レズビアン分類マップ(仮)

☆ゲイと負け犬のセレブな日常☆さんのとこで、

ヲキャマのタイプ分類マップ
負け犬分類マップ
35-40歳独身男マップ

っていうのを作られていて、とても面白かったので、「レズビアン分類マップも作ろう!」と思い立ちさっそく作ってみました。

Slide2.png
…厳密に考えるとつっこみどころが多々あるのだが…あくまで娯楽を目的としているので深く考えないでね★あと、かなり私の独断と偏見がはいってます。なにしろ最近の2丁目事情とか知らないので、ズレてるかも。そしたら教えてね。私のジャンルがないじゃないか!っていう人は是非是非教えてね。入れときます。(追記:レズビアンコミュニティの中で一大勢力を形成している“V系”ことビジュアル系、コスプレ系を入れるの忘れたことに気づいた…。見た目はかなりボーイッシュで俺とか僕系なんだけど、意外にバイ率が高かったりするんだよね。)


■その他のジャンル
図に入れたかったけど、はいりきらなかったジャンルについて書いておきます。

フェムタチ群とズボネコ群のカップリングである「逆転カップル」
 フェム×フェム、ダナーズと並び、ゲイカルチャーが成熟した時点で可能となるカップリング(詳細は後述)また、バリタチxフェムネコの「古典的カップリング」が、時間がたつにつれ、下克上、またタチフェミニズムへの開眼などを経て「逆転カップル」にトランスフォームする例も報告される。

カメレオン系、渡り鳥系、回遊魚系
ターゲットのニーズに応じて、タチ、ネコを自在に使い分けるだけではなく、外見も柔軟に変更させ、ズボネコ→フェムタチ→バリタチ分類を渡り歩くもの。常に自分の市場価値を最大化することを考えている。

■ボーイッシュの分類
漠然とボーイッシュって書いたけど、実はここにもいろいろありますね。

 1)男側になりたいボーイッシュ…トランスするほどじゃないけど、男側でいる方が楽なので、ボーイッシュな格好をしている。 →一人称が俺率高し。彼女の呼称は「嫁」率高し。その後、トランスの世界へ旅立って行く層も。だが、そこまではいけずここにとどまるボーイッシュは非常に多い。

 2)ぼーっとボーイッシュ…ノンケの色恋沙汰に興味なかった結果なんとなくボーイッシュ系に分類されてしまった →おしゃれに目覚めた結果フェムに走り、無自覚なままフェムxフェム至上主義者になることも。

 3)あえてボーイッシュ…おしゃれや自分らしさの追求の結果ボーイッシュに収まっているもの →内面は男っぽくない。むしろフェミニンな性格だったりする。フェムフェム至上主義者を嫌う。ダナーズやズボネコに移行するのもここに多い。

■フェム×フェムとダナーズ
フェム×フェムとダナーズは、レズビアンカルチャーが成熟期をむかえた「ゲイ先進都市」によく見られるカップリングだと思う。まだまだゲイが一般的でないような都市だと、自然とゲイコミュニティはノンケ社会を模倣して、ブッチxフェムのロールプレイングに収まっているケースが多い。そして、そういうコミュニティにてフェムxフェムやダナーズは「うひゃっ!」「どっちがタチなの?」みたいな目線にさらされます。これって、無知な/偏見まみれのノンケがゲイを見る目と同じなんですよね。まあ、確かに…同じレズ同士なのに、セクシャリティが全然違うもんね。気持はわかるんですが、ゲイカルチャーがもっと盛んな都市に行くと、 ノンケの真似的なブッチx フェムカップルは減って、もっと個性的なカップリング(つまりフェムフェムとかダナとか、ズボネコxフェムタチなど)が目立ちます。

ダナーズが盛んなのはサンフランシスコ。あとニューヨークも結構ダナ率高い。

逆にフェムxフェムのメッカはLA。LAは、サンフランシスコ、ニューヨーク、東京などの大都市のレズビアン業界と比べても異様にフェムxフェムの力が強い印象を受けます。フェムフェム好きはLAにこーい!

■レズの売れ線

レズってノンケと比べた場合どうしても男っぽいと思うんですよね。なぜか…。
というわけで、ボーイッシュはありあまってます。

逆にフェムは足りない。
というか、正確には質のいいフェムが足りない。
一見コミュニティにはフェムたくさんいるんだけど、皮を剥ぐと「女性とセックスしてみたいノンケ」だったり「なんちゃってバイ」だったり「彼氏」がいたり「夫」がいたり「子供」がいたり「メンヘル」だったり…ってことで、彼女候補として考えた場合普通にフェミニンで普通にavailableな人は非常に少ない。
ということで、質のいいフェミニンな女性は、絶対売れ線。

あと同じ理由で、かっこいいボーイッシュな人。
先ほどボーイッシュはあまってると書きましたが、ボーッシュなタチはなぜか滑稽に見えてしまう要素を強くもっていることが多い。(姿勢が悪い、やることがダサい、教養がないetc)でも、逆にそういうのをクリアしたかっこいい大人のタチ(ボーイッシュ)っていうのは強烈にモテると思います。

■ぶっちゃけた話
というわけで、ほぼフェミニン万歳!的な流れで進んできましたが、でも、フェミニンにしとけばモテるのか?っていうとそうでもないんです。

自分のターゲットがフェミニンな子(フェムタチでもフェムネコでもいい)である場合、自分もフェムになると、ある意味そこで、女同士の競争心?みたいのが生まれるんですねー。これって時々邪魔です。

