【B級グルメ】道端で食べる「危険な」ホットドッグ【ロス観光】

今日は「自転車版ホコ天」こと、CicLAviaだった。前にも何回か参加してるけど、毎回コースが微妙に違うのね。



今回はダウンタウン…エコーパーク…イーストLAという「LA最深部」と言えるディープなゾーン。わくわく。



しかし…この日は、なんと34度を超える熱波がLAを襲っていたのである……ひぃぃ。



ダウンタウンを出発し、まずは友達と合流するためにエコーパークへ。エコーパークは、ダウンタウンとシルバーレイクの中間に位置するエリアで、前はメキシコ系の店が多く、治安も悪い感じだったけど、近年メキメキと人気が上がり「ヒップ」になったエリア。その前から既にオシャレだったシルバーレイクあたりに金持ちがウエストLAから流入してすっかり何もかも高くなって、尖った感じがなくなった後にヒップとなったのが、隣にあるこのエコーパークで、お金持ちの移動の波が来たって感じ。怪しいマーケットに混じっておしゃれな店がポコポコ出来てきて、古い建物ばっかりなのに、家賃もうんと上がった。わたしも5年前くらいにかぶれて親友Rachelと一緒に住もうと物件探しをしてたエリア。(←結局条件が折り合わず、Rachelは一人でエコーパークに住んだ)

サンフランシスコの話で「ジェントリフィケーション」って言葉が身近になったけ、似たようなことは、LAでも局地的にポコポコよく起こってる。

ま、それはさておき、エコーパークって、そーゆーエリア。湖があっていい感じ。



しかしっ。ただですら厳しい日差しが、アスファルトで3倍に威力が高まって容赦なく降り注ぐ。あうっ……インドア派のわたしには辛いぃぃ。始まったばかりなのに、既にバテバテ。

湖を見ながら休憩した後、ダウンタウンへ引き返し。トンネルを奇声を上げながら突っ切って、金融街も突っ切って、リトル東京のピンクベリーに冷房とフローズンヨーグルトを求めて駆け込み休憩。ふぅ。

結局、終点のイーストLAまでは行けず、手前のボイルハイツでリタイヤして引き返しました。

ボイルハイツは、メキシコ人が多いエリアで、マリアチ(メキシコ音楽)が聴けたり、メキシコ料理が食べられたり、なかなか面白いです。←って、LA全体が昔はメキシコだった訳で、今もLA全域にメキシコ人はたくさんいるわけですが。

あんまり、日本人観光客が来ないエリアだし、LAに住んでても日本人はあんまり行かないエリアだと思いますが、「リアルなLA」が感じられる熱いエリアなので、観光地的LAに飽きたら行ってみると面白いかも。

熱波で衰弱した体にエネルギーを!ということで道端でホットドッグをGET。3ドルなり。





噂によればスラングで「危険なホットドッグ」とも呼ばれるらしいコレは、そもそもメキシコのホットドッグで、LAの道端でもラテン系の人がよく売っており、クラブの後とかにお世話になることが多い←屋台のラーメン的な存在?

なんで「危険なホットドッグ」と呼ばれるのかというと、道端で焼いているので衛生的によくないのと、肉の品質も怪しいから。いかにも美味しそうな香りを漂わせてるので、思わず手を出しちゃうんだけど、健康にはよくないので「危険」なんだよねー。友達からも「道で売ってるホットドッグはお腹壊すよ」と言われたことあり。

しかーし、これが、めっちゃ美味しいんで食べちゃうんだよね!クラブとかレイブ帰りのほろ酔い状態で食べるとマジ天国かなここはってくらい。ベーコンを巻きつけた脂っこいホットドッグのしょっぱさと、炒めた玉ねぎやピーマンの甘みが口の中で絡み合って……あぁっ、思い出したらよだれが……。

レストランでは食べられないので、見かけたら勇気のある人は試してみて。WeHoでもよく売ってるし、最近は、Here Loungeの中のパティオでもホットドッグを売ってるね。わたしはお腹壊したことはないけど、あくまでそこは自己責任で!
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。