自殺の未来形

自殺することは悪ではないと思っている。


自殺することは悪ではなく、むしろ自殺すること=悪、悲しいこと、避けるべきこと、という固定観念、また、そういう固定観念しか持てないような社会こそが悪なんだと思う。言い換えると、自殺が不幸な選択としてしか存在しえないような社会があるとして、その社会が不幸をうんでいるのだと考える。ハッピーな自殺というのが存在しえるはずだし、それを認めるような社会こそが目指す道なのではないだろうか。

確かに今この世の中での大多数の自殺は不幸なシチュエーションが生んだものかもしれないことは認めよう。

でも、それ以外の自殺も存在しうるはずなんだ。

例えば、安楽死なんかはその一例だし。
安楽死ほど直接的でなくても、終末治療においてQOLを充実したホスピスに入るなどという選択は、ゆっくりした自殺と言えるのではないだろうか。

安楽死はともかく、ホスピスについては面と向かって否定できる人は少ないだろう。

不幸じゃない自死のオプション。
肯定的な選択として、自らの生命を終わらせることは可能になるはず。
というか、今ないならば作ればいい。

もっと平和的な自殺の方法を、人々が自ら選ぶことが可能になることによって、人間はもっと幸せになれると思っているし、将来的にはそれが大きなビジネスになるだろう。

自殺というのが抵抗あるなら、植物人間でもいい。

映画バニラ・スカイで出てきた冷凍サービス。
ずっと望む夢を見ていられるそのサービス。
これを少し、アレンジしてみて…

例えば、もし肉体的な死が訪れるまで、快適な妄想と幻想の社会で生きていられるサービスが出来たら?周りの刺激にはもはや反応せず、客観的には社会的な死、植物人間と同じだ。でも、もし本人が主観的に幸せな夢を見ているなら、そういう状態に移行したいと望む本人の意思は誰にもとめられない。

「リアルな世界で苦しみながら生きていきなさい」という言い分には論理的な根拠はない。
正しさじゃなくて、生きていたいと思わせるような社会を、現実は提供しているのか?
もし提供できていないなら、自ら死(もしくは妄想/幻想/夢の世界で生きること)を選ぶ人をとめることはできない。

生きることが苦痛でしかない人というのは確かに存在するのだから。
そういう人にとって、人生はいつでも、苦しい。
生きること自体が苦しく、普通に生きていくことができない。
常に、何かをしてバランスを取らないと、あたりまえのことがでいない。

そういう人間にとって「いざとなったら自殺できる」と思うことは、自ら尊厳を守る最後の手段であり、そういう人間に対しては「生きろ」と口先の励ましよりも、具体的なエスケープの手段を提供する方が、価値あることなのだ。

どうせ自殺をとめることができないなら、もっと、…みんなにとってより悲しみが少なく、より、快楽が大きく、社会的にも認められやすい自殺の方法(もしくは自殺に変わる方法)を考えだそうじゃないか。これからの高齢化社会、不景気社会で人類の幸せを考えた場合、そこにブレイクスルーがある気がする。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

No title
色んな死に方があるんだろうけど、
自殺と同じ線上で考えていいのはやっぱ自殺だけなんじゃないかな。
自殺=悪とは私も思わないけれど、
ホスピス=自殺という構図は私には無理。
死ぬための選択じゃなくて、治らない、でも、どう最期を迎えるのかという生の選択をする人がいると思うから。

自殺は自殺だけで話をすすめないと
なんか、極論、他殺以外は全部自殺になりそうでさ。
  • 2008/04/30
  • 250
  • URL
  • Edit
Re: 自殺の未来形
こんにちは。意図したことが伝わっていないようで残念です。

ホスピス=自殺というとショッキングで乱暴ないいかたに聞こえますが、上の文章で私の指摘したかったことは、ホスピスでターミナルケアを受けるということは延命治療を拒否することに通じますから、やはりある意味で「自分の死期を自分で早めている」のであり、そこに自殺と共通点があるという点です。

「他殺以外は全部自殺になりかねない」という指摘の根拠がどこにあるのかわからないのですが…【自分の死に方を自分で決定している】という点においては、他殺と自然死は同じジャンルに入るし、ホスピスと自殺は同じジャンルにはいると思います

ホスピス=(ある意味)自殺という構図に対して250さんが抵抗感を示すのは、やはり250さん自身が「自殺」という用語、もしくは自殺という現象に対して、ネガティブな印象が拭いきれないからでしょう。

確かに現在の社会において自殺というとネガティブな言葉なのですが、私はあなたが書いているようにまさしく「どう最期を迎えるのかという生の選択」としての「自殺」が可能になってほしいと思っていますし、将来それが実現すると思ってます。

ただ、私が書いた文章の「自殺」という用語を、現在一般的に考えられているような意味での自殺の意味でだけとらえて読むと、意味不明かもしれませんね。

ま、ここらへんは個人の死生観の問題ですからどちらが正しいとか間違っているということでもないでしょう。神様がいるとかいないとかそういう種類の論争に近いと思います。
  • 2008/04/30
  • ゆう
  • URL
  • Edit
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。