あと、フェムネコの子に関しては、なんだかんだいって、ボーイッシュが好きなことも多い。だから、フェムにしてると、万遍なく皆からウケはいいけど、なかなかずばっと決まることが少ない。

ボーイッシュにしてると、モテの絶対数は減るけど、たまに熱烈に気に入ってくれるフェミニンな子が現れて即ご成約になることも。というわけで、ボーイッシュにしといた方がいい場合がありますね。

あと、外見だけフェムにしてても、結局中身がボーイッシュなままだと、外見からくる相手の期待に答えられずに苦しむことにもなりますし。無理してフェムを演じるくらいだったら、ひらきなおってボーイッシュなままでいたほうがいいかもしれないです。ズボネコとかってある意味乙で、なんかとても興味をそそられますしね。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

うわー、わかりやすいです。勉強になります。

そういえば、Lの世界もほとんどフェム×フェムですね。(違ってたらごめんなさい)

ストレートの側から見ると、周りを見渡すとフェムばかりだから、ボーイッシュタチさんが希少で引っ張りだこ?なような感じがするんですけど、違うんですね。ボーイッシュって言っても、男の真似していきがってる感じは勘弁ですけど。;;

先日、パソコンから「バリリバカップル」観せていただきました。すごく良かった。私も二人共好きです。
^^*
No title
すごぉ~い。  ふむふむ。
なんか、 すごい 関心しました。 そっかぁ~。
自分は、去年の今頃までは 迷いネコ。その頃は、結構必死で 自分探してたというか、混乱の中で、自分の性は なんと呼ぶのかを あてはめようと 迷って 悩んでいた。ノンケだと 思っていたし。彼女限定で、とか わけわからず。でも もう 今は これで言うと、フェムネコへの矢印にいるのかなぁって。それで いつも こういうことを考えると必ず最後には 思うんだけど。
なんだっていいや(笑  自分が自分であれば。女だから 男だからとか 能動的だから 受動的だからとか 何ってくくられるよりも 私は 私なのだ! って 思うのです。 そして 今 私は 誰よりも 彼女を 愛している。 彼女は 出逢った頃 フェムタチだったけど 今は シェーンのようになってきたし。でも なんにも 気持ちは 変わらない。これからも ずっと。 人間愛だから。 そう 思えるのです。  ふむ。 
こんなに わかりやすく 図にしてくれて、きっと これを見て、 あぁ、そっか うん って 安心する人 いると思うな。 ゆうちゃん すごい! 
  • 2008/04/02
  • yume
  • URL
  • Edit
No title
うーん、勉強になりました(何のための勉強かは自分でも不明だけどw)、面白い。
元々の☆ゲイと負け犬のセレブな日常☆さんのも、見ていたんですけど、
なるほど、こういう構造になってるのか、と思いますね~(負け犬とか、自分が関わる
ところも、なるほど、私はここだな、とかね)。
特にLのメンバーが配置されてるの、分かりやすい!
そして、アリスがフェムネコなのを初めて知りました。あんまりどっちとか意識して見てなかったかも。明日はシーズン2の後半がレンタル開始になるので、新たな視点で鑑賞したいと思います(笑)

どうでもいいけど、このアリスの写真、めちゃ好きです。猫っぽくてカワイイ。
  • 2008/04/03
  • おと
  • URL
ありがとね
ERI さん

こんにちわ。
いつもどうもです。
見てくれて嬉しいですよー。
結構この表と解説は適当に作ったので、あまり真に受けないで下さいね。
ボーイッシュタチさんは、確かにノンケの世界ではモテるのかもしれないですねえ~。うーん。
あ、あと動画気に入ってもらえました?
あの映画ほんといいです。バウンド。絶対見て下さい!!!!
お薦め~!

yumeちゃん

そーだねー。
なんだっていいや!ってよくわかるよ。
私も実はこんなに分類してながら、自分がどこにあてはまるのかよくわからないもん(汗)
カテゴリなんて関係なく、愛しあえる人を見つけられたら一番だね。
それがもうできたyumeちゃんは、幸せものだと思うよ~♪

おとさん
おおお~。ありがとね。
おとちゃんの頭にどんどん有益な情報が蓄積されてってますな。
私結構こっちの世界どっぷりだから、これくらい常識すぎてつまらんかなーなんて思ってしまうときがあったのですが、楽しんでいただけたのなら幸いです…
今度はどういうネタをやるかな~。
アリスかわいいよねー
大好き☆好き☆
  • 2008/04/03
  • ゆう
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010/05/16
疑問が解決しました
はじめまして。最近ユウさんのブログを読み始めました。私は(女)自分がビアンなのかバイなのか解らずにいます。二丁目デビューし、ビアンコミュニティには出入りしてますが何だか馴染めずに居ます。彼女が居ないし、女性と寝た経験が無いから周りから疑われてるのかな?と疑心暗鬼になってました。出来れば彼女が欲しいなと思ってますが、今回の図を自分に当てはめ恋活したとしたらまぁ、、前途多難ですね。
  • 2015/03/29
  • ミツコ
  • URL
Re: 疑問が解決しました
ミツコさん、こんにちは。ブログ読んでくださって、ありがとうございます。わたしも、まだ彼女ができる前は、ビアン系のイベントに行っても、どこか罪悪感というか「わたしがここにいていいのだろうか?」みたいな気持を抱いていました。でも焦らないでくださいね!いつかきっとご自分の居心地のいい場所が見つかると思います。ネットでも、オフラインのイベントでもいろいろ探してみてくださいね。遠くからですが、おうえんしています!
  • 2015/03/31
  • イチカワユウ
  • URL
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。