甘くみて、対応をあやまったグッデルの責任を問う声は収まりそうにない。

2014-09-16-BxnaZsZIgAAM5FM-thumb.jpg


NFLのスポンサーを務める化粧品メーカーCOVERGIRL(エレン・デジェネレスも広告に出演している!)に対しても批判が殺到し、COVERGIRLは「女性に対する暴力は許されません」と声明を発表した。

難しいのは、レイ・ライスに殴られた婚約者ジャネイがその直後ライスと結婚し、出場停止処分を受けている夫をサポートしていることだ。彼女の行為は多くのNFL選手の妻からは支持されている。

ドメスティック・バイオレンスを受けながらも、関係にとどまる女性は何を考えているのだろうか?似たような経験をした女性たちが「#WhyIStayed(なぜとどまったか)」というハッシュタグを使って、経験を共有し、大きなトレンドになった。暴力を受けても、その関係からすぐに逃げられない人は多いが、その時、彼らは何を考えているのか?一人ひとりが思いを語ったこのハッシュタグはとても貴重なものだと思った。

と同時に、多くの女性が結果的には暴力を受けた相手との別れを選んでおり、その理由も同時に 「#WhyILeft(なぜ別れたのか)」というハッシュタグで語られている。

「暴力を受けたらすぐ別れろ」と口で言うのは簡単だが、当事者にとってはそんなに単純な話ではない。なかなか別れられない事情があり、そしてある日それが決壊して「別れよう。別れなくては」になる。でも例え、別れないからといって暴力の問題を過小評価してよいわけではない。

ドメスティック・バイオレンスは許されない。私たちはそれは重大犯罪だという共通認識を持ち、対処しなければいけない。

しかし、ドメスティック・バイオレンスが話題になる場面において問題とするべきなのは、あくまで暴力であり、加害者と関係を続ける被害者が責められるべきではないと感じる。←被害者は既に被害を受けてるのだ!そこで更に責めるのは違う。

現実的には被害者が加害者と一緒に居続けることにより、暴力的な関係の継続が可能になってしまうケースがあるのかもしれない。しかし、それは外からなんだかんだ言う問題ではないことは、覚えておきたい。

またドメスティック・バイオレンスについてはもう一つ。今ニュースで多く取り上げられているのは、コロンビア大学にしろ、NFLにしろ男性→女性の暴力だが、中には男性のサバイバーもいて、より大きなスティグマに悩んでいること。また、LGBTQといった中にもドメスティック・バイオレンスは存在し、二重にマイノリティであるゆえに、より深い悩みを抱えていることも忘れたくない。







読んでくださってありがとうございます。

クリックお願いします。

励みになります↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ







関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